, STAa26, STA11563, OpenCityPortal: Basic Facts, ,
Home
ニックネームSozoID: , RiskID: , ID: , : Basic Facts,
ニックネーム:
パスワード:
Spanish, English, JapaneseImagine your unlimited creativity パスワードの変更,
あなたの健幸指標ページ
CCS ダッシュボード
セクション:STAa2
人生局面毎の課題とリスク

Select Other Sections
カテゴリー:STAa26
心の健康
Select Other Categories
フォーラム:
どのような社会サービスがあるか

illustrated by Kilkenny
引きこもりがち(MEN9)

引きこもりがちで、孤立している

A. CCS調査で分かったこと
ひきこもりがち を経験した人の割合は世代別にみるとどのように変わってきたのでしょうか? Services (1_Graf_Prev2021), 要因保有比率(世代別)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「引きこもり」は「引きこもりがちで、孤立している(いた)」と答えた人を採っています。「引きこもり」は、就職などへ大きな影響を与えるだけではなく、本人や家族にも大変つらい経験をさせることになる重い心の健康リスクです。See Details
ひきこもりがち を経験した人は、その波及効果として、その後どのようなリスクを拡大したり、強みを縮小したりしますか? Services (2_Consequences), 波及(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「引きこもりがち」は、若者だけでなく、中高年にもリスクが広がっているため、その原因も多様で、かつリスク拡大率も非常に大きくなっています。幼年期のリスクでは「発達障がい」に繋がりやすい「仲間遊び苦手」が最も隆リスク拡大率を示しています。これに次いで「しかるしつけ」「父、母と接触少」がリスクを拡大しています。

学齢期のリスクでは、「いじめられた」が最も高いリスク拡大率を示しており、5倍を超える都市が3つもありました。次いで「高校中退」「不登校」「授業理解困難」が「引きこもりがち」のリスクを高めています。

心の健康リスクでは、「居場所なし」が非常に大きなリスク拡大率を示しており3つの都市で10倍を超えています。「引きこもりがち」は、信頼のおける友人がおらず、孤立してしまうことか起こることが多いことを示しています。次いで「不安定・うつ」が「引きこもりがち」を増やしています。

「引きこもりがち」は「貧困」や「返済困難」などの暮らしのリスクによっても拡大します。 See Details

ひきこもりがち を経験した人を増やす原因となるリスク要因は何ですか? Services (3_Causes), 原因(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
ひきこもりがち を経験した人を減らす効果を持つ強み要因にはどのようなものがありますか? Services (4_Resilience), 強み要因(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
ひきこもりがち を経験した人の、将来のリスクへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (5_Conseq_Risks_Gen), 将来のリスクへの波及(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
ひきこもりがち を経験した人の将来のリスク・強みへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (6_Conseq_Res_Gen), 将来の強みへの波及、(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
ひきこもりがち を経験した人を増やすリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (7_Causes_Gen), リスク要因(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
ひきこもりがち を経験した人を減らす強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (8_Resilience_Gen), 強み要因(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
ひきこもりがち を経験した人を増やすリスク要因の貢献度は都市のよりどのくらい違いがありますか? Services (9_Contribution_to_Risks), リスク要因貢献度(全世代計・都市別)
See Details
ひきこもりがち を経験した人を減らす強み要因の貢献度は都市によりどのくらい違いがありますか? Services (10_Contribution to_Res), 強み要因貢献度(全世代計・都市別)
See Details
ひきこもりがち を経験した人を減らす公共サービスの効果はどの程度でしょうか? Services (11_Service_Impact), サービス効果(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details

B. 基礎知識
1. ひきこもりがち基礎知識: : ひきこもりがち基礎知識, ひきこもりの定義
See Details
もともとは「社会的引きこもり」と呼ばれていた状態で、簡単にいえば自宅を中心とした生活を送っていることを指しますが、「社会的」といわれるのは概念の中核が対人関係からの孤立であるからです。つまり、「ひきこもり」とは、家族以外の人間関係から孤立して自宅を中心とした生活を送っていることといえます。通常、想定されているのは主に若者です。社会的ひきこもり以外にも、統合失調症などの精神病や中等度・重症の精神遅滞が原因で自宅を中心にした生活を送っている場合も「ひきこもり」といいます。けれども、「社会的ひきこもり」はこのような精神病・精神遅滞の為に自宅を中心にした生活を送っている人たちは除きます(2009 下山晴彦編 『よくわかる 臨床心理学』。
詳しく知りたい(contributed by )

M.Kusakabe, Hampstead in February London
1. ひきこもりがち基礎知識: : ひきこもりがち基礎知識, ひきこもりの現状と課題
See Details
ひきこもり問題の現状と課題について、1999年に立ち上げられた全国引きこもりKHJ親の会(家族会連合会)の報告書は以下の5点を挙げています。

1.ひきこもりの社会問題化

2.ひきこも り長期 高 齢化 に伴う親亡き後の困窮化の問題

3.地域社会から孤立した家族への早期対応 の必要性

4. 生活困窮者自立支援制度の開始に伴うひきこもり相談の増加 (支援者のニーズ)

5. ひきこもりに関する学習会開催への 要望の高まり (家族・当事者のニーズ)
詳しく知りたい(contributed by emikok)


M.Kusakabe, Hampstead in February London

C. 社会サービス
1. 引きこもり支援: ご自身やお子さんの引きこもりについて、専門家と相談が出来るサービスはありますか? Service1: 引きこもり支援, 引きこもり相談
引きこもりの方に対する相談窓口は、いくつかありますが、精神保健福祉センターでは、または、その中に設置された引きこもり支援センターでは、精神保健的な観点から専門的な面接相談を行っています。

引きこもりは本人にとってもご家族にとっても大変につらい経験です。しかし、その人の状況に応じた適切な対応や支援により、改善が図られます。一人で悩まず、まず、相談をしてみましょう。 全国の都道府県に設置されている精神保健福祉センターでは予約制で、専門家による相談を受け付けています。まず、お住まいになっている住所で登録・ログインを行い、「このサービスを提供している施設」をクリックしてください。
See Details


M.Kusakabe, Hampstead in February London
2. 引きこもり支援: 引きこもりについて相談をするセンターはありますか? Service2: 引きこもり支援, ひきこもり支援センター
ひきこもりに悩んでいるご本人及びそのご家族からの相談に適切に対処できるよう、「ひきこもり支援センター」を設置しています。
See Details

M.Kusakabe, Hampstead in February London
3. 引きこもり支援: ひきこもりの子どもや成人について相談や支援をしてくれるサービスはありますか? Service3: 引きこもり支援, ひきこもり地域支援センター
ひきこもりの子どもや成人について、地域で相談や専門機関への紹介などの支援をする機関が「ひきこもり地域支援センター」です。厚生労働省は、引きこもりの評価・支援に関するガイドラインを公表し、それに沿って、各自治体がそれぞれの実情を踏まえて支援を行っている。このため、具体的なサービスの概要については各自治体のホームページを見て頂きたい。

多くの自治体では、引きこもりの方本人または家族からの電話・メールまてゃ来所による相談を奥なっているほか、家庭を訪問しての相談や、引きこもりの方のグループによる集合的な療養を行っているところもある。


See Details


M.Kusakabe, Hampstead in February London

D. 自分でできる解決法