, STAa26, STA11562, OpenCityPortal: Basic Facts, ,
Home
ニックネームSozoID: , RiskID: , ID: , : Basic Facts,
ニックネーム:
パスワード:
Spanish, English, JapaneseImagine your unlimited creativity パスワードの変更,
あなたの健幸指標ページ
CCS ダッシュボード
セクション:STAa2
人生局面毎の課題とリスク

Select Other Sections
カテゴリー:STAa26
心の健康
Select Other Categories
フォーラム:
どのような社会サービスがあるか

illustrated by Kilkenny
不安・睡眠障害(MEN7)

不安で寝付けなかったり、早く目がさめることが良くある

A. CCS調査で分かったこと
不安・睡眠障害 を経験した人の割合は世代別にみるとどのように変わってきたのでしょうか? Services (1_Graf_Prev2021), 要因保有比率(世代別)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不安・睡眠障害 を経験した人は、その波及効果として、その後どのようなリスクを拡大したり、強みを縮小したりしますか? Services (2_Consequences), 波及(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不安・睡眠障害 を経験した人を増やす原因となるリスク要因は何ですか? Services (3_Causes), 原因(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不安・睡眠障害 を経験した人を減らす効果を持つ強み要因にはどのようなものがありますか? Services (4_Resilience), 強み要因(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不安・睡眠障害 を経験した人の、将来のリスクへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (5_Conseq_Risks_Gen), 将来のリスクへの波及(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不安・睡眠障害 を経験した人の将来のリスク・強みへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (6_Conseq_Res_Gen), 将来の強みへの波及、(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不安・睡眠障害 を経験した人を増やすリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (7_Causes_Gen), リスク要因(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不安・睡眠障害 を経験した人を減らす強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (8_Resilience_Gen), 強み要因(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不安・睡眠障害 を経験した人を増やすリスク要因の貢献度は都市のよりどのくらい違いがありますか? Services (9_Contribution_to_Risks), リスク要因貢献度(全世代計・都市別)
See Details
不安・睡眠障害 を経験した人を減らす強み要因の貢献度は都市によりどのくらい違いがありますか? Services (10_Contribution to_Res), 強み要因貢献度(全世代計・都市別)
See Details
不安・睡眠障害 を経験した人を減らす公共サービスの効果はどの程度でしょうか? Services (11_Service_Impact), サービス効果(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details

B. 基礎知識
1. 不安・睡眠障害基礎知識: : 不安・睡眠障害基礎知識, 不安障害
See Details
不安障害とは、不安感が中核症状である心理障害です。現在のDSM-IV-TR(アメリカ精神医学会の定めた精神障害に関する診断基準)では、「不安障害」の名称のもとに「パニック障害」「全般性不安障害」「恐怖症」「強迫性障害」「外傷後ストレス障害(PTSD)「急性障害」などに分けられています。近年は神経生理学的研究に基づき、不安障害の発症には心理学的要因のみではなく生物学的要因も関連することが明らかになっています(下山晴彦編 2009『よくわかる臨床心理学』)
詳しく知りたい(contributed by )

M.Kusakabe, Hampstead in February London
1. 不安・睡眠障害基礎知識: : 不安・睡眠障害基礎知識, 「適応障害」
See Details
例えば、「適応障害」「社会不安障害」「パニック障害」「強迫性障害」などがあります(メディカルケア 虎ノ門)
詳しく知りたい(contributed by )

M.Kusakabe, Hampstead in February London

C. 社会サービス
1. 心の健康対策: 統合失調症の患者の社会復帰を地域福祉システムで実現するにはどうしたらよいですか? Service1: 心の健康対策, 自立支援OTP
2002年、日本精神神経学会は、『精神分裂病」と呼んでいた病名を「統合失調症」に変えた。かつては有効な治療法がなかったことから、重症患者は長期入院しか選択肢がなかったが、近年では有効な薬が開発され、8割以上の患者には症状の改善もみられるようになっている。
See Details

M.Kusakabe, Hampstead in February London
2. 心の健康対策: 幼児、児童生徒、保護者、教職員などが対象の発達障害等の相談窓口はありますか? Service2: 心の健康対策, 総合教育センター
総合教育センターでは、特別支援教育相談を行っています。発達障害等のお子さんについて、学校や家庭での様子等を聞き取り、必要に応じて各種心理検査等を実施し、総合的に判断した上で、子ども達一人ひとりに合った学校・家庭での対応や配慮等の具体的支援について、相談員がアドバイスいたします。医療機関等との連携も行っています。
See Details

M.Kusakabe, Hampstead in February London
3. 心の健康対策: アルコール依存の解決について、ご本人またはご家族が専門家と相談出来るサービスはありますか? Service3: 心の健康対策, アルコール依存相談
全国の精神保健福祉センターでは、アルコール依存に対する正しい対処法について相談を行い、また、支援を行うためのプログラムを用意しています。

まず電話による予約が必要です。都道府県により、電話番号や相談時間が異なりますので、お住まいの住所で当ウェッブサイトに登録・ログインをし(無料)、このページの上部にある「このサービスを提供している施設」のリンクをクリックしてください。
See Details


M.Kusakabe, Hampstead in February London
4. 心の健康対策: 私の子どもは薬物依存です。これに対処するため、専門家と相談する頃が出来ますか? Service4: 心の健康対策, 薬物依存相談
全国の精神保健福祉センターでは、覚醒剤・シンナー・薬物などの依存に対する正しい対処法について相談を行い、また、支援を行うためのプログラムを用意しています。 まず電話による予約が必要です。都道府県により、電話番号や相談時間が異なりますので、お住まいの住所で当ウェッブサイトに登録・ログインをし(無料)、このページの上部にある「このサービスを提供している施設」のリンクをクリックしてください。
See Details

M.Kusakabe, Hampstead in February London
5. 心の健康対策: 電話相談(こころのダイヤル119番)とはどのようなサービスですか? Service5: 心の健康対策, こころのダイヤル119番
 こころの健康について電話で相談を行っております。

  相談受付:月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)         午前10時から午後4時まで(正午から午後1時を除く)         電話 058-276-0119

         相談電話が混み合いかかりにくい時があります。

   しばらくお待ちの上、お電話下さいますようお願いいたします。

このほか来所による相談も行なっています。
See Details


M.Kusakabe, Hampstead in February London
6. 心の健康対策: 自殺を考えるまで追い込まれた人が話を聞いてもらえる電話相談はありますか? Service6: 心の健康対策, いのちの電話
全国で、毎年3万人を超える自殺者が出ています。自殺の多くは、心理的に「追い込まれた末の死」です。自殺に至る理由もひとつではなく、健康や経済、生活、家庭の問題、人間関係などいくつかの背景が重なっていると言われています。悩みごとは、問題が小さなうちに専門家などと相談し、心の負担を軽くすることが大切です。 市民の皆さんの悩みに耳を傾けるため、自治体や民間団体では次の相談窓口を開設しています。悩んでいる人は、まず相談をして見ましょう。
See Details

M.Kusakabe, Hampstead in February London

D. 自分でできる解決法