創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:


Select Other Sections
カテゴリー:
左下の表からカテゴリーをお選び下さい
フォーラム:
基礎知識
親教育熱心(EDU1)
A. CCS調査で分かったこと
1. 子どもの頃に「親教育熱心」だった人の割合は団塊ジュニア世代・若者世代に急増し、学歴社会を一層顕著にした Service1: 「親教育熱心」要因保有率(世代別)
「親教育熱心」な家庭の比率は、大都市圏や近郊都市では50%になっています。しかし、年代別に詳しく見ると2000年以降は停滞や低下傾向が見られます。

対象年齢別に見ると、「親教育熱心」は、子どもが高校生までは、高水準ですが大学の年齢になると急速に下がり、親の関心が、子どもを大学に入れるところまでであることが分かります。


M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
詳しく知りたい(contributed by )
2. 子どもの頃、「親が教育熱心」だった人は、その後、どのようなリスクを軽減し、どのような強みを拡大しているのでしょうか? Service2: 「親教育熱心」波及
親が教育熱心だった子は、「不登校」「授業理解困難」などの学齢期のリスクを大幅に減らし、「大学卒」になる比率を5倍前後増やすプラス効果がありますが、反面、青年期には半数の都市で「高校中退」を増やし就労期には「若年無業者」「非正規雇用」になる比率を過半数の都市で増やしています。何故、このようなことが起こるのでしょう?

M.Kusakabe, Community Carte Survey of 9cities 2010-2016
「親が教育熱心」な家庭で育った子は、そうでない子に比べると、先ず、「不登校」になる人の割合は4つの都市で50%以下に下がっており、「授業理解困難」になる割合を4都市で有意に80%台にまで下げています。「親教育熱心」は。学齢期のリスクの内主要な二つを大きく改善していることが分かりました。

それに加え、「大学卒」「専門資格」などの教育成果を高める上でも非常に大きな効果を上げていることが分かります。又、それを支える「自信・信念」「目標・計画性」「信頼」などの自己の価値観をほとんど全ての都市で2倍程度高めています。

詳しく知りたい(contributed by )

B. 基礎知識

C. 親教育熱心に対応するための社会的サービス