創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:


Select Other Sections
カテゴリー:
左下の表からカテゴリーをお選び下さい
フォーラム:
基礎知識
非正規雇用(EMP16)
A. CCS調査で分かったこと
1. 非正規雇用の比率は世代毎にどのような変化をしているのでしょうか? Service1: 「非正規雇用」要因保有比率
パートや臨時雇いなどの非正規雇用は多くの都市で、高齢世代には多かったのが、団塊ジュニア世代までは減少傾向が続いていました。しかし、それが若者世代になると急速に拡大し、9都市中、5都市で20%を超えています。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
2. 非正規雇用の人が、その後に抱えやすいリスクは何でしょうか? Service2: 「非正規雇用」波及
非正規雇用の人は「自信・信念」周りへの「信頼」「友人ネット」を持っているなど、一般の人より多くの強み要因を持っている。一方、健康面では「生活習慣病」などの病気にかかる率は他の人の1.7倍、うつなどの心の健康リスクも1.5倍前後と高くなっている。しかも「要介護」になる比率も2.2倍になるなど健康格差が生じている。本人が「貧困」に陥る倍率は1.5倍だが、子どもが「雇用不安定」になるリスクは6.6倍と高くなっており、次世代にまで大きな影響を与えている。将来の格差拡大を防ぐためにも、正規・非正規の格差をなくしていく必要がある。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
3. 非正規雇用になりやすい要因は何ですか? Service3: 「非正規雇用」リスク要因
「非正規雇用」になるリスクは、幼児期に、「仲間遊び苦手」だったり、「しかるしつけ」を受けた子が1.7倍以上の拡大率となっている。学齢期には「不登校」を経験した子は5倍以上の倍率で、青年期には「高校中退」が4倍という高率で非正規雇用になるリスクを増やしている。「うつ」「不安」などの心の健康リスクも、2倍から4倍に非正規雇用を増やしている。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
4. 非正規雇用になるリスクを軽減する強み要因は何ですか? Service4: 「非正規雇用」 強み要因
非正規雇用は今や30%を超える一般的な減少となっているため、強み要因の効果を副次的効果も含める総合効果で見ると、ほとんどが平均化してしまいリスク軽減効果が見られない。しかし、副次効果を含めない強み要因の単独効果で見ると、ダントツで軽減効果が大きいのは幼少時に「父親との同居」である。子ども時代を父親と一緒に過ごした子は、「父親の背中を見て育つ」ということなのだろうか。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
5. 「非正規雇用」の波及は世代によりどのように変化してきましたか? Service5: 「非正規雇用」波及の世代変化
詳しく知りたい(contributed by )
6. 「非正規雇用」になりリスク要因は世代とともにどのように変わってきていますか? Service6: 「非正規雇用」原因の世代変化
詳しく知りたい(contributed by )
7. 「非正規雇用」になり強み要因は世代とともにどのように変わってきていますか? ) Service7: 「非正規雇用」強み世代変化
詳しく知りたい(contributed by )
8. 非正規雇用になりやすい要因は何ですか? Service8: 「非正規雇用」リスク要因の貢献度
詳しく知りたい(contributed by )
9. 非正規雇用になるリスクを軽減する強み要因は何ですか? Service9: 「非正規雇用」 強み要因の貢献度
詳しく知りたい(contributed by )
10. 「非正規雇用」になるリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? Service10: 「非正規雇用」サービス効果
詳しく知りたい(contributed by )

B. 基礎知識

C. 非正規雇用に対応するための社会的サービス