創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:


Select Other Sections
カテゴリー:
左下の表からカテゴリーをお選び下さい
フォーラム:
基礎知識
いじめられた(EDU9)
A. CCS調査で分かったこと
1. いじめられた人の比率は年代ごとに増えているのでしょうか? Service1: 「いじめられた」の要因保有比率(世代別))
「いじめられた」子どもの比率は、若者世代での「貧困」比率の増加など生活上の問題が深刻化に伴い増加しているが、が比較的低い都市では、若者世代で低下している都市もある。しかし、年代毎に詳しく見ると、貧困の増加に関わらず2000年代に入り、「いじめられた」比率を低下させている都市もいくつかあることが分かります。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「いじめ」は、学齢期に多い問題ですが、「不登校」「高校中退」などの他の問題とも結びつき易く、また、心の健康やNEETなどの問題にも強い影響がある重要な問題です。

以下、東京都新宿区(2011-12年)と滋賀県東近江市(2013年)で行なったコミュニティー・カルテ調査に基づきいじめの実態を探ってみます。 詳しく知りたい(contributed by )

2. いじめに遭った子どもは、その後どのようなリスクを抱えることになりますか? Service2: 「いじめられた」の波及
いじめの影響は、いじめられている期間だけの一過性と思われがちだが、「不安定・うつ」「不安・睡眠障がい」「引きこもりがち」などの心の健康に与えるリスクは、「不登校」による影響由も大きく、いじめはその被害者に長期に亘る心の傷を与えることが明らかになった。「不登校」と同様、「高校中退」「若年無業者」になるリスクを大きく拡大し、それを通じて「貧困」も拡大する。「大学卒」を減らす影響は「不登校」の場合より大きい。しかし、「いじめられた」リスクを克服した人は、「専門資格」の取得を増やし、正規雇用になる機会を増やしている。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
いじめに遭った子は、その後の人生で、いろいろとつらいめに遭うことが7つの都市におけるCCS調査によりに明らかになりました。この結果は、いじめがその人の人生に大きな心の傷を残すことを示しています。このようなことが起こらないように、いじめを予防することが最も重要ですが、いじめられた人の心のアフターケアも重要な課題となっています。

次の表は、「いじめ」にあった人が、遭っていない人に比べて、左側の列にある様々なリスクがどの程度増えるているかを7都市のCCS調査で調べたものです。例えば「いじめ」に遭った子は、学齢期に「不登校」になるリスクが、高浜市では2.49倍高まることを示しています。 詳しく知りたい(contributed by )

3. どのような幼児期の要因がいじめに遭うリスクを高めるのでしょうか? Service3: 「いじめられた」のリスク要因
「いじめられた」の原因となるリスク要因は「不登校」の要因と同様、幼児期の家族環境が強く影響しているが、「いじめられた」の場合には、その中でも社会性発達の遅れを示す「仲間遊び苦手」が最も高い「いじめられた」のリスク拡大率を示しています。「仲間遊び苦手」の子が発達障害になることを予防する上で「いじめ」の被害者になることを防ぐことが非常に重要であることが分かります。また、「居場所なし」などの心の健康リスクが「いじめられた」の比率を高めています。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
研究チームは新宿区、東近江市のご協力を得て、幼児期の要因が「いじめ」などの学齢期の問題にどのような影響を与えているかを調査しました(2011-12年新宿区;2013年1月東近江市コミュニティー・カルテ調査)。その結果、「親との接触が少なかった」子どもや「一人親に育てられた」子どもは、学齢期に「いじめ」に遭うリスクが一般のこの2倍程度に高まり、「仲間遊びが苦手」だった子は、一般の子どもの約11倍「いじめ」に遭う易いことが分かりました。 詳しく知りたい(contributed by )
4. いじめに遭うリスクを防ぐ強み要因にはどのようなものがありますか? Service4: 「いじめられた」強み要因
「いじめられた」を予防する強み要因の効果は、都市により大きな差があります。「友人ネット」などの友人・近隣との絆はほとんどの都市でいじめ予防効果がありますが、「自信・信念」「目標・計画性」「信頼」などの自己の価値観による強みや「家族の支援」は、いじめが少ない都市でのみいじめ予防効果があり、いじめが多い都市では、効果が無いか、逆効果となっていることが分かりました。また、 「ほめるしつけ」はほとんどの都市で、「いじめられた」のリスクを拡大しています。このように強み要因と言われているものの効果は、それが置かれた都市の人間関係により大きく変わって来ることがはっきりしました。

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
5. 「いじめられた」の波及は世代によりどのような変化してきたのでしょう? Service5: 「いじめられた」波及世代変化
詳しく知りたい(contributed by )
6. 「いじめられた」のリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Service6: 「いじめられた」リスク世代変化
詳しく知りたい(contributed by )
7. 「いじめられた」のリスクを軽減する強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? Service7: 「いじめられた」強み要因世代変化
詳しく知りたい(contributed by )
8. 「いじめられた」に対するリスク要因の貢献度はどのようになっていますか? Service8: 「いじめられた」リスク要因の貢献度
詳しく知りたい(contributed by )
9. 「いじめられた」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのようになっていますか? Service9: 「いじめられた」強み要因の貢献度
詳しく知りたい(contributed by )
10. 「いじめられた」のリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? Service10: 「いじめられた」サービス効果
詳しく知りたい(contributed by )

B. 基礎知識

C. いじめられたに対応するための社会的サービス