340, , OpenCityPortal: Basic Facts, ,
Home子供の頃学齢期青年期仕事暮らし健康心の健康家族子育て友人近隣近隣環境
OpenCity Portal

オープンシティー:
団体名:
ニックネーム:
ログイン
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, コンテントを投稿する
CCS ダッシュボード
セクション:STAa2
人生局面毎の課題とリスク

Select Other Sections
カテゴリー:STAa22
青年期
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
:
Q11, '目標・計画性': を経験した人を増やす強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか?
要旨:
CCS調査結果: 強み要因(若者世代での変化)その他の回答: STA208FAQID: 340
ID: 340Mode: IndepGender:'a',

Gender: a,
次の表の対象者を、男女合計、女性のみ、男性のみからお選びください(現在は男女合計が選択されています)。
男女合計女性のみ男性のみ
目標・計画性になる機会を減少させるリスク要因の効果(男女合計)9Cities Total: 単独効果9Cities Total: 総合効果
団塊ジュニア若者世代団塊ジュニア若者世代
若者世代寄与度順要因保有率→15.3%18.4%15.3%18.4%
リスク要因↓ A.要因保有率(%) B.リスク拡大/縮小率 C.寄与度(%) A.要因保有率(%) B.リスク拡大/縮小率 C.寄与度(%) A.要因保有率(%) B.リスク拡大/縮小率 C.寄与度(%) A.要因保有率(%) B.リスク拡大/縮小率 C.寄与度(%)
1幼少時、祖父と同居24 0.94 -1.522.6 0.94 -1.424 1.04 0.822.6 1.14* 2.9
2幼少時、祖母と同居33.2 0.96 -1.328.7 1.18 4.733.2 1.07* 2.328.7 1.16** 4.3
3幼少時兄弟姉妹と同居84.3 1.02 1.581.7 0.83 -1584.3 1.12** 9.681.7 1.21*** 15.8
4ほめるしつけ26.8 1.22**** 5.434.7 1.23* 7.226.8 1.64**** 13.234.7 1.93**** 22.7
5家族の支援24 0.87** -3.327 0.66*** -11.124 1.06 1.427 0.84** -4.8
6健康管理13.1 0.97 -0.516.6 0.95 -0.913.1 1.27**** 3.116.6 0.97 -0.5
7親教育熱心27.2 1.35**** 8.233.8 1.3** 8.827.2 1.67**** 13.933.8 1.74**** 18.8
8近隣に見習う10.6 1.2** 214.7 1.22 2.910.6 1.78**** 6.114.7 1.81**** 8.7
9良い教師15.6 1.53**** 6.623.9 1.14 315.6 1.61**** 7.423.9 1.59**** 11.1
10友人ネット36.4 0.89 -4.142.5 0.63** -19.436.4 1.07 2.442.5 0.6**** -21.7
11親類・隣人の支援36.7 0.79** -8.843.3 0.81 -9.236.7 1 043.3 0.65**** -19
12近隣援け合い15.6 1.21** 316.5 1.41** 5.615.6 1.37**** 4.916.5 1.29*** 4.2
13ボランティア6 1.08 0.57.3 1.43 2.66 1.47**** 2.37.3 1.61**** 3.5
14自信・信念20.1 1.54**** 8.721.7 1.25* 4.920.1 1.54**** 8.621.7 1.05 1
15目標・計画性15.3 99+**** 125.818.4 99+**** 153.315.3 -- -INF18.4 -- -INF
16信頼25.3 0.8*** -5.527 0.87 -3.625.3 0.99 -0.327 0.77*** -7.1
17男性 0.95 0 0.93 0 -- NAN -- NAN
186_17歳 4.82**** 0 7.09**** 0 -- NAN -- NAN
1918_34歳 2.71**** 0 7.76**** 0 -- NAN -- NAN
2035_49歳 4.71**** 0 0**** NAN -- NAN -- NAN
2150-64歳 0**** NAN 0**** NAN -- NAN -- NAN
22高齢者 0**** NAN 0**** NAN -- NAN -- NAN
23定数項 0**** 0 0**** 0 -- NAN -- NAN
24調査対象数 59263 13423
25グループ数 1441 447
26対数尤度 -4509.69 -1238.93
27χ二乗検定 0 0
「目標・計画性」を高める強み要因にはどのようなものがありますか?
参照文献: M.Kusakabe,2016,9都市のエビデンスで見る若者世代のリスク急増の構造入力日: 2015-03-20 00:00:00
このサービスを提供している施設: このサービスを提供している施設:
CategoryID: STAa22test22 '',

illustrated by Kilkenny
目標・計画性(MEN2)

A. CCS調査で分かったこと
1. 目標・計画性: を経験した人の割合は世代と共にどのように変わってきたのでしょうか? Service1: 目標・計画性, 要因保有比率(世代別)
「目標・計画性」を持っている人の割合は、小学生のころはすべての都市で20%以下だが、中学生になるとすべての都市で、18%を超え、一番高い足立区では35%程度まで高まる。

しかしその後は4都市では青年後期の34歳くらいまで横ばいとなり、働き盛りの壮年期(35-49歳)には低下している。その後、中年(50-64歳)になると再び上昇に転じ高齢期には大きな上昇となる。これが平均的なパターンである。

例外的に大学生時代から急上昇して高齢期まで上昇を続けている都市が2つある。和光市と臼杵市である。

一方川崎市では中年期から高齢期まで落ち込みが続き、後期高齢期になってようやく上昇に歎じている。 See Details

2. 目標・計画性: を経験した人は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか? Service2: 目標・計画性, 波及(全世代計)
See Details
3. 目標・計画性: を経験した人を減らすリスク要因は何ですか? Service3: 目標・計画性, 原因(全世代計)
See Details
4. 目標・計画性: を経験した人を増やす強み要因は何ですか? Service4: 目標・計画性, 強み要因(全世代計)
See Details
5. 目標・計画性: を経験した人の、将来のリスクへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Service5: 目標・計画性, 将来のリスクへの波及(若者世代での変化)
「目標・計画性」を持っている人の割合は、小学生のころはすべての都市で20%以下だが、中学生になるとすべての都市で、18%を超え、一番高い足立区では35%程度まで高まる。

しかしその後は4都市では青年後期の34歳くらいまで横ばいとなり、働き盛りの壮年期(35-49歳)には低下している。その後、中年(50-64歳)になると再び上昇に転じ高齢期には大きな上昇となる。これが平均的なパターンである。

例外的に大学生時代から急上昇して高齢期まで上昇を続けている都市が2つある。和光市と臼杵市である。

一方川崎市では中年期から高齢期まで落ち込みが続き、後期高齢期になってようやく上昇に歎じている。 See Details

6. 目標・計画性: を経験した人の将来のリスク・強みへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Service6: 目標・計画性, 将来の強みへの波及、(若者世代での変化)
See Details
7. 目標・計画性: を経験した人を減らすリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Service7: 目標・計画性, リスク要因(若者世代での変化)
See Details
8. 目標・計画性: を経験した人を増やす強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Service8: 目標・計画性, 強み要因(若者世代での変化)
See Details
9. 目標・計画性: を経験した人を減らすリスク要因の貢献度はどのくらいありますか? Service9: 目標・計画性, リスク要因貢献度(全世代計・都市別)
「目標・計画性」を持っている人の割合は、小学生のころはすべての都市で20%以下だが、中学生になるとすべての都市で、18%を超え、一番高い足立区では35%程度まで高まる。

しかしその後は4都市では青年後期の34歳くらいまで横ばいとなり、働き盛りの壮年期(35-49歳)には低下している。その後、中年(50-64歳)になると再び上昇に転じ高齢期には大きな上昇となる。これが平均的なパターンである。

例外的に大学生時代から急上昇して高齢期まで上昇を続けている都市が2つある。和光市と臼杵市である。

一方川崎市では中年期から高齢期まで落ち込みが続き、後期高齢期になってようやく上昇に歎じている。 See Details

10. 目標・計画性: を経験した人を増やす強み要因の貢献度はどのようなものですか? Service10: 目標・計画性, 強み要因貢献度(全世代計・都市別)
See Details
11. 目標・計画性: を経験した人を増やす公共サービスの効果はどの程度でしょうか? Service11: 目標・計画性, サービス効果(全世代計)
See Details

//Basic Facts
B. 基礎知識
1. '転入1年前': 転校の手続き Service1: 学校の転入届
詳しく知りたい(contributed by mk)
2. '転入1年前': 転出届 Service2: 市役所への転出届
詳しく知りたい(contributed by mk)

C. 転入1年前に対応するための社会的サービス
27. 転入1年前: 転校の手続き Service27: 転入1年前, 学校の転入届
退出する学校と転入する学校に届出をします。 See Details
28. 転入1年前: 転出届 Service28: 転入1年前, 市役所への転出届
お引越しをする前に、あらかじめ当市で転出の届出をしてください。 
急にお引越しが決まり届出ができなかった場合は、お引越し後14日以内に届出をしてください。
※届出期間の14日を超えても、必ず届出をしてください。 転出の届出をしていただくと、転出証明書をお渡しします。 お引越しがすんだら、お引越し先の市区町村に転出証明書を添えて、転入の届出をしてください
See Details

D. 転入1年前: 自分でできる解決法
27. 転入1年前: 転校の手続き Service27: 転入1年前, 学校の転入届
退出する学校と転入する学校に届出をします。 See Details
28. 転入1年前: 転出届 Service28: 転入1年前, 市役所への転出届
お引越しをする前に、あらかじめ当市で転出の届出をしてください。 
急にお引越しが決まり届出ができなかった場合は、お引越し後14日以内に届出をしてください。
※届出期間の14日を超えても、必ず届出をしてください。 転出の届出をしていただくと、転出証明書をお渡しします。 お引越しがすんだら、お引越し先の市区町村に転出証明書を添えて、転入の届出をしてください
See Details