Home幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
Universal Forum
Universal Forum

カテゴリー:
This Forum shows content across all Categories
フォーラム:
603,
送料
書籍
1.9都市のエビデンスで見る若者世代のリスク急増の要因と対策:平成25-27年厚生労働省社会福祉推進事業報告書:
出版年::2017 著者::日下部元雄, , ,
学術雑誌名:: 巻:: ページ: 出版社:オープン・シティー研究所出版
著作権:Creative Commons "Attribute/Non-Commercial/Share Alike" Licensing
要旨:本書は、日本における貧困や格差が何故近年急速に拡大したかの要因を探るため、大都市・地方都市など9つの都市、計7600人の生活史を調査し、社会的排除アプローチに基づき、幼児期・学齢期などの発達期リスク、65要因が、就労期や心の健康リスクにどのように連鎖しているのかを社会疫学という手法を用いて、初めて明らかにしたものである。例えば、幼児期の「仲間遊び苦手」学齢期の「授業理解困難」子育て期の「子育て不安」などが相互に結びつき貧困へとつながる過程を明らかにしている。福祉政策をエビデンスに基づき考えたい人には必見の書。『人口減少と社会保障』の著者、山崎史郎氏も本書を推薦。:
文書ID:603 在庫:2
価格(税込):4800円
ご購入部数:
ショッピング・カートを利用される方は、先ず、メール・アドレスをご登録ください(無料)
既に、メール・アドレスの登録をしている方は、ここからログインをして下さい。
利用者評価スコア平均: 3
評価者数: 1
投稿者用: