創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:STAa2
子育てから老後まで

Select Other Sections
カテゴリー:STAa21
学齢期
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
不登校(EDU7)
A. CCS調査で分かったこと
1. 「不登校」を経験した子は、青年期に「若年無業者」になるリスクを大きく拡大する Service1: 「不登校」要因保有率
「不登校」は、青年期の「高校中退」「若年無業者」を30倍前後という非常に高い倍率で増加させ、更にそれが「貧困」の拡大に結びついています。しかし、「不登校」は、必ずしも「大学卒」を減らしておらず、「自信・信念」「目標・計画性」も減らしていません。「専門資格」の取得はむしろ増え、「正規雇用」になる人も却って増えていることが分かりました。「不登校」は短期的には大きなリスクをもたらしますが、それを克服することにより、長期的には成功した人生を送っている人も多くいることが分かりました。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「不登校」を経験した人は、「授業理解困難」は余り拡大しておらず、「いじめられる」リスクを多い都市で2倍程度拡大しているが、予想したほど大きな影響はないことが分かった。

しかし、青年期になると、「不登校」経験者は、「高校中退」となるリスクを8都市で6倍以上、99%以上の有意水準で拡大しており、更に、「若年無業者」についても7都市で10倍以上の拡大率で有意に拡大している。

その後も、就労期には「非正規雇用」や「失業」になるリスクを大きく拡大しており、このような影響を併せ、「貧困」に陥るリスクを全ての都市で2倍から、最大で26倍も拡大している。まさに「不登校」は「貧困」になる入り口の一つである。 詳しく知りたい(contributed by )

2. 「不登校」を経験した子は、青年期に「若年無業者」になるリスクを大きく拡大する Service2: 「不登校」将来への波及
「不登校」は、青年期の「高校中退」「若年無業者」を30倍前後という非常に高い倍率で増加させ、更にそれが「貧困」の拡大に結びついています。しかし、「不登校」は、必ずしも「大学卒」を減らしておらず、「自信・信念」「目標・計画性」も減らしていません。「専門資格」の取得はむしろ増え、「正規雇用」になる人も却って増えていることが分かりました。「不登校」は短期的には大きなリスクをもたらしますが、それを克服することにより、長期的には成功した人生を送っている人も多くいることが分かりました。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「不登校」を経験した人は、「授業理解困難」は余り拡大しておらず、「いじめられる」リスクを多い都市で2倍程度拡大しているが、予想したほど大きな影響はないことが分かった。

しかし、青年期になると、「不登校」経験者は、「高校中退」となるリスクを8都市で6倍以上、99%以上の有意水準で拡大しており、更に、「若年無業者」についても7都市で10倍以上の拡大率で有意に拡大している。

その後も、就労期には「非正規雇用」や「失業」になるリスクを大きく拡大しており、このような影響を併せ、「貧困」に陥るリスクを全ての都市で2倍から、最大で26倍も拡大している。まさに「不登校」は「貧困」になる入り口の一つである。 詳しく知りたい(contributed by )

3. 「不登校」になるリスクを拡大する主要な要因は、幼児期の「仲間遊び苦手」と、その後の心の健康リスク Service3: 「不登校」リスク要因
「不登校」の原因としては、「授業理解困難」と同様、「しかるしつけ」「父、母との接触少」「仲間遊び苦手」などの幼児期の要因がまず挙げられます。しかし、それに加え「居場所なし」「不安定・うつ」などの心の健康リスクが加わると「不登校」の比率は更に高まります。また、「虐待」も非常に高い「不登校」の要因となっています。意外にも「いじめられた」は、「不登校」を余り大きくは増やしていないことも分かりました。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
4. 不登校のリスクを軽減する強み要因の第1は幼少時の「家族との同居」次いで近隣との密な付き合い Service4: 「不登校」強み要因
「不登校」のリスクを軽減する強み要因の最大のものは、幼少期の両親、兄弟との同居と「ほめるしつけ」です。これに続き「近隣に見習う」「親類・隣人等の支援」など、いわゆる、「斜め横」にいる大人との交流が「不登校」の予防に有効であることが分かりました。「不登校」の比率が大きい都市では、「自信・信念」「目標・計画性」「家族の支援」がある子どもほど、不登校になり易いという常識と反する状況が起きていることも分かりました。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
5. 「不登校」は各世代で「高校中退」「若年無業者」を大きく増やし、「貧困」を拡大する Service5: 「不登校」 波及世代変化
全世代の分析とほぼ同様に、「不登校」は、「高校中退」「若年無業者」になる比率を大幅に引き上げており、それにより「貧困」に陥る比率も非常に大きく上昇している。若者世代では、この他、「引きこもりがち」になる比率も高まっている。「不登校」の経験者は「大学卒」の比率はやや低下しているが有意ではなく、「専門資格」の取得は却って上昇している都市が多く、これにより「正規雇用」となる比率も若者世代では「不登校」を経験した子の方が高まっている
詳しく知りたい(contributed by )
6. 「不登校」を拡大する要因を持つ子供が若者世代で増えている Service6: 「不登校」リスク世代変化
「不登校」は何故、若者世代(34歳以下)で急拡大したのであろうか?データが利用可能な5都市で、若者世代と彼らの親の世代である団塊ジュニア世代で「不登校」のリスク要因を比較してみた。その結果、分かったことは、主要なリスク要因である「仲間遊び苦手」「授業理解困難」「不安定うつ」などの要因を持っている子どもの割合が、若者世代で急増していることが分かった。
CCS調査で「不登校」リスクを拡大する貢献度が大きい「仲間遊び苦手」は、団塊ジュニア世代に既に高水準に達していた2都市を除く3都市で若者世代には要因保有率が大きく拡大している。

また、最も多く不登校を拡大する本人要因である「不安定・うつ」も、4都市で若者世代の要因保有率が拡大している。

しかし、そのような要因を持つ子供が不登校になる確率を測るリスク拡大率には、傾向的な変化はない。つまり、子どものリスク耐性が弱くなってきているのではなく、これらのリスク要因を持つ子どもの割合が拡大しているのである。 詳しく知りたい(contributed by )

7. 「不登校」を軽減する強み要因は世代によりどのように変化をしていますか? Service7: 「不登校」強み要因世代変化
「不登校」を減らす強み要因の効果は、都市によって非常に大きな違いがある。若者世代に急速に「不登校」が拡大した足立区では「親教育熱心」が効果が無く、「家族の支援」が却って「不登校」を拡大している。しかし「親教育熱心」が若者世代まで有効性を保っている都市も多い。一方、友人・近隣関係の強み要因はほとんどの都市で若者世代で効果を増している。
詳しく知りたい(contributed by )
8. 「不登校」のリスク要因の貢献度はどのくらいでしょうか? Service8: 「不登校」リスク要因の貢献度
様々な不登校の要因の保有比率も加味したリスク拡大貢献度で「不登校」の要因の重要性を見てみると、「しかるしつけ」を受けた人が最も多く「不登校」を拡大していることが分かりました。その次に貢献度が多く勝ったのは「不安定・うつ」と「不安・睡眠障がい」という心の健康リスクでした。「父接触少」が3番目に高い「不登校」を増やす要因となっていました。
詳しく知りたい(contributed by )
9. 「不登校」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのくらいでしょうか? Service9: 「不登校」強み要因の貢献度
強み要因のリスク縮小率にその要因を持っている人の比率を加味したリスク縮小貢献度で見ると、「不登校」を最も減らす効果を持つ強み要因は、幼少時に母、父、兄弟姉妹との同居が1位から3位までを占めることが分かりました。それに続く貢献度を持つ強み要因は「学資を貯蓄」でした。「親類・隣人等の支援」は5位で全ての都市でプラスの貢献度でしたが、「親教育熱心」は、6位で都市によりプラスとマイナスが混じっていることが分かりました。、
詳しく知りたい(contributed by )
10. 「不登校」のリスクを軽減する効果のあるサービスはどのようなものがありますか? Service10: 「不登校」サービス効果
CCS調査では、各自治体と一緒に選んだ、それぞれ12-16の社会サービス機関の利用者が、どの程度、それによって各種のリスクを軽減することが出来たかを調べた。
残念ながら、CCS調査参加者で各機関を利用している人のサンプルが少ないため、データの精度は、今後更に改善する必要があるが、これまで分かった範囲でも、「家庭児童相談室」が臼杵市で、「児童館・学童クラブ」が各務原市、臼杵市で、「児童相談書」が瀬戸内市で、それぞれ「不登校」を減らす効果があることが分かった。 詳しく知りたい(contributed by )

B. 基礎知識

C. 不登校に対応するための社会的サービス