Home幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康友人関係
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
ホーム
セクション:STAa2
子育てから老後まで

Select Other Sections
カテゴリー:STAa21
学齢期
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
ActivityIDP: STA1151,
List of Content:(STA62) 学齢期のリスクと対応:
: CCS調査で分かったこと
Q1. 「自信・信念」のある人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「自信・信念」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q2. 「いじめ仲裁」の要因保有率は世代とともに同変化してきましたか? (「いじめ仲裁」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q3. 他の子を「いじめた」子の割合は世代毎にどのくらい増えてきているのでしょうか? (「いじめた」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q4. いじめられた人の比率は年代ごとに増えているのでしょうか? (「いじめられた」の要因保有比率(世代別))):
「いじめられた」子どもの比率は、若者世代での「貧困」比率の増加など生活上の問題が深刻化に伴い増加しているが、が比較的低い都市では、若者世代で低下している都市もある。しかし、年代毎に詳しく見ると、貧困の増加に関わらず2000年代に入り、「いじめられた」比率を低下させている都市もいくつかあることが分かります。
図表及び全体を読む
Q5. 「塾通えず」を経験した人の比率は、世代によりどのように推移してきたのでしょうか? (「塾通えず」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q6. 授業理解困難な児童生徒の割合は、若者世代で急増 (授業理解困難の要因保有比率(世代別)):
「授業理解困難」は学齢期リスクの入り口です。ここから「不登校」「いじめ」などの他の学齢期リスクへとつながり、更には心の健康リスクなどに波及をしていきます。

CCSでは「授業理解困難」を「勉強に興味を失い授業に追いつくことが難しかった」という質問により、意欲と学力の両面から捉えています。今、若者世代で何が起こっているのでしょうか? 図表及び全体を読む

Q7. 学齢期に近隣に見習うべき人がいた人は世代別にどの程度いるでしょうか? (「近隣に見習う」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q8. 学齢期に、良い教師にであった人は世代別にどのくらいいるでしょうか? (「良い教師」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q9. 子どもの頃に「親教育熱心」だった人の割合は団塊ジュニア世代・若者世代に急増し、学歴社会を一層顕著にした (「親教育熱心」要因保有率(世代別)):
「親教育熱心」な家庭の比率は、大都市圏や近郊都市では50%になっています。しかし、年代別に詳しく見ると2000年以降は停滞や低下傾向が見られます。

対象年齢別に見ると、「親教育熱心」は、子どもが高校生までは、高水準ですが大学の年齢になると急速に下がり、親の関心が、子どもを大学に入れるところまでであることが分かります。 図表及び全体を読む

Q10. 「いじめ仲裁」を抑制する要因の貢献度はどのくらいありますか? (「いじめ仲裁」リスク要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q11. 「自信・信念」のある人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「自信・信念」波及):
図表及び全体を読む
Q12. 「いじめ仲裁」の強みを持った人は将来どのようなリスクを軽減しますか? (「いじめ仲裁」波及):
図表及び全体を読む
Q13. 他の子を「いじめた」子は、その後どのようなリスクや強みを持つでしょうか? (「いじめた」波及):
図表及び全体を読む
Q14. いじめに遭った子どもは、その後どのようなリスクを抱えることになりますか? (いじめられたの波及):
いじめの影響は、いじめられている期間だけの一過性と思われがちだが、「不安定・うつ」「不安・睡眠障がい」「引きこもりがち」などの心の健康に与えるリスクは、「不登校」による影響由も大きく、いじめはその被害者に長期に亘る心の傷を与えることが明らかになった。「不登校」と同様、「高校中退」「若年無業者」になるリスクを大きく拡大し、それを通じて「貧困」も拡大する。「大学卒」を減らす影響は「不登校」の場合より大きい。しかし、「いじめられた」リスクを克服した人は、「専門資格」の取得を増やし、正規雇用になる機会を増やしている。
図表及び全体を読む
Q15. 「不登校」を経験した子は、青年期に「若年無業者」になるリスクを大きく拡大する (「不登校」将来への波及):
「不登校」は、青年期の「高校中退」「若年無業者」を30倍前後という非常に高い倍率で増加させ、更にそれが「貧困」の拡大に結びついています。しかし、「不登校」は、必ずしも「大学卒」を減らしておらず、「自信・信念」「目標・計画性」も減らしていません。「専門資格」の取得はむしろ増え、「正規雇用」になる人も却って増えていることが分かりました。「不登校」は短期的には大きなリスクをもたらしますが、それを克服することにより、長期的には成功した人生を送っている人も多くいることが分かりました。
図表及び全体を読む
Q16. 「塾通えず」を経験した人は、その後どのようなリスクと強みを持つようになったのでしょうか? (「塾通えず」波及):
図表及び全体を読む
Q17. 授業理解困難な子が、その後に抱えやすいリスクはどのようなものがありますか? (授業理解困難の波及):
「授業理解困難」になった子は、「不登校」「いじめられた」などの学齢期のリスクをやや拡大していますが、青年期(思春期)になると「高校中退」「若年無業者」になるリスクを10倍前後という非常に大きな倍率で高めています。これが延いては「貧困」に繋がっていることが明らかになりました。
図表及び全体を読む
Q18. 「良い教師」に遇った人はその後どのようにリスクを軽減したり強みを増やしたりするのでしょうか? (「良い教師」波及):
図表及び全体を読む
Q19. 「近隣に見習う」人はどのような将来の波及があるでしょうか? (「近隣に見習う」波及):
図表及び全体を読む
Q20. 子どもの頃、「親が教育熱心」だった人は、その後、どのようなリスクを軽減し、どのような強みを拡大しているのでしょうか? (「親教育熱心」波及):
親が教育熱心だった子は、「不登校」「授業理解困難」などの学齢期のリスクを大幅に減らし、「大学卒」になる比率を5倍前後増やすプラス効果がありますが、反面、青年期には半数の都市で「高校中退」を増やし就労期には「若年無業者」「非正規雇用」になる比率を過半数の都市で増やしています。何故、このようなことが起こるのでしょう?
図表及び全体を読む
Q21. 「自信・信念」を失う原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「自信・信念」のリスク要因):
図表及び全体を読む
Q22. 「いじめ仲裁」の強みを育てる要因にはどのようなものがありますか? (「いじめ仲裁」原因):
図表及び全体を読む
Q23. 他の子を「いじめた」子は、過去にどのようなリスクを抱えていたのでしょうか? (「いじめた」原因):
図表及び全体を読む
Q24. どのような幼児期の要因がいじめに遭うリスクを高めるのでしょうか? (いじめの防止):
「いじめられた」の原因となるリスク要因は「不登校」の要因と同様、幼児期の家族環境が強く影響しているが、「いじめられた」の場合には、その中でも社会性発達の遅れを示す「仲間遊び苦手」が最も高い「いじめられた」のリスク拡大率を示しています。「仲間遊び苦手」の子が発達障害になることを予防する上で「いじめ」の被害者になることを防ぐことが非常に重要であることが分かります。また、「居場所なし」などの心の健康リスクが「いじめられた」の比率を高めています。
図表及び全体を読む
Q25. 「不登校」になるリスクを拡大する主要な要因は、幼児期の「仲間遊び苦手」と、その後の心の健康リスク (「不登校」リスク要因):
「不登校」の原因としては、「授業理解困難」と同様、「しかるしつけ」「父、母との接触少」「仲間遊び苦手」などの幼児期の要因がまず挙げられます。しかし、それに加え「居場所なし」「不安定・うつ」などの心の健康リスクが加わると「不登校」の比率は更に高まります。また、「虐待」も非常に高い「不登校」の要因となっています。意外にも「いじめられた」は、「不登校」を余り大きくは増やしていないことも分かりました。
図表及び全体を読む
Q26. 「塾通えず」の原因となっているリスク要因にはどのようなものがありますか? (「塾通えず」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q27. 授業理解困難を生む最大の要因は幼児期の社会性発達の遅れ。 (「授業理解困難」の原因):
「授業理解困難」が急速に増えた原因として、CCS調査の結果で分かったことは、幼児期に「しかるしつけ」を受けたこと、父や母との接触が不十分だったこと、それらとも関係しますが「仲間遊びに苦手」などの社会性の発達の遅れが主要な原因なのです。「少年期の貧困」はこれらの要因と深く結びついていますが、それだけで「授業理解困難」になるのではありません。
図表及び全体を読む
Q28. 「自信・信念」を増やす強み要因にはどのようなものがありますか? (「自信・信念」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q29. 「いじめ仲裁」をする人を減らすリスク要因は何ですか? (「いじめ仲裁」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q30. どのような強み要因が、他の子を「いじめた」リスクを軽減しているのでしょうか? (「いじめた」強み要因):
図表及び全体を読む
Q31. いじめに遭うリスクを防ぐ強み要因にはどのようなものがありますか? (「いじめられた」強み要因):
「いじめられた」を予防する強み要因の効果は、都市により大きな差があります。「友人ネット」などの友人・近隣との絆はほとんどの都市でいじめ予防効果がありますが、「自信・信念」「目標・計画性」「信頼」などの自己の価値観による強みや「家族の支援」は、いじめが少ない都市でのみいじめ予防効果があり、いじめが多い都市では、効果が無いか、逆効果となっていることが分かりました。また、 「ほめるしつけ」はほとんどの都市で、「いじめられた」のリスクを拡大しています。このように強み要因と言われているものの効果は、それが置かれた都市の人間関係により大きく変わって来ることがはっきりしました。
図表及び全体を読む
Q32. 不登校のリスクを軽減する強み要因の第1は幼少時の「家族との同居」次いで近隣との密な付き合い (「不登校」強み要因):
「不登校」のリスクを軽減する強み要因の最大のものは、幼少期の両親、兄弟との同居と「ほめるしつけ」です。これに続き「近隣に見習う」「親類・隣人等の支援」など、いわゆる、「斜め横」にいる大人との交流が「不登校」の予防に有効であることが分かりました。「不登校」の比率が大きい都市では、「自信・信念」「目標・計画性」「家族の支援」がある子どもほど、不登校になり易いという常識と反する状況が起きていることも分かりました。
図表及び全体を読む
Q33. 「塾通えず」のリスクを低減する強み要因にはどのようなものがありますか? (「塾通えず」強み要因):
図表及び全体を読む
Q34. 授業理解困難のリスクを軽減する強み要因の効果はどの程度ですか? (授業理解困難:強み要因):
「授業理解困難」になるのを防ぐ効果が最も高いのは、何と、親が「学資を貯蓄」していることでした。親が実際に子どもを進学させる資力があるかどうかを、子どもは見ているのです。次に重要なことは幼児期の子どもとの同居、ほめるしつけ、良い教師との出会い、近隣に見習う人がいる、友人ネットなどの友人関係が重要になっていることが分かりました。
図表及び全体を読む
Q35. 「自信・信念」の人は、その後、どのようなリスク・強みを持つことが多いのでしょうか? (「自信・信念」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q36. 「いじめ仲裁」の波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? (「いじめ仲裁」波及世代変化):
図表及び全体を読む
Q37. 「いじめられた」の波及は世代によりどのような変化してきたのでしょう? (「いじめられた」波及世代変化):
図表及び全体を読む
Q38. 「不登校」は各世代で「高校中退」「若年無業者」を大きく増やし、「貧困」を拡大する (「不登校」 波及世代変化):
全世代の分析とほぼ同様に、「不登校」は、「高校中退」「若年無業者」になる比率を大幅に引き上げており、それにより「貧困」に陥る比率も非常に大きく上昇している。若者世代では、この他、「引きこもりがち」になる比率も高まっている。「不登校」の経験者は「大学卒」の比率はやや低下しているが有意ではなく、「専門資格」の取得は却って上昇している都市が多く、これにより「正規雇用」となる比率も若者世代では「不登校」を経験した子の方が高まっている
図表及び全体を読む
Q39. 「授業理解困難」の波及の強さは世代によりどのように変化をしていますか? (授業理解困難」波及世代変化):
「大学卒」になる比率は「授業理解困難」だったかどうかには、ほとんど有意な影響を受けていないのですが、就労期に「若年無業者」「貧困」になる比率が団塊ジュニア世代・若者世代共に非常に高くなっていることが分かりました。
図表及び全体を読む
Q40. 「自信・信念」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? (「自信・信念」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q41. 「いじめ仲裁」のリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? (「いじめ仲裁」リスク世代変化):
図表及び全体を読む
Q42. 「いじめられた」のリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? (「いじめられた」リスク世代変化):
図表及び全体を読む
Q43. 「不登校」を拡大する要因を持つ子供が若者世代で増えている (「不登校」リスク世代変化):
「不登校」は何故、若者世代(34歳以下)で急拡大したのであろうか?データが利用可能な5都市で、若者世代と彼らの親の世代である団塊ジュニア世代で「不登校」のリスク要因を比較してみた。その結果、分かったことは、主要なリスク要因である「仲間遊び苦手」「授業理解困難」「不安定うつ」などの要因を持っている子どもの割合が、若者世代で急増していることが分かった。
図表及び全体を読む
Q44. 「授業理解困難」の原因は世代によりどのように変化をしていますか? (授業理解困難」リスク世代変化):
世代毎に見ても「授業理解困難」は、基本的に幼児期の親子関係が主要な要因であることは変わらないが、足立区、川崎市では、幼児期要因のウェイトがやや減り、「不登校」などの学齢期要因や「不安定・うつ」「引きこもりがち」などの心の健康要因が若者世代では有意性が高まっている傾向が見られる。
図表及び全体を読む
Q45. 「自信・信念」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? (「自信・信念」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q46. 「いじめ仲裁」に対する公共サービスの効果はどの程度でしょうか? (「いじめ仲裁」に対するサービス効果):
図表及び全体を読む
Q47. 「いじめられた」のリスクを軽減する強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? (「いじめられた」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q48. 「不登校」を軽減する強み要因は世代によりどのように変化をしていますか? ( 「不登校」強み要因世代変化):
「不登校」を減らす強み要因の効果は、都市によって非常に大きな違いがある。若者世代に急速に「不登校」が拡大した足立区では「親教育熱心」が効果が無く、「家族の支援」が却って「不登校」を拡大している。しかし「親教育熱心」が若者世代まで有効性を保っている都市も多い。一方、友人・近隣関係の強み要因はほとんどの都市で若者世代で効果を増している。
図表及び全体を読む
Q49. 「授業理解困難」を軽減する強み要因は世代によりどのように変化をしていますか? (「授業理解困難」強み要因世代変化):
「授業理解困難」を軽減する強み要因には、若者世代で新たな傾向が見られる。その一つは、「近隣に見習う」などの近隣社会とのつながりが大きく「授業理解困難」を減らすようになったこと、第2は、全世代で見るとあまり効果が無かった「自信・信念」が若者世代には5都市全てで有意に「授業理解困難」を減らすようになったことである。
図表及び全体を読む
Q50. 「自信・信念」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「自信・信念」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q51. 「いじめ仲裁」を促進する強み要因の貢献度はどのようなものですか? (「いじめ仲裁」強み要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q52. どのようなリスク要因が、他の子を「いじめた」リスクを拡大するのに貢献しているのでしょうか? (「いじめた」原因貢献度):
図表及び全体を読む
Q53. 「いじめられた」に対するリスク要因の貢献度はどのようになっていますか? (「いじめられた」リスク要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q54. 「不登校」のリスク要因の貢献度はどのくらいでしょうか? (「不登校」リスク要因の貢献度):
様々な不登校の要因の保有比率も加味したリスク拡大貢献度で「不登校」の要因の重要性を見てみると、「しかるしつけ」を受けた人が最も多く「不登校」を拡大していることが分かりました。その次に貢献度が多く勝ったのは「不安定・うつ」と「不安・睡眠障がい」という心の健康リスクでした。「父接触少」が3番目に高い「不登校」を増やす要因となっていました。
図表及び全体を読む
Q55. 「塾通えず」の原因となっているリスク要因の貢献度はどの程度ですか? (「塾通えず」リスク要因貢献率):
図表及び全体を読む
Q56. 「授業理解困難」を拡大する貢献度が大きいリスク要因はどのようなものがありますか? (「授業理解困難」リスク貢献度):
{授業理解困難」を引き起こす要因について、それらの要因を持っている人の割合も加味したリスク拡大への「貢献度」という尺度で見ると、最も大きなリスク拡大へ貢献しているのは、「しかるしつけ」で、第2位は「父接触少」、3位は本人の「不安定・うつ」であることが分かった。
図表及び全体を読む
Q57. 「いじめ仲裁」を促進する強み要因の貢献度がどのくらいありますか? (「いじめ仲裁」強み貢献度):
図表及び全体を読む
Q58. 「自信・信念」を促進する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「自信・信念」を促進する強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q59. 「いじめ仲裁」を抑制するリスク要因の貢献度はどのくらいありますか? (「いじめ仲裁」リスク要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q60. どのような強み要因が、他の子を「いじめた」リスクを軽減するのに大きく貢献しているのでしょうか? (「いじめた」強み要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q61. 「いじめられた」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのようになっていますか? (「いじめられた」強み要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q62. 「不登校」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのくらいでしょうか? (「不登校」強み要因の貢献度):
強み要因のリスク縮小率にその要因を持っている人の比率を加味したリスク縮小貢献度で見ると、「不登校」を最も減らす効果を持つ強み要因は、幼少時に母、父、兄弟姉妹との同居が1位から3位までを占めることが分かりました。それに続く貢献度を持つ強み要因は「学資を貯蓄」でした。「親類・隣人等の支援」は5位で全ての都市でプラスの貢献度でしたが、「親教育熱心」は、6位で都市によりプラスとマイナスが混じっていることが分かりました。、
図表及び全体を読む
Q63. 「塾通えず」のリスクを低減する強み要因の貢献度はどの程度ですか? (「塾通えず」強み要因貢献率):
図表及び全体を読む
Q64. 「授業理解困難」のリスク軽減に大きく貢献している強み要因は何ですか? (「授業理解困難」強み要因貢献度):
同じように「授業理解困難」を減らす強み要因の貢献度を調べると、要因保有率が大きい「幼少時、母と同居」が貢献度1位となった。「学資を貯蓄」が僅差で第2位。
図表及び全体を読む
Q65. 「自信・信念」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか? (「自信・信念」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q66. 「いじめた」のリスクを軽減する効果があるサービスはあるのでしょうか? (「いじめた」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q67. 「いじめられた」のリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「いじめられた」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q68. 「塾通えず」のリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「塾通えず」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q69. 「不登校」のリスクを軽減する効果のあるサービスはどのようなものがありますか? (「不登校」サービス効果):
CCS調査では、各自治体と一緒に選んだ、それぞれ12-16の社会サービス機関の利用者が、どの程度、それによって各種のリスクを軽減することが出来たかを調べた。
図表及び全体を読む
Q70. 自治体等のサービスで「授業理解困難」のリスクを軽減しているものはありますか? (「授業理解困難」サービスの効果):
図表及び全体を読む
: 基礎知識
社会サービス
利用できる施設・窓口
あなたの街(市町村または都道府県)にあるサービス施設情報を表示するためには、あなたのニックネーム、パスワードとお住いの市町村名を使いログインしてください。
: 優良な社会企業
Q1.不登校の経験共有:(Fline) 私の不登校経験、あなたの支えに 福岡の高校生ら集う :
 不登校を乗り越える経験を人生の糧にしてほしい。そんな願いから、かつて学校に行けなくなった経験のある高校生や大学生らが、不登校になっている子どもたちと語り合う会を福岡市内で開いている。前に踏み出してほしい、という思いを伝える。 :
図表及び全体を読む
Q2.生活保護受給者チャレンジ事業:(埼玉県) 家庭訪問と学習教室を組み合わせた埼玉県主催のアスポート :
アスポート教育支援の最大の特徴は、「学習教室」と「家庭訪問」を車の両輪として行っていることである。特にアウトリーチとして重要なのは、「家庭訪問」である。ここでうまく生徒と親の理解が得られないと、教室への参加にむすびつかないからである。対象は生活保護受給家庭の中学生と高校1年生。

教室は県内5か所からスタートし、ボランティアの大学生がマンツーマンで教える。教室に参加した中学生の高校進学率は97.5%と全県の進学率とほとんど同じレベルになった。また、子供が一生懸命勉強する姿を見て、母親も職業訓練を受講し始めたケースもある。: : : : : : 図表及び全体を読む

Q3.放課後子供教室・学童保育:(特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール) 放課後の小学校を活用した、市民参加のアフタースクールを全国で11校開校している放課後NPO「アフタースクール」 :
アフタースクールは、安全で移動の手間がない学校施設を活用して、子どもたちの放課後の居場所を作るとともに、 地域の方々が「市民先生」として子どもたちに多様な体験を届けます。私たちは日本の放課後を”ゲームよりも楽しく、塾よりも学べる放課後”にしていくために、 全国の学校と提携してアフタースクールを開校しています: :
図表及び全体を読む
Q4.シュタイナーシューレの運営:(シュタイナー学園) 芸術や体験学習などを通して、本当にしたいことを自分で見出し、世界に向かって働きかけることができる人間をめざす教育 :
「シュタイナー教育」とは「人間の育ちをおよそ7年ごとに区切って、その年齢にふさわしいカリキュラムで知・情・意がバランスのとれた人を育てることが特徴。テストも点数評価の通信簿もなく、芸術や体験学習などを通して学びを心の内実にまで深め、本当にしたいことを自分で見出し、世界に向かって働きかけることができる人間をめざす」。

シュタイナー教育の精神に則り、文部科学省の定める教育要領とは異なった、授業に教科書は使わずテストも行わないオリジナルのカリキュラムを提供。担任の教師は小学1年生から連続9年間、同じクラスを受け持つ。 図表及び全体を読む

: 自分でできる解決法:

OpenCityPortal: Section Homepage,
-「創造人生」-
1. 子供の頃
ほめるしつけ, (EDU13)
しかるしつけ, (EDU14)
父接触少, (EDU15)
母接触少, (EDU16)
仲間遊び苦手, (EDU6)
一人親に養育, (FML8)
少年期貧困, (FML10)
父と同居, (CHL18)
母と同居, (CHL19)
祖父と同居, (CHL13)
祖母と同居, (CHL14)
兄弟姉妹と同居, (CHL15)
愛着, (EDU20)
-「創造人生」-
2. 学齢期
親教育熱心, (EDU1)
近隣に見習う, (EDU2)
良い教師, (EDU3)
授業理解困難, (EDU17)
塾通えず, (EDU18)
不登校, (EDU7)
いじめられた, (EDU9)
いじめた, (EDU19)
いじめ仲裁, (EDU12)
勤勉・努力, (MEN13)
成功体験, (MEN3)
自信・信念, (MEN1)
-「創造人生」-
3. 青年期
高校中退, (EDU8)
若年無業者, (EMP6)
専門資格, (EMP2)
大学卒, (EDU4)
目標・計画性, (MEN2)
-「創造人生」-
4. 仕事
初職正規雇用, (EMP14)
初職非正規雇用, (EMP7)
正規雇用に昇格, (EMP11)
非正規雇用に転職, (EMP12)
失業, (EMP8)
非正規雇用, (EMP16)
正規雇用, (EMP17)
職場いじめ, (EMP15)
仕事・生活バランス, (HLT4)
創造性, (EMP18)
協調性, (EMP19)
リーダーシップ, (EMP20)
-「創造人生」-
5. 暮らし
貧困, (EMP9)
返済困難, (EMP13)
社宅退去, (HOU6)
支払い困難, (HOU7)
住居喪失, (HOU9)
老後困難, (HOU11)
持ち家, (HOU12)
公的年金に加入, (LOC5)
健康保険加入, (LOC11)
-「創造人生」-
6. 健康
健康管理, (HLT1)
疲労, (HLT7)
病気, (HLT8)
障がい, (HLT9)
生活習慣病, (HLT6)
要介護, (HLT10)
睡眠時間, (HLT11)
睡眠リズム, (HLT12)
栄養バランス, (HLT13)
飲酒, (HLT14)
喫煙, (HLT15)
歩く, (HLT16)
スポーツをする, (HLT17)
-「創造人生」-
7. 性格・気分
不安定・欝, (MEN6)
不安・睡眠障害, (MEN7)
引きこもりがち, (MEN9)
人生無意味, (MEN10)
周囲に怒り, (MEN11)
カウンセリング, (MEN4)
仲間・居場所・役割, (MEN4)
-「創造人生」-
8. 家族
結婚, (FML12)
虐待, (FML9)
一人親子育て, (FML6)
働きながら介護, (FML7)
介護に専念, (FML14)
離死別, (FML13)
思いやり, (MEN12)
家族の支援, (FML1)
-「創造人生」-
9. 子育て
第1子出生, (CHL16)
第2子以降出生, (CHL17)
学資を貯蓄, (CHL3)
子育て不安, (CHL11)
子ども仲間遊び苦手, (CHL6)
子ども授業理解困難, (CHL12)
子ども不登校, (CHL8)
子ども雇用不安定, (CHL10)
保育所不足, (CHL7)
-「創造人生」-
10. 友人・近隣関係
友人ネット, (EMP3)
親類・隣人等の支援, (LOC1)
居場所なし, (MEN8)
近隣援け合い, (LOC2)
ボランティア, (LOC3)
転入前, (LOC14)
転入後5年間, (LOC15)
信頼, (LOC4)
-創造自治体-
11. 近隣環境
両親と近い, (NEI1)
親戚が多い, (NEI2)
友人が多い, (NEI3)
まつり等の郷土文化, (NEI4)
自宅・近隣に仕事場, (NEI5)
働き口あり, (NEI6)
保育所あり, (NEI7)
私に合った学校あり, (NEI8)
医療サービスあり, (NEI9)
日常品サービスあり, (NEI10)
アメニティーあり, (NEI11)
公共交通あり, (NEI12)
公共サービスあり, (NEI13)
文化施設あり, (NEI14)
緑地・公園あり, (NEI15)
-創造自治体-
12. サービス利用度
親子学級、親子サロン, (SVC1)
地域子育て支援センター, (SVC2)
ファミリー・サポート・センター、家庭的保育, (SVC3)
保育園, (SVC4)
幼稚園, (SVC5)
学童保育・児童館, (SVC6)
児童家庭支援センター, (SVC7)
発達支援センター, (SVC8)
児童相談所, (SVC9)
ハローワーク(職業安定所), (SVC10)
若者サポート・ステーション, (SVC11)
障がい者相談支援センター, (SVC12)
障がい者就労支援センター, (SVC13)
地域包括支援センター, (SVC14)
シルバー人材センター, (SVC15)
介護予防プログラム, (SVC16)
福祉事務所, (SVC17)
保健所, (SVC18)
-創造自治体-
13. 高齢者サービス必要度
食事の配達サービス, (ELD1)
掃除・ゴミ出し, (ELD2)
送迎サービス, (ELD3)
語り合い場所, (ELD4)
見守りサービス, (ELD5)
家の修繕や管理サービス, (ELD6)
権利擁護サービス, (ELD7)
リクリエーションサービス, (ELD8)
-創造自治体-
14. 子育てサービス必要度
日本版ネウボラ, (KID1)
保育サービス, (KID2)
一時保育, (KID3)
病児保育, (KID4)
延長保育, (KID5)
発達支援, (KID6)
いじめ予防, (KID7)
フリースクール, (KID8)
学童保育, (KID9)
延長学童保育, (KID10)
学習支援, (KID11)
多様な進路指導, (KID12)
-創造企業-
15. ストレス度
勤務時間適正, (STR1)
超過勤務の上限, (STR2)
付き合い超勤なし, (STR3)
超勤手当支払い, (STR4)
年次休暇の取得, (STR5)
産休・育休の取得, (STR6)
労働の難易度, (STR7)
勤務時間の自由度, (STR8)
勤務場所の自由度, (STR9)
-創造企業-
16. 職場環境
公平処遇, (WOR1)
心の健康に配慮, (WOR2)
障碍者雇用熱心, (WOR3)
職場研修熱心, (WOR4)
子育てを支援, (WOR5)
家族介護を支援, (WOR6)
社会貢献, (WOR7)
キャリアパス, (WOR8)
仕事内容の自律性, (WOR9)
作業計画作成への参加度, (WOR10)
仕事の成果の把握可能性, (WOR11)
上司・同僚との情報共有, (WOR12)
-創造企業-
17. あなたの仕事満足度
好きで満足, (INT1)
好きな仕事を探求, (INT2)
評価と安定, (INT3)
不満足, (INT4)
好きだが待遇悪い, (INT5)
将来期待, (INT6)
好きだが自主性なし, (INT7)
好きではない, (INT8)
好きかどうか不明, (INT9)
-創造企業-
18. 創造性成果
企業(部門)収益, (CRE1)
新技術の開発, (CRE2)
新規事業の立ち上げ, (CRE3)
海外進出, (CRE4)
プロセスの改良, (CRE5)
社会貢献 , (CRE6)
職場環境改善 , (CRE7)
法令順守, (CRE8)
-のびのび親子-
19. 社会性発達
目を見つめる, (MCH1)
笑顔を返す, (MCH2)
名前に反応, (MCH3)
指さし要求, (MCH4)
共同注視, (MCH5)
模倣, (MCH6)
ごっこ遊び, (MCH7)
いないいないバー, (MCH8)
見せに来る, (MCH9)
聴覚過敏, (MCH10)
-のびのび親子-
20. 親の養育スタイル
受容型, (CAR1)
子供中心型, (CAR2)
過保護型, (CAR3)
対立型, (CAR4)
指導型, (CAR5)
統制型, (CAR6)
一貫欠如型, (CAR7)
遠慮型, (CAR8)
接触少型, (CAR9)
放任型, (CAR10)
-のびのび親子-
21. 移動運動
首の向き替え, (EJA01)
首すわる, (EJA02)
寝返り, (EJA03)
はいはい, (EJA04)
つたい歩き, (EJA05)
歩く, (EJA06)
走る, (EJA07)
階段上がり(交互), (EJA08)
幅跳び, (EJA09)
スキップ, (EJA10)
-のびのび親子-
22. 手の運動
つかむ, (EJB01)
手をだしものをつかむ, (EJB02)
太鼓をたたく, (EJB03)
おもちゃの車走らせる, (EJB04)
なぐり書きする, (EJB05)
積み木重ね, (EJB06)
鉄棒ぶら下がり, (EJB07)
まねて丸を書く, (EJB08)
はさみで紙を切る, (EJB09)
紙飛行機を創る, (EJB10)
-のびのび親子-
23. 基本的習慣
昼夜逆転, (EJD01)
親:母乳で育てている, (EJC01)
おっぱいを吸う力が弱い, (EJD02)
親:良く抱っこする, (EJC02)
夕方にぐずる, (EJD03)
親:同月齢の子と遊ばせる, (EJC03)
抱っこをしないと大泣き, (EJD04)
親:ガラガラを与える, (EJC04)
低体重, (EJD05)
親:クレヨンなどを与える, (EJC05)
離乳食の開始時期, (EJD06)
親:積み木を与える, (EJC06)
夜泣き, (EJD07)
親:鉄棒など使わせる, (EJC07)
仲間遊び苦手, (EJD08)
親:楽器を与える, (EJC08)
外出先でぐずる, (EJD09)
親:ボール遊びをする, (EJC09)
イヤイヤ期, (EJD10)
親、スポーツなどを習わせる, (EJC10)
-のびのび親子-
24. 育児上困ったこと
昼夜逆転, (EJD01)
親:母乳で育てている, (EJC01)
おっぱいを吸う力が弱い, (EJD02)
親:良く抱っこする, (EJC02)
夕方にぐずる, (EJD03)
親:同月齢の子と遊ばせる, (EJC03)
抱っこをしないと大泣き, (EJD04)
親:ガラガラを与える, (EJC04)
低体重, (EJD05)
親:クレヨンなどを与える, (EJC05)
離乳食の開始時期, (EJD06)
親:積み木を与える, (EJC06)
夜泣き, (EJD07)
親:鉄棒など使わせる, (EJC07)
仲間遊び苦手, (EJD08)
親:楽器を与える, (EJC08)
外出先でぐずる, (EJD09)
親:ボール遊びをする, (EJC09)
イヤイヤ期, (EJD10)
親、スポーツなどを習わせる, (EJC10)
-のびのび親子-
25. 親からの支援
昼夜逆転, (EJD01)
親:母乳で育てている, (EJC01)
おっぱいを吸う力が弱い, (EJD02)
親:良く抱っこする, (EJC02)
夕方にぐずる, (EJD03)
親:同月齢の子と遊ばせる, (EJC03)
抱っこをしないと大泣き, (EJD04)
親:ガラガラを与える, (EJC04)
低体重, (EJD05)
親:クレヨンなどを与える, (EJC05)
離乳食の開始時期, (EJD06)
親:積み木を与える, (EJC06)
夜泣き, (EJD07)
親:鉄棒など使わせる, (EJC07)
仲間遊び苦手, (EJD08)
親:楽器を与える, (EJC08)
外出先でぐずる, (EJD09)
親:ボール遊びをする, (EJC09)
イヤイヤ期, (EJD10)
親、スポーツなどを習わせる, (EJC10)
-のびのび親子-
26. 対人関係
声がする方を向く, (EJF01)
笑いかける, (EJF02)
人見知りする, (EJF03)
親の後追い, (EJF04)
手伝いをする, (EJF05)
友達と手をつなぐ, (EJF06)
電話ごっこをする, (EJF07)
世話を焼きたがる, (EJF08)
ままごとが出来る, (EJF09)
協力して砂場の山つくり, (EJF10)
-創造家族-
27. 言葉の発達
元気に泣く, (EJH01)
親:歌ってあげる, (EJG01)
声を出す, (EJH02)
親:絵本を読む, (EJG02)
人に向かい声を出す, (EJH03)
親:イナイイナイバー, (EJG03)
盛んにおしゃべり, (EJH04)
親:赤ちゃんの話しかけに応える, (EJG04)
二語文をいう, (EJH05)
親:ダメと言う, (EJG05)
自分の姓名をいう, (EJH06)
親:公園散歩, (EJG06)
「バイバイ」などに反応, (EJH07)
親:ほめる, (EJG07)
耳などを指し示す, (EJH08)
親:やり取り遊び, (EJG08)
赤などの色がわかる, (EJH09)
親:手伝いを頼む, (EJG09)
5までの数がわかる, (EJH10)
親:スマホに没頭, (EJG10)
-創造家族-
28. 親子の対話
元気に泣く, (EJH01)
親:歌ってあげる, (EJG01)
声を出す, (EJH02)
親:絵本を読む, (EJG02)
人に向かい声を出す, (EJH03)
親:イナイイナイバー, (EJG03)
盛んにおしゃべり, (EJH04)
親:赤ちゃんの話しかけに応える, (EJG04)
二語文をいう, (EJH05)
親:ダメと言う, (EJG05)
自分の姓名をいう, (EJH06)
親:公園散歩, (EJG06)
「バイバイ」などに反応, (EJH07)
親:ほめる, (EJG07)
耳などを指し示す, (EJH08)
親:やり取り遊び, (EJG08)
赤などの色がわかる, (EJH09)
親:手伝いを頼む, (EJG09)
5までの数がわかる, (EJH10)
親:スマホに没頭, (EJG10)
-創造家族-
29. 私が子どもの頃、一番好きだったこと
知的好奇心, (LIK1)
思いやり, (LIK2)
協調性, (LIK3)
論理性, (LIK4)
進取性, (LIK5)
こだわり, (LIK6)
創造性, (LIK7)
表現性, (LIK8)
ゲーム性, (LIK9)
勉強, (LIK10)
-創造家族-
30. こどもが一番好きだったこと
知的好奇心, (LIK11)
思いやり, (LIK12)
協調性, (LIK13)
論理性, (LIK14)
進取性, (LIK15)
こだわり, (LIK16)
創造性, (LIK17)
表現性, (LIK18)
ゲーム性, (LIK19)
勉強, (LIK20)
-創造家族-
31. 私が青少年期の頃の成功体験
課題研究, (SUC1)
人助け, (SUC2)
リーダーシップ, (SUC3)
信念を貫く, (SUC4)
アイディア追求, (SUC5)
ものつくり体験, (SUC6)
創作体験, (SUC7)
自己記録達成, (SUC8)
ゲームを制作, (SUC9)
予習・復習, (SUC10)
-創造家族-
32. 子どもが青少年期に成功した体験
課題研究, (SUC11)
人助け, (SUC12)
リーダーシップ, (SUC13)
信念を貫く, (SUC14)
アイディア追求, (SUC15)
ものつくり体験, (SUC16)
創作体験, (SUC17)
自己記録達成, (SUC18)
ゲームを制作, (SUC19)
予習・復習, (SUC20)