Homeまち創り住民登録・税・年金人生局面毎の課題とリスク教育健康・福祉雇用とビジネスインフラ整備暮らし・近隣・社会関係資本のびのび親子
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
Universal Forum
Universal Forum

カテゴリー:STAa70
This Forum shows content across all Categories
フォーラム:
優良な社会企業

0.
総合相談支援

STA5451

1.
伝統文化と創造によるまち創り

STA22

2.
商店街の振興

STA814

3.
障害者福祉施策

STA531

4.
お年寄りの健康と安全

STA55

5.
身体と心の健康

STA58

6.
母子の健康管理・児童手当

STA613

7.
乳幼児向けデイケア

STA614

8.
学齢期のリスクと対応

STA62

9.
再生可能エネルギーの普及

STA713

10.
地場企業・中小企業の振興

STA810

11.
社会的ファイナンス

STA82

12.
活力ある農林水産業の育成

STA83

13.
観光の振興

STA84

14.
高齢者向け優良住宅

STA962

「いま知っておくべき寄付サイト」はコレだ! 「READYFOR?」
この社会企業を支援するため寄付をしたい:
この社会起業モデルを使ったサービスが私が応援する市町村・県に出来るよう起業家に寄付をしたい:
このような社会起業モデルを応用して私の町で社会企業を立ち上げたい:
企業または団体名: オーマ株式会社 サービス提供者:
要旨: 「READYFOR?」は、寄付、コーズマーケティング、社会的投資のすべてをカバーする日本最大級のクラウド・ファンディング・サイトなのである。慶應義塾大学メディアデザイン研究科修士2年(今年3月卒業予定)の米良はるかさんが中心となって立ち上げ、NPO・NGOなどの団体や人にファンドレイジングするのではなく、「プロジェクト」に対して行なう仕組みになっている。
Hampstead Heath, London, in June
参照文献: 竹井善昭 [ソーシャル・ビジネス・プランナー/株式会社ソーシャルプランニング代表] Diamond Online [社会貢献」を買う人たち 2012年3月13日 投稿日付: 2012-03-16 00:00:00
ファンドレイジングの成功率の高さ
筆者がこのサービスに注目する理由は、そのファンドレイジングの成功率の高さである。サービスインから1年弱で55以上のプロジェクトが開始され、約7割が目標額のファンドレイジングに成功。最大約400万円を超える資金を調達し、合計で2000万円を超えるお金を集めている。

これはスタートアップ期の同種のサイトとしては最も大きく成功したサービスだろう。プロジェクトの支援者1人当たり約9000円を支援している。東日本大震災における寄付額の平均が約4600円なので、単価も高いと言えるだろう。

データの徹底的活用
この成功率の高さは、独自の特徴的なサービスが要因となっている。まず、徹底したデータの活用。「READYFOR?」の母体であるオーマ株式会社はデータマイニングが専門で、資金を集めたい団体・人に最適なプロジェクトを作成する。

また、キュレーターと呼ばれるプロジェクト担当者が、ソーシャルメディアでの拡散方法からプロジェクトの編集までコンサルティングを行なう。

実際に「何かのモノ」が届く。
また、資金を提供した人には、実際に「何かのモノ」が届く。例えば、宮城県石巻市立渡波(わたのは)小学校の子供たちがガレキで作ったさまざまなオブジェによる展示会をイタリアで開催しようという「町のカケラ達-ワタノハスマイル展」プロジェクトでは、1500円の支援で子供たちが作った「オリジナル缶バッチ3個」、1万円の支援で「子ども達の作品で作ったオリジナル缶バッチ9個」「イタリアでの様子を記録したオリジナルDVD」「子ども達からのお礼のお手紙」が受け取ることができる。

さらに10万円の支援では、「子ども達の作品で作ったオリジナル缶バッチ9個」「イタリアでの様子を記録したオリジナルDVD」「渡波小学校の子ども達からのお礼のお手紙」「渡波小学校の子ども達が作るオブジェ作品」「イタリアの子ども達が作るオブジェ作品」が受け取ることができる。

30日で約400万円を集める

これらのサービスにより、「READYFOR?」はファンドレイジングの成功率を高めており、これまで半年かけて30万円しか集まらなかったNPOを、30日で約400万円を集めることに成功させている。

このケーススタディーをお読みになった方はどなたでもこの社会企業モデルの評価に参加できます
この社会企業を評価する 自分のニーズに合っている みんなが役割を持って参加 制度のはざまをカバー ビジネスとして長続きするか 他のまちにも応用可能か 総合評価
あなたの評価:1から5(満点) 4 4 3 5 4 4
STA8221
直前の ケース・スタディー 一覧表 ケース・スタディー
全ての訪問者用:
投稿者用:
この社会企業の事業計画を投稿する : もし、あなたがこの社会企業の従業員で、あなたの企業のビジネスプランを作って公開したい場合には、このリンクをクリックして、インストラクションに従ってお作り下さい。 この社会企業の事業計画を見る
この事例に基づき、あなたのまちのデータを使いあなた自身の事業計画を作ってみよう(ログインが必要です無料) :もし、あなたが社会起業家で、あなたが選んだ市町村でこの社会企業の基本理念に従って、社会サービスを提供しようとしている場合には、このリンクをクリックしてください。事業計画の作成を支援するページに行き、その市町村のデータに基づき、収入や支出を推計しながらあんたの事業計画つくりを支援します。作成された事業計画に対し、クラウドファンディング等による支援を受けることが出来ます。
キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board