, STA11525, OpenCityPortal: Basic Facts, ,
Home子供の頃学齢期青年期仕事暮らし健康心の健康家族子育て友人近隣近隣環境

創造人生
Imagine Your Unlimited Potential
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方

Spanish, English, 日本語
OpenCity Portal
CCS ダッシュボード
セクション:STAa2
人生局面毎の課題とリスク

Select Other Sections
カテゴリー:STAa22
青年期
Select Other Categories
フォーラム:
どのような社会サービスがあるか

illustrated by Kilkenny
目標・計画性(MEN2)

A. CCS調査で分かったこと
1. 目標・計画性: を経験した人の割合は世代と共にどのように変わってきたのでしょうか? Service1: 目標・計画性, 要因保有比率(世代別)
See Details

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「目標・計画性」を持っている人の割合は、小学生のころはすべての都市で20%以下だが、中学生になるとすべての都市で、18%を超え、一番高い足立区では35%程度まで高まる。

しかしその後は4都市では青年後期の34歳くらいまで横ばいとなり、働き盛りの壮年期(35-49歳)には低下している。その後、中年(50-64歳)になると再び上昇に転じ高齢期には大きな上昇となる。これが平均的なパターンである。

例外的に大学生時代から急上昇して高齢期まで上昇を続けている都市が2つある。和光市と臼杵市である。

一方川崎市では中年期から高齢期まで落ち込みが続き、後期高齢期になってようやく上昇に歎じている。 心の健康(contributed by )

1. 目標・計画性: を経験した人は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか? Service1: 目標・計画性, 波及(全世代計)
See Details

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
心の健康(contributed by mkusakabe)
1. 目標・計画性: を経験した人を減らすリスク要因は何ですか? Service1: 目標・計画性, 原因(全世代計)
See Details

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
心の健康(contributed by )
1. 目標・計画性: を経験した人を増やす強み要因は何ですか? Service1: 目標・計画性, 強み要因(全世代計)
See Details

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
心の健康(contributed by )
1. 目標・計画性: を経験した人の、将来のリスクへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Service1: 目標・計画性, 将来のリスクへの波及(若者世代での変化)
See Details

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「目標・計画性」を持っている人の割合は、小学生のころはすべての都市で20%以下だが、中学生になるとすべての都市で、18%を超え、一番高い足立区では35%程度まで高まる。

しかしその後は4都市では青年後期の34歳くらいまで横ばいとなり、働き盛りの壮年期(35-49歳)には低下している。その後、中年(50-64歳)になると再び上昇に転じ高齢期には大きな上昇となる。これが平均的なパターンである。

例外的に大学生時代から急上昇して高齢期まで上昇を続けている都市が2つある。和光市と臼杵市である。

一方川崎市では中年期から高齢期まで落ち込みが続き、後期高齢期になってようやく上昇に歎じている。 心の健康(contributed by )

1. 目標・計画性: を経験した人の将来のリスク・強みへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Service1: 目標・計画性, 将来の強みへの波及、(若者世代での変化)
See Details

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
心の健康(contributed by )
1. 目標・計画性: を経験した人を減らすリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Service1: 目標・計画性, リスク要因(若者世代での変化)
See Details

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
心の健康(contributed by )
1. 目標・計画性: を経験した人を増やす強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Service1: 目標・計画性, 強み要因(若者世代での変化)
See Details

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
心の健康(contributed by )
1. 目標・計画性: を経験した人を減らすリスク要因の貢献度はどのくらいありますか? Service1: 目標・計画性, リスク要因貢献度(全世代計・都市別)
See Details
「目標・計画性」を持っている人の割合は、小学生のころはすべての都市で20%以下だが、中学生になるとすべての都市で、18%を超え、一番高い足立区では35%程度まで高まる。

しかしその後は4都市では青年後期の34歳くらいまで横ばいとなり、働き盛りの壮年期(35-49歳)には低下している。その後、中年(50-64歳)になると再び上昇に転じ高齢期には大きな上昇となる。これが平均的なパターンである。

例外的に大学生時代から急上昇して高齢期まで上昇を続けている都市が2つある。和光市と臼杵市である。

一方川崎市では中年期から高齢期まで落ち込みが続き、後期高齢期になってようやく上昇に歎じている。
心の健康(contributed by )


M.Kusakabe, Hampstead in February London
「目標・計画性」を持っている人の割合は、小学生のころはすべての都市で20%以下だが、中学生になるとすべての都市で、18%を超え、一番高い足立区では35%程度まで高まる。

しかしその後は4都市では青年後期の34歳くらいまで横ばいとなり、働き盛りの壮年期(35-49歳)には低下している。その後、中年(50-64歳)になると再び上昇に転じ高齢期には大きな上昇となる。これが平均的なパターンである。

例外的に大学生時代から急上昇して高齢期まで上昇を続けている都市が2つある。和光市と臼杵市である。

一方川崎市では中年期から高齢期まで落ち込みが続き、後期高齢期になってようやく上昇に歎じている。 心の健康(contributed by )

1. 目標・計画性: を経験した人を増やす強み要因の貢献度はどのようなものですか? Service1: 目標・計画性, 強み要因貢献度(全世代計・都市別)
See Details

心の健康(contributed by )

M.Kusakabe, Hampstead in February London
心の健康(contributed by )
1. 目標・計画性: を経験した人を増やす公共サービスの効果はどの程度でしょうか? Service1: 目標・計画性, サービス効果(全世代計)
See Details

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
心の健康(contributed by )

; //Basic Facts
B. Basic Facts

C. 目標・計画性に対応するための社会的サービス

D. 目標・計画性: 自分でできる解決法