創造人生幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:STAa8
のびのび親子

Select Other Sections
カテゴリー:STAa84
子どもの手の運動
Select Other Categories
フォーラム:
優良な社会企業
Activity
List of Content:() :
:
: ケース・スタディー
: 優良な社会企業
Q1.包括相談センター:(シティズンス・アドバイス・ビューロー(CAB)) 市民が無料で法律・債務・生活保護、子育て、住宅、その他もろもろの相談が出来る近隣にある民間窓口 :
シティズンス・アドバイス・ビューロー(CAB)は、全英で3,500箇所にある、市民が何でも無料で相談できる窓口です。2010年度には220万人に対し700万件の新規問題について相談を行ないました。相談の範囲は、債務(240万件)、社会保護(200万件)、雇用(59万件)、住宅(47万件)、結婚・家族問題(33万件)などとなっています。

CABは、顧客に情報を与えるだけでなく、時には顧客と一緒に債権者、雇用主・生活保護などとの交渉に臨んだり、福祉などの申込書の記入を手伝ったり、多重問題を抱える人にどの問題から処理すべきかをアドバイスします。 図表及び全体を読む

Q2.小規模多機能型生活介護:(因島医師会) 因島医師会病院で始まった医療と介護の地域連携 :
因島の最大の特徴は医師会が中心となり、医療と介護を一体化した地域連携を構築したことにある。今構築と言う言葉を使ったが、ここにいたるプロセスが大変ユニークであり、このときのリーダーが、因島で開業医を営む岡崎純二医師であった。因島の開業医たちは、1982年5月、僅か20名のA会員よりなる因島医師会によって、地域医療の充実を最大の目標にした因島医師会病院を設立した。同病院は病院内の施設・設備を全ての医師に開放し、地元の開業医たちは診察や検査のために病院を利用することができるというオープンシステムの病院である。この病院を中心として介護との連携が作られていった。:
図表及び全体を読む
Q3.医療介護連携:(柏プロジェクト) 市・医師会・大学・URが一体となって作り上げた介護医療連携システム :
市役所・医師会・URが一体となって、超高齢社会に向けた在宅医療のための人材創り、市民の啓蒙、他業種連携、情報共有システムの構築、UR団地の改修に伴う医療・介護支援拠点の開発などを総合的に取り組んだプロジェクト。このプロジェクトの「人創りシステム」の全国展開も視野に入れている。
図表及び全体を読む
Q4.Iターン支援:(豊中市、土佐町) 農村部の農業生産法人が、都市部の自治体と提携し都市部に住む就職・転職希望の若者らを受け入れ、就農体験を実施、両者が希望すれば引き続き社員や研修生として雇用される :
未就職者や転職希望者の就農を支援してきた豊中市が企画。高知県土佐町と本山町の 農業生産法人が、都市部に住む若者らを受け入れ、就農体験を実施する。
図表及び全体を読む
Q5.不登校の経験共有:(Fline) 私の不登校経験、あなたの支えに 福岡の高校生ら集う :
 不登校を乗り越える経験を人生の糧にしてほしい。そんな願いから、かつて学校に行けなくなった経験のある高校生や大学生らが、不登校になっている子どもたちと語り合う会を福岡市内で開いている。前に踏み出してほしい、という思いを伝える。 :
図表及び全体を読む
Q6.異世代ホームシェア:(フランス NPO ネットワーク La PariSolidaire Paris) 単身高齢者が若者と住宅をシェアすることにより社会とのつながりを取り戻す異世代ホームシェア :
近年、単身者たちの新たな居住スタイルとして、都心でのシェアハウスが急増している。ひとつの家屋(または棟)または居室を非縁 故関係の複数の人々が共有し生活する住まい方である。フランスでは、このようなルーム・シェアを利用し、持ち家を持つ単身のお年寄りが安い賃料、あるいはまったく無料で学生に対し部屋を貸し、その代わりに簡単な身の回りの世話や、安否確認を行ってもらう仕組みが法制化され、さらに、そのような共同居住のマッチングをするNGOも多数あらわれている。
図表及び全体を読む
Q7.オープンダイアログ:(ケロプダス病院) 急性期の精神病患者に対し、家族・医療チームを含めた「開かれた対話」により、飛躍的に治療効果を挙げたオープン・ダイアログによる治療 :
統合失調症・うつ病・PTSD/家庭内暴力などの急性期の患者に対して、本人、家族、医師、看護師などのチームが患者自身の話をよく聞き、それについて直ぐに結論を出すのではなく、開かれた形で応答し、患者がどのような状況にあるかを対話の中から見出そうとする治療法。それにより患者が自分の状態を言葉で理解し、他の人とも共有できるようになることにより、他人から理解されているという安心感を得ることが出来るようになり強度のストレスから逃れられるようになるフィンランドで開発され、これまで長期間かかっていた統合失調症などの治療で画期的な効果を上げたという研究成果が得られている。: : : :
図表及び全体を読む
Q8.発達障害への早期対応:(浜松市子育て支援課) 1歳半検診による発達障害への早期対応と親子の関係性を重視した発達支援広場 :
発達障害や愛着障害などが、若者の間で急増しており、これに対する早期の対応、特に1歳半程度の乳幼児期の対応が必要なことは広く認識されている。 また、発達障害への対応は、子どもの側だけではなく、親子の関係性の中で愛着関係の掛け直しが有効であることも広く認識されている。

しかし、全国の自治体の中でそれが実行されているところは非常に限られている。

浜松市は、その中で、1歳半検診を活用し、そこで一定の兆候が見られた幼児を対象に、親子関係の適正な愛着関係の構築を目指したプログラムを5年前から計画的に整備してきた。それが発達支援広場(通称たんぽぽ広場)である。: : : : : : : 図表及び全体を読む

Q9.社会起業家支援:(特定非営利活動法人 アイ・エス・エル) 「社会イノベータ―公志園」 :
「社会イノベータ―公志園」プログラムは、従来にない、クロス・セクターでの人の協働を誘発することで、地域、さらには日本全体における社会イノベーションを加速する触媒でもあります。高校野球の甲子園大会においては、準備を進めるなか、球児や学校を応援する保護者、商店街、地域コミュニティ、地元企業、さらには行政など、まさにクロス・セクターでの支援・応援の輪が広がり、地域における社会関係資本が蓄積され、開花するきっかけを提供します。甲子園は、野球を超えて地域を元気にするのです。同様に、「社会イノベーター公志園」も、地域、さらには日本全体を活性化します。公志園のプロセスと場には、市民、ビジネス、行政、大学セクターなどから、様々な背景をもった人々が、全国大会参加の社会イノベーター、伴走者(メンター)、支援者あるいは一般観客として、関与していきます。社会イノベーターの公の志と、事業への取り組みが、セクターの垣根を越えて人々の共感を呼び、立場や利害を超えた信頼と賞賛の人間関係を創り出します。: :
図表及び全体を読む
Q10.在宅医療システム:(祐ホームクリニック) 在宅医療システムを確立した祐ホームクリニック :
東京大学医学部を卒業、宮内庁の侍医でもあった武藤真祐さんは、2010年にこれからの医療システムである在宅医療をシステムとして確立するため、まず東京でついで宮城県石巻市で祐ホームクリニックを開業した。住み慣れた自宅で家族に囲まれて療養生活を送りたいという願いは多くの人が持っているが、それを支える在宅医療システムはまだ十分確立されていない。祐ホームクリニックは、在宅医療がビジネスとしても立派に成り立ち、地域の人々に安心を提供するシステムとなりうることを証明した。
図表及び全体を読む
Q11.サービス付き高齢者向け住宅:(シェア金沢) 高齢者・学生・こどもが共生し、近隣の人との交流も図るサービス付き高齢者向け住宅「シェア金沢」 :
石川県金沢市の郊外にある「シェア金沢」は、子どもから大学生、そして高齢者まで、世代や障害のあるなしを超えて、さまざまな人がともに暮らす街として2013年9月にオープンした。そこには高齢者の住まいはもちろん、障害のある子どもたちの入所施設、学生向け住宅などのほか、近隣住民も利用できる天然温泉、レストラン、ギャラリー、共同売店、カフェ&バー、キッチンスタジオ、ボディケアサロン、クリーニング店、ドッグランなどがあり、地域とも連携した多世代複合型の生活が始まっている。石川県を中心に障害児・障害者支援に力を注いできた、社会福祉法人佛子園(ぶっしえん)の新たな試みに注目が集まっている :
図表及び全体を読む
Q12.放課後子供教室・学童保育:(特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール) 放課後の小学校を活用した、市民参加のアフタースクールを全国で11校開校している放課後NPO「アフタースクール」 :
アフタースクールは、安全で移動の手間がない学校施設を活用して、子どもたちの放課後の居場所を作るとともに、 地域の方々が「市民先生」として子どもたちに多様な体験を届けます。私たちは日本の放課後を”ゲームよりも楽しく、塾よりも学べる放課後”にしていくために、 全国の学校と提携してアフタースクールを開校しています: :
図表及び全体を読む
Q13.訪問介護(デイ・サービス):(日本介護福祉グループ) 宿泊付きデイ・サービス :
要介護高齢者を日中6〜8時間ほど預かるデイ・サービス。こうした施設でそのまま高齢者が泊れるようにしようという仕組みが宿泊付きデイ・サービスだ。保険除外サービスとして既に多くの事業者が提供している。

日本介護福祉グループ(東京都墨田区)が全国324か所でフランチャイズ形式のデイサービスを実施している「茶話本舗」もその一つ。民家を活用している利点を生かし、和室に布団を敷いたり、仮説ベッドを使ったりして宿泊を受け入れている。 図表及び全体を読む

Q14.自殺予防対策モデル事業:(秋田県) 行政と民間が手を組み自殺率を下げた町 :
秋田県では、6町を選出し自殺予防対策モデル事業を01〜05年に実施した。具体的には、1年目には心の健康に関する基礎調査を実施し、その後、うつ病や自殺のハイリスク者には、医師や保健師による指導・相談を行った。また、地域の交流の場を多く設定した。
図表及び全体を読む
Q15.在宅保育:(フローレンス) フローレンス: 子供が病気になった時に預かってくれる在宅保育事業のパイオニア :
フローレンス(創設者・代表、駒崎弘樹)は、病気になった子供を預かる在宅型の保育サービスだ、こどもの世話をするのは「こどもレスキュー隊員」と名付けた保育スタッフの女性たち。隊員の自宅で子供たちを預かる。隊員は、保育の心得などを教える3か月の研究を受け、終了すると、実地研修として実際の出動に同行してもらう。医療知識や手当については提携先の地元医療クリニックでワークショップを組んでもらう.:
図表及び全体を読む
Q16.木質バイオマス地域システム:(NPO法人 土佐の森・救援隊) 地域のNPO と地域の農家が連携した木質バイオの生産 :
土佐の森・救援隊では、高知県仁淀川 町において、町と連携して「木質バイオ マス地域システム」 を確立 し、運用している。

システムの最大の特徴は、材の出荷の 主役を「副業型自伐林業家」と地域の農 家等が取り組む「林地残材収集運搬業」 が担っている点である。こ れにより、「材の安定的かつ安価な集積」、 「森林の健全な維持管理」、さらには「地 域住民の収入源確保」が実現している。 図表及び全体を読む

Q17.市民共同発電所:(ひがしおうみ ナチュラルエナジー カンパニー) 市民共同で設置する太陽光発電所 :
東近江モデルは、市民が共同で出資し、太陽光発電所を設置し、そこでの発電により得られる 売電収入を地域商品券として出資者に配分する仕組みのことである。
主な特徴としては、以下の2つである。
−設置スペースや購入資金等の制約から太陽電池を持つことができない人でも、 小口の出資を通じ実質的に太陽光発電が可能になる。
−売電収入を市内限定・期間限定の商品券として配分することにより、地域経済 の発展に寄与する。
地域商品券事業は原資が一番の問題となるが、この仕組みであれば特別な財政措置がなくても 地域経済循環の後押しができるのが特徴である。:
図表及び全体を読む
Q18.太陽光協働発電:(おひさま進歩エネルギー株式会社) おひさまファンドによる二酸化炭素削減 :
。「おひさまファンド」は、「おひさま進歩エネルギー株式会社」が中心になって進めている取組である。これは、市民の出資を元手に、二酸化炭素の削減に関連のある設備を導入し、利益を上げ、出資者に分配する取組である。「おひさま進歩エネルギー株式会社」は、市民・行政・事業者のパートナーシップにより、NPO法人「南信州おひさま進歩」が母体となって設立された株式会社である。 :
図表及び全体を読む
Q19.バイオマス利用:(「おひさま進歩エネルギー株式会社」) おひさまファンドによる木質ペレットの利用拡大 :
飯田市では森林の割合が総面積の84%を占めており、大量の間伐材等が発生する。そこで、飯田市は、低炭素社会を目指し、南信バイオマス協同組合が提供する間伐材等を原料にした木質ペレットの利用を推進している。
図表及び全体を読む
Q20.クラウド・ファンディング:(オーマ株式会社) 「いま知っておくべき寄付サイト」はコレだ! 「READYFOR?」 :
「READYFOR?」は、寄付、コーズマーケティング、社会的投資のすべてをカバーする日本最大級のクラウド・ファンディング・サイトなのである。慶應義塾大学メディアデザイン研究科修士2年(今年3月卒業予定)の米良はるかさんが中心となって立ち上げ、NPO・NGOなどの団体や人にファンドレイジングするのではなく、「プロジェクト」に対して行なう仕組みになっている。
図表及び全体を読む
Q21.クラウド・ファンディング:(i-kifu) ゲーム感覚を取り入れたクラウド・ファンディング・サイト「i-kifu」 :
もうひとつの注目サービスは「i-kifu」である。今年2月24日にサービス開始したばかりの新しい寄付サイトである。「ゲーミフィケーション」の概念を取り入れたサービスであることが最大の特徴だ。FacebookやTwitterと徹底的に連動させて、ユーザーに社会貢献を楽しんでもらう仕組みになっている。
図表及び全体を読む
Q22.クラウド・ファンディング:(Kickstarter) 変革を遂げつつある 「寄付プラットフォーム」 :
一考に値するのは、09年にアメリカで立ち上がった“Kickstarter”というクラウド型のファンドレイジングサイトだ。厳密に言えば寄付だけを募るサイトではないが、インターネットを通じた寄付のあり方を変える存在として注目を集めている。
図表及び全体を読む
Q23.認知症対応型共同生活介護:(株式会社 サンフォーレ) 10人未満のお年寄りに『いつくしみ介護』を行い、心の平静を取り戻してもらう認知症改善サービスを行なうユニークなグループホーム :
「グループホーム」では10人未満の規模で家庭的雰囲気の中、心の安定を取り戻してもらう痴呆改善サービスを提供。また、「グループリビング」では入居者をタイプ別に分類するのではなく、「健康な人」も「要介護者」も「その中間位の人」もおよそ1/3ずつ同居して自然な姿で共生し、要介護者も元気になるという成果をあげている。

『いつくしみの介護』とは、家事介護・身体介護(清掃・洗濯等の生活ケアやオムツ・入浴等の身体ケア)の他に、小さな感動や癒しや悩みの共有等の「精神的ケア」に重点を置いたサービス。介護する側とされる側の人間同士のふれあいを軸とした独自の介護マニュアル(ケアの効果データを収集・分析、品質管理の手法を導入)により行われる。 図表及び全体を読む

Q24.ワーカース・コレクティブ:(東京ワーカース・コレクティブ協同組合) 自分のまちで、自分が出資し、運営し、働くた「雇われない働き方」をする職場を作る :
−「雇われない働き方」(メンバー全員が出資・労働・運営をおこない責任を持つ)

−「非営利事業」

−「自分の町で労働の場を作る」 図表及び全体を読む

Q25.子育てアドバイザー育成及び派遣:(NPO法人 日本子育てアドバイザー協会) 「子育てアドバイザー」を要請する専門的研修をして母親の子育て不安に対応 :
子育てに関する分野のスペシャリストが集結し、子育て期の様々な不安や悩みに耳を傾ける"こころの専門家"として活動。

小児科医、臨床心理士、保育園の経験者、幼児教育研究者などの専門家が講師陣として結集し、独自の「子育てアドバイザー講座」「良い叱り方・悪い叱り方」というコンテンツを公開し、親の教育・啓発を行なう。

今日の核家族を中心とした、孤独になりがちな子育て環境において、インターネットという手段を用いて「新しいコミュニティ」を形成している。: : : 図表及び全体を読む

Q26.シュタイナーシューレの運営:(シュタイナー学園) 芸術や体験学習などを通して、本当にしたいことを自分で見出し、世界に向かって働きかけることができる人間をめざす教育 :
「シュタイナー教育」とは「人間の育ちをおよそ7年ごとに区切って、その年齢にふさわしいカリキュラムで知・情・意がバランスのとれた人を育てることが特徴。テストも点数評価の通信簿もなく、芸術や体験学習などを通して学びを心の内実にまで深め、本当にしたいことを自分で見出し、世界に向かって働きかけることができる人間をめざす」。

シュタイナー教育の精神に則り、文部科学省の定める教育要領とは異なった、授業に教科書は使わずテストも行わないオリジナルのカリキュラムを提供。担任の教師は小学1年生から連続9年間、同じクラスを受け持つ。 図表及び全体を読む

Q27.一時保育事業:(企業組合ワーカーズコレクティブ キッズルーム てぃんかぁべる) 幼児を持ちながら社会参加したいと考える女性や、幼児を抱えて高齢者の介護を行う女性などが自ら出資して運営する保育事業を作る :
「一時(ひととき)保育」:長時間、短時間預かり可能で、一人一人の個性を大切にした地域の子育て支援を行う。通院、通学、不定期な仕事、上の子の用事など、様々なニーズに対応する保育。

: 図表及び全体を読む

Q28.農産物直販所:(内子フレッシュパークからり) 農家の人材つくりからはじめ作物を転換し、年間50万人の顧客を獲得した農産物直販所 :
内子町は、従来タバコ栽培に依存した農業であったが、1986年から「知的農村塾」を設立し、農村の活性化に取り組んできたが、消費者の健康志向に合わせ有機野菜等の作物に転換し、それを直販所で販売することに成功した。

フルーツパーク「からり」は、単に農産物を売るだけでなく、地元だけでしか食べられない食・文化を売る飲食店・農産加工品製造の「工房」も備えた総合産業化を目指して成功している。、 図表及び全体を読む

Q29.幼児総合センター:(シュアスタート・地域プログラム) 0-5歳の幼児を対象に保育・知的・社会的発達・健康について、両親も含めて地域の総合的なプログラムを提供するセンター :
シュアスタート・プログラムは英国・労働党政権が「子供の貧困」を2020年までに根絶することを目標に掲げ、そのための政策として1998年から順次実施された総合的な就学前児童・その家庭を対象とした総合的な地域プログラムである。

その特徴は、0−4才の早期の介入を重視したこと、児童だけでなく親が抱えている雇用・生活上の問題なども対象としたこと、効果の測定を計画的に行なったこと、地域での自主的なプログラムのデザインを奨励したことなどがあげられる。: あなたの社会企業の便益や特徴的な点につき簡潔にお書きください: あなたの社会企業の便益や特徴的な点につき簡潔にお書きください: あなたの社会企業の便益や特徴的な点につき簡潔にお書きください: あなたの社会企業の便益や特徴的な点につき簡潔にお書きください 図表及び全体を読む

Q30.認知症対応型デイサービス:(藤本クリニック) 若年認知症患者が自分たちでやりたいことを決める「物忘れカフェ」 :
カフェの会話のようにもの忘れを語り合う。それが「もの忘れカフェ」の由来であるが、語り合うこと、丁寧に聞き取ること、その上で取り組まれる自主的で自律的な活動。これらを支えているのは、メモリーエードにより、何のためにこれをやっているのかを理解したうえで一つの活動を行い、やり遂げる。これによりやり終えたときの達成感が全く異なり、認知症の進行に決して小さくない影響を与える。:
図表及び全体を読む
Q31.小規模多機能型居宅介護:(ほっとポケット) 自宅マンションの1室で始めたミニデイサービス「ほっとポケット」 :
ミニデイサービス「ほっとポケット」は2004年に特別養護老人ホームで働いていた同僚と二人で立ち上げた。当初のスタッフは3人。場所は自宅のマンションの一室。風呂、トイレなどを使い易いように改めた。町の開業医と連携し、小規模のメリットを生かして「スケジュールにこだわらない」臨機応変のサービスで地域連携の重要な輪になっている。
図表及び全体を読む
Q32.クリエイティブ・シティー形成事業:(NPO法人BankART1929) 横浜市の中心街再活性化策「創造界隈の形成」 :
人口370万人の大都市、横浜の旧市街地再活性化のため、歴史的建造物保存の機会を活かして文化的側面を中心に、事業運営をNPOにまかせる横浜市の英断で、クリエイティヴシティー構想を成功させた事例。BankART1929は、歴史的建造物等を文化芸術拠点として活用する横浜市のパイロット事業をきっかけに2007年に設立されたNPO法人:
図表及び全体を読む
Q33.商店街再開発:(高松丸亀町まちづくり株式会社) 商店街地権者から土地を62年間の長期利用権に転換し、住民の呼び戻しに成功した丸亀商店街 :
丸亀町商店街は、多くの都市の中心市街地と同様、郊外店の進出などにより、通行量は大幅に減少をはじめ、売り上げも急速に落ち始めました。商店街には空き店舗さえ見られるようになりました。最大の問題は、商店街地権者すべてが多額の銀行からの融資を受けており、競売を受ける危機にあり、新規投資を受けることなどできない状況にあったことです。

この難局を切り抜けるため、商店街のリーダーがとった戦略は、地権者からすべての土地の利用権を買い上げ、ゼロからの商店街デザインを行い、商店街の高層階に住民を呼び込み、その人たちが必要とするサービスすべてをまちつくり会社が専門家の立場から整備したことです

この思い切った戦略により、商店街には1,500人の住民が戻り、商店街にはその人たちが必要とする商店だけでなくドームを中心に、市民の誇りとなり、外からの人を惹きつける「人が集う広場」や公園・レストラン・福祉施設・子育て施設まですべてがそろった「人が住める」まちつくりを実現しています。 図表及び全体を読む

Q34.空き家開発、デイケア、:(タガヤセ大蔵プロジェクト) 借り手が減ってしまった古い木造賃貸アパートを新しい価値に再生して、地域のヒト・モノ・コトをたがやすタガヤセ大蔵プロジェクト :
タガヤセ大蔵プロジェクトは、空室が多くなった木賃アパートの一棟を改装し、1階にデイサービスと地域の人が寄り合うサロンを創り、地域の畑を使った農園や認知症カフェなども併設し、高齢者が、生まれ育ったまちで、いつまでも暮らせる互助の仕組みつくりを目指したプロジェクトです。
図表及び全体を読む
Q35.:(特定非営利活動法人エス・エス・エス(NPO SSS)) 住宅ストック(空き家となっている社員寮、賃貸アパート、一戸建て等)を借上げ、居住支援を行う社会的企業 :
SSSはホームレス問題が深刻だった2000年3月より、住宅と福祉制度に関するセーフティネット(受け皿)の役割を担ってきました。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県の1都4県にて生活困窮者を対象として、空き家となっている社員寮、賃貸アパート、一戸建て等の住宅ストックをオーナーから借り上げ、居住支援をベースとして生活支援、就労支援、雇用創出等を行っています。
図表及び全体を読む
: 自分でできる解決法:

更に多くの情報 サービスの利用 市政の分析・情報
どのような社会サービスがあるか(-1): ネットワーキング 組織・窓口(0): サービスの内容・利用資格・申請手続 市民質問ご意見箱(0): 基本計画や活動内容
優良な社会企業(0): 自治体やNPOのサービスにオンラインで申請や追跡が出来ます コミュニティー・カルテ(25): 担当の部署や担当者の連絡先 オンライン申請(0): あなたの生活満足度や課題の自己診断td>
利用できる施設・窓口(0): 企画・イベントのご案内、あなたのイベントもご投稿下さい 文書ダウンロード(0): 公立・私立・NPO等の市民サービス向けの施設のご案内 リソース・パーソン(25): あなたの街の成果指標が見られます
計画と施策(-1): 社会起業やコミュニティー・ビジネスを起こしませんか? 市民質問ご意見箱(0): 質問・ご意見・苦情等をお寄せ下さい 市民からの情報(0): 良いサービスを提供している自治体・社会企業の例が見られます
事業計画の作成(1): あなたの地域情報を簡単に送れます イベントご案内(1): 公的な報告書や文書の閲覧やダウンロードが出来ます 役立つウェッブ情報(25): この項目に関連するウェッブ・サイトが見られます

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board