創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:


Select Other Sections
カテゴリー:
左下の表からカテゴリーをお選び下さい
フォーラム:
基礎知識
ひきこもりがち(MEN9)
A. CCS調査で分かったこと
1. 「ひきこもりがち」の人の比率は各世代でどのようななっていますか? Service1: 「ひきこもりがち」要因保有率(世代別)

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「引きこもり」は「引きこもりがちで、孤立している(いた)」と答えた人を採っています。「引きこもり」は、就職などへ大きな影響を与えるだけではなく、本人や家族にも大変つらい経験をさせることになる重い心の健康リスクです。 詳しく知りたい(contributed by )
2. 「ひきこもりがち」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? Service2: 「ひきこもりがち」波及
「引きこもりがち」の問題は若者の問題と思われがちだが、実は、高齢世代で最も多くなっている都市が多い。年齢別に見ると中年期(50-64歳)から急角度に上昇している都市が多い。年代別に見ると、1990年代前半までは横ばいないし微増であったが、就職氷河期と言われる1990年代後半から増加に転じている都市が多い。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「引きこもりがち」は、若者だけでなく、中高年にもリスクが広がっているため、その原因も多様で、かつリスク拡大率も非常に大きくなっています。幼年期のリスクでは「発達障がい」に繋がりやすい「仲間遊び苦手」が最も隆リスク拡大率を示しています。これに次いで「しかるしつけ」「父、母と接触少」がリスクを拡大しています。

学齢期のリスクでは、「いじめられた」が最も高いリスク拡大率を示しており、5倍を超える都市が3つもありました。次いで「高校中退」「不登校」「授業理解困難」が「引きこもりがち」のリスクを高めています。

心の健康リスクでは、「居場所なし」が非常に大きなリスク拡大率を示しており3つの都市で10倍を超えています。「引きこもりがち」は、信頼のおける友人がおらず、孤立してしまうことか起こることが多いことを示しています。次いで「不安定・うつ」が「引きこもりがち」を増やしています。

「引きこもりがち」は「貧困」や「返済困難」などの暮らしのリスクによっても拡大します。 詳しく知りたい(contributed by )

3. 「ひきこもりがち」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? Service3: 「ひきこもりがち」の原因
「引きこもりがち」は、その後の人生に大きなリスクをもたらす。学齢期には、「不登校」「いじめた」をそれぞれ5倍、8倍も増やしている。就労期には「若年無業者」「失業」をそれぞれ14倍、7倍増やしている。暮らしの関連リスクは更に大きい。「貧困」を5倍、家賃等の「支払困難」を42倍、「住居喪失」を24倍も増やしている。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
4. 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか? Service4: 「ひきこもりがち」のリスク軽減要因
「引きこもりがち」だった人は、さまざまな将来のリスクを拡大している。学齢期には、「不登校」「いじめた」をそれぞれ5倍、8倍も増やしている。就労期には「若年無業者」「失業」をそれぞれ14倍、7倍増やしている。暮らしの関連リスクは更に大きい。「貧困」を5倍、家賃等の「支払困難」を42倍、「住居喪失」を24倍も増やしている。「引きこもりがち」の原因を明らかにして、早期の対策を講じることは喫緊の問題である。

だが、重要なことは「引きこもりがち」を経験した人は、それを克服することにより人生上の強みを得ている人も多いことが分かった。


M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
5. Service5: 「ひきこもりがち」波及の世代変化
詳しく知りたい(contributed by )
6. 「ひきこもりがち」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? Service6: 「ひきこもりがち」リスク要因の世代変化
「引きこもりがち」となるきっかけが何かを単独要因で調べると、「障がい」「失業」「働きながら介護」が3大要因となっており、それらの「引きこもりがち」を増やす効果は3.5倍、2.6倍、2倍となっており、その他の要因は、2倍以下とそれほど大きな拡大率ではありません。しかし、「引きこもりがち」は様々なリスクに波及することは、既にみたとおりです。それらを併せた、総合効果で見ると、最大のリスク要因は「居場所なし」で4.3倍、「要介護」が4.2倍と並んでいます。CCS調査で取り上げた32のリスク要因全てが、2倍前後の倍率で有意に「引きこもりがち」を増やすています。、
詳しく知りたい(contributed by )
7. 「ひきこもりがち」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? Service7: 「ひきこもりがち」強み要因世代変化
「引きこもりがち」になるリスクを軽減する強み要因もかなりあります。単独効果で見て、最も軽減効果が高かったのは、幼少期に「父親と同居」「祖父と同居」で「引きこもりがち」になるリスクが40%にまで低下します。一方で「引きこもりがち」になるリスクを最も高めている要因は、幼少期の「母との同居」で、実にリスクを7.5倍高めています。また、主体性の指標である将来への「目標・計画性」を持っている子は、「引きこもりがち」になるリスクを1.6倍にも増やしていることが分かりました。友人関係や親子関係が複雑化していることが見て取れますが、「親類・隣人等の支援」がある子は、リスクを73%にまで減少させています。「斜め後ろの大人」による支援が「引きこもり」を防ぐ、一つの力になっているのですね。
詳しく知りたい(contributed by )
8. 「ひきこもりがち」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? Service8: 「ひきこもりがち」の原因 貢献度
詳しく知りたい(contributed by )
9. 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? Service9: 「ひきこもりがち」リスク軽減要因貢献度
詳しく知りたい(contributed by )
10. 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか? Service10: 「ひきこもりがち」 サービス効果
詳しく知りたい(contributed by )

B. 基礎知識

C. ひきこもりがちに対応するための社会的サービス