創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語

0.

STA5451

1.
伝統文化と創造によるまち創り

STA22

2.
産官連携

STA814

3.
障害者福祉施策

STA531

4.
お年寄りの福祉

STA55

5.
身体の健康

STA58

6.
母子の健康管理・児童手当

STA613

7.
のびのび親子

STA614

8.
学齢期

STA62

9.
再生可能エネルギーの普及

STA713

10.

STA810

11.
社会的ファイナンス

STA82

12.
活力ある農林水産業の育成

STA83

13.
観光の振興

STA84

14.
高齢者向け優良住宅

STA962

プロジェクト概要 1. 社会的なニーズと便益 2. 利用者へのアクセス 3. 競争上の優位性 4. サービス内容 5. 経営陣と人材 6. リスク 7. 収益性 8. 資金計画
事業計画の作成

プロジェクトの名称: 高齢者向け優良住宅
プロジェクト・コード:
ケース・スタディー: (Case_StudiesID:)
活動内容: 語り合い場所(ActivityID:)
設立候補地(市区町村) I:
設立候補地(市区町村) II:
設立候補地(市区町村) III:

1章 . 社会的なニーズと便益

1-1.. ニーズの推移
1-2.. ニーズの将来推計
1-3.. 同様なサービス提供者
1-4.. 施策の効果測定
節 1-1. ニーズの推移
まず、あなたが提供しようとしている社会的サービスがどのような地域住民のニーズに答えようとしているのかを簡潔に説明します。また、そのようなニーズがどのように推移してきたかついて書きましょう。自治体の統計を利用してそのサービスの利用者、利用金額の推移を調べます。CCS調査が既に行われている都市の場合には、関連するリスクの世代毎、年代毎、年齢ごとの保有率のグラフが利用できますので、それを添付します。--- アップデート:
---このビジネスモデルに特有のガイダンスを送信する
このビジネス・モデルに特有の注意点
節 1-2. ニーズの将来推計
社会サービスの将来の需要は、自治体により大きな差があります。まず、自治体毎の年齢階層別の将来人口推計に基づき、将来の人口構造の変化を調べ、あなたが創ろうとしている社会サービスの年齢階層別の利用率から、将来のサービス需要、成長見通しを分析します。起業家はなるべくニッチとなるマーケットを見つけることが重要です。また、過去に特定の顧客があなたのサービスに対し興味を示した事実があれば、それも書きましょう。--- アップデート:
---このビジネスモデルに特有のガイダンスを送信する
このビジネス・モデルに特有の注意点
節 1-3. 同様なサービス提供者
あなたの近隣で同じサービスを提供している競争相手について分析をします。まず競争相手のリストを作成し、それらのマーケットシェア、あなたの会社と比較して彼らの競争上の強みや弱みを分析します。出来れば、それぞれのライバル会社の価格・品質・経営状況・サービス・品質保証についてリストを作ります。これらの情報全てから、何故、ライバル会社が全ての市場需要を満たすことが出来ないか、何があなたの会社の優位性があるかについて述べましょう。また、新規参入の可能性やそれへの対応策についても触れましょう。--- アップデート:
---このビジネスモデルに特有のガイダンスを送信する
このビジネス・モデルに特有の注意点
節 1-4. 施策の効果測定
社会企業の場合特に重視されるのは、そのサービスを創設したことにより、どのような社会的な便益が増えたかを測定することです。例えば、若年無業者に対する合宿研修を行うサービスであれば、それにより、1年後にどのくらいの卒業生が就職できたかを追跡調査をします。しかし、それだけでは、就職が出来たのは、そのサービスを受けたためなのか、単に景気が良くなったためなのかは分かりません。そこで科学的な測定方法では、必ず、対応となるサービスを利用した人と利用しなかった人で就職率がどのように違ってきたのかを比較します。利用者と非利用者をランダムに割り当てて比較する方法がランダム化実験法と呼ばれ、利用者と非利用者の属性の違い、例えば、利用者の方が家庭が裕福な人が多いなど、を統計的に調整を加える方法を「準実験法」とよばれ、この二つが国際的に科学的な効果測定法として認められています。また、就職は出来なかったが、「ひきこもり」状態は脱することが出来た人がいれば、それもサービスの効果としてカウントした方が正確です。このような複数の評価基準を用いる方法を多次元的評価と呼んでいます。オープン・シティー研究所ではこれまで7つの都市のそれぞれ12から18の社会サービスについて、このような分析を行ってきました。--- アップデート:
---このビジネスモデルに特有のガイダンスを送信する
このビジネス・モデルに特有の注意点
キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board

?>