創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:STAa2
子育てから老後まで

Select Other Sections
カテゴリー:STAa20
幼児期
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
しかるしつけ(EDU14)
A. CCS調査で分かったこと
1. 「しかるしつけ」は世代別にみるとどの程度の家庭で行われていますか?
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
Service1: 「しかるしつけ」要因保有率(世代別j
「しかるしつけ」は子供の発達にとってマイナスになるとの研究が進んでおり、「しかるしつけ」から「褒めるしつけ」への転換が必要だとの指摘が各方面からなされています(太田肇、2013」。本調査では、「子供の頃に良くしかられた」という質問と「子供のころ良く褒められた」という質問を行い、それぞれの子どものころの経験により、その後、学齢期や就労期のリスクにどのような差異があったかについて調べています。 詳しく知りたい(contributed by )
2. 「しかるしつけ」を受けた人は、その後どのようなリスクを拡大したり、強みを縮小したりしますか?
M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
Service2: 「しかるしつけ」将来への波及
つまり、「叱るしつけ」は、相手が、その内容を十分受け止めるだけの心の余裕がある場合には、その子の「強み」を引き起こす効果があるのですが、相手にそれを受け入れる心の余裕がない時には、却って、反発を強め、子供のリスクを拡大してしまう効果の方が大きいのです。 詳しく知りたい(contributed by )

B. 基礎知識

C. しかるしつけに対応するための社会的サービス