, STAa21, STA11516, OpenCityPortal: Basic Facts, ,
Home
ニックネームSozoID: , RiskID: , ID: , : Basic Facts,
ニックネーム:
パスワード:
Spanish, English, JapaneseImagine your unlimited creativity パスワードの変更,
あなたの健幸指標ページ
CCS ダッシュボード
セクション:STAa2
人生局面毎の課題とリスク

Select Other Sections
カテゴリー:STAa21
学齢期
Select Other Categories
フォーラム:
どのような社会サービスがあるか

illustrated by Kilkenny
不登校(EDU7)

学校になじめず登校できない時期があった

「不登校」は若者世代で、親の世代に比べ、倍増に近い勢いで増えていることが分かりました。親も子供本人も、「不登校」に何故なったのかわからないケースが半数近くを占めています。「創造人生」では不登校になる18の主要な要因を幼児期の遡って分析し、親の「しかるしつけ」と「父、接触少」が最大の要因であることを計量的に明らかにしました。
A. CCS調査で分かったこと
不登校 を経験した人の割合は世代別にみるとどのように変わってきたのでしょうか? Services (1_Graf_Prev2021), 要因保有比率(世代別)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「不登校」を経験した人は、「授業理解困難」は余り拡大しておらず、「いじめられる」リスクを多い都市で2倍程度拡大しているが、予想したほど大きな影響はないことが分かった。

しかし、青年期になると、「不登校」経験者は、「高校中退」となるリスクを8都市で6倍以上、99%以上の有意水準で拡大しており、更に、「若年無業者」についても7都市で10倍以上の拡大率で有意に拡大している。

その後も、就労期には「非正規雇用」や「失業」になるリスクを大きく拡大しており、このような影響を併せ、「貧困」に陥るリスクを全ての都市で2倍から、最大で26倍も拡大している。まさに「不登校」は「貧困」になる入り口の一つである。See Details

不登校 を経験した人は、その波及効果として、その後どのようなリスクを拡大したり、強みを縮小したりしますか? Services (2_Consequences), 波及(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「不登校」を経験した人は、「授業理解困難」は余り拡大しておらず、「いじめられる」リスクを多い都市で2倍程度拡大しているが、予想したほど大きな影響はないことが分かった。

しかし、青年期になると、「不登校」経験者は、「高校中退」となるリスクを8都市で6倍以上、99%以上の有意水準で拡大しており、更に、「若年無業者」についても7都市で10倍以上の拡大率で有意に拡大している。

その後も、就労期には「非正規雇用」や「失業」になるリスクを大きく拡大しており、このような影響を併せ、「貧困」に陥るリスクを全ての都市で2倍から、最大で26倍も拡大している。まさに「不登校」は「貧困」になる入り口の一つである。See Details

不登校 を経験した人を増やす原因となるリスク要因は何ですか? Services (3_Causes), 原因(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不登校 を経験した人を減らす効果を持つ強み要因にはどのようなものがありますか? Services (4_Resilience), 強み要因(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不登校 を経験した人の、将来のリスクへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (5_Conseq_Risks_Gen), 将来のリスクへの波及(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不登校 を経験した人の将来のリスク・強みへの波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (6_Conseq_Res_Gen), 将来の強みへの波及、(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不登校 を経験した人を増やすリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (7_Causes_Gen), リスク要因(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
CCS調査で「不登校」リスクを拡大する貢献度が大きい「仲間遊び苦手」は、団塊ジュニア世代に既に高水準に達していた2都市を除く3都市で若者世代には要因保有率が大きく拡大している。

また、最も多く不登校を拡大する本人要因である「不安定・うつ」も、4都市で若者世代の要因保有率が拡大している。

しかし、そのような要因を持つ子供が不登校になる確率を測るリスク拡大率には、傾向的な変化はない。つまり、子どものリスク耐性が弱くなってきているのではなく、これらのリスク要因を持つ子どもの割合が拡大しているのである。See Details

不登校 を経験した人を減らす強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Services (8_Resilience_Gen), 強み要因(若者世代での変化)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
See Details
不登校 を経験した人を増やすリスク要因の貢献度は都市のよりどのくらい違いがありますか? Services (9_Contribution_to_Risks), リスク要因貢献度(全世代計・都市別)
See Details
不登校 を経験した人を減らす強み要因の貢献度は都市によりどのくらい違いがありますか? Services (10_Contribution to_Res), 強み要因貢献度(全世代計・都市別)
See Details
不登校 を経験した人を減らす公共サービスの効果はどの程度でしょうか? Services (11_Service_Impact), サービス効果(全世代計)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
残念ながら、CCS調査参加者で各機関を利用している人のサンプルが少ないため、データの精度は、今後更に改善する必要があるが、これまで分かった範囲でも、「家庭児童相談室」が臼杵市で、「児童館・学童クラブ」が各務原市、臼杵市で、「児童相談書」が瀬戸内市で、それぞれ「不登校」を減らす効果があることが分かった。See Details

B. 基礎知識
1. 不登校: : 不登校, 身体疾患による不登校
See Details
全ての慢性疾患は不登校の原因となりうる。例えば、気管支喘息児の20%に学校不適応が認められるという報告もある。また起立性調節障害や起立性低血圧等の自律神経機能の失調状態は比較的頻度も高い。また見落とされがちな疾患としては、中枢神経系の悪性腫瘍や内分泌代謝疾患、膠原病があげられる。
詳しく知りたい(contributed by mkusakabe)

M.Kusakabe, Hampstead in February London
1. 不登校: : 不登校, 精神疾患による不登校
See Details
不登校の中には、子どもが何らかの精神的な疾患を持っていることによる場合がある。このような場合には、先ず、不登校そのものよりもその原因となっている疾患を治療することが第1に必要である。

不登校の原因とないうる精神疾患の例
?気分障害(mood disporder) 大鬱病性障害、双極性障害

?統合失調症(schizzophrenia)

?発達障害(developmental disorder) 自閉性障害、Asperger障害、広範性発達障害

?崩壊性行動障害(disruptive behavioral disorder) 注意欠陥・多動性障害、行為障害

?その他 起立性調節障害、起立性低血圧など
詳しく知りたい(contributed by mkusakabe)


M.Kusakabe, Hampstead in February London
1. 不登校: : 不登校, 「不登校」への対応の変遷
初期には「不登校」は「学校恐怖症」と呼ばれ個人の病理現象と捉えられていた。いじめや偏差値重視の教育が浸透するにつれ、学校に行くことに抵抗を示す子どもが増え「登校拒否」と呼ばれるようになった。その後、不登校には様々な背景があり、初めから決めつけることは適当でないということから「不登校」という一般的な呼び方になった。 See Details
「不登校」は、子どもの側の対人恐怖症や集団に適応できないなどの個人要因と、いじめ、教師の体罰、難しい教科内容などの学校側の要因の組み合わせによっておこると考えられている。文部科学省が2016年に行った「児童生徒の問題行動・ 不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」でも、不登校の原因を本人の要因と学校・家庭の要因双方のマトリックスとして統計が採られている。つまり、ほとんどの不登校の要因には、本人要因と学校・家庭要因が重なり合って起こっているとの見方に立った分析となっている。

これはCCS調査でも同じで、学齢期までに起こるリスク要因を18以上採って調べている。ただ、文科省の調査と違う点は、リスク要因だけでなく「自信・信念」「親教育熱心」などの強み要因の効果も調べていることである。
詳しく知りたい(contributed by shiga)


M.Kusakabe, Hampstead in February London

C. 社会サービス
1. 不登校相談・支援: 発達障害で引きこもりがある不登校の子供に有効なプログラムはありますか? Service1: 不登校相談・支援, ホームスクーリング
ホームスクーリングセンター・メイプルは、不登校・発達障害・引きこもりに対してホームスクーリングを行い、個別指導の中で社会性やコミュニケーション能力の改善のための活動を行っているェ、西村らは2003年に中国四国小児心身症学会でその効果があったと報告した。
See Details

M.Kusakabe, Hampstead in February London
2. 不登校相談・支援: フリースクールは不登校児を救えるか? Service2: 不登校相談・支援, フリースクール
フリースクールとは、何らかの理由から学校に行くことができない、行かない、行きたくても行けない・・・ という子どもたちが、小学校・中学校・高校の代わりに過ごす場所。不登校やひきこもりをはじめ、軽度の発達障害、身体障害、知的障害などの事情を抱えるた くさんの子どもたちを受け入れ、学びの場を提供しています。

個人経営、NPO法人やボランティア団体などが運営する民間の教育機関になるので、それぞれの方針や教育理念の違いによって形態もさまざま。かかる費用も一様ではありません。共通するのは、子どもたちの主体性を尊重しているところといえます。
See Details


M.Kusakabe, Hampstead in February London
3. 不登校相談・支援: 不登校の相談を専門に行なっている機関はありますか? Service3: 不登校相談・支援, 滋賀県心の教育相談センター
滋賀県心の教育相談センターは不登校に関する専門相談機関です。 臨床心理士によるカウンセリングを通して学校復帰をすすめます。
See Details

M.Kusakabe, Hampstead in February London
4. 不登校相談・支援: 不登校について相談が出来るサービスはどのようなものだありますか? Service4: 不登校相談・支援, その他の不登校相談
不登校についての相談は、以上に述べた専門機関の他に、都道府県の教育委員会、及びその出先機関である教育事務所、市町村の教育委員会、市町村役所の子ども支援課などでも行っています。
See Details

M.Kusakabe, Hampstead in February London

D. 自分でできる解決法
6. 不登校: 不登校児に対する学校の対応はどう改善したらよいでしょうか? Service6: 不登校, 不登校に対する学校の対応
See Details
#NAME?
詳しく知りたい(contributed by mkusakabe)

M.Kusakabe, Hampstead in February London
6. 不登校: 「不登校」の子どもに対して学校や家庭はどのように対応したら良いのでしょうか? Service6: 不登校, 「不登校」への対応
See Details
不登校への対処は大きく2つに分類される。一つは不登校を受容し、登校刺激を与えず様子を見るという「支持的」な姿勢であり、もう一つは、積極的に登校刺激を与え、家族関係まで介入し操作するという「指示的」な姿勢である。指示的対応の対象となるのは、文部科学省の分類による「無気力型」「神経症型」の不登校である。

治療の流れは「筋を通した大人扱いのカウンセリング、自分の人生にとって得な目標を選ぶ洞察援助、登校再開を前提とした生活調整、環境調整、新しい適応姿勢の獲得からなる。
詳しく知りたい(contributed by )


M.Kusakabe, Hampstead in February London