32653265STA541 OpenCityPortal: Basic Facts, 貧困や生活困窮のリスクのとらえ方はどう進化してきたのか?,
Homeまち創り住民登録・税・年金人生局面毎の課題とリスク教育健康・福祉雇用とビジネスインフラ整備暮らし・近隣・社会関係資本のびのび親子
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:
のびのび親子

Select Other Sections
カテゴリー:STAa84
子どもの手の運動
Select Other Categories
フォーラム:
基礎知識
Q1, 貧困や生活困窮のリスクのとらえ方はどう進化してきたのか?
対応サービス: 施策ID: STA541FAQID: 3265
ビジョン: 創造的人生戦略目標: 施策: 貧困, 社宅退去, 住居喪失, 老後困難,
要旨:
私がどういう思いでこのコミュニティー・カルテ・システムをつくったのかを、ごく簡単に説明いたします。その背景には「リスク概念の進化」があります。 公衆衛生の例で考えてみると、かつては単一病因説が主流でした。病気の原因には、何かひとつの原因があるというものです。 (contributed by )

Photo by M.Kusakabe, Hampstead in London
リスク概念の進化:単一病因説とリスク化された病因論
たとえば、コレラの場合にはコレラ菌が病原体、色盲の場合にはひとつの遺伝子がその原因となります。ですから、その原因を見つけて治療するのが単一病原説であったわけです。

しかし現在の考え方は、20世紀半ば頃から急速に変わってきていて、「リスク化された病因論」と呼ばれています。 病気の原因は、多数の要因が絡み合っていて、確率論的に病気として引き起こされるという考え方です。こうした考え方が医学の分野では主流となり、その考え方に立ったさまざまな対策が立てられています。

参照文献: 日下部 元雄(?オープン・シティー研究所)2015:コミュニティー・カルテ・システム 〜その活用の有効性〜、特定非営利活動法人 地域ケア政策ネットワーク 入力日: 2015-06-02 00:00:00
どの遺伝子が発現するのかというのも確率的
病気は遺伝子によってきめられており、ある遺伝子を持つ人は必ずその病気が出るという考え方がありました。しかし、この考え方も今では否定されています。

遺伝子といっても多数の遺伝子があります。どの遺伝子が発現するのかというのも確率的に起こります。生活習慣も含めた、多数の社会的因子が存在します。それらをどうやって束ねるかというと、疫学などの統計的な手法が大きな貢献をしているという風に変わってきています。

貧困・発達期リスクなどの社会現象も「リスク化」により捉える
子どもの発達や仕事で成功するかどうかというような社会問題にも、まったく同じことが当てはまります。 従来の貧困概念では、貧困の原因は単一とまではいいませんが、病気、障害、高齢、失業等のいくつかの原因があり、それによって所得が稼げなくなって貧困状態になるというのが、単一の要因で起こる貧困説でした。

しかし、現実に世界で起きている貧困は、そのような考え方では説明がつきません。そこでヨーロッパを中心に発達してきた人間社会のリスクをとらえる見方が、社会的排除アプローチです。

「社会的排除」アプローチに
その考え方は、「人間の暮しは多数の社会関係によって支えられており、貧困はそれらの社会関係から排除されることによって生まれる」というものです。 たんに所得が減るだけではなく、社会関係から排除されることによって貧困が生まれる。貧困の原因となる社会関係は、発達期リスクなど多数の要因が組み合わされて起こります。ひとつの社会関係から排除されると、それが累積的に他の社会関係からの排除にも連鎖するという考え方に立っています。

そのような考え方は、現場の方の感覚と近いのではないかと思います。それがいまでは、世界的に「社会的排除」アプローチに変わってきています。3年前に厚生労働省が生活困窮者自立支援のシステムを考え出したとき、当時の山崎 史郎 社会・援護局長がこの考え方をもとにしていました。

このサービスを提供している施設: このサービスを提供している施設:
STA541 STA11541 >
List of Content:(STA541) 貧困
: 基礎知識 : CCS調査で分かったこと
. 1. 貧困や生活困窮のリスクのとらえ方はどう進化してきたのか? ()
2. 英国からの教訓:何故、失敗したのか? ()
. 1. 貧困と感じている人は各世代でどの程度いるのでしょうか? (「貧困」要因保有率(世代別))
2. 貧困になった人は、その後どのようなリスクが起こりやすいでしょうか? (「貧困」波及)
3. 貧困に陥る原因としてはどのようなリスク要因があるのでしょうか? (「貧困」リスク要因)
4. 貧困になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「貧困」強み要因)
5. 貧困の波及の強さは世代と共にどのように変化してきたでしょうか? (「貧困」波及 世代変化)
6. 貧困に陥るリスク要因は世代と共にどのように変化してきたでしょうか? (「貧困」リスク要因 世代変化)
7. 貧困になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「貧困」強み要因 世代変化)
8. 「貧困」のリスクを拡大するリスク要因の貢献度はどのくらいですか? ( 「貧困」リスク要因の貢献度)
9. 「貧困」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのくらいですか? (「貧困」強み要因の貢献度)
10. 「貧困」のリスクを軽減するサービスの効果はどのくらいですか? (「貧困」 サービス効果)
: 社会サービス : 利用できる施設・窓口
: 優良な社会企業 : 自分でできる解決法:

OpenCityPortal: Section Homepage, 子どもの手の運動
-創造人生-
1. 子供の頃
ほめるしつけ
しかるしつけ
父接触少
母接触少
仲間遊び苦手
一人親に養育
少年期貧困
父と同居
母と同居
祖父と同居
祖母と同居
兄弟姉妹と同居
愛着
-創造人生-
2. 学齢期
親教育熱心
近隣に見習う
良い教師
授業理解困難
塾通えず
不登校
いじめられた
いじめた
いじめ仲裁
勤勉・努力
成功体験
自信・信念
-創造人生-
3. 青年期
高校中退
若年無業者
専門資格
大学卒
目標・計画性
-創造人生-
4. 仕事
初職正規雇用
初職非正規雇用
正規雇用に昇格
正規雇用
非正規雇用に転職
非正規雇用
失業
再就職
非正規雇用
正規雇用
職場いじめ
仕事・生活バランス
創造性
協調性
リーダーシップ
-創造人生-
5. 暮らし
貧困
返済困難
社宅退去
支払い困難
住居喪失
老後困難
持ち家
公的年金に加入
健康保険加入
-創造人生-
6. 健康
健康管理
疲労
病気
障がい
生活習慣病
要介護
睡眠時間
睡眠リズム
栄養バランス
飲酒
喫煙なし
歩く
-創造人生-
7. 性格・気分
不安定・欝
不安・睡眠障害
引きこもりがち
人生無意味
周囲に怒り
カウンセリング
仲間・居場所・役割
-創造人生-
8. 家族
結婚
第1子出生
第2子以降出生
虐待
一人親子育て
働きながら介護
介護に専念
離死別
思いやり
家族の支援
-創造人生-
9. 子育て
学資を貯蓄
子育て不安
子ども仲間遊び苦手
子ども授業理解困難
子ども不登校
子ども雇用不安定
保育所不足
-創造人生-
10. 友人・近隣関係
友人ネット
親類・隣人等の支援
居場所なし
近隣援け合い
ボランティア
転入前
転入後5年間
信頼
-創造自治体-
11. 近隣環境
両親と近い
親戚が多い
友人が多い
まつり等の郷土文化
自宅・近隣に仕事場
働き口あり
保育所あり
私に合った学校あり
医療サービスあり
日常品サービスあり
アメニティーあり
公共交通あり
公共サービスあり
文化施設あり
緑地・公園あり
-創造自治体-
12. サービス利用度
親子学級、親子サロン
地域子育て支援センター
ファミリー・サポート・センター、家庭的保育
保育園
幼稚園
学童保育・児童館
児童家庭支援センター
発達支援センター
児童相談所
ハローワーク(職業安定所)
若者サポート・ステーション
障がい者相談支援センター
障がい者就労支援センター
地域包括支援センター
シルバー人材センター
介護予防プログラム
福祉事務所
保健所
-創造自治体-
13. 高齢者サービス必要度
食事の配達サービス
掃除・ゴミ出し
送迎サービス
語り合い場所
見守りサービス
家の修繕や管理サービス
権利擁護サービス
リクリエーションサービス
-創造自治体-
14. 子育てサービス必要度
日本版ネウボラ
保育サービス
一時保育
病児保育
延長保育
発達支援
いじめ予防
フリースクール
学童保育
延長学童保育
学習支援
多様な進路指導
-創造企業-
15. ストレス度
勤務時間適正
超過勤務の上限
付き合い超勤なし
超勤手当支払い
年次休暇の取得
産休・育休の取得
労働の難易度
勤務時間の自由度
勤務場所の自由度
-創造企業-
16. 職場環境
公平処遇
心の健康に配慮
障碍者雇用熱心
職場研修熱心
子育てを支援
家族介護を支援
社会貢献
キャリアパス
仕事内容の自律性
作業計画作成への参加度
仕事の成果の把握可能性
上司・同僚との情報共有
-創造企業-
17. あなたの仕事満足度
好きで満足
好きな仕事を探求
評価と安定
不満足
好きだが待遇悪い
将来期待
好きだが自主性なし
好きではない
好きかどうか不明
-創造企業-
18. 創造性成果
企業(部門)収益
新技術の開発
新規事業の立ち上げ
海外進出
プロセスの改良
社会貢献
職場環境改善
法令順守
-のびのび親子-
19. 社会性発達
目を見つめる
笑顔を返す
名前に反応
指さし要求
共同注視
模倣
ごっこ遊び
いないいないバー
見せに来る
聴覚過敏
-のびのび親子-
20. 親の養育スタイル
受容型
子供中心型
過保護型
対立型
指導型
統制型
一貫欠如型
遠慮型
接触少型
放任型
-のびのび親子-
21. 移動運動
首の向き替え
頭挙げ
うつぶせ寝
頭保持
首すわる
横向き寝返り
寝返り
ずりばい
からだ回し
はいはい
ひとり座り
つかまり立ち
つかまり立ちあがり
つたい歩き
立ち上がる
歩く
靴はいて歩く
走る
階段あがり(一段毎)
ボールけり
両足とび
階段上がり(交互)
立ち回り
片足立ち
でんぐり返し
幅跳び
片足とび
ブランコこぎ
スキップ
-のびのび親子-
22. 手の運動
つかむ
しゃぶる
ものを取る
おもちゃをつかむ
ガラガラを与える
ガラガラを握る
手をだしものをつかむ
おもちゃ持ち替え
指でつかむ
太鼓をたたく
ビンのふた開け閉め
おもちゃの車走らせる
指先を使う遊び
なぐり書きする
コップから取り出し
積み木
積み木重ね
コップからコップへ水うつし
鉛筆で丸を書く
積み木横並べ
鉄棒ぶら下がり
まねて直線を描く
まねて丸を書く
はさみで髪を切る』」ボタンをはめる
ボタンをはめる
十字を書く
紙を直線に切る
弾むボールをつかむ
紙飛行機を創る
-のびのび親子-
23. 基本的習慣
昼夜逆転
おっぱいを吸う力が弱い
乳を欲しがる
夕方にぐずる
満腹時に顔そむける
抱っこしないと大泣き
顔に布を掛けると不快
低体重
さじから飲める
おもちゃを見ると活発化
離乳食の開始時期
ビスケットなど自分で食べる
コップから飲む
顔を拭くといやがる
夜泣き
コップ両手で口へ
泣かずに要求示す
コップを自分で持って飲む
仲間遊び苦手
匙でたべる
外出先でぐずる
お菓子の包み紙を取って食べる
口もと拭き
パンツはき足広げ
ストローで飲む
排尿を予告
パンツ一人で脱ぐ
ひとりで食べる
靴を一人ではく
上着を脱ぐ
顔を洗う
鼻をかむ
身体を洗う
信号を見てわたる
着衣が出来る
-のびのび親子-
24. 対人関係
抱き上げると泣き止む
人の顔をじっと見る
声がする方を向く
歌ってあげる
声を出して笑う
絵本を読む
笑いかける
イナイイナイバー
鏡の顔に反応
親:赤ちゃんの話しかけに応える
顔の表情が分かる
話しかけ
鏡に笑いかける
ダメと言う
おもちゃを取られると不快
公園散歩
身振りをまねる
ほめる
人見知りする
やり取り遊び
親の後追い
ほめられると動作反復
手伝いをする
イヤイヤ期
助けを求める
友達と手をつなぐ
第1次反抗期
親から離れて遊ぶ
電話ごっこをする
言いつけに来る
世話を焼きたがる
長時間のテレビ
ままごとが出来る
許可を求める
順番にものを使う
友達の家に遊びに行く
じゃんけんできめる
協力して砂場の山つくり
-のびのび親子-
25. 発語
元気に泣く
いろいろな泣き声を出す
声を出す
声を出して笑う
キャーキャー言う
人に向かい声を出す
おもちゃに向かい声を出す
マ、バ、パなど発声
タ、ダ、チャなど発声
相槌
盛んにおしゃべり
音声をまねる
ことばを1−2語まねる
2語言える
3語言える
1つのものの名前をいう
3つのものの名前をいう
二語文をいう
「きれいね」「おいしいね」
自分の姓名をいう
二数詞の復唱
二語文の復唱
会話できる
文章の復唱
両親の姓名等をいう
四数詞の復唱
複雑な文章の復唱
-のびのび親子-
26. 言語理解
大きな音に反応
人の声でしずまる
母の声を聞き分ける
話し方で感情を聞き分け
「いけません」で手を引っ込める
「バイバイ」などに反応
要求を少し理解
要求をよく理解
命令を実行
言葉が出ない
絵本読みをせがむ
耳などを指し示す
「もうひとつ」などが分かる
鼻などを指し示す
大小がわかる
長短が分かる
赤などの色がわかる
高低が分かる
3までの数がわかる
5までの数がわかる
左右がわかる
-創造家族-
27. 親が少年だった頃一番好きだったこと
知的好奇心
思いやり
協調性
論理性
進取性
こだわり
創造性
表現性
ゲーム性
勉強
-創造家族-
28. こどもが一番好きだったこと
知的好奇心
思いやり
協調性
論理性
進取性
こだわり
創造性
表現性
ゲーム性
勉強
-創造家族-
29. 親が青少年期の頃の成功体験
課題研究
人助け
リーダーシップ
信念を貫く
アイディア追求
ものつくり体験
創作体験
自己記録達成
ゲームを制作
予習・復習
-創造家族-
30. 子どもが青少年期に成功した体験
課題研究
人助け
リーダーシップ
信念を貫く
アイディア追求
ものつくり体験
創作体験
自己記録達成
ゲームを制作
予習・復習

サービスの利用 市政の分析・情報 ネットワーキング
どのような社会サービスがあるか(-1): サービスの内容・利用資格・申請手続 計画と施策(0): 基本計画や活動内容 市民質問ご意見箱(0): 質問・ご意見・苦情等をお寄せ下さい
優良な社会企業(0): 良いサービスを提供している自治体・社会企業の例が見られます コミュニティー・カルテ(25): あなたの生活満足度や課題の自己診断 イベントご案内(0): 企画・イベントのご案内、あなたのイベントもご投稿下さいtd>
利用できる施設・窓口(0): 公立・私立・NPO等の市民サービス向けの施設のご案内 統計を使ってみよう(0): あなたの街の成果指標が見られます 事業計画の作成(25): 社会起業やコミュニティー・ビジネスを起こしませんか?
オンライン申請(-1): 自治体やNPOのサービスにオンラインで申請や追跡が出来ます 組織・窓口(0): 担当の部署や担当者の連絡先 市民からの情報(0): あなたの地域情報を簡単に送れます
文書ダウンロード(1): 公的な報告書や文書の閲覧やダウンロードが出来ます 役立つウェッブ情報(1): この項目に関連するウェッブ・サイトが見られます リソース・パーソン(25): この分野で専門知識がある方にコンタクトをしたり、専門家として登録が出来ます

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board