, STA11541, OpenCityPortal: Basic Facts, ,
Home子供の頃学齢期青年期仕事暮らし健康心の健康家族子育て友人近隣近隣環境
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
団体名:
ニックネーム:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:STAa2
人生局面毎の課題とリスク

Select Other Sections
カテゴリー:STAa24
暮らし
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
'貧困'

illustrated by Kilkenny
貧困(EMP9)
A. CCS調査で分かったこと
1. 貧困 を経験した人の割合は世代別にみるとどのように変わってきたのでしょうか? Service1: 貧困, 要因保有比率(世代別)
高度成長期の日本は、「一億総中流」と言われ、人々の意識の上では、格差が小さい社会であったと言えます。しかし、バブル崩壊後の1990年代から、貧困や格差の拡大が大きな社会問題となってきました。この傾向は、若者世代(34歳以下)でより顕著になってきていることが分かりました。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
CCS調査では、「貧困」は「低収入のため生活が大変苦しい」と答えた人をとっています。つまり主観的な貧困を捉えています。この指標でみると、調査を行った9都市の全てで、若者世代(34歳以下)が最も貧困率が高くなっています。 詳しく知りたい(contributed by )
2. 貧困 を経験した人は、その波及効果として、その後どのようなリスクを拡大したり、強みを縮小したりしますか? Service2: 貧困, 波及

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
3. 貧困 を経験した人を増やす原因となるリスク要因は何ですか? Service3: 貧困, 原因

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
4. 貧困 を経験した人を減らす効果を持つ強み要因にはどのようなものがありますか? Service4: 貧困, 強み要因

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
5. 貧困 を経験した人の、将来のリスクへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Service5: 貧困, 将来のリスクへの波及世代変化

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
6. 貧困 を経験した人の将来のリスク・強みへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Service6: 貧困, 将来の強みへの波及、世代変化

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
7. 貧困 を経験した人を増やすリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Service7: 貧困, リスク要因世代変化

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
8. 貧困 を経験した人を減らす強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Service8: 貧困, 強み要因世代変化

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
9. 貧困 を経験した人を増やすリスク要因の貢献度は都市のよりどのくらい違いがありますか? Service9: 貧困, リスク要因貢献度
詳しく知りたい(contributed by )
10. 貧困 を経験した人を減らす強み要因の貢献度は都市によりどのくらい違いがありますか? Service10: 貧困, 強み要因貢献度
詳しく知りたい(contributed by )
11. 貧困 を経験した人を減らす公共サービスの効果はどの程度でしょうか? Service11: 貧困, サービス効果

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )

//Basic Facts
B. 基礎知識
1. '貧困': 貧困や生活困窮のリスクのとらえ方はどう進化してきたのか? Service1: 「貧困」単一原因論からリスク論的理解へ
私がどういう思いでこのコミュニティー・カルテ・システムをつくったのかを、ごく簡単に説明いたします。その背景には「リスク概念の進化」があります。 公衆衛生の例で考えてみると、かつては単一病因説が主流でした。病気の原因には、何かひとつの原因があるというものです。
M.Kusakabe, Hampstead in October London
詳しく知りたい(contributed by )
2. '貧困': 英国からの教訓:何故、失敗したのか? Service2: 社会的排除アプローチとは?
この教訓から、なぜイギリスが失敗したのかを簡単にまとめてみます。 「一定期間以上、雇用から排除されると容易には職に就けない」。なかなか大変な話です。後追い的な施策では手遅れになることが多いというのが、ひとつの教訓です。
M.Kusakabe, Hampstead in October London
詳しく知りたい(contributed by )

C. 貧困に対応するための社会的サービス
11. 貧困 生活が大変苦しいのですが生活保護を受けるためにはどうしたらよいでしょうか? Service11: 貧困, 生活保護制度
12. 貧困 低所得者に対し、一時的な生活資金や生活再建のための借入が出来る制度がありますか? Service12: 貧困, 生活福祉資金・総合支援資金
13. 貧困 住宅を失った離職者が緊急に必要とする生活資金を貸し付ける制度がありますか? Service13: 貧困, 臨時特例つなぎ資金貸付
14. 貧困 離職により住宅を失う恐れがある人に対する家賃補助制度はありますか? Service14: 貧困, 住宅手当
15. 貧困 ホームレスの人たちを緊急に保護する施設はありますか? Service15: 貧困, 緊急一時保護センター

D. 貧困: 自分でできる解決法