創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:STAa2
子育てから老後まで

Select Other Sections
カテゴリー:STAa22
青年期
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
目標・計画性(MEN2)
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
A. CCS調査で分かったこと
1. 目標・計画性があると感じている人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
Service1: 「目標・計画性」要因保有率
「目標・計画性」を持っている人の割合は、小学生のころはすべての都市で20%以下だが、中学生になるとすべての都市で、18%を超え、一番高い足立区では35%程度まで高まる。

しかしその後は4都市では青年後期の34歳くらいまで横ばいとなり、働き盛りの壮年期(35-49歳)には低下している。その後、中年(50-64歳)になると再び上昇に転じ高齢期には大きな上昇となる。これが平均的なパターンである。

例外的に大学生時代から急上昇して高齢期まで上昇を続けている都市が2つある。和光市と臼杵市である。

一方川崎市では中年期から高齢期まで落ち込みが続き、後期高齢期になってようやく上昇に歎じている。 詳しく知りたい(contributed by )

2. 「目標・計画性」を持った人は、その後どのようなリスクを拡大し、どのような強みを増やすのでしょうか?
Service2: 「目標・計画性」波及
詳しく知りたい(contributed by mkusakabe)
3. 「目標・計画性」が減少するリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか?
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
Service3: 「目標・計画性」リスク要因
詳しく知りたい(contributed by )
4. 「目標・計画性」を増やす強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
Service4: 「目標・計画性」強み要因
詳しく知りたい(contributed by )
5. 目標・計画性があると感じている人のその後の波及は、世代と共にどのように変化しているでしょうか?
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
Service5: 「目標・計画性 波及世代変化
「目標・計画性」を持っている人の割合は、小学生のころはすべての都市で20%以下だが、中学生になるとすべての都市で、18%を超え、一番高い足立区では35%程度まで高まる。

しかしその後は4都市では青年後期の34歳くらいまで横ばいとなり、働き盛りの壮年期(35-49歳)には低下している。その後、中年(50-64歳)になると再び上昇に転じ高齢期には大きな上昇となる。これが平均的なパターンである。

例外的に大学生時代から急上昇して高齢期まで上昇を続けている都市が2つある。和光市と臼杵市である。

一方川崎市では中年期から高齢期まで落ち込みが続き、後期高齢期になってようやく上昇に歎じている。 詳しく知りたい(contributed by )

6. 「目標・計画性」が減少するリスク要因は世代と共にどのように変化しているのでしょうか?
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
Service6: 「目標・計画性」リスク要因世代変化
詳しく知りたい(contributed by )
7. 「目標・計画性」を増やす強み要因には世代ととものどのような変化があるでしょうか?
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
Service7: 「目標・計画性」強み要因世代変化
詳しく知りたい(contributed by )
8. 「目標・計画性」が減少する原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
Service8: 「目標・計画性」リスク要因 貢献度
「目標・計画性」を持っている人の割合は、小学生のころはすべての都市で20%以下だが、中学生になるとすべての都市で、18%を超え、一番高い足立区では35%程度まで高まる。

しかしその後は4都市では青年後期の34歳くらいまで横ばいとなり、働き盛りの壮年期(35-49歳)には低下している。その後、中年(50-64歳)になると再び上昇に転じ高齢期には大きな上昇となる。これが平均的なパターンである。

例外的に大学生時代から急上昇して高齢期まで上昇を続けている都市が2つある。和光市と臼杵市である。

一方川崎市では中年期から高齢期まで落ち込みが続き、後期高齢期になってようやく上昇に歎じている。 詳しく知りたい(contributed by )

9. 「目標・計画性」を増やす強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
Service9: 「目標・計画性」強み要因 貢献度
詳しく知りたい(contributed by )
10. 「目標・計画性」を増やす効果のあるサービスはありますか?
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
Service10: 「目標・計画性」サービス効果
詳しく知りたい(contributed by )

B. 基礎知識

C. 目標・計画性に対応するための社会的サービス