Home幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
ホーム
セクション:STAa8
のびのび親子

Select Other Sections
カテゴリー:STAa84
子どもの手の運動
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
ActivityIDP: STA11561,
List of Content:(STA58123) 不安定・うつ: 若者世代まで急増、5都市で3割を超える
: CCS調査で分かったこと
Q1. 「不安定・うつ」の人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「不安定・うつ」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q2. 「不安定・うつ」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「不安定・うつ」波及):
図表及び全体を読む
Q3. 「不安定・うつ」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「不安定・うつ」の原因):
図表及び全体を読む
Q4. 「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか? (「不安定・うつ」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q5. 「不安定・うつ」の将来への波及の強さは世代とともにどのように変化していますか? (「不安定・うつ」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q6. 「不安定・うつ」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? (「不安定・うつ」リスク要因の世代変化):
CCS調査の結果、幼児期・学齢期・就労期のリスクの多くが、若者世代で、その母親の世代(団塊ジュニア世代)に比べ大きく高まっていることが分かった。若者のリスク耐性が弱まっているのではないかという意見が多く聞かれる。

本項では、リスクの原因となるストレス(リスク要因)を持つ人の割合が増えたためか?あるいは、ストレスを受けた人の「ストレス耐性」が弱くなったためかを社会疫学的に分析する 図表及び全体を読む

Q7. 「不安定・うつ」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? (「不安定・うつ」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q8. 「不安定・うつ」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「不安定・うつ」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q9. 「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「不安定・うつ」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q10. 「不安定・うつ」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか? (「不安定・うつ」 サービス効果):
図表及び全体を読む
: 基礎知識
Q1. うつ病とはどんな症状なのですか? : うつ病:
図表及び全体を読む
Q2. うつ病患者の職場復帰のために、雇用者はどのような対策をとったらよいでしょうか? : うつ病職場復帰:
図表及び全体を読む
Q3. どの位どんな症状が続くと、うつ病と診断されるのでしょうか? : うつ病:
図表及び全体を読む
Q4. 職場での鬱はどのように発見し対処したらよいでしょうか? : 職場のうつ病対応:
図表及び全体を読む
Q5. 妻の産後鬱どう対処したら良いでしょうか? : 産後鬱:
図表及び全体を読む
社会サービス
Q1.教育相談センター: 小学校から高校まで修学上の悩みを相談できるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q2.精神保健福祉センター: メンタルヘルスの問題を専門家に相談できるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q3.いのちの電話: 自殺を考えるまで追い込まれた人が話を聞いてもらえる電話相談はありますか? :
図表及び全体を読む
Q4.自立支援OTP: 統合失調症の患者の社会復帰を地域福祉システムで実現するにはどうしたらよいですか? :
図表及び全体を読む
利用できる施設・窓口
あなたの街(市町村または都道府県)にあるサービス施設情報を表示するためには、あなたのニックネーム、パスワードとお住いの市町村名を使いログインしてください。
Q1.教育相談センター: 小学校から高校まで修学上の悩みを相談できるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q2.精神保健福祉センター: メンタルヘルスの問題を専門家に相談できるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q3.いのちの電話: 自殺を考えるまで追い込まれた人が話を聞いてもらえる電話相談はありますか? :
図表及び全体を読む
Q4.自立支援OTP: 統合失調症の患者の社会復帰を地域福祉システムで実現するにはどうしたらよいですか? :
図表及び全体を読む
: 優良な社会企業
: 自分でできる解決法:

不安定・うつに対応するための社会的サービス
1. 小学校から高校まで修学上の悩みを相談できるサービスはありますか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service1: 教育相談センター 詳しく知りたい
教育相談センターは、いじめ・不登校などの一般的な教育相談、高校進級・進路相談、中途退学などの青少年リスタート支援、などにつき、来所相談、メールによる相談を実施しています。その他、学校と保護者の間で生じた、学校だけでは解決困難な問題に関する相談を行っているところもあります。 サービスの内容は自治体により異なるため、それぞれの教育相談センターに確かめてください。 (contributed by test008)
2. ご自身やお子さんの引きこもりについて、専門家と相談が出来るサービスはありますか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service2: 引きこもり相談岐阜県 詳しく知りたい
引きこもりの方に対する相談窓口は、いくつかありますが、精神保健福祉センターでは、または、その中に設置された引きこもり支援センターでは、精神保健的な観点から専門的な面接相談を行っています。

引きこもりは本人にとってもご家族にとっても大変につらい経験です。しかし、その人の状況に応じた適切な対応や支援により、改善が図られます。一人で悩まず、まず、相談をしてみましょう。 全国の都道府県に設置されている精神保健福祉センターでは予約制で、専門家による相談を受け付けています。まず、お住まいになっている住所で登録・ログインを行い、「このサービスを提供している施設」をクリックしてください。 (contributed by )

3. 青少年SOSセンターとは?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service3: 青少年SOSセンター各務原市 詳しく知りたい
青少年SOSセンターは、青少年のみなさんの悩みに、365日、24時間フリーダイヤルで対応する相談機関です。 相談電話はもちろん、メールやファックス、面談でも対応します。匿名による相談も歓迎しています。 悩んだら、まずはお電話を!! (contributed by )
4. アルコール依存の解決について、ご本人またはご家族が専門家と相談出来るサービスはありますか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service4: アルコール依存相談東近江市 詳しく知りたい
全国の精神保健福祉センターでは、アルコール依存に対する正しい対処法について相談を行い、また、支援を行うためのプログラムを用意しています。

まず電話による予約が必要です。都道府県により、電話番号や相談時間が異なりますので、お住まいの住所で当ウェッブサイトに登録・ログインをし(無料)、このページの上部にある「このサービスを提供している施設」のリンクをクリックしてください。 (contributed by )

5. メンタルヘルスの問題を専門家に相談できるサービスはありますか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service5: 精神保健福祉センター 詳しく知りたい
精神保健福祉センタ−は、「精神保健の向上及び精神障害者の福祉の増進を図るため」に設置された相談 機関で各県、政令市には、ほぼ一箇所ずつ設置されています。当事者活動の支援や組織化の手伝い、精神保健福祉に関する相談の窓口を持つ公の相談機関です。

精神科医、臨床心理技術者、精神科ソーシャルワーカー、作業療法士、保健師、看護師などの専門職が配置されています。相談については、予約制、健康保険の適応があるところが殆どです。詳細は、それぞれのセンターにお問い合わせ下さい。

当事者活動やセルフヘルプ・グループについての情報を持っているセンターもあります。 問題を抱える当事者やご家族が相談できる身近な相談機関です。 (contributed by test008)

6. 統合失調症の患者の社会復帰を地域福祉システムで実現するにはどうしたらよいですか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service6: 自立支援OTP日本 詳しく知りたい
2002年、日本精神神経学会は、『精神分裂病」と呼んでいた病名を「統合失調症」に変えた。かつては有効な治療法がなかったことから、重症患者は長期入院しか選択肢がなかったが、近年では有効な薬が開発され、8割以上の患者には症状の改善もみられるようになっている。 (contributed by mkusakabe)
7. 認可外保育施設とは何ですか?.
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service7: 認可外保育施設. 詳しく知りたい
 「認可外保育施設」とは、児童福祉法に基づく都道府県知事などの認可を受けていない保育施設のことで、このうち、(1)夜8時以降の保育、(2)宿泊を伴う保育、(3)一時預かりの子どもが利用児童の半数以上、のいずれかを常時運営している施設については、「ベビーホテル」と言います。 (contributed by )

CCS調査で分かったこと
1. 「不安定・うつ」の人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service1: 「不安定・うつ」要因保有率(世代別)日本 詳しく知りたい
「不安定・うつ」は若者世代(34歳以下の人)で急速に増えている心の健康リスクです。「創造人生」プログラムでは「不安定・うつ」という指標を設け、うつ病や双極性障害などの念頭に置いて、その兆候を持つ人がどの程度いるかを調べるため、「気分が不安定になり、落ち込むことがよくある」という質問に対し「はい」と答えた人を採っています。「不安定・うつ」は、何事にも喜びを感じられなくなり、気分が落ち込む大変苦しい状態が長期間続き、本人にとっても、家族にとっても本当につらい状況になります。

これまでの9都市の調査では、若者世代(34歳以下のひと)で「不安定・うつ」の比率が大きく上昇しており、調査を行った9都市の内、5都市で30%を超える人がこのような症状を訴えていることが分かりました。 (contributed by )

2. 「不安定・うつ」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service2: 「不安定・うつ」波及日本 詳しく知りたい
(contributed by )
3. 「不安定・うつ」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service3: 「不安定・うつ」の原因日本 詳しく知りたい
「不安定・うつ」の原因は幼児期、学齢期、他のこころの健康リスクなど多数ありますが、リスク拡大率が大きいリスク要因としては「居場所なし」があります。気の合う仲間と過ごすことがうつの予防に重要なことが分かりました。幼児期のリスクとしては「仲間遊び苦手」が最もリスク拡大率が大きく、次いで「しかるしつけ」「父、母と接触少」が続いています。

学齢期の要因としては、予想通り、「高校中退」「いじめられた」が最もリスク拡大率が高く、「授業理解困難」と「不登校」がほぼ同じくらいのリスク拡大率を示しています。

「貧困」も「不安定うつ」のリスクを拡大していますが拡大率は、2倍前後とそれほど高くありません。雇用関係のリスクは、予想に反して大きくありません。「非正規雇用」は2都市で有意に「不安定・うつ」を増やしていますが、後の6都市では有意とはなっておらず、むしろ、リスクを減らしている都市が多いことが分かりました。 (contributed by )

4. 「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service4: 「不安定・うつ」のリスク軽減要因日本 詳しく知りたい
これまでの「創造人生」による9都市の調査結果を見ると「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因は、意外に少ないことが分かりました。「不安定・うつ」は、「いじめられた」など、さまざまな社会的なリスク要因によってひき起こされますが、「家族の支援」や「友人ネット」などの社会的な強み要因によっては、リスクが軽減されないことが示されたのです。「創造人生」で扱っている5つの心の健康リスクのうち、「引きこもりがち」「人生無意味」などは、多数の社会的な強み要因がリスクを軽減することが分かっていますが、「不安定・うつ」「不安・睡眠障害」については、社会的な関係が強まるほどリスクが高まるということが分かりました。 (contributed by )
5. 「不安定・うつ」の将来への波及の強さは世代とともにどのように変化していますか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service5: 「不安定・うつ」波及の世代変化日本 詳しく知りたい
(contributed by )
6. 「不安定・うつ」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service6: 「不安定・うつ」リスク要因の世代変化日本 詳しく知りたい
CCS (contributed by )
7. 「不安定・うつ」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service7: 「不安定・うつ」強み要因世代変化日本 詳しく知りたい
強み要因の世代ごとの変化を、上覧の都市名をクリックしてみてみると、川崎市、瀬戸内市、高浜市などのコミュニティーの地縁的な絆が弱く、自立的な傾向の強い都市では、団塊世代までは比較的強かった強み要因の効果が、団塊ジュニア世代から、急速に弱まり、若者世代でもその傾向が続いていることが分かった。

一方、各務原市竕P杵市のような地域コミュニティーの絆が強く残っている都市では、若者世代まで強み要因の効果が残されていることが分かった。足立区はこれらの中間で、団塊ジュニア世代まで強み要因の効果が比較的よく残されていたが、若者世代で効果が薄れてきたことが分かった。 (contributed by )

8. 「不安定・うつ」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service8: 「不安定・うつ」の原因 貢献度日本 詳しく知りたい
(contributed by )
9. 「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service9: 「不安定・うつ」のリスク軽減要因 貢献度日本 詳しく知りたい
(contributed by )
10. 「不安定・うつ」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service10: 「不安定・うつ」 サービス効果日本 詳しく知りたい
(contributed by )

基礎知識
1. うつ病とはどんな症状なのですか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service1: うつ病新宿区 詳しく知りたい
眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。 薬による治療とあわせて、認知行動療法をはじめとする心理療法も、うつ病に効果が高いことがわかってきています。早めに治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、無理せず早めに専門機関に相談すること、そして必要な場合にはゆっくり休養をとることも大切です。 (contributed by )
2. うつ病患者の職場復帰のために、雇用者はどのような対策をとったらよいでしょうか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service2: うつ病職場復帰日本 詳しく知りたい
うつ病患者の復職を促進するのに、医療機関だけでは限界がある。職場としてはどのように取り組めばよいだろうか? (contributed by motoo_sjk)
3. どの位どんな症状が続くと、うつ病と診断されるのでしょうか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service3: うつ病日本 詳しく知りたい
うつ病とは、正確には「大うつ病」という診断名の精神病で、世界的に使われているアメリカ精神学会の診断基準DSM-IVでは、抑うつ的な気分、又は興味・喜びの消失の少なくともどちらかが2週間以上続いており、これらの中核症状に加え、食欲がなくて体重が減った、不眠、じっとしていられない、あるいは動作がゆっくりになってしまう、疲れやすいといった4つの身体症状、及び自分を責める、集中できない、死にたくなる、などの3つの精神症状のうち、5つ以上が2週間以上続いているかにより判断される、

その他、この症状によって生活に影響が出ていること、一時的な出来事に対する反応ではないこと、他の精神疾患や薬の副作用ではないことなどの基準を満たしている場合に、「大うつ病エピソード」と診断される。 (contributed by )

4. 職場での鬱はどのように発見し対処したらよいでしょうか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service4: 職場のうつ病対応日本 詳しく知りたい
職場での心の不調を訴える人が増えている。中でもうつ病は患者数が70万人を超え、身近な病気となりつつある。うつ病はきちんと治療すれば治る病気だが、早期の発見や仕事への復帰など体の病気と違う注意点がある。自分や同僚が発症した場合に知っておきたい注意点をまとめた。 (contributed by )
5. 妻の産後鬱どう対処したら良いでしょうか?
Photo by M.Kusakabe, Hampstead in October London
Service5: 産後鬱日本 詳しく知りたい
出産後に気分が沈んだり、育児への意欲を失ったりする「産後鬱病」が知られるようになってきた。身近な存在として、何が出来るのか、夫の戸惑いは大きい。妻を支えようと奮闘する夫たち自身も時に孤立しがちで、彼らを支援する講座など取組みが広がっている。 (contributed by mkusakabe)

OpenCityPortal: Section Homepage,
-「創造人生」-
1. 子供の頃
ほめるしつけ, (EDU13)
しかるしつけ, (EDU14)
父接触少, (EDU15)
母接触少, (EDU16)
仲間遊び苦手, (EDU6)
一人親に養育, (FML8)
少年期貧困, (FML10)
父と同居, (CHL18)
母と同居, (CHL19)
祖父と同居, (CHL13)
祖母と同居, (CHL14)
兄弟姉妹と同居, (CHL15)
愛着, (EDU20)
-「創造人生」-
2. 学齢期
親教育熱心, (EDU1)
近隣に見習う, (EDU2)
良い教師, (EDU3)
授業理解困難, (EDU17)
塾通えず, (EDU18)
不登校, (EDU7)
いじめられた, (EDU9)
いじめた, (EDU19)
いじめ仲裁, (EDU12)
勤勉・努力, (MEN13)
成功体験, (MEN3)
自信・信念, (MEN1)
-「創造人生」-
3. 青年期
高校中退, (EDU8)
若年無業者, (EMP6)
専門資格, (EMP2)
大学卒, (EDU4)
目標・計画性, (MEN2)
-「創造人生」-
4. 仕事
初職正規雇用, (EMP14)
初職非正規雇用, (EMP7)
正規雇用に昇格, (EMP11)
非正規雇用に転職, (EMP12)
失業, (EMP8)
非正規雇用, (EMP16)
正規雇用, (EMP17)
職場いじめ, (EMP15)
仕事・生活バランス, (HLT4)
創造性, (EMP18)
協調性, (EMP19)
リーダーシップ, (EMP20)
-「創造人生」-
5. 暮らし
貧困, (EMP9)
返済困難, (EMP13)
社宅退去, (HOU6)
支払い困難, (HOU7)
住居喪失, (HOU9)
老後困難, (HOU11)
持ち家, (HOU12)
公的年金に加入, (LOC5)
健康保険加入, (LOC11)
-「創造人生」-
6. 健康
健康管理, (HLT1)
疲労, (HLT7)
病気, (HLT8)
障がい, (HLT9)
生活習慣病, (HLT6)
要介護, (HLT10)
睡眠時間, (HLT11)
睡眠リズム, (HLT12)
栄養バランス, (HLT13)
飲酒, (HLT14)
喫煙, (HLT15)
歩く, (HLT16)
スポーツをする, (HLT17)
-「創造人生」-
7. 性格・気分
不安定・欝, (MEN6)
不安・睡眠障害, (MEN7)
引きこもりがち, (MEN9)
人生無意味, (MEN10)
周囲に怒り, (MEN11)
カウンセリング, ()
仲間・居場所・役割, (MEN4)
-「創造人生」-
8. 家族
家族の支援, (FML1)
結婚, (FML12)
虐待, (FML9)
働きながら介護, (FML7)
一人親子育て, (FML6)
介護に専念, (FML14)
離死別, (FML13)
思いやり, (MEN12)
-「創造人生」-
9. 子育て
第1子出生, (CHL16)
第2子以降出生, (CHL17)
子育て不安, (CHL11)
学資を貯蓄, (CHL3)
保育所不足, (CHL7)
子ども仲間遊び苦手, (CHL6)
子ども授業理解困難, (CHL12)
子ども不登校, (CHL8)
子ども雇用不安定, (CHL10)
-「創造人生」-
10. 友人・近隣関係
友人ネット, (EMP3)
親類・隣人等の支援, (LOC1)
居場所なし, (MEN8)
近隣援け合い, (LOC2)
ボランティア, (LOC3)
転入前, (LOC14)
転入後5年間, (LOC15)
信頼, (LOC4)
-創造自治体-
11. 近隣環境
両親と近い, (NEI1)
親戚が多い, (NEI2)
友人が多い, (NEI3)
まつり等の郷土文化, (NEI4)
自宅・近隣に仕事場, (NEI5)
働き口あり, (NEI6)
保育所あり, (NEI7)
私に合った学校あり, (NEI8)
医療サービスあり, (NEI9)
日常品サービスあり, (NEI10)
アメニティーあり, (NEI11)
公共交通あり, (NEI12)
公共サービスあり, (NEI13)
文化施設あり, (NEI14)
緑地・公園あり, (NEI15)
-創造自治体-
12. サービス利用度
親子学級、親子サロン, (SVC1)
地域子育て支援センター, (SVC2)
ファミリー・サポート・センター、家庭的保育, (SVC3)
保育園, (SVC4)
幼稚園, (SVC5)
学童保育・児童館, (SVC6)
児童家庭支援センター, (SVC7)
発達支援センター, (SVC8)
児童相談所, (SVC9)
ハローワーク(職業安定所), (SVC10)
若者サポート・ステーション, (SVC11)
障がい者相談支援センター, (SVC12)
障がい者就労支援センター, (SVC13)
地域包括支援センター, (SVC14)
シルバー人材センター, (SVC15)
介護予防プログラム, (SVC16)
福祉事務所, (SVC17)
保健所, (SVC18)
-創造自治体-
13. 高齢者サービス必要度
食事の配達サービス, (ELD1)
掃除・ゴミ出し, (ELD2)
送迎サービス, (ELD3)
語り合い場所, (ELD4)
見守りサービス, (ELD5)
家の修繕や管理サービス, (ELD6)
権利擁護サービス, (ELD7)
リクリエーションサービス, (ELD8)
-創造自治体-
14. 子育てサービス必要度
日本版ネウボラ, (KID1)
保育サービス, (KID2)
一時保育, (KID3)
病児保育, (KID4)
延長保育, (KID5)
発達支援, (KID6)
いじめ予防, (KID7)
フリースクール, (KID8)
学童保育, (KID9)
延長学童保育, (KID10)
学習支援, (KID11)
多様な進路指導, (KID12)
-創造企業-
15. ストレス度
勤務時間適正, (STR1)
超過勤務の上限, (STR2)
付き合い超勤なし, (STR3)
超勤手当支払い, (STR4)
年次休暇の取得, (STR5)
産休・育休の取得, (STR6)
労働の難易度, (STR7)
勤務時間の自由度, (STR8)
勤務場所の自由度, (STR9)
-創造企業-
16. 職場環境
公平処遇, (WOR1)
心の健康に配慮, (WOR2)
障碍者雇用熱心, (WOR3)
職場研修熱心, (WOR4)
子育てを支援, (WOR5)
家族介護を支援, (WOR6)
社会貢献, (WOR7)
キャリアパス, (WOR8)
仕事内容の自律性, (WOR9)
作業計画作成への参加度, (WOR10)
仕事の成果の把握可能性, (WOR11)
上司・同僚との情報共有, (WOR12)
-創造企業-
17. あなたの仕事満足度
好きで満足, (INT1)
好きな仕事を探求, (INT2)
評価と安定, (INT3)
不満足, (INT4)
好きだが待遇悪い, (INT5)
将来期待, (INT6)
好きだが自主性なし, (INT7)
好きではない, (INT8)
好きかどうか不明, (INT9)
-創造企業-
18. 創造性成果
企業(部門)収益, (CRE1)
新技術の開発, (CRE2)
新規事業の立ち上げ, (CRE3)
海外進出, (CRE4)
プロセスの改良, (CRE5)
社会貢献 , (CRE6)
職場環境改善 , (CRE7)
法令順守, (CRE8)
-のびのび親子-
19. 社会性発達
目を見つめる, (MCH1)
笑顔を返す, (MCH2)
名前に反応, (MCH3)
指さし要求, (MCH4)
共同注視, (MCH5)
模倣, (MCH6)
ごっこ遊び, (MCH7)
いないいないバー, (MCH8)
見せに来る, (MCH9)
聴覚過敏, (MCH10)
-のびのび親子-
20. 親の養育スタイル
受容型, (CAR1)
子供中心型, (CAR2)
過保護型, (CAR3)
対立型, (CAR4)
指導型, (CAR5)
統制型, (CAR6)
一貫欠如型, (CAR7)
遠慮型, (CAR8)
接触少型, (CAR9)
放任型, (CAR10)
-のびのび親子-
21. 移動運動
首の向き替え, (EJA01)
首すわる, (EJA02)
寝返り, (EJA03)
はいはい, (EJA04)
つたい歩き, (EJA05)
歩く, (EJA06)
走る, (EJA07)
階段上がり(交互), (EJA08)
幅跳び, (EJA09)
スキップ, (EJA10)
-のびのび親子-
22. 手の運動
つかむ, (EJB01)
手をだしものをつかむ, (EJB02)
太鼓をたたく, (EJB03)
おもちゃの車走らせる, (EJB04)
なぐり書きする, (EJB05)
積み木重ね, (EJB06)
鉄棒ぶら下がり, (EJB07)
まねて丸を書く, (EJB08)
はさみで紙を切る, (EJB09)
紙飛行機を創る, (EJB10)
-のびのび親子-
23. 親からの支援
親:母乳で育てている, (EJC01)
親:良く抱っこする, (EJC02)
親:同月齢の子と遊ばせる, (EJC03)
親:ガラガラを与える, (EJC04)
親:クレヨンなどを与える, (EJC05)
親:積み木を与える, (EJC06)
親:鉄棒など使わせる, (EJC07)
親:はさみを与える, (EJC08)
親:ボール遊びをする, (EJC09)
親、スポーツなどを習わせる, (EJC10)
-のびのび親子-
24. 育児上困ったこと
昼夜逆転, (EJD01)
おっぱいを吸う力が弱い, (EJD02)
夕方にぐずる, (EJD03)
抱っこをしないと大泣き, (EJD04)
低体重, (EJD05)
離乳食の開始時期, (EJD06)
夜泣き, (EJD07)
仲間遊び苦手, (EJD08)
外出先でぐずる, (EJD09)
イヤイヤ期, (EJD10)
-のびのび親子-
25. 基本的習慣
乳を欲しがる, (EJE01)
さじから飲める, (EJE02)
ビスケットなど自分で食べる, (EJE03)
コップを自分で持って飲む, (EJE04)
匙でたべる, (EJE05)
ストローで飲む, (EJE06)
排尿を予告, (EJE07)
ひとりで食べる, (EJE08)
顔を洗う, (EJE09)
着衣が出来る, (EJE10)
-のびのび親子-
26. 対人関係
声がする方を向く, (EJF01)
笑いかける, (EJF02)
人見知りする, (EJF03)
親の後追い, (EJF04)
手伝いをする, (EJF05)
友達と手をつなぐ, (EJF06)
電話ごっこをする, (EJF07)
世話を焼きたがる, (EJF08)
ままごとが出来る, (EJF09)
協力して砂場の山つくり, (EJF10)
-創造家族-
27. 私が子どもの頃、一番好きだったこと
知的好奇心, (LIK1)
親:歌ってあげる, (EJG01)
思いやり, (LIK2)
親:絵本を読む, (EJG02)
協調性, (LIK3)
親:イナイイナイバー, (EJG03)
論理性, (LIK4)
親:赤ちゃんの話しかけに応える, (EJG04)
進取性, (LIK5)
親:ダメと言う, (EJG05)
こだわり, (LIK6)
親:公園散歩, (EJG06)
創造性, (LIK7)
親:ほめる, (EJG07)
表現性, (LIK8)
親:やり取り遊び, (EJG08)
ゲーム性, (LIK9)
親:手伝いを頼む, (EJG09)
勉強, (LIK10)
親:スマホに没頭, (EJG10)
-創造家族-
28. 親子の対話
知的好奇心, (LIK1)
親:歌ってあげる, (EJG01)
思いやり, (LIK2)
親:絵本を読む, (EJG02)
協調性, (LIK3)
親:イナイイナイバー, (EJG03)
論理性, (LIK4)
親:赤ちゃんの話しかけに応える, (EJG04)
進取性, (LIK5)
親:ダメと言う, (EJG05)
こだわり, (LIK6)
親:公園散歩, (EJG06)
創造性, (LIK7)
親:ほめる, (EJG07)
表現性, (LIK8)
親:やり取り遊び, (EJG08)
ゲーム性, (LIK9)
親:手伝いを頼む, (EJG09)
勉強, (LIK10)
親:スマホに没頭, (EJG10)
-創造家族-
29. こどもが一番好きだったこと
元気に泣く, (EJH01)
声を出す, (EJH02)
人に向かい声を出す, (EJH03)
盛んにおしゃべり, (EJH04)
二語文をいう, (EJH05)
自分の姓名をいう, (EJH06)
「バイバイ」などに反応, (EJH07)
耳などを指し示す, (EJH08)
赤などの色がわかる, (EJH09)
5までの数がわかる, (EJH10)
知的好奇心, (LIK11)
思いやり, (LIK12)
協調性, (LIK13)
論理性, (LIK14)
進取性, (LIK15)
こだわり, (LIK16)
創造性, (LIK17)
表現性, (LIK18)
ゲーム性, (LIK19)
勉強, (LIK20)
-創造家族-
30. 言葉の発達
元気に泣く, (EJH01)
声を出す, (EJH02)
人に向かい声を出す, (EJH03)
盛んにおしゃべり, (EJH04)
二語文をいう, (EJH05)
自分の姓名をいう, (EJH06)
「バイバイ」などに反応, (EJH07)
耳などを指し示す, (EJH08)
赤などの色がわかる, (EJH09)
5までの数がわかる, (EJH10)
知的好奇心, (LIK11)
思いやり, (LIK12)
協調性, (LIK13)
論理性, (LIK14)
進取性, (LIK15)
こだわり, (LIK16)
創造性, (LIK17)
表現性, (LIK18)
ゲーム性, (LIK19)
勉強, (LIK20)
-創造家族-
31. 私が青少年期の頃の成功体験
課題研究, (SUC1)
人助け, (SUC2)
リーダーシップ, (SUC3)
信念を貫く, (SUC4)
アイディア追求, (SUC5)
ものつくり体験, (SUC6)
創作体験, (SUC7)
自己記録達成, (SUC8)
ゲームを制作, (SUC9)
予習・復習, (SUC10)
-創造家族-
32. 子どもが青少年期に成功した体験
課題研究, (SUC11)
人助け, (SUC12)
リーダーシップ, (SUC13)
信念を貫く, (SUC14)
アイディア追求, (SUC15)
ものつくり体験, (SUC16)
創作体験, (SUC17)
自己記録達成, (SUC18)
ゲームを制作, (SUC19)
予習・復習, (SUC20)

サービスの利用 市政の分析・情報 ネットワーキング
どのような社会サービスがあるか(9): サービスの内容・利用資格・申請手続 計画と施策(): 基本計画や活動内容 市民質問ご意見箱(): 質問・ご意見・苦情等をお寄せ下さい
優良な社会企業(): 良いサービスを提供している自治体・社会企業の例が見られます コミュニティー・カルテ(): あなたの生活満足度や課題の自己診断 イベントご案内(): 企画・イベントのご案内、あなたのイベントもご投稿下さいtd>
利用できる施設・窓口(0): 公立・私立・NPO等の市民サービス向けの施設のご案内 統計を使ってみよう(): あなたの街の成果指標が見られます 事業計画の作成(): 社会起業やコミュニティー・ビジネスを起こしませんか?
オンライン申請(): 自治体やNPOのサービスにオンラインで申請や追跡が出来ます 組織・窓口(): 担当の部署や担当者の連絡先 市民からの情報(): あなたの地域情報を簡単に送れます
文書ダウンロード(): 公的な報告書や文書の閲覧やダウンロードが出来ます 役立つウェッブ情報(): この項目に関連するウェッブ・サイトが見られます リソース・パーソン(): この分野で専門知識がある方にコンタクトをしたり、専門家として登録が出来ます

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board