Home幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康友人関係
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
ホーム
セクション:


Select Other Sections
カテゴリー:
左下の表からカテゴリーをお選び下さい
フォーラム:
優良な社会企業
Activity
ActivityIDP: ,
List of Content:() :
:
Q1. 「転入5年後」を経験している人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「転入5年後」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q2. 周りの人への「信頼」があると感じている人の比率は世代毎にどのように推移していますか? (「信頼」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q3. :「転入1年前」を経験している人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「転入1年前」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q4. 「近隣助け合い」を持っている人の比率は年代によりどのように変化していますか? (「近隣助け合い」要因保有比率):
図表及び全体を読む
Q5. 居場所なしと感じている人の比率は世代毎にどのように推移していますか? (「居場所なし」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q6. 「友人ネットワーク」を持っている人の比率は年代によりどのように変化していますか? (「友人ネットワーク」要因保有比率(年代別)):
図表及び全体を読む
Q7. 「親類隣人等の支援」を受けられる人の比率は年代によりどのように変化していますか? (「親類隣人等の支援」要因保有比率(年代別)):
図表及び全体を読む
Q8. 「保育園不足」の人の比率は各世代でどの位ですか? (「保育園不足」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q9. 「子ども不登校」の人の比率は各世代でどの位ですか? (「子ども不登校」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q10. 「子ども雇用不安定」の人の比率は各世代でどの位ですか? (「子ども雇用不安定」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q11. 「子ども授業理解困難」の人の比率は各世代でどの位ですか? (「子ども授業理解困難」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q12. 「子供仲間遊び苦手」の人の比率は各世代でどの位ですか? (「子供仲間遊び苦手」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q13. 家族の支援があると感じている人の比率は世代毎にどのように推移していますか? (「家族の支援」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q14. 「介護に専念」をしている人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「介護に専念」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q15. 「働きながら介護」をしている人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「働きながら介護」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q16. 「ひとり親」の人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「ひとり親」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q17. 「虐待」を受けた人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「虐待」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q18. 「第2子以降を出生」する条件が整っている人の比率は各世代でどのようななっていますか? ( 「第2子以降を出生」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q19. 「第1子が出生」をしている人の比率は各世代でどのようななっていますか? ( 「第1子が出生」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q20. 「結婚」をしている人の比率は各世代でどのようななっていますか? ( 「結婚」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q21. 「人生無意味」の人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「人生無意味」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q22. 「ひきこもりがち」の人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「ひきこもりがち」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q23. 不安・睡眠障がいの人の比率は世代毎にどのように推移していますか? (「不安・睡眠障がい」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q24. 「不安定・うつ」の人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「不安定・うつ」要因保有率(世代別)):
「不安定・うつ」は、若者世代で急増しており、その中でも5都市では、30%を超える若者が、「不安定・うつ」を経験していると答えている。この比率が高い2都市では中高生がピークとなっており、比率が低い3都市では、各年齢層とも比率は低いが青壮年期に高まる傾向が見られる。
図表及び全体を読む
Q25. 要介護の人の比率は世代毎にどのように推移していますか? (「要介護」要因保有比率(世代別)):
要介護の比率は、年齢別に見ると、要介護率が高い4都市では、中年期(50−64歳)から上昇し始め、前期高齢期には15−20%へと大きく上昇する。しかし、中年期にほとんど上昇していない2都市では、高齢期の要介護率も5%前後にとどまっている。中年期からの介護予防の重要性が見て取れる。
図表及び全体を読む
Q26. 生活習慣病を経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか? (「生活習慣病」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q27. 障がいを経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか? (「障がい」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q28. 疲労を経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか? (「疲労」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q29. 「健康管理」をしている人の比率は世代によりどのように変化していますか? (「健康管理」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q30. 「健康保険に加入」している人の比率は世代によりどのように変化していますか? (「健康保険に加入」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q31. 「年金に加入」している人の比率は世代によりどのように変化していますか? (「年金に加入」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q32. 「住宅喪失」に陥る人は世代別にみるとどのくらいの比率でしょうか? (「住宅喪失」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q33. 「持ち家」に住んでいる人の比率は世代によりどのように変化していますか? (「持ち家」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q34. 家賃等の支払い困難に陥る人は世代別にみるとどのくらいの比率でしょうか? (「支払い困難」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q35. 消費者ローンなどの借り入れの返済が困難になった人は各世代でどの程度いますか? (「返済困難」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q36. 貧困と感じている人は各世代でどの程度いるのでしょうか? (「貧困」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q37. 「職場いじめ」に遭った人の割合は世代別にみるとどの程度でしょうか? (「職場いじめ」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q38. 正規雇用の人の比率は世代によりどのように変化しているでしょうか? (「正規雇用」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q39. 非正規雇用の比率は世代毎にどのような変化をしているのでしょうか? (「非正規雇用」要因保有比率):
図表及び全体を読む
Q40. 失業を経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか? (「失業」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q41. 目標・計画性があると感じている人の比率は世代毎にどのように推移していますか? (「目標・計画性」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q42. 大学卒の人の比率は世代によりどのように変化しているのでしょうか? (「大学卒」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q43. 専門資格を持っている人の比率は世代によりどのように変化していますか? (「専門資格」要因保有比率):
図表及び全体を読む
Q44. 「若年無業者」になる人は世代により増えているのでしょうか? (「若年無業者」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q45. 「自信・信念」のある人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「自信・信念」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q46. 「いじめ仲裁」の要因保有率は世代とともに同変化してきましたか? (「いじめ仲裁」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q47. 他の子を「いじめた」子の割合は世代毎にどのくらい増えてきているのでしょうか? (「いじめた」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q48. いじめられた人の比率は年代ごとに増えているのでしょうか? (「いじめられた」の要因保有比率(世代別))):
「いじめられた」子どもの比率は、若者世代での「貧困」比率の増加など生活上の問題が深刻化に伴い増加しているが、が比較的低い都市では、若者世代で低下している都市もある。しかし、年代毎に詳しく見ると、貧困の増加に関わらず2000年代に入り、「いじめられた」比率を低下させている都市もいくつかあることが分かります。
図表及び全体を読む
Q49. 「不登校」は若者世代(34歳以下)急増している (「不登校」要因保有率(世代別)):
本調査では不登校を本人が登校することに問題を感じ始めたときからフォローするという観点から「学校になじめず、登校できない時期があった」と答えた人を採っています、この定義によると家庭の貧困から不登校が多かった高齢世代を例外として、若者世代に「不登校」が急増し団塊ジュニア世代に比べ倍増している都市も多く見られます。また不登校の比率も低い都市で3%前後、高い都市では10%を超えるという危機的な状況になっています。
図表及び全体を読む
Q50. 「塾通えず」を経験した人の比率は、世代によりどのように推移してきたのでしょうか? (「塾通えず」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q51. 授業理解困難な児童生徒の割合は、若者世代で急増 (授業理解困難の要因保有比率(世代別)):
「授業理解困難」は学齢期リスクの入り口です。ここから「不登校」「いじめ」などの他の学齢期リスクへとつながり、更には心の健康リスクなどに波及をしていきます。

CCSでは「授業理解困難」を「勉強に興味を失い授業に追いつくことが難しかった」という質問により、意欲と学力の両面から捉えています。今、若者世代で何が起こっているのでしょうか? 図表及び全体を読む

Q52. 学齢期に近隣に見習うべき人がいた人は世代別にどの程度いるでしょうか? (「近隣に見習う」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q53. 学齢期に、良い教師にであった人は世代別にどのくらいいるでしょうか? (「良い教師」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q54. 子どもの頃に「親教育熱心」だった人の割合は団塊ジュニア世代・若者世代に急増し、学歴社会を一層顕著にした (「親教育熱心」要因保有率(世代別)):
「親教育熱心」な家庭の比率は、大都市圏や近郊都市では50%になっています。しかし、年代別に詳しく見ると2000年以降は停滞や低下傾向が見られます。

対象年齢別に見ると、「親教育熱心」は、子どもが高校生までは、高水準ですが大学の年齢になると急速に下がり、親の関心が、子どもを大学に入れるところまでであることが分かります。 図表及び全体を読む

Q55. 「幼少時に祖母と同居」をしていた人の割合は世代によりどのように変わってきたのでしょうか? (「幼少時に祖母と同居」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q56. 「幼少時に兄弟姉妹と同居」をしていた人の割合は世代によりどのように変わってきたのでしょうか? (「幼少時に兄弟姉妹と同居」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q57. 「幼少時に祖父と同居」をしていた人の割合は世代によりどのように変わってきたのでしょうか? (「幼少時に祖父と同居」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q58. 「幼少時に母と同居」をしていた人の割合は世代によりどのように変わってきたのでしょうか? (「幼少時に母と同居」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q59. 「幼少時に父と同居」をしていた人の割合は世代によりどのように変わってきたのでしょうか? (「幼少時に父と同居」要因保有比率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q60. 子供の頃、貧困な家庭に育った人は各世代でどのような比率になっているのでしょうか? (少年期貧困:世代別要因保有比率):
図表及び全体を読む
Q61. 「ひとり親に養育」された人の割合は世代ごとにどう変化していますか? (「ひとり親に養育」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q62. 子供の頃「仲間遊び苦手」だった人は、各世代でどのくらいの割合でいるのでしょうか? (「仲間遊び苦手」要因保有比率(世代別)):
CCS調査では、子どもの社会性発達の遅れや非定型発達の早期の注意を促す指標として「仲間遊び苦手」を採っています。それらの子が学齢期の子ども全体に占める割合は、貧困率が相対的に高い2都市では、団塊ジュニア世代から急上昇しており、それ以外の7都市では、若者世代まで急拡大しています。
図表及び全体を読む
Q63. 母親との接触が少なかったと感じている人は、若者世代で大きく減少 (「母接触少」要因保有率(世代別)):
高齢世代では、多い都市では20%を超える家庭で子供が「母接触少」と感じていましたが、それが世代ごとに減少し、若者世代には、ほとんどの都市で10%前後まで減少してきました。一方で「母接触少」による子供の将来のリスク拡大効果が上昇し、以前大きな社会課題となっています。
図表及び全体を読む
Q64. 父親との接触が少なかったと感じている人2000年以降減少している都市が多い (「父接触少」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q65. 「しかるしつけ」は世代別にみるとどの程度の家庭で行われていますか? (「しかるしつけ」要因保有率(世代別j):
「しかるしつけ」は減ってきているという大方の予想に反し、世代を追うごとに「しかるしつけ」は増えていることが分かりました。詳しく年代毎に見ると、2000年代に入ってからは、比較的経済状況が安定している都市では「しかるしつけが減っており、そうでない都市では増え続けていることが分かりました。やはり、経済的状況に伴うイライラが影響している野でしょうか。
図表及び全体を読む
Q66. 子供のころ「ほめるしつけ」を受けた人の割合はどのように変わってきたのでしょうか? (ほめるしつけ、要因保有比率(世代別)):
世代毎に見ると「ほめるしつけ」を受けた人は若者世代まで着実に増え続け、高齢世代が子どもだった頃には15%前後だったものが、若者世代には30%から40%前後にまで増えています。それでは、「ほめるしつけ」はどの程度、子どものために有効なのでしょうか?
図表及び全体を読む
Q67. 高校を中退する人は世代別にみると増えているのでしょうか? (「高校中退」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q68. 「子育て不安」 のある人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「子育て不安」 要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q69. 高校を中退する人は世代別にみると増えているのでしょうか? (「高校中退」要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q70. 「子育て不安」 のある人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「子育て不安」 要因保有率(世代別)):
図表及び全体を読む
Q71. 「近隣助け合い」をしている人は将来のリスクや強みをどのように変化させていますか? (「近隣助け合い」波及):
図表及び全体を読む
Q72. 「ボランティア 」活動に参加している人の比率は世代によりどのように変化していますか? ( 「ボランティア 」要因保有比率):
図表及び全体を読む
Q73. 「近隣助け合い」を持っている人の比率は世代によりどのように変化していますか? (「近隣助け合い」要因保有比率):
図表及び全体を読む
Q74. 「いじめ仲裁」を抑制する要因の貢献度はどのくらいありますか? (「いじめ仲裁」リスク要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q75. 「いじめ仲裁」を抑制する要因の貢献度はどのくらいありますか? (「いじめ仲裁」リスク要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q76. 「親教育熱心」だった人が将来、軽減するリスクや拡大する強みは世代と共にどのように変わってきたのでしょうか? (「親教育熱心」世代別波及):
「親教育熱心」が就労期リスクに与えるマイナスの影響は、就職先生井が厳しくなった若者世代で、より顕著になっています。足立区、各務原市、瀬戸内市などでは「親教育熱心」な家庭で、子どもが「若年無業者」になる割合が、若者世代で急激に高まっていることが分かります。
図表及び全体を読む
Q77. 周りの人への「信頼」があると感じている人は、その後どのようなリスクを軽減しているでしょうか? (「信頼」波及):
図表及び全体を読む
Q78. 「転入5年後」を経験している人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「転入5年後」波及):
図表及び全体を読む
Q79. 「ボランティア 」活動に参加している人は、将来どのようなリスクを軽減し、どのような強みを伸ばしているのでしょうか? ( 「ボランティア 」波及):
図表及び全体を読む
Q80. :「転入1年前」を経験している人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「転入1年前」波及):
図表及び全体を読む
Q81. 「近隣助け合い」を持っている人は、将来どのようなリスクを軽減し、どのような強みを伸ばしているフでしょうか? (「近隣助け合い」波及):
図表及び全体を読む
Q82. 居場所なしと感じている人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか? (「居場所なし」波及):
図表及び全体を読む
Q83. 「友人ネットワーク」を持っている人は、将来どのようなリスクを軽減し、どのような強みを伸ばしているのでしょうか? (「友人ネットワーク」波及):
図表及び全体を読む
Q84. 「親類隣人等の支援」を受けられる人は、将来どのようなリスクを軽減し、どのような強みを伸ばしているのでしょうか? (「親類隣人等の支援」波及):
図表及び全体を読む
Q85. 「保育園不足」となった親はそれ以降どのようなリスク・強みが増えるのでしょうか? (「保育園不足」波及):
図表及び全体を読む
Q86. 「子ども不登校」となった親はそれ以降どのようなリスク・強みが増えるのでしょうか? (「子ども不登校」波及):
図表及び全体を読む
Q87. 「子ども雇用不安定」となった親はそれ以降どのようなリスク・強みが増えるのでしょうか? (「子ども雇用不安定」波及):
図表及び全体を読む
Q88. 「子ども授業理解困難」となった親はそれ以降どのようなリスク・強みが増えるのでしょうか? (「子ども授業理解困難」波及):
図表及び全体を読む
Q89. 「子供仲間遊び苦手」となった親はそれ以降どのようなリスク・強みが増えるのでしょうか? (「子供仲間遊び苦手」波及):
図表及び全体を読む
Q90. 「子育て不安」 のある人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「子育て不安」 波及):
図表及び全体を読む
Q91. 家族の支援があると感じている人は、その後どのようなリスクを軽減しているでしょうか? (「家族の支援」波及):
図表及び全体を読む
Q92. 「介護に専念」をしている人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「介護に専念」波及):
図表及び全体を読む
Q93. 「働きながら介護」をしている人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「働きながら介護」波及):
図表及び全体を読む
Q94. 「ひとり親」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「ひとり親」波及):
図表及び全体を読む
Q95. 「虐待」を受けた人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「虐待」波及):
図表及び全体を読む
Q96. 「第2子以降を出生」する条件が整っている人は、その後、どのようなリスクや強みを増やすでしょうか? ( 「第2子以降を出生」波及):
図表及び全体を読む
Q97. 「第1子が出生」をしている人は、その後、どのようなリスクや強みを増やすでしょうか? ( 「第1子が出生」波及):
図表及び全体を読む
Q98. 「結婚」をしている人は、その後、どのようなリスクや強みを増やすでしょうか? ( 「結婚」波及):
図表及び全体を読む
Q99. 「人生無意味」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「人生無意味」波及):
図表及び全体を読む
Q100. 「ひきこもりがち」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「ひきこもりがち」波及):
図表及び全体を読む
Q101. 不安・睡眠障がいの人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか? (「不安・睡眠障がい」波及):
図表及び全体を読む
Q102. 「不安定・うつ」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「不安定・うつ」波及):
「不安定・うつ」を持った人は学齢期には「不登校」「いじめた」を、青年期には「高校中退」「若年無業者」を大きく増やし、「貧困」の大きな要因ともなっている。更に「子育て不安」を通じ、子どもの発達期リスクにも大きな影響を与えている。
図表及び全体を読む
Q103. 要介護の人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか? (「要介護」波及):
図表及び全体を読む
Q104. 生活習慣病を経験した人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか? (「生活習慣病」波及):
図表及び全体を読む
Q105. 障がいを経験した人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか? (「障がい」波及):
図表及び全体を読む
Q106. 疲労をした人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか? (「疲労」波及):
図表及び全体を読む
Q107. 「健康管理」をしている人はその後どのようなリスクを軽減し、強みを拡大するのでしょうか? (「健康管理」波及):
図表及び全体を読む
Q108. 「健康保険に加入」している人はその後どのようなリスクを軽減し、強みを拡大するのでしょうか? (「健康保険に加入」波及):
図表及び全体を読む
Q109. 「年金に加入」している人はその後どのようなリスクを軽減し、強みを拡大するのでしょうか? (「年金に加入」波及):
図表及び全体を読む
Q110. 「住宅喪失」に陥る人は、その後どのようなリスクや強みに連鎖をするのでしょうか? (「住宅喪失」波及):
図表及び全体を読む
Q111. 「持ち家」に住んでいる人はその後どのようなリスクを軽減し、強みを拡大するのでしょうか? (「持ち家」波及):
図表及び全体を読む
Q112. 家賃等の支払い困難に陥る人は、その後どのようなリスクや強みに連鎖をするのでしょうか? (「支払い困難」波及):
図表及び全体を読む
Q113. 「返済困難」に陥った人はその後どのようなリスクを増やしたり、強みが低下したりするのでしょう? (「返済困難」波及):
図表及び全体を読む
Q114. 貧困になった人は、その後どのようなリスクが起こりやすいでしょうか? (「貧困」波及):
図表及び全体を読む
Q115. 「職場いじめ」に遭った人は、その後どのようなリスクと強みを抱えるのでしょうか? (「職場いじめ」波及):
図表及び全体を読む
Q116. 正規雇用の人は、その後、どのようにリスクを避けたり、強みを伸ばしたりしているのでしょうか? (「正規雇用」波及):
図表及び全体を読む
Q117. 非正規雇用の人が、その後に抱えやすいリスクは何でしょうか? (「非正規雇用」波及):
図表及び全体を読む
Q118. 失業をした人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか? (「失業」波及):
図表及び全体を読む
Q119. 目標・計画性があると感じている人は、その後どのようなリスクを軽減しているでしょうか? (「目標・計画性」波及):
図表及び全体を読む
Q120. 大学卒の人は、そうでない人と比べ、どの程度、将来のリスクを軽減したり、強みを軽減しているのでしょうか? (「大学卒」波及):
図表及び全体を読む
Q121. 専門資格を取っている人はその後どのような強みやリスクを持つことが多いでしょうか? (「専門資格」波及):
図表及び全体を読む
Q122. 「若年無業者」になると将来のリスクがどのように増えますか? (「若年無業者」波及):
図表及び全体を読む
Q123. 高校中退をした方の比率は、世代毎、年代毎、年齢ごとにどのような推移を遂げていますか? (「高校中退」要因保有率):
図表及び全体を読む
Q124. 高校中退をした方はその後どのようなリスクや強みを持つことになりますか? (「高校中退」波及):
図表及び全体を読む
Q125. 「自信・信念」のある人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「自信・信念」波及):
図表及び全体を読む
Q126. 「いじめ仲裁」の強みを持った人は将来どのようなリスクを軽減しますか? (「いじめ仲裁」波及):
図表及び全体を読む
Q127. 他の子を「いじめた」子は、その後どのようなリスクや強みを持つでしょうか? (「いじめた」波及):
図表及び全体を読む
Q128. いじめに遭った子どもは、その後どのようなリスクを抱えることになりますか? (いじめられたの波及):
いじめの影響は、いじめられている期間だけの一過性と思われがちだが、「不安定・うつ」「不安・睡眠障がい」「引きこもりがち」などの心の健康に与えるリスクは、「不登校」による影響由も大きく、いじめはその被害者に長期に亘る心の傷を与えることが明らかになった。「不登校」と同様、「高校中退」「若年無業者」になるリスクを大きく拡大し、それを通じて「貧困」も拡大する。「大学卒」を減らす影響は「不登校」の場合より大きい。しかし、「いじめられた」リスクを克服した人は、「専門資格」の取得を増やし、正規雇用になる機会を増やしている。
図表及び全体を読む
Q129. 「不登校」を経験した子は、青年期に「若年無業者」になるリスクを大きく拡大する (「不登校」将来への波及):
「不登校」は、青年期の「高校中退」「若年無業者」を30倍前後という非常に高い倍率で増加させ、更にそれが「貧困」の拡大に結びついています。しかし、「不登校」は、必ずしも「大学卒」を減らしておらず、「自信・信念」「目標・計画性」も減らしていません。「専門資格」の取得はむしろ増え、「正規雇用」になる人も却って増えていることが分かりました。「不登校」は短期的には大きなリスクをもたらしますが、それを克服することにより、長期的には成功した人生を送っている人も多くいることが分かりました。
図表及び全体を読む
Q130. 「塾通えず」を経験した人は、その後どのようなリスクと強みを持つようになったのでしょうか? (「塾通えず」波及):
図表及び全体を読む
Q131. 授業理解困難な子が、その後に抱えやすいリスクはどのようなものがありますか? (授業理解困難の波及):
「授業理解困難」になった子は、「不登校」「いじめられた」などの学齢期のリスクをやや拡大していますが、青年期(思春期)になると「高校中退」「若年無業者」になるリスクを10倍前後という非常に大きな倍率で高めています。これが延いては「貧困」に繋がっていることが明らかになりました。
図表及び全体を読む
Q132. 「良い教師」に遇った人はその後どのようにリスクを軽減したり強みを増やしたりするのでしょうか? (「良い教師」波及):
図表及び全体を読む
Q133. 「近隣に見習う」人はどのような将来の波及があるでしょうか? (「近隣に見習う」波及):
図表及び全体を読む
Q134. 子どもの頃、「親が教育熱心」だった人は、その後、どのようなリスクを軽減し、どのような強みを拡大しているのでしょうか? (「親教育熱心」波及):
親が教育熱心だった子は、「不登校」「授業理解困難」などの学齢期のリスクを大幅に減らし、「大学卒」になる比率を5倍前後増やすプラス効果がありますが、反面、青年期には半数の都市で「高校中退」を増やし就労期には「若年無業者」「非正規雇用」になる比率を過半数の都市で増やしています。何故、このようなことが起こるのでしょう?
図表及び全体を読む
Q135. 「幼少時に祖父と同居」をしていた子は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか? (「幼少時に祖父と同居」波及):
図表及び全体を読む
Q136. 「幼少時に祖母と同居」をしていた子は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか? (「幼少時に祖母と同居」波及):
図表及び全体を読む
Q137. 「幼少時に兄弟姉妹と同居」をしていた子は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか? (「幼少時に兄弟姉妹と同居」波及):
図表及び全体を読む
Q138. 「幼少時に父と同居」をしていた子は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか? (「幼少時に父と同居」波及):
図表及び全体を読む
Q139. 子供の頃、家庭が貧困だった人は、その後、どのようなリスクに遭いやすいのでしょうか? (「少年期貧困」波及):
図表及び全体を読む
Q140. 「ひとり親に養育」された人は、その後、どのようなリスクと強みを持つのでしょうか? (「ひとり親に養育」波及):
図表及び全体を読む
Q141. 幼少期に母親の接触が少なかった人は、その後どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「母、接触少」波及):
幼少時に母親との接触が少なかったと感じている子は、そうでない子に比べ、学齢期には「授業理解困難」及び「不登校」を拡大し、青年期には、更に大きな倍率で「高校中退」「若年無業者」になるリスクを拡大しています。それらの結果、「貧困」になるリスクも1.5倍から3倍程度増やしています。
図表及び全体を読む
Q142. 「しかるしつけ」を受けた人は、その後どのようなリスクを拡大したり、強みを縮小したりしますか? (「しかるしつけ」将来への波及):
「しかるしつけ」は、それを受けた子どもの強みを伸ばすことには大きな効果があります。大方の見方に反して「自信・信念」「目標・計画性」「専門資格」「正規雇用」などは、ほとんどの都市で「しかるしつけ」を受けた人の方が伸びています。一方で「授業理解困難」「不登校」などのリスクを大きく拡大しています。つまり、子どもが理解しやすい「しかりかた」をした場合には効果があり、そうでないと、リスクを増やしてしまうという2面性があることが分かりました。
図表及び全体を読む
Q143. 「ほめるしつけ」を受けた子は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか? (「ほめるしつけ」波及):
「ほめるしつけ」は、さまざまな強みを伸ばす効果は「しかるしつけ」より僅かに勝っていることが分かりました。特に「大学卒」に関しては、全ての都市で大きな促進効果かがあります。しかし、リスクを防止する効果については、予想に反し、マチマチであることが分かりました。特に、「仲間遊び苦手」「いじめられた」「いじめた」についてはほとんどの都市で「ほめるしつけ」を受けたこの方がリスクを拡大しています。
図表及び全体を読む
Q144. 「周りの人への「信頼」が減少するリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか? (「信頼」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q145. :「転入1年前」に多くみられたリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「転入1年前」の原因):
図表及び全体を読む
Q146. 「ボランティア 」活動に参加するのを妨げているリスク要因は何ですか? ( 「ボランティア 」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q147. 「近隣助け合い」を創るのを妨げているリスク要因は何ですか? (「近隣助け合い」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q148. 「居場所なし」になるリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか? (「居場所なし」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q149. 「親類隣人等の支援」を受けるのを妨げているリスク要因は何ですか? (「親類隣人等の支援」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q150. 「友人ネットワーク」を創るのを妨げているリスク要因は何ですか? (「友人ネットワーク」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q151. 「保育園不足」を増やしている親のリスク要因にはどのようなものがありますか? (「保育園不足」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q152. 「子ども不登校」を増やしている親のリスク要因にはどのようなものがありますか? (「子ども不登校」親のリスク要因):
図表及び全体を読む
Q153. 「子ども雇用不安定」を増やしている親のリスク要因にはどのようなものがありますか? (「子ども雇用不安定」親のリスク要因):
図表及び全体を読む
Q154. 「子供仲間遊び苦手」を増やしている親のリスク要因にはどのようなものがありますか? (「子供仲間遊び苦手」親のリスク要因):
図表及び全体を読む
Q155. 「子育て不安」が生じる原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「子育て不安」 のリスク要因):
図表及び全体を読む
Q156. 「家族の支援」が減少するリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか? (「家族の支援」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q157. 「介護に専念」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「介護に専念」の原因):
図表及び全体を読む
Q158. 「働きながら介護」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「働きながら介護」の原因):
図表及び全体を読む
Q159. 「ひとり親」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「ひとり親」の原因):
図表及び全体を読む
Q160. 「虐待」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「虐待」の原因):
図表及び全体を読む
Q161. 「第2子以降を出生」の条件を抑制要因にはどのようなものがあるでしょうか? ( 「第2子以降を出生」のリスク要因):
図表及び全体を読む
Q162. 「第1子が出生」の抑制要因にはどのようなものがあるでしょうか? ( 「第1子が出生」のリスク要因):
図表及び全体を読む
Q163. 「結婚」の抑制要因にはどのようなものがあるでしょうか? ( 「結婚」のリスク要因):
図表及び全体を読む
Q164. 「人生無意味」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「人生無意味」の原因):
「人生無意味」と感じる最大の要因は、人間関係からの阻害、つまり「居場所なし」「引きこもり」などの心の健康リスクにある。次に「虐待」を受けたことなどの精神的なトラウマが来る。「住居喪失」や「家賃などの支払い困難」などの暮らしのリスクが続いている。
図表及び全体を読む
Q165. 「ひきこもりがち」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「ひきこもりがち」の原因):
図表及び全体を読む
Q166. 「不安・睡眠障がい」になるリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか? (「不安・睡眠障がい」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q167. 「不安定・うつ」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「不安定・うつ」の原因):
図表及び全体を読む
Q168. 「要介護」になるリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか? (「要介護」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q169. 「生活習慣病」の原因となるリスクにはどのようなものがあるでしょうか? (「生活習慣病」原因):
図表及び全体を読む
Q170. 「障がい」の原因となるリスクにはどのようなものがあるでしょうか? (「障がい」原因):
図表及び全体を読む
Q171. 「病気」の原因となるリスクにはどのようなものがあるでしょうか? (「病気」原因):
図表及び全体を読む
Q172. 「健康管理」に住む機会を妨げているリスク要因は何でしょうか? (「健康管理」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q173. 「健康保険に加入」にする機会を妨げているリスク要因は何でしょうか? (「健康保険に加入」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q174. 「持ち家」に住む機会を妨げているリスク要因は何でしょうか? (「持ち家」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q175. 「年金に加入」にする機会を妨げているリスク要因は何でしょうか? (「年金に加入」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q176. 「住宅喪失」に陥るリスクを拡大している要因はどのようなものがありますか? (「住宅喪失」原因):
図表及び全体を読む
Q177. 家賃等の支払い困難に陥るリスクを拡大している要因はどのようなものがありますか? (「支払い困難」原因):
図表及び全体を読む
Q178. 「返済困難」になるリスクを高めるリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか? (「返済困難」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q179. 貧困に陥る原因としてはどのようなリスク要因があるのでしょうか? (「貧困」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q180. 「職場いじめ」のリスクを増やす要因は何ですか? (「職場いじめ」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q181. 正規雇用になる機会を阻害するリスク要因にはどのようなものがありますか?? (「正規雇用」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q182. 非正規雇用になりやすい要因は何ですか? (「非正規雇用」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q183. 「失業」の原因となるリスクにはどのようなものがあるでしょうか? (「失業」原因):
図表及び全体を読む
Q184. 「目標・計画性」が減少するリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか? (「目標・計画性」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q185. 大学卒の資格を取るためにリスクとなる要因は何ですか? ({大学卒」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q186. 専門資格を取る機会を減らすリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「専門資格」原因):
図表及び全体を読む
Q187. 「若年無業者」になるリスク要因は何でしょうか? (「若年無業者」原因):
図表及び全体を読む
Q188. 高校中退の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「高校中退」原因):
図表及び全体を読む
Q189. 「自信・信念」を失う原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「自信・信念」のリスク要因):
図表及び全体を読む
Q190. 「いじめ仲裁」の強みを育てる要因にはどのようなものがありますか? (「いじめ仲裁」原因):
図表及び全体を読む
Q191. 他の子を「いじめた」子は、過去にどのようなリスクを抱えていたのでしょうか? (「いじめた」原因):
図表及び全体を読む
Q192. どのような幼児期の要因がいじめに遭うリスクを高めるのでしょうか? (いじめの防止):
「いじめられた」の原因となるリスク要因は「不登校」の要因と同様、幼児期の家族環境が強く影響しているが、「いじめられた」の場合には、その中でも社会性発達の遅れを示す「仲間遊び苦手」が最も高い「いじめられた」のリスク拡大率を示しています。「仲間遊び苦手」の子が発達障害になることを予防する上で「いじめ」の被害者になることを防ぐことが非常に重要であることが分かります。また、「居場所なし」などの心の健康リスクが「いじめられた」の比率を高めています。
図表及び全体を読む
Q193. 「不登校」になるリスクを拡大する主要な要因は、幼児期の「仲間遊び苦手」と、その後の心の健康リスク (「不登校」リスク要因):
「不登校」の原因としては、「授業理解困難」と同様、「しかるしつけ」「父、母との接触少」「仲間遊び苦手」などの幼児期の要因がまず挙げられます。しかし、それに加え「居場所なし」「不安定・うつ」などの心の健康リスクが加わると「不登校」の比率は更に高まります。また、「虐待」も非常に高い「不登校」の要因となっています。意外にも「いじめられた」は、「不登校」を余り大きくは増やしていないことも分かりました。
図表及び全体を読む
Q194. 「塾通えず」の原因となっているリスク要因にはどのようなものがありますか? (「塾通えず」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q195. 授業理解困難を生む最大の要因は幼児期の社会性発達の遅れ。 (「授業理解困難」の原因):
「授業理解困難」が急速に増えた原因として、CCS調査の結果で分かったことは、幼児期に「しかるしつけ」を受けたこと、父や母との接触が不十分だったこと、それらとも関係しますが「仲間遊びに苦手」などの社会性の発達の遅れが主要な原因なのです。「少年期の貧困」はこれらの要因と深く結びついていますが、それだけで「授業理解困難」になるのではありません。
図表及び全体を読む
Q196. 「周りの人への「信頼」を増やす強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「信頼」強み要因):
図表及び全体を読む
Q197. 「転入5年後」に多くみられたリスク要因にはどのようなものがありますか? (「転入5年後」のリスク要因):
図表及び全体を読む
Q198. 「転入5年後」に多くみられた強み要因にはどのようなものがありますか? (「転入5年後」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q199. :「転入1年前」に多くみられた強み要因にはどのようなものがありますか? (「転入1年前」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q200. 「ボランティア 」活動に参加するのを促進する強み要因にはどのようなものがありますか? ( 「ボランティア 」強み要因):
図表及び全体を読む
Q201. 「近隣助け合い」創りを促進する強み要因にはどのようなものがありますか? (「近隣助け合い」強み要因):
図表及び全体を読む
Q202. 「居場所なし」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「居場所なし」強み要因):
図表及び全体を読む
Q203. 「親類隣人等の支援」を受けるのを促進する強み要因にはどのようなものがありますか? (「親類隣人等の支援」強み要因):
図表及び全体を読む
Q204. 「友人ネットワーク」創りを促進する強み要因にはどのようなものがありますか? (「友人ネットワーク」強み要因):
図表及び全体を読む
Q205. 「保育園不足」のリスクを軽減している親の強み要因にはどのようなものがありますか? (「保育園不足」強み要因):
図表及び全体を読む
Q206. 「子ども雇用不安定」のリスクを軽減している親の強み要因にはどのようなものがありますか? (「子ども雇用不安定」親の強み要因):
図表及び全体を読む
Q207. 「子ども不登校」のリスクを軽減している親の強み要因にはどのようなものがありますか? (「子ども不登校」親の強み要因):
図表及び全体を読む
Q208. 「子育て不安」 を減らす強み要因にはどのようなものがありますか? (「子育て不安」 のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q209. 「家族の支援」を増やす強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「家族の支援」強み要因):
図表及び全体を読む
Q210. 「介護に専念」をするリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか? (「介護に専念」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q211. 「働きながら介護」をするリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか? (「働きながら介護」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q212. 「ひとり親」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか? (「ひとり親」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q213. 「虐待」を受けるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか? (「虐待」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q214. 「第2子以降を出生」の条件を促進要因にはどのようなものがありますか? ( 「第2子以降を出生」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q215. 「第1子が出生」の促進要因にはどのようなものがありますか? ( 「第1子が出生」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q216. 「結婚」の促進要因にはどのようなものがありますか? ( 「結婚」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q217. 「人生無意味」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか? (「人生無意味」のリスク軽減要因):
「人生無意味」に対する強み要因の効果は都市によって全く異なることが明らかになった。「人生無意味」と感じる人の比率が相対的に少ない4都市では、「信頼」などの自己の価値観や、「親類・隣人等の支援」などの社会関係資本が有意に「人生無意味」の比率を下げている。しかし、他の4都市では、これらの強み要因が効果が無いか、逆に「人生無意味」を増やしていることが分かった。
図表及び全体を読む
Q218. 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか? (「ひきこもりがち」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q219. 「不安・睡眠障がい」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「不安・睡眠障がい」強み要因):
図表及び全体を読む
Q220. 「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか? (「不安定・うつ」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q221. 「要介護」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「要介護」強み要因):
図表及び全体を読む
Q222. 「生活習慣病」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「生活習慣病」強み要因):
図表及び全体を読む
Q223. 「障がい」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「障がい」強み要因):
図表及び全体を読む
Q224. 「病気」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「病気」強み要因):
図表及び全体を読む
Q225. 「健康管理」に住む機会を増やしている強み要因は何でしょうか? (「健康管理」強み要因):
図表及び全体を読む
Q226. 「年金に加入」する機会を増やしている強み要因は何でしょうか? (「年金に加入」強み要因):
図表及び全体を読む
Q227. 「健康保険に加入」する機会を増やしている強み要因は何でしょうか? (「健康保険に加入」強み要因):
図表及び全体を読む
Q228. 「持ち家」に住む機会を増やしている強み要因は何でしょうか? (「持ち家」強み要因):
図表及び全体を読む
Q229. 「住宅喪失」に陥るリスクを軽減している強み要因はどのようなものがありますか? (「住宅喪失」強み要因):
図表及び全体を読む
Q230. 家賃等の支払い困難に陥るリスクを軽減している強み要因はどのようなものがありますか? (「支払い困難」強み要因):
図表及び全体を読む
Q231. 「返済困難」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるのでしょうか? (「返済困難」強み要因):
図表及び全体を読む
Q232. 貧困になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「貧困」強み要因):
図表及び全体を読む
Q233. 「職場いじめ」のリスクを軽減する強み要因は何ですか? (「職場いじめ」強み要因):
図表及び全体を読む
Q234. 非正規雇用になるリスクを軽減する強み要因は何ですか? (「非正規雇用」 強み要因):
図表及び全体を読む
Q235. 正規雇用になる機会を拡大する強み要因にはどのようなものがありますか? (「正規雇用」強み要因):
図表及び全体を読む
Q236. 「失業」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「失業」強み要因):
図表及び全体を読む
Q237. 「目標・計画性」を増やす強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「目標・計画性」強み要因):
図表及び全体を読む
Q238. 大学卒の資格を取るために役立つ要因は何ですか? ({大学卒」強み要因):
図表及び全体を読む
Q239. 専門資格を取るために役立っている強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「専門資格」強み要因):
図表及び全体を読む
Q240. 「若年無業者」になるリスクを下げる強み要因は何でしょうか? (「若年無業者」強み要因):
図表及び全体を読む
Q241. 高校中退のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「高校中退」強み要因):
図表及び全体を読む
Q242. 「自信・信念」を増やす強み要因にはどのようなものがありますか? (「自信・信念」のリスク軽減要因):
図表及び全体を読む
Q243. 「いじめ仲裁」をする人を減らすリスク要因は何ですか? (「いじめ仲裁」リスク要因):
図表及び全体を読む
Q244. どのような強み要因が、他の子を「いじめた」リスクを軽減しているのでしょうか? (「いじめた」強み要因):
図表及び全体を読む
Q245. いじめに遭うリスクを防ぐ強み要因にはどのようなものがありますか? (「いじめられた」強み要因):
「いじめられた」を予防する強み要因の効果は、都市により大きな差があります。「友人ネット」などの友人・近隣との絆はほとんどの都市でいじめ予防効果がありますが、「自信・信念」「目標・計画性」「信頼」などの自己の価値観による強みや「家族の支援」は、いじめが少ない都市でのみいじめ予防効果があり、いじめが多い都市では、効果が無いか、逆効果となっていることが分かりました。また、 「ほめるしつけ」はほとんどの都市で、「いじめられた」のリスクを拡大しています。このように強み要因と言われているものの効果は、それが置かれた都市の人間関係により大きく変わって来ることがはっきりしました。
図表及び全体を読む
Q246. 不登校のリスクを軽減する強み要因の第1は幼少時の「家族との同居」次いで近隣との密な付き合い (「不登校」強み要因):
「不登校」のリスクを軽減する強み要因の最大のものは、幼少期の両親、兄弟との同居と「ほめるしつけ」です。これに続き「近隣に見習う」「親類・隣人等の支援」など、いわゆる、「斜め横」にいる大人との交流が「不登校」の予防に有効であることが分かりました。「不登校」の比率が大きい都市では、「自信・信念」「目標・計画性」「家族の支援」がある子どもほど、不登校になり易いという常識と反する状況が起きていることも分かりました。
図表及び全体を読む
Q247. 「塾通えず」のリスクを低減する強み要因にはどのようなものがありますか? (「塾通えず」強み要因):
図表及び全体を読む
Q248. 授業理解困難のリスクを軽減する強み要因の効果はどの程度ですか? (授業理解困難:強み要因):
「授業理解困難」になるのを防ぐ効果が最も高いのは、何と、親が「学資を貯蓄」していることでした。親が実際に子どもを進学させる資力があるかどうかを、子どもは見ているのです。次に重要なことは幼児期の子どもとの同居、ほめるしつけ、良い教師との出会い、近隣に見習う人がいる、友人ネットなどの友人関係が重要になっていることが分かりました。
図表及び全体を読む
Q249. 「仲間遊び苦手」になるのを防ぐ強み要因は何かありますか? (「仲間遊び苦手」強み要因):
図表及び全体を読む
Q250. 「子育て不安」 の将来への波及の強さは世代と共にどのように変化していますか? (「子育て不安」 波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q251. 「ひとり親」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「ひとり親」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q252. 「虐待」を受けた人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「虐待」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q253. 「第2子以降を出生」の条件が整っている人が他のリスク・強みへの波及の強さは世代によりどう変化していますか? ( 「第2子以降を出生」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q254. 「第1子が出生」の他のリスク・強みへの波及の強さは世代によりどう変化していますか? ( 「第1子が出生」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q255. 「結婚」の他のリスク・強みへの波及の強さは世代によりどう変化していますか? ( 「結婚」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q256. 「人生無意味」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「人生無意味」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q257. 「ひきこもりがち」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「ひきこもりがち」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q258. 「不安定・うつ」の将来への波及の強さは世代とともにどのように変化していますか? (「不安定・うつ」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q259. 貧困の波及の強さは世代と共にどのように変化してきたでしょうか? (「貧困」波及 世代変化):
図表及び全体を読む
Q260. 正規雇用の波及の強さは世代によりどのように変化しているのでしょうか? (「正規雇用」波及 世代変化):
図表及び全体を読む
Q261. 「非正規雇用」の波及は世代によりどのように変化してきましたか? (「非正規雇用」波及は世代変化):
図表及び全体を読む
Q262. 「大学卒」の人のその後の波及効果は世代とともにどのように変化してきたのでしょうか? (「大学卒」波及世代変化):
図表及び全体を読む
Q263. 「専門資格」の波及の強さは世代によりどのような変化ありましたか? (「専門資格」波及 世代別変化):
図表及び全体を読む
Q264. 「若年無業者」の波及は世代によりどのように変わってきたでしょうか? (「若年無業者」波及世代変化):
図表及び全体を読む
Q265. 高校中退の波及の強さは世代によりどのように変化してきましたか? (「高校中退」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q266. 「自信・信念」の人は、その後、どのようなリスク・強みを持つことが多いのでしょうか? (「自信・信念」波及の世代変化):
図表及び全体を読む
Q267. 「いじめ仲裁」の波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか? (「いじめ仲裁」波及世代変化):
図表及び全体を読む
Q268. 「いじめられた」の波及は世代によりどのような変化してきたのでしょう? (「いじめられた」波及世代変化):
図表及び全体を読む
Q269. 「不登校」は各世代で「高校中退」「若年無業者」を大きく増やし、「貧困」を拡大する (「不登校」 波及世代変化):
全世代の分析とほぼ同様に、「不登校」は、「高校中退」「若年無業者」になる比率を大幅に引き上げており、それにより「貧困」に陥る比率も非常に大きく上昇している。若者世代では、この他、「引きこもりがち」になる比率も高まっている。「不登校」の経験者は「大学卒」の比率はやや低下しているが有意ではなく、「専門資格」の取得は却って上昇している都市が多く、これにより「正規雇用」となる比率も若者世代では「不登校」を経験した子の方が高まっている
図表及び全体を読む
Q270. 「授業理解困難」の波及の強さは世代によりどのように変化をしていますか? (授業理解困難」波及世代変化):
「大学卒」になる比率は「授業理解困難」だったかどうかには、ほとんど有意な影響を受けていないのですが、就労期に「若年無業者」「貧困」になる比率が団塊ジュニア世代・若者世代共に非常に高くなっていることが分かりました。
図表及び全体を読む
Q271. 「仲間と遊び苦手」の波及は世代と共にどのように変化してきましたか?だった人は、その後、どのようなリスクに遭うことが多いのでしょうか? (「仲間遊び苦手」波及世代変化):
図表及び全体を読む
Q272. 「ひとり親」になるリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? (「ひとり親」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q273. 「虐待」を受けるリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? (「虐待」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q274. 「第2子以降を出生」の条件を抑制要因は世代によりどのように変化していますか? ( 「第2子以降を出生」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q275. 「第1子が出生」の抑制要因は世代によりどのように変化していますか? ( 「第1子が出生」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q276. 「結婚」の抑制要因は世代により同変化していますか? ( 「結婚」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q277. 「人生無意味」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? (「人生無意味」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q278. 「ひきこもりがち」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? (「ひきこもりがち」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q279. 「不安定・うつ」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? (「不安定・うつ」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q280. 貧困に陥るリスク要因は世代と共にどのように変化してきたでしょうか? (「貧困」リスク要因 世代変化):
図表及び全体を読む
Q281. 正規雇用になる機会を減らすリスク要因は世代によりどのように変化しているのでしょうか? (「正規雇用」リスク要因 世代変化):
図表及び全体を読む
Q282. 「非正規雇用」になりリスク要因は世代とともにどのように変わってきていますか? (「非正規雇用」原因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q283. 大学卒の資格を取ることを困難にする条件は世代によりどのように変わってきましたか? (大学卒 のリスク要因世代別):
図表及び全体を読む
Q284. 「専門資格」を取得する機会を減らしているリスク要因は世代ごとにどのように変化しているのでしょうか? (「専門資格」リスク要因 世代変化):
図表及び全体を読む
Q285. 高校中退の原因となるリスク要因は世代によりどのように変化してきたのですか? (「高校中退」原因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q286. 「自信・信念」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? (「自信・信念」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q287. 「いじめ仲裁」のリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? (「いじめ仲裁」リスク世代変化):
図表及び全体を読む
Q288. 「いじめられた」のリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? (「いじめられた」リスク世代変化):
図表及び全体を読む
Q289. 「不登校」を拡大する要因を持つ子供が若者世代で増えている (「不登校」リスク世代変化):
「不登校」は何故、若者世代(34歳以下)で急拡大したのであろうか?データが利用可能な5都市で、若者世代と彼らの親の世代である団塊ジュニア世代で「不登校」のリスク要因を比較してみた。その結果、分かったことは、主要なリスク要因である「仲間遊び苦手」「授業理解困難」「不安定うつ」などの要因を持っている子どもの割合が、若者世代で急増していることが分かった。
図表及び全体を読む
Q290. 「授業理解困難」の原因は世代によりどのように変化をしていますか? (授業理解困難」リスク世代変化):
世代毎に見ても「授業理解困難」は、基本的に幼児期の親子関係が主要な要因であることは変わらないが、足立区、川崎市では、幼児期要因のウェイトがやや減り、「不登校」などの学齢期要因や「不安定・うつ」「引きこもりがち」などの心の健康要因が若者世代では有意性が高まっている傾向が見られる。
図表及び全体を読む
Q291. 「仲間と遊び苦手」のリスク要因は世代と共にどのように変化してきましたか?だった人は、その後、どのようなリスクに遭うことが多いのでしょうか? (「仲間遊び苦手」リスク要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q292. 「子育て不安」 のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? (「子育て不安」 リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q293. 「若年無業者」になるリスク要因は世代毎にどのように変化しているでしょうか? (「若年無業者」リスク要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q294. 「子育て不安」 のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? (「子育て不安」 リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q295. 「子育て不安」 のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? (「子育て不安」 強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q296. 「ひとり親」になるリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? (「ひとり親」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q297. 「虐待」を受けるリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? (「虐待」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q298. 「第2子以降を出生」の条件を促進要因は世代によりどのように変化していますか? ( 「第2子以降を出生」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q299. 「第1子が出生」の促進要因は世代によりどのように変化していますか? ( 「第1子が出生」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q300. 「結婚」の促進要因は世代により同変化していますか? ( 「結婚」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q301. 「人生無意味」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? (「人生無意味」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q302. 「ひきこもりがち」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? (「ひきこもりがち」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q303. 「不安定・うつ」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? (「不安定・うつ」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q304. 貧困になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「貧困」強み要因 世代変化):
図表及び全体を読む
Q305. 正規雇用になる機会を高める強み要因は世代によりどのように変化しているのでしょうか? (「正規雇用」強み要因 世代変化):
図表及び全体を読む
Q306. 「非正規雇用」になり強み要因は世代とともにどのように変わってきていますか? ) ((「非正規雇用」強み世代変化):
図表及び全体を読む
Q307. 大学卒の資格を取るために役立つ条件は世代によりどのように変わってきましたか? (大学卒 の強み要因世代別):
図表及び全体を読む
Q308. 「専門資格」を取得する機会を増やすリスク要因は世代ごとにどのように変化しているのでしょうか? (「専門資格」強み要因 世代変化):
図表及び全体を読む
Q309. 「若年無業者」になるリスクを減らす強み要因は世代によりどのような変化してきていますか? (「若年無業者」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q310. 「若年無業者」になるリスクを減らす強み要因は世代によりどのような変化してきていますか? (「若年無業者」強み要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q311. 高校中退のリスクを軽減する強み要因は世代によりどのように変化してきたのですか? (「高校中退」強み要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q312. 「自信・信念」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? (「自信・信念」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q313. 「いじめ仲裁」に対する公共サービスの効果はどの程度でしょうか? (「いじめ仲裁」に対するサービス効果):
図表及び全体を読む
Q314. 「いじめられた」のリスクを軽減する強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか? (「いじめられた」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q315. 「不登校」を軽減する強み要因は世代によりどのように変化をしていますか? ( 「不登校」強み要因世代変化):
「不登校」を減らす強み要因の効果は、都市によって非常に大きな違いがある。若者世代に急速に「不登校」が拡大した足立区では「親教育熱心」が効果が無く、「家族の支援」が却って「不登校」を拡大している。しかし「親教育熱心」が若者世代まで有効性を保っている都市も多い。一方、友人・近隣関係の強み要因はほとんどの都市で若者世代で効果を増している。
図表及び全体を読む
Q316. 「授業理解困難」を軽減する強み要因は世代によりどのように変化をしていますか? (「授業理解困難」強み要因世代変化):
「授業理解困難」を軽減する強み要因には、若者世代で新たな傾向が見られる。その一つは、「近隣に見習う」などの近隣社会とのつながりが大きく「授業理解困難」を減らすようになったこと、第2は、全世代で見るとあまり効果が無かった「自信・信念」が若者世代には5都市全てで有意に「授業理解困難」を減らすようになったことである。
図表及び全体を読む
Q317. 「仲間と遊び苦手」の強み要因は世代と共にどのように変化してきましたか?だった人は、その後、どのようなリスクに遭うことが多いのでしょうか? (「仲間遊び苦手」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q318. 「周りの人への「信頼」が減少する原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「信頼」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q319. 「転入5年後」に多くみられたリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「転入5年後」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q320. 「ボランティア 」活動に参加するのを妨げているリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? ( 「ボランティア 」リスク要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q321. :「転入1年前」に多くみられたリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「転入1年前」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q322. 「近隣助け合い」を創るのを妨げているリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「近隣助け合い」リスク要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q323. 「居場所なし」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「居場所なし」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q324. 「親類隣人等の支援」を受けるのを妨げているリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「親類隣人等の支援」リスク要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q325. 「友人ネットワーク」を創るのを妨げているリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「友人ネットワーク」リスク要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q326. 「保育園不足」を増やしている親のリスク要因の貢献度はどの程度ですか? (「保育園不足」リスク要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q327. 「子ども雇用不安定」を増やしている親のリスク要因の貢献度はどの程度ですか? (「子ども雇用不安定」親のリスク要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q328. 「子ども不登校」を増やしている親のリスク要因の貢献度はどの程度ですか? (「子ども不登校」親のリスク要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q329. 「子ども授業理解困難」を増やしている親のリスク要因の貢献度はどの程度ですか? (「子ども授業理解困難」親のリスク要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q330. 「子供仲間遊び苦手」を増やしている親のリスク要因の貢献度はどの程度ですか? (「子供仲間遊び苦手」親のリスク要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q331. 「家族の支援」が減少する原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「家族の支援」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q332. 「介護に専念」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「介護に専念」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q333. 「働きながら介護」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「働きながら介護」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q334. 「ひとり親」になるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「ひとり親」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q335. 「虐待」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「虐待」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q336. 「第2子以降を出生」の条件を抑制要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? ( 「第2子以降を出生」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q337. 「結婚」の抑制要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? ( 「結婚」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q338. 「人生無意味」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「人生無意味」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q339. 「ひきこもりがち」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「ひきこもりがち」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q340. 「不安・睡眠障がい」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「不安・睡眠障がい」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q341. 「不安定・うつ」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「不安定・うつ」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q342. 「要介護」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「要介護」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q343. 「生活習慣病」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「生活習慣病」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q344. 「障がい」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「障がい」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q345. 「病気」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「病気」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q346. 「健康管理」に住む機会を妨げているリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「健康管理」リスク要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q347. 「健康保険に加入」する機会を妨げているリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「健康保険に加入」リスク要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q348. 「年金に加入」する機会を妨げているリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「年金に加入」リスク要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q349. 「住宅喪失」に陥るリスクを拡大している要因はどのようなものがありますか? (「住宅喪失」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q350. 「持ち家」に住む機会を妨げているリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「持ち家」リスク要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q351. 家賃等の支払い困難に陥るリスクを拡大している要因はどのようなものがありますか? (「支払い困難」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q352. 「返済困難」になるリスクを高めるリスク要因の貢献度はどの程度ですか? (「返済困難」リスク要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q353. 「貧困」のリスクを拡大するリスク要因の貢献度はどのくらいですか? ( 「貧困」リスク要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q354. 「職場いじめ」のリスク要因の貢献度はどの程度ですか? (「職場いじめ」リスク要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q355. 正規雇用になる機会を阻害するリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「正規雇用」リスク要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q356. 非正規雇用になりやすい要因は何ですか? (「非正規雇用」リスク要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q357. 「失業」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「失業」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q358. 「目標・計画性」が減少する原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「目標・計画性」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q359. 大学卒の資格を取るためにリスクに貢献度が高い要因は何ですか? (「大学卒」リスク要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q360. 専門資格を取る機会を減らすリスク要因はどの程度貢献しているでしょうか? (「専門資格」原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q361. 「若年無業者」リスク要因の内、リスクを拡大する貢献度が大きいものにはどのようなものがありますか? (「若年無業者」リスク要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q362. 高校中退の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるでしょうか? (「高校中退」原因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q363. 「自信・信念」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「自信・信念」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q364. 「いじめ仲裁」を促進する強み要因の貢献度はどのようなものですか? (「いじめ仲裁」強み要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q365. どのようなリスク要因が、他の子を「いじめた」リスクを拡大するのに貢献しているのでしょうか? (「いじめた」原因貢献度):
図表及び全体を読む
Q366. 「いじめられた」に対するリスク要因の貢献度はどのようになっていますか? (「いじめられた」リスク要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q367. 「不登校」のリスク要因の貢献度はどのくらいでしょうか? (「不登校」リスク要因の貢献度):
様々な不登校の要因の保有比率も加味したリスク拡大貢献度で「不登校」の要因の重要性を見てみると、「しかるしつけ」を受けた人が最も多く「不登校」を拡大していることが分かりました。その次に貢献度が多く勝ったのは「不安定・うつ」と「不安・睡眠障がい」という心の健康リスクでした。「父接触少」が3番目に高い「不登校」を増やす要因となっていました。
図表及び全体を読む
Q368. 「塾通えず」の原因となっているリスク要因の貢献度はどの程度ですか? (「塾通えず」リスク要因貢献率):
図表及び全体を読む
Q369. 「授業理解困難」を拡大する貢献度が大きいリスク要因はどのようなものがありますか? (「授業理解困難」リスク貢献度):
{授業理解困難」を引き起こす要因について、それらの要因を持っている人の割合も加味したリスク拡大への「貢献度」という尺度で見ると、最も大きなリスク拡大へ貢献しているのは、「しかるしつけ」で、第2位は「父接触少」、3位は本人の「不安定・うつ」であることが分かった。
図表及び全体を読む
Q370. 「いじめ仲裁」を促進する強み要因の貢献度がどのくらいありますか? (「いじめ仲裁」強み貢献度):
図表及び全体を読む
Q371. 第1子出生を抑制するリスク要因のそれぞれの貢献度はどの位ありますか (第1子出生 リスク貢献度):
図表及び全体を読む
Q372. 「子育て不安」 の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「子育て不安」 の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q373. 「いじめ仲裁」を促進する強み要因の貢献度がどのくらいありますか? (「いじめ仲裁」強み貢献度):
図表及び全体を読む
Q374. 第1子出生を抑制するリスク要因のそれぞれの貢献度はどの位ありますか (第1子出生 リスク貢献度):
図表及び全体を読む
Q375. 「子育て不安」 の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「子育て不安」 の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q376. 「周りの人への「信頼」を増やす強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「信頼」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q377. 「転入5年後」に多くみられた強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「転入5年後」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q378. 「ボランティア 」活動に参加するのを促進する強み要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? ( 「ボランティア 」強み要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q379. :「転入1年前」に多くみられた強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「転入1年前」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q380. 「近隣助け合い」創りを促進する強み要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「近隣助け合い」強み要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q381. 「親類隣人等の支援」を受けるのを促進する強み要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「親類隣人等の支援」強み要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q382. 「居場所なし」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「居場所なし」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q383. 「友人ネットワーク」創りを促進する強み要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「友人ネットワーク」強み要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q384. 「保育園不足」の親の強み要因の貢献度はどの程度ですか? (「保育園不足」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q385. 「子ども雇用不安定」の親の強み要因の貢献度はどの程度ですか? (「子ども雇用不安定」親の強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q386. 「子ども不登校」の親の強み要因の貢献度はどの程度ですか? (「子ども不登校」親の強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q387. 「子ども授業理解困難」の親の強み要因の貢献度はどの程度ですか? (「子ども授業理解困難」親の強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q388. 「子供仲間遊び苦手」の親の強み要因の貢献度はどの程度ですか? (「子供仲間遊び苦手」親の強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q389. 「家族の支援」を増やす強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「家族の支援」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q390. 「介護に専念」を受けるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「介護に専念」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q391. 「働きながら介護」を受けるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「働きながら介護」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q392. 「ひとり親」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「ひとり親」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q393. 「虐待」を受けるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「虐待」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q394. 「第2子以降を出生」の条件を促進要因の貢献度はどの程度ありますか? ( 「第2子以降を出生」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q395. 「第1子が出生」の促進要因の貢献度はどの程度ありますか? ( 「第1子が出生」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q396. 「結婚」の促進要因の貢献度はどの程度ありますか? ( 「結婚」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q397. 「人生無意味」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「人生無意味」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q398. 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「ひきこもりがち」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q399. 「不安・睡眠障がい」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「不安・睡眠障がい」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q400. 「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「不安定・うつ」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q401. 「要介護」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「要介護」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q402. 「生活習慣病」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「生活習慣病」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q403. 「障がい」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「障がい」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q404. 「病気」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「病気」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q405. 「健康管理」をする機会を増やしている強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「健康管理」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q406. 「健康保険に加入」する機会を増やしている強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「健康保険に加入」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q407. 「年金に加入」する機会を増やしている強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「年金に加入」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q408. 「持ち家」に住む機会を増やしている強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「持ち家」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q409. 「住宅喪失」に陥るリスクを軽減している強み要因はどのようなものがありますか? (「住宅喪失」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q410. 家賃等の支払い困難に陥るリスクを軽減している強み要因はどのようなものがありますか? (「支払い困難」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q411. 「返済困難」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ですか? (「返済困難」強み要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q412. 「貧困」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのくらいですか? (「貧困」強み要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q413. 「職場いじめ」の強み要因の貢献度はどの程度ですか? (「職場いじめ」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q414. 正規雇用になる機会を拡大する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「正規雇用」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q415. 非正規雇用になるリスクを軽減する強み要因は何ですか? (「非正規雇用」 強み要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q416. 「失業」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「失業」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q417. 「目標・計画性」を増やす強み要因の貢献度はどの程度でしょうか? (「目標・計画性」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q418. 大学卒の資格を取るために貢献度が高い要因は何ですか? (「大学卒」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q419. 専門資格を取るために強み要因はどの程度貢献しているでしょうか? (「専門資格」強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q420. 「若年無業者」強み要因の内、リスクを下げる貢献度が大きいものにはどのようなものがありますか? (「若年無業者」強み要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q421. 高校中退のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度あるでしょうか? (「高校中退」強み要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q422. 「自信・信念」を促進する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「自信・信念」を促進する強み要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q423. 「いじめ仲裁」を抑制するリスク要因の貢献度はどのくらいありますか? (「いじめ仲裁」リスク要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q424. どのような強み要因が、他の子を「いじめた」リスクを軽減するのに大きく貢献しているのでしょうか? (「いじめた」強み要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q425. 「いじめられた」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのようになっていますか? (「いじめられた」強み要因の貢献度):
図表及び全体を読む
Q426. 「不登校」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのくらいでしょうか? (「不登校」強み要因の貢献度):
強み要因のリスク縮小率にその要因を持っている人の比率を加味したリスク縮小貢献度で見ると、「不登校」を最も減らす効果を持つ強み要因は、幼少時に母、父、兄弟姉妹との同居が1位から3位までを占めることが分かりました。それに続く貢献度を持つ強み要因は「学資を貯蓄」でした。「親類・隣人等の支援」は5位で全ての都市でプラスの貢献度でしたが、「親教育熱心」は、6位で都市によりプラスとマイナスが混じっていることが分かりました。、
図表及び全体を読む
Q427. 「塾通えず」のリスクを低減する強み要因の貢献度はどの程度ですか? (「塾通えず」強み要因貢献率):
図表及び全体を読む
Q428. 「授業理解困難」のリスク軽減に大きく貢献している強み要因は何ですか? (「授業理解困難」強み要因貢献度):
同じように「授業理解困難」を減らす強み要因の貢献度を調べると、要因保有率が大きい「幼少時、母と同居」が貢献度1位となった。「学資を貯蓄」が僅差で第2位。
図表及び全体を読む
Q429. 「仲間遊び苦手」のリスクを軽減する強み要因の貢献度が大きいものにはどのようなものがありますか? ( 「仲間遊び苦手」強み要因貢献度):
図表及び全体を読む
Q430. 「子育て不安」 になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「子育て不安」 のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q431. 「子育て不安」 になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「子育て不安」 のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q432. 「転入5年後」を受けるリスクを軽減するサービスの効果はどの程度ありますか? (「転入5年後」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q433. 「周りの人への「信頼」を増やす効果のあるサービスはありますか? (「信頼」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q434. 「ボランティア 」活動に参加するのを促進するサービスにはどのようなものがありますか? ( 「ボランティア 」サービス):
図表及び全体を読む
Q435. 「近隣助け合い」創りを促進するサービスにはどのようなものがありますか? (「近隣助け合い」サービス):
図表及び全体を読む
Q436. 「居場所なし」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「居場所なし」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q437. 「親類隣人等の支援」を受けるのを促進するサービスにはどのようなものがありますか? (「親類隣人等の支援」サービス):
図表及び全体を読む
Q438. 「友人ネットワーク」創りを促進するサービスにはどのようなものがありますか? (「友人ネットワーク」サービス):
図表及び全体を読む
Q439. 「保育園不足」の原因となるリスク要因にはどのようなものがありますか? (「保育園不足」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q440. 「子ども雇用不安定」の原因となるリスク要因にはどのようなものがありますか? (「子ども雇用不安定」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q441. 「子ども不登校」の原因となるリスク要因にはどのようなものがありますか? (「子ども不登校」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q442. 「子育て不安」 になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか? (「子育て不安」  サービス効果):
図表及び全体を読む
Q443. 「家族の支援」を増やす効果のあるサービスはありますか? (「家族の支援」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q444. 「介護に専念」を受けるリスクを軽減するサービスの効果はどの程度ありますか? (「介護に専念」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q445. 「働きながら介護」を受けるリスクを軽減するサービスの効果はどの程度ありますか? (「働きながら介護」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q446. 「ひとり親」になるリスクを軽減するサービスの効果はどの程度ありますか? (「ひとり親」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q447. 「虐待」を受けるリスクを軽減するサービスの効果はどの程度ありますか? (「虐待」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q448. 「第2子以降を出生」の障がいになる男性側のリスク要因は世代によりどのような変化をしてきたのでしょうか? ( (「第2子以降を出生」男性側リスク要因世代変化)):
図表及び全体を読む
Q449. 「第1子が出生」を促進するサービスにはどのようなものがありますか? ( 「第1子が出生」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q450. 「結婚」を促進するサービスにはどのようなものがありますか? ( 「結婚」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q451. 「人生無意味」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか? (「人生無意味」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q452. 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか? (「ひきこもりがち」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q453. 「不安・睡眠障がい」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「不安・睡眠障がい」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q454. 「不安定・うつ」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか? (「不安定・うつ」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q455. 「要介護」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「要介護」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q456. 「生活習慣病」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「生活習慣病」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q457. 「障がい」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「障がい」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q458. 「健康管理」をする機会を増やしているサービスの効果はどの程度でしょうか? (「健康管理」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q459. 「健康保険に加入」する機会を増やしているサービスの効果はどの程度でしょうか? (「健康保険に加入」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q460. 「年金に加入」する機会を増やしているサービスの効果はどの程度でしょうか? (「年金に加入」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q461. 「持ち家」に住む機会を増やしているサービスの効果はどの程度でしょうか? (「持ち家」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q462. 「住宅喪失」に陥るリスクを軽減している社会サービスにはどのようなものがありますか? (「住宅喪失」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q463. 家賃等の支払い困難に陥るリスクを軽減している社会サービスにはどのようなものがありますか? (「支払い困難」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q464. 「返済困難」に陥るリスクを軽減する効果があるサービスはありますか? (「返済困難」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q465. 「貧困」のリスクを軽減するサービスの効果はどのくらいですか? (「貧困」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q466. 「職場いじめ」のリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「職場いじめ」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q467. 「正規雇用」になる機会を増やす効果のあるサービスはありますか? (「正規雇用」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q468. 「非正規雇用」になるリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「非正規雇用」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q469. 「失業」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「失業」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q470. 「目標・計画性」を増やす効果のあるサービスはありますか? (「目標・計画性」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q471. 大学卒」の資格取得機会を増やす効果があるサービスはありますか? (「大学卒」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q472. 「専門資格」の取得機会を増やす効果のあるサービスはありますか? (「専門資格」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q473. 自治体などが提供するサービスが「若年無業者」のリスクを軽減するの効果はどのくらいあるのでしょうか? (「若年無業者」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q474. 高校中退のリスクを軽減するサービスの効果はどの程度あるでしょうか? (「高校中退」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q475. 「自信・信念」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか? (「自信・信念」 サービス効果):
図表及び全体を読む
Q476. 「いじめた」のリスクを軽減する効果があるサービスはあるのでしょうか? (「いじめた」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q477. 「いじめられた」のリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「いじめられた」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q478. 「塾通えず」のリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか? (「塾通えず」サービス効果):
図表及び全体を読む
Q479. 「不登校」のリスクを軽減する効果のあるサービスはどのようなものがありますか? (「不登校」サービス効果):
CCS調査では、各自治体と一緒に選んだ、それぞれ12-16の社会サービス機関の利用者が、どの程度、それによって各種のリスクを軽減することが出来たかを調べた。
図表及び全体を読む
Q480. 自治体等のサービスで「授業理解困難」のリスクを軽減しているものはありますか? (「授業理解困難」サービスの効果):
図表及び全体を読む
Q481. 「仲間遊び苦手」になるリスクを軽減するサービスは何かありますか? (「仲間遊び苦手」サービス効果):
図表及び全体を読む
: ケース・スタディー
Q1. 発達障害とは何でしょうか? : 発達障害とは:
図表及び全体を読む
Q2. 貧困を社会的排除としてとらえ、解決を社会的包摂で行う : :
貧困を社会的排除ととらえると、その解決は、単にお金での解決とはならず、社会関係の中に包摂するという、より高度な解決法が必要となります。それはどのようなものでしょうか?それは、幼児期から、学齢期・青年期とその時期に応じた社会関係を創っていく上に必要な自己の価値観をつけることにより、必要な社会関係を構築していくことです。
図表及び全体を読む
Q3. 社会的排除アプローチとは何か? : :
図表及び全体を読む
Q4. コミュニティー・カルテ調査(CCS)とは何か? : CCS調査:
コミュニティー・カルテ調査(CCS)は、貧困や格差の拡大を、人々が抱えるリスク要因と強み要因により、どのように「負の連鎖」が進むのかを、初めて計量的に示すことができる情報分析システムです。これまでの9都市、計7000人の生活史のデータから、計2000万件の年次リスク・データを収集、疫学を使った分析により、さまざまな新しい知見が得られています
図表及び全体を読む
Q5. (株)オープン・シティー研究所の概要 : :
図表及び全体を読む
Q6. 株式会社 オープン・シティー研究所 役員紹介 : :
図表及び全体を読む
Q7. 川崎市、瀬戸内市の調査と「まちの起業塾」ネットワークの構築 : :
図表及び全体を読む
Q8. 7都市の分析結果の公表とリスク評価システムの試行 : :
図表及び全体を読む
Q9. 厚労省からの補助事業が4都市でスタート : :
図表及び全体を読む
Q10. 厚労省が生活困窮の実態調査のためCCS調査に注目 : :
図表及び全体を読む
Q11. 3都市のCCS結果の公表 : :
図表及び全体を読む
Q12. 第1年目のCCS調査がスタート : :
図表及び全体を読む
Q13. CCS調査の手法が国際的評価を受ける : :
図表及び全体を読む
Q14. (株)オープン・シティー研究所の前身をロンドンで設立 : :
図表及び全体を読む
Q15. バブル崩壊後の日本の銀行の審査状況を検査で探る : バブルの崩壊:
図表及び全体を読む
Q16. 住専問題の処理と金融セクター改革 : 不良債権処理:
図表及び全体を読む
Q17. 社会的排除という考え方は従来の貧困のとらえ方とどのように違いますか? : 社会的排除:
「社会的排除」という貧困のとらえ方は、格差拡大が大きな社会的不安定をもたらしている英国・フランスなどの欧州諸国で、貧困の原因探求の手段として発展し、EU閣僚委でも毎年それに元ずく目標が立てられる理論的な枠組みとなっています。日本では、岩田正美教授、阿部彩氏などが先駆的な研究を行ってきましたが、まだなじみのある概念とはなっていません。CCS調査は、社会的排除という枠組みで初めてなされた貧困・格差に関する実証研究であり、この理論が現在の日本の若者世代が直面している課題にどのように当てはまるかを示すものとなることを期待しています。
図表及び全体を読む
Q18. CCS調査は、若者の「生きづらさ」格差の拡大にどのように取り組むのか? : CCS調査:
図表及び全体を読む
Q19. CCS調査は、一人の人が幼児期から大人になるまでにリスク要因がどう変化していくかを追跡し、その原因を分析する : CCS調査:
これまで貧困や格差は、所得や雇用などのマクロな視点から議論されることが常でした。しかし、個々の人間が貧困に陥るのは、所得を作り出すために必要な社会関係から排除され、それが他のリスクに連鎖していくことによることが多い。それを幼児期から人生の段階を追って分析していくのがCCS調査なのです。これにより、はるかに豊かなミクロな情報が得られ、貧困だけでなく、さまざまな「生きづらさ」を防ぐために何が必要かが理解できるようになります。
図表及び全体を読む
Q20. CCS調査はどのようにして生まれたのか? : CCS調査:
図表及び全体を読む
Q21. これまでの9都市のCCS調査で分かったこと : CCS調査:
図表及び全体を読む
Q22. CCS調査では、具体的にどのようなリスク要因を取り上げているのですか? : CCS調査:
図表及び全体を読む
Q23. CCS調査では、どのような「強み要因」を取り上げているのですか? : CCS調査:
図表及び全体を読む
Q24. 将来のリスクを防ぐため今最も必要なことは? : リスク防止策:
図表及び全体を読む
Q25. CCSダッシュボードとは? : CCS調査:
図表及び全体を読む
Q26. 自治体は、どのような分析を新たに手に入れることが出来ますか? : CCS調査:
図表及び全体を読む
Q27. 先ず、世代別の要因保有率から見てみましょう。 : 要因保有比率:
図表及び全体を読む
Q28. 次に年代ごとの「授業理解困難」の比率を見てみましょう。 : 要因保有比率、年代別:
図表及び全体を読む
Q29. 年齢別の「授業理解困難」の要因保有率も分かる? : 要因保有率、年齢別:
図表及び全体を読む
Q30. このような困りごとが生じてしまった原因は何か? : 原因分析:
図表及び全体を読む
Q31. 強み要因の効果も測る : 強み要因:
図表及び全体を読む
Q32. 将来のリスク・強みへの波及も調べる : 将来への波及:
図表及び全体を読む
Q33. CCSは自治体の提供する政策の効果を科学的に測る最善のツールだ : 政策効果測定:
図表及び全体を読む
Q34. CCS調査は、リスクの伝播の経路も調べる : 経路分析:
図表及び全体を読む
Q35. CCS調査は、利用者個人にとって、どのようなメリットがありますか? : リスク・アセスメント:
図表及び全体を読む
Q36. このようなデータに基づくリスク・アセスメント・ツールを使うメリットはどこにあるでしょうか? : リスク・アセスメント:
図表及び全体を読む
Q37. 生活安定指標は具体には何を意味しているのか? : リスク・アセスメント:
CCSは、国や自治体の福祉政策に対してデータに基づくエビデンスを与えるだけでなく、さまざまな問題を抱える個人に対して、その人の状況に応じたアドバイスを与える機能も持っています。そのアドバイスは、その人が幼児期から経験してきたさまざまなリスク要因をきちっと把握したうえで、それに基づき、どのような対応を最優先で採ったらよいのかを具体的に提言する、我が国初の総合的なリスクアセスメントシステムです。
図表及び全体を読む
Q38. 実際の相談現場で、リスク・アセスメントをどのように使ったらよいでしょうか?何か留意する点は? : リスク・アセスメント:
このようにCCSによる5つの安定指数は、現在までの状況を踏まえ、今後1年程度の将来に生じうるリスクを数値的に予測する、初めてのシステムです。しかし、それを利用する際にどのようなことに注意して使っていけば要でしょうか?
図表及び全体を読む
Q39. 「まちの起業塾」プロジェクトとは何か?なぜ、必要なのか? : まちの起業塾:
図表及び全体を読む
Q40. 50の優良な社会企業モデルは、どのような基準で選ばれるのですか? : 優良社会企業モデル:
図表及び全体を読む
Q41. 目指す優れた社会企業は、どのような特徴を持っているのでしょうか? : 社会企業の基準:
図表及び全体を読む
Q42. 社会サービス・ニーズはどのように推計するのですか? : 社会サービス・ニーズ:
図表及び全体を読む
Q43. 「まちの起業塾」はどのように起業家を助けるのでしょうか? : 社会企業支援:
低所得な人を含め、様々な人々のニーズに答える最善の方法は、そのニーズに的確に答え、そこから利益を生み、ビジネスを継続する力を持ちながら、社会的な便益を高めることも目的とする「社会企業」を創ることです。その場合難しいのは、社会的なニーズをどう把握するかと、社会的な便益をどのようにして測るかの2点です。CCSの結果を利用して、この二つの課題に取り組む仕組みが「まちの起業塾」です。どうやって、それを実現するのでしょうか?
図表及び全体を読む
Q44. 「まちの起業塾」は、社会企業のビジネス・プラン創りをウェッブ・ベースのソフトウェアで支援します : 起業家支援:
図表及び全体を読む
Q45. 社会サービスの可視化はどのように行うのですか? : 社会サービスの可視化:
図表及び全体を読む
Q46. 「まちの起業塾」は、社会企業の社会的便益をどのように測定するのですか? : 社会的便益測定:
図表及び全体を読む
Q47. 何故、社会企業による社会サービスの構築が必要なのですか? : 社会企業:
図表及び全体を読む
Q48. ロンドンでオープン・シティー・ファウンデーションを設立:社会的排除を受けている地域の実態を調査 : CCS調査:
図表及び全体を読む
Q49. 日下部笑美のプロフィール : :
図表及び全体を読む
Q50. 転出届 : :
図表及び全体を読む
Q51. 「居場所が無い」とはどのような感覚を指すのですか? : :
図表及び全体を読む
Q52. 保育園 : :
図表及び全体を読む
Q53. 子ども園にはどのように申し込んだらよいですか?(4-5歳児) : 区立子ども園:
図表及び全体を読む
Q54. 出生届 : :
図表及び全体を読む
Q55. 母親の育児不安に関し、どんな対応がなされていますか? : :
図表及び全体を読む
Q56. お母さんの就労形態が子育て不安にどのような影響を与えていますか。 : :
図表及び全体を読む
Q57. お母さんが育児ネットワークを持っていることと赤ちゃんの発達は関係するのですか。 : :
図表及び全体を読む
Q58. 子育て世代のお母さんについての最近の意識調査はありますか。 : :
図表及び全体を読む
Q59. 児童虐待とはどう定義されているのでしょうか? : :
図表及び全体を読む
Q60. 私は、生きている意味が見出せず、時折自殺することを考えてしまいます。どうしたら良いでしょうか? : 自殺願望:
図表及び全体を読む
Q61. ひきこもりの定義は何ですか? : :
図表及び全体を読む
Q62. 不安障害とは何ですか? : 不安障害:
図表及び全体を読む
Q63. うつ病とはどんな症状なのですか? : うつ病:
図表及び全体を読む
Q64. うつ病患者の職場復帰のために、雇用者はどのような対策をとったらよいでしょうか? : うつ病職場復帰:
図表及び全体を読む
Q65. 要介護と認定されました。どのように介護サービスを受ければよいのでしょうか? : 介護サービス:
図表及び全体を読む
Q66. ケアプラン(居宅介護サービス計画)はどのような手順で創るのでしょうか? : ケアプラン:
図表及び全体を読む
Q67. 介護保険とは何ですか? : 介護保険:
図表及び全体を読む
Q68. 認知症の治療はどのようにおこなわれるのですか? : 認知症治療・ケア:
図表及び全体を読む
Q69. 糖尿病の治療は最近どのように進歩しているのでしょうか? : 糖尿病治療:
図表及び全体を読む
Q70. 糖尿病の治療に再生医療が使えるって本当ですか? : 糖尿病:
図表及び全体を読む
Q71. 障害のある人や長期的に健康を害している人も、それに適した就職の斡旋が受けられますか : 障害者に対する就労支援:
図表及び全体を読む
Q72. 貧困や生活困窮のリスクのとらえ方はどう進化してきたのか? : :
図表及び全体を読む
Q73. コミュニティー・カルテ・システムとは何か? : :
図表及び全体を読む
Q74. いじめの問題はどう対応されてきたのですか・ : :
図表及び全体を読む
Q75. いじめの定義は何ですか? : :
図表及び全体を読む
Q76. 「愛着」の形成がなぜ現在問題になっているのでしょうか? : 「愛着形成」:
「愛着」の形成の上で、出生後6か月から1年半のの時期が重要な時期とされており、幼児の心の安定や知的好奇心を育てる重要な発達課題です。しかし、この時期の親子の関係が安定的でないと、その後の子どもの社会性の発達に大きな影響を与えることが知られてきました。CCS調査では、「愛着」形成を促進する要因や「愛着」の形成が子供の将来に与える影響についてデータに基づき明らかにします。
図表及び全体を読む
Q77. 注意欠陥・多動性障害とはなんですか? : AD/HD:
図表及び全体を読む
Q78. 高齢者でも就労のための支援を受けられますか? : 高齢者の就労支援:
図表及び全体を読む
Q79. 高齢者でも就労のための支援を受けられますか? : 高齢者の就労支援:
図表及び全体を読む
Q80. どのように支援をしたい社会企業を見つけたら良いでしょうか? : 100の優れた社会企業リスト:
図表及び全体を読む
Q81. あなたの社会貢献度はどのように計られますか? : 貢献度ポイント:
図表及び全体を読む
Q82. あなたにはどのような情報が提供されますか? : 情報提供:
図表及び全体を読む
Q83. 寄付をされた方へはどのような情報提供が必要ですか? : 情報提供:
図表及び全体を読む
Q84. 寄付をされた方との交流についてはどのように考えればよいでしょうか? : 支援者との交流:
図表及び全体を読む
Q85. 出資された方との交流葉どのように行なったらよいでしょうか? : 出資者との関係:
図表及び全体を読む
Q86. どのような企業が対象ですか? : 出資者の募集:
図表及び全体を読む
Q87. 出資者に対する配当はどうしたらよいでしょうか? : 配当:
図表及び全体を読む
Q88. 社会起業塾はどのような方を対象にしているのでしょうか? : 社会起業塾:
図表及び全体を読む
Q89. 私はこれから事業化したい社会企業のアイディアがあります。経営に参加していただける方を見つけて一緒に事業計画を作りたいのですが? : 共同事業計画つくり:
図表及び全体を読む
Q90. まちつくり会社とはどのような組織ですか : まちつくり会社:
図表及び全体を読む
Q91. クラウド・ファンディングとは何ですか? : クラウド・ファンディング:
図表及び全体を読む
Q92. 「ひとり親家庭」の現状としては、どんなことが云えますか。 : 一人親世帯の実態:
図表及び全体を読む
Q93. アジア経済危機への新戦略:世界銀行副総裁へ : アジア危機:
図表及び全体を読む
Q94. 文部科学省の定義による不登校はどのような状況でしょうか? : 不登校の動向:
文部科学省の定義による不登校は4年連続して増加し、2016年には全小中学校で全体の1.4%ととなっている。
図表及び全体を読む
Q95. 「不登校」への対応はこれまで3つの変遷をたどってきた : 「不登校」への対応の変遷:
初期には「不登校」は「学校恐怖症」と呼ばれ個人の病理現象と捉えられていた。いじめや偏差値重視の教育が浸透するにつれ、学校に行くことに抵抗を示す子どもが増え「登校拒否」と呼ばれるようになった。その後、不登校には様々な背景があり、初めから決めつけることは適当でないということから「不登校」という一般的な呼び方になった。
図表及び全体を読む
Q96. どのようにしたらあなたの社会企業に対し小口寄付がうけられるようになりますか? : 小口寄付の募集申し込み:
図表及び全体を読む
Q97. CCSを利用したリスク・アセスメント・システムの開発と研修 : :
図表及び全体を読む
Q98. ソ連の崩壊新しく生まれた共和国の市場経済化への支援 : EBRDの支援:
図表及び全体を読む
Q99. 「あなたの生活史」とはどのようなツールで、どのように相談の中で活用できるのでしょうか? : あなたの生活史:
複雑な心の問題が絡む相談には、相談者自身が、自分が経験してきた出来事を一目で把握し、その時にどのように考え、どのような影響を受けたのかを振り返る必要が出てきます。そのためには、幼児期からのさまざまなリスクや強み獲得の経験をグラフィックに表示し、それを見ながら、自分でさまざまな「気づき」「振り返り」が大変重要です。「あなたの生活史」はそのためにツールです。
図表及び全体を読む
Q100. 「居場所」とは何かについての学術的研究 : :
図表及び全体を読む
Q101. 一時保育 : :
図表及び全体を読む
Q102. 子ども園への入園はどのようにしたら良いですか?(0−3歳児) : 区立子ども園:
図表及び全体を読む
Q103. 児童手当・特例給付の支給 : :
図表及び全体を読む
Q104. 「ひきこもり」の現状と課題にはどのようなものがありますか? : :
図表及び全体を読む
Q105. 働く人によくみられる不安障害にはどんなものがありますか? : 「適応障害」:
図表及び全体を読む
Q106. どの位どんな症状が続くと、うつ病と診断されるのでしょうか? : うつ病:
図表及び全体を読む
Q107. 認知症・アルツハイマー症は早期診断により予防できるのでしょうか? : 認知症の診断:
図表及び全体を読む
Q108. 英国からの教訓:何故、失敗したのか? : :
図表及び全体を読む
Q109. 日本にも大規模なパネルデータがあるのに、それが貧困の連鎖の分析に使えないのですか? : 大規模パネルデータの限界:
図表及び全体を読む
Q110. 不登校の原因となる精神疾患にはどういうものがあるますか? : 精神疾患による不登校:
図表及び全体を読む
Q111. 「愛着」をめぐる研究はどのように発展してきたのでしょうか? : {愛着」研究:
「愛着」の研究は、親子が引き離された時に子どもがどのように反応するかを観察し、タイプに分けることから、発達してきました。現在では、A.回避型、B.安定型、C.アンビバレント型、D.無秩序・無方向型に分けられることが分かってきました。現在では、それらのタイプの特徴や年齢とともにどのように変化するかなどが、実証的に研究されています。
図表及び全体を読む
Q112. 発達障害はなぜ起こるのでしょうか?(1)脳機能の障がい : 発達障害の原因:
図表及び全体を読む
Q113. 社会企業塾はどのような社会企業を創ることを目指していますか? : 対象社会企業:
図表及び全体を読む
Q114. 特別児童扶養手当 : 児童育成手当:
図表及び全体を読む
Q115. 児童の虐待防止のためどのような施策がとられていますか? : 児童虐待防止:
図表及び全体を読む
Q116. 自殺未遂者の6割を占める境界性パーソナリティー障害とは? : 境界性パーソナリティー障害:
図表及び全体を読む
Q117. 職場での鬱はどのように発見し対処したらよいでしょうか? : 職場のうつ病対応:
図表及び全体を読む
Q118. 妻の産後鬱どう対処したら良いでしょうか? : 産後鬱:
図表及び全体を読む
Q119. 糖尿病を早期に診断するにはどうしたらよいでしょうか? : 糖尿病診断:
図表及び全体を読む
Q120. 食後高血糖という隠れ糖尿病をどう見つけたら良いでしょうか? : 血糖の連続測定:
図表及び全体を読む
Q121. 国民健康保険に加入する場合 : :
図表及び全体を読む
Q122. CCSが従来の調査と違う点は何ですか? : 多次元性・時系列性・強み要因:
図表及び全体を読む
Q123. 不登校の原因となる身体疾患にはどのようなものがありますか? : 身体疾患による不登校:
図表及び全体を読む
Q124. 「父子間」の愛着は、「母子間」の愛着とどのように違うのでしょうか? : 父子間の愛着:
父子間でも愛着の形成はあるのでしょうか?多くの研究は、父子間の愛着の形成は、基本的には、母子間の愛着と変わらないことが明らかになってきました。
図表及び全体を読む
Q125. 長時間のテレビゲームやネットの閲覧は発達障害につながるのでしょうか? : 発達障害の原因:
図表及び全体を読む
Q126. 発達障害は何故起きるのですか?(2)悪化する進路・社会的要因 : 発達障害の原因:
図表及び全体を読む
Q127. 発達障害に気づくにはどうしたらよいでしょうか? : 発達障害:
図表及び全体を読む
Q128. 国民健康保険の変更届が必要な場合 : :
図表及び全体を読む
Q129. コミュニティー・カルテ調査の質問票はどのようなものですか? : 質問票:
図表及び全体を読む
Q130. 子どもが愛着を持つのは、親に限るのでしょうか?また、どのような人に対して愛着を抱くのでしょうか? : 愛着の対象:
発達心理学者の柏木恵子氏は、子どもが「愛着」の感情を抱く相手は、必ずしも親だけでなく。子供の状況を的確にとらえ、それに寄り沿って対応してくれる人だということを明らかにしました。
図表及び全体を読む
Q131. 子どもが愛着を持つのは、親に限るのでしょうか?また、どのような人に対して愛着を抱くのでしょうか? : 愛着の対象:
図表及び全体を読む
Q132. 実際のカリキュラムはどういう構成ですか? : カリキュラム:
図表及び全体を読む
Q133. 塾の学習はどのよう特徴があるのでしょうか? : 学習方法:
図表及び全体を読む
Q134. 転校の手続き : :
図表及び全体を読む
Q135. 高血圧にどのように対処したら良いでしょうか? : 高血圧の診断:
図表及び全体を読む
Q136. どのようにしてCCSデータを集めるのですか? : データ収集の方法:
図表及び全体を読む
Q137. 世帯外の育児ネットワークは、幼児が自己抑制力を身に着けるのに役立つか?−最近の研究の成果 : :
図表及び全体を読む
Q138. 起業塾の1ヶ月間で具体的な事業計画が作れますか? : 事業計画の作成:
図表及び全体を読む
Q139. 「発達障がい」は何故分かりにくいのでしょうか? : 「発達障がい」とは:
図表及び全体を読む
Q140. 起業塾で作成した事業計画についてファイナンスは受けられますか? : ファイナンス:
図表及び全体を読む
Q141. 発達障害の子のシナプスの数は多いのか? : 発達障害と脳機能:
図表及び全体を読む
Q142. 自閉症スペクトラムの発症経過を「甘え」のアンビヴァレンスから読み解く : 自閉症スペクトラム:
図表及び全体を読む
利用できる施設・窓口
Q1.介護療養型医療施設: 医療やリハビリが充実した高齢者向けの医療施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q2.介護療養型医療施設: 医療やリハビリが充実した高齢者向けの医療施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q3.産科セミオープンシステム: 普段の妊婦定期健診は近くの診療所で、お産は病院でできるようなシステムはありますか? :
図表及び全体を読む
Q4.ファミリーサポートセンター: ファミリーサポートセンターとは何ですか?(横須賀市の例) :
図表及び全体を読む
Q5.延長保育: 残業や仕事の時間が遅い場合でも預かってくれる保育園はありますか? :
図表及び全体を読む
Q6.病児保育: 子どもが熱を出しました。親が働いている間預かってくれるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q7.休日・夜間保育事業: 休日・夜間保育事業とは何ですか。 :
図表及び全体を読む
Q8.児童館: 児童館ではどのようなサービスが受けられますか? :
図表及び全体を読む
Q9.子育て短期支援事業: 入院や一時的な問題で、家で子どもの養育が一時的に困難になったときに面倒をみてもらえるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q10.母親教室・両親教室: 乳幼児を持つ母親や父親に、子育てについての知識を教えたり、親同士のコミュニケーションを図るプログラムはありますか? :
図表及び全体を読む
Q11.母子・父子家庭医療費助成: 一人親で子どもを育てています。医療に必要な手当てを受けられますか? :
図表及び全体を読む
Q12.寡婦(夫)控除のみなし適用: 未婚で離婚歴や死別などでないひとり親への支援制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q13.児童扶養手当: 一人親で子どもを育てています。生活に必要な手当てを受けられますか? :
図表及び全体を読む
Q14.ファミリー・サポート・センター事業: 子供を持つ親が相互に助け合って児童を預かったり、預けたりする仕組みがありますか? :
図表及び全体を読む
Q15.特別児童扶養手当: 障害のある子どもをみている親や人に援助をしてくれる制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q16.少年サポートセンター: 非行に関係した悩みや心配事を、子ども自身や親が相談できるところはありますか? :
図表及び全体を読む
Q17.ひきこもり支援センター: 引きこもりについて相談をするセンターはありますか? :
図表及び全体を読む
Q18.あ: :
図表及び全体を読む
Q19.菜種からバイオ燃料を創る: 日本で地元のバイオマスを生かしたよいプロジェクトがありますか? :
図表及び全体を読む
Q20.: 一般廃棄物の処理計画及び統計に関すること。 :
図表及び全体を読む
Q21.再就職援助計画: 事業主はどのように解雇者の再就職を援助しなければならないでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q22.雇用調整助成金: 不況による労働者の解雇を防ぐため、労働者の休業、出向や教育訓練に掛る費用を助ける制度がありますか? :
図表及び全体を読む
Q23.職業能力開発促進センター: 短期間の職業訓練を行ってくれる施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q24.菜種からバイオ燃料を創る: 日本で地元のバイオマスを生かしたよいプロジェクトがありますか? :
図表及び全体を読む
Q25.: 一般廃棄物の処理計画及び統計に関すること。 :
図表及び全体を読む
Q26.再就職援助計画: 事業主はどのように解雇者の再就職を援助しなければならないでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q27.雇用調整助成金: 不況による労働者の解雇を防ぐため、労働者の休業、出向や教育訓練に掛る費用を助ける制度がありますか? :
図表及び全体を読む
Q28.職業能力開発促進センター: 短期間の職業訓練を行ってくれる施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q29.児童発達支援センター: 子どもの社会性の発達を支援してくれるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q30.子ども医療費助成制度: 子どもの医療費を軽減して暗る制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q31.就学援助制度: 経済的な理由で学校に通わせることが困難な家庭に対する支援制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q32.学習支援: 授業について行けず、勉学に興味を失った子供や家庭の貧困のため塾などに通えない子に学習の支援をしてくれるプログラムはありますか? :
図表及び全体を読む
Q33.その他の不登校相談: 不登校について相談が出来るサービスはどのようなものだありますか? :
図表及び全体を読む
Q34.適応指導教室: 不登校のこどもを預かって指導してくれる学級がありますか? :
図表及び全体を読む
Q35.少年サポートセンター・少年センター: 子どもの非行やいじめ・犯罪などの被害に遭いショックを受けている少年が相談できるサービスはあるでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q36.子どもの人権110番: いじめや虐待に遭ったりした時に電話で相談できる番号はありますか? :
図表及び全体を読む
Q37.少年サポートセンター: 非行に関係した悩みや心配事を、子ども自身や親が相談できるところはありますか? :
図表及び全体を読む
Q38.ひとり親家庭支援センター: ひとり親家庭の経済的自立を支援するセンターまたは団体はありますか? :
図表及び全体を読む
Q39.基金訓練・社会的事業者等訓練コース: 社会的貢献が出来るような職種のための無料の職業訓練が受けられ、訓練期間中の生活費の支給が受けられるような制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q40.基金訓練: 無料で職業訓練が受けられ、その間の生活費も支給してくれるような制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q41.地域若者サポートステーション: 働くことに悩みを抱えている15歳〜39歳までの若者の就労を支援してくれる施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q42.給付型奨学金支給団体: 高校、大学へ子どもを通わせるのが経済的に厳しいです。国や自治体以外にも奨学金を支給してくれる団体はありますか? :
図表及び全体を読む
Q43.臨時特例つなぎ資金貸付: 住宅を失った離職者が緊急に必要とする生活資金を貸し付ける制度がありますか? :
図表及び全体を読む
Q44.シルバー人材センター: 高齢者にふさわしい仕事を引き受け紹介するサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q45.その他の就労支援: 自治体やNPOなどの民間団体が行っている、就労支援サービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q46.人材銀行: これまでの職業経験を活かして再就職をあっせんしてくれるサービスがありますか? :
図表及び全体を読む
Q47.ハローワーク: ハローワークでは仕事探しのためにどのようなサービスが受けられるのでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q48.生活福祉資金・総合支援資金: 低所得者に対し、一時的な生活資金や生活再建のための借入が出来る制度がありますか? :
図表及び全体を読む
Q49.生活保護制度: 生活が大変苦しいのですが生活保護を受けるためにはどうしたらよいでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q50.緊急一時保護センター: ホームレスの人たちを緊急に保護する施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q51.住宅手当: 離職により住宅を失う恐れがある人に対する家賃補助制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q52.薬局: 薬在庫あり 盛岡駅前 こまち薬局 :
図表及び全体を読む
Q53.少年センターアスクル: 少年センターアスクルとはどのようなサービスを提供しているのでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q54.保健所・保健福祉センター : 保健所や保健福祉センターはどのようなサービスを提供しているのでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q55.早期療育指導訓練: 心身障害があるかもしれない小さい子どもを療育してくれる支援や施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q56.障害児家庭支援員派遣事業: 心身に障害のある子どものいる家庭の自宅へ、勉強や遊びや身の回りの世話に関して指導しにきてもらうことはできますか? :
図表及び全体を読む
Q57.地域療育センター: 発達の遅れがある子どもに関する相談や療育が受けられる施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q58.居宅介護(ホームヘルプ): ホームヘルパーが自宅を訪問して障害者の生活全般の援助を行うサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q59.就労移行支援(一般型): 一般の企業に雇用される事が可能と見込まれる障がい者に対し、就職支援や相談を行うプログラムはありますか? :
図表及び全体を読む
Q60.重度障害者等包括支援: 重度障害者等包括支援とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q61.施設入所支援: 施設入所支援とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q62.就労継続支援(A型): 一般の会社で働くことが難しい障害者の方に、働く経験を身に付けながら、雇用の機会を得るための訓練を行なう場所はありますか? :
図表及び全体を読む
Q63.就労継続支援(B型): 以前、雇用されていたが、通常の雇用が難しくなった障害者の方に働く場を与え就労に必要な技能を与えてくれるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q64.自立訓練(機能訓練): 通いでリハビリが受けられたり、生活相談が受けられるようなサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q65.就労支援サービス(資格取得型): 障害者が専門資格を取って働くのことを支援してくれるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q66.自立援助ホーム: 自立援助ホームではどのようなサービスを行なっていますか? :
図表及び全体を読む
Q67.地域活動支援センター: 地域活動支援センターはどのようなサービスを提供してくれますか? :
図表及び全体を読む
Q68.療養介護: 療養介護とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q69.短期入所: 短期入所 (ショートステイ)とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q70.盲児施設: 盲児施設ではどのようなサービスが受けられますか? :
図表及び全体を読む
Q71.児童デイサービス: 心身の発達が遅れた子をグループで発達を促すようなサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q72.知的障害児施設: 知的障害児施設ではどのようなサービスを提供していますか? :
図表及び全体を読む
Q73.行動援護: 一人での外出が困難な障害者が、外出時に援助を受けられるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q74.療育センター: 障害のある子どもがいくつかの機能が同じ施設に集まって支援を受けられる施設がありますか? :
図表及び全体を読む
Q75.相談支援 : 相談支援とはどのようなサービスを行っているのでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q76.放課後等デイサービス: 放課後等デイサービスとはどのようなサービスでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q77.共同生活介護: 共同生活介護( ケアホーム)とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q78.障害者就業・生活支援センター: 障害者の就業面及び生活面における一体的な相談をできる施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q79.生活介護: 施設で日中、作業を行ないながら、入浴、トイレ、食事の手伝いなどの支援や生活相談を受けるサービスがありますか? ● ● 作業 など :
図表及び全体を読む
Q80.社会福祉協議会: 社会福祉協議会はどのような仕事をしていますか? :
図表及び全体を読む
Q81.障害者授産施設(通所): 一般就労が難しい身体障害者、知的障害者に就労の機会を与える施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q82.自立訓練(生活訓練): 障がい者が居宅において、日常生活を営むために必要な訓練、相談を行うサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q83.特別児童扶養手当: 障害のある子どもをみている親や人に援助をしてくれる制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q84.養護老人ホーム: 高齢で介護が必要な方が比較的安価で入居できる施設がありますか? :
図表及び全体を読む
Q85.見守りサービス: 一人暮らしのお年寄りの安否を見守るサービスがありますか? :
図表及び全体を読む
Q86.家事代行サービス: 介護保険でカバーされない買い物・清掃などを手伝ってもらえるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q87.医療ソーシャルワーカー: 医療ソーシャルワーカーとは何ですか? :
図表及び全体を読む
Q88.老人福祉センター: 地域の老人に対して、各種の相談に応ずるとともに、健康の増進、教養の向上などのサービスを総合的に提供するセンターはありますか? :
図表及び全体を読む
Q89.地域密着型通所介護(小規模デイサービス): 地域密着型通所介護(小規模デイサービス)とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q90.定期巡回・随時対応型訪問介護看護: 定期巡回・随時対応型訪問介護看護とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q91.看護小規模多機能型居宅介護(旧・複合型サービス): 看護小規模多機能型居宅介護(旧・複合型サービス)とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q92.地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護: 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q93.地域密着型特定施設入居者生活介護: 地域密着型特定施設入居者生活介護とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q94.認知症対応型共同生活介護(グループホーム): 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)・介護予防認知症対応型共同生活介護とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q95.夜間対応型訪問介護: 夜間対応型訪問介護とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q96.認知症対応型通所介護: 認知症対応型通所介護とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q97.小規模多機能型居宅介護: 小規模多機能型居宅介護とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q98.住宅改修: 介護保険からはどのような住宅改修費が補助されるのでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q99.夜間対応型訪問介護: 夜間対応型訪問介護とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q100.福祉用具貸与: 福祉用具貸与とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q101.短期入所療養介護(ショートステイ): 短期入所療養介護とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q102.短期入所生活介護(ショートステイ): 短期入所生活介護(ショートステイ)とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q103.通所リハビリテーション(デイケア): 通所リハビリテーション(デイケア)・介護予防通所リハビリテーションとはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q104.居宅療養管理指導: 居宅療養管理指導とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q105.訪問リハビリテーション: 訪問リハビリテーションとはどのようなサービスでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q106.通所介護(デイサービス): 通所介護(デイサービス)・介護予防通所介護とはどのようなサービスでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q107.高齢者優良賃貸住宅(高優賃): 都道府県が施設などを認定した優良な高専賃はありますか? :
図表及び全体を読む
Q108.脳はつらつ教室 : 認知症予防のための講習はありますか。 :
図表及び全体を読む
Q109.居宅介護支援: 介護保険を使って居宅で介護サービスを受けようと思いますが、どこに相談をしたら良いでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q110.訪問入浴介護: 訪問入力介護はどのようなサービスなのでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q111.訪問看護: 訪問看護・介護予防訪問看護とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q112.高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃): 高齢者の入居を拒まない民間賃貸住宅はありますか? :
図表及び全体を読む
Q113.有料老人ホーム(自立・混合型): 当面は介護を必要としないが、将来要介護になっても安心して住み続けられ、高齢者が、順番を待たずに入居できる民間の老人ホームはありますか? :
図表及び全体を読む
Q114.介護予防ケアマネジメント事業: 要支援認定を受けた人で介護予防のプログラムに参加するにはどこに相談したらよいでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q115.地域包括支援センター・高齢者総合相談センター: 地域でお年寄りに関するいろいろな相談ができるところはどこですか? :
図表及び全体を読む
Q116.軽費老人ホーム: 比較的費用が安く、自宅で生活することが困難な高齢者のための老人ホームはありますか? :
図表及び全体を読む
Q117.介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム): 寝たきりや認知省の高齢者が安価に介護を受けられる老人ホームはありますか? :
図表及び全体を読む
Q118.有料老人ホーム(介護専用型): 介護が必要な高齢者が、順番を待たずに入居できる民間の老人ホームはありますか? :
図表及び全体を読む
Q119.介護保険施設: 介護保険を利用して入居できる施設サービスにはどのようなものがあるのですか? :
図表及び全体を読む
Q120.訪問介護(ホームヘルプ): 訪問介護(ホームヘルプ)はどのようなサービスなのでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q121.認可外保育施設.: 認可外保育施設とは何ですか?. :
図表及び全体を読む
Q122.引きこもり相談: ご自身やお子さんの引きこもりについて、専門家と相談が出来るサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q123.精神保健福祉センター: メンタルヘルスの問題を専門家に相談できるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q124.ひきこもり地域支援センター: ひきこもりの子どもや成人について相談や支援をしてくれるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q125.ひきこもり支援センター: 引きこもりについて相談をするセンターはありますか? :
図表及び全体を読む
Q126.保育園: 保育園にはどのような種類がありますか。 :
図表及び全体を読む
Q127.認定こども園: 認定こども園は今までの幼稚園や保育所とどう違うのでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q128.放課後子どもひろば : 子どもが放課後に自由に遊べる学校がありますか? :
図表及び全体を読む
Q129.総合教育センター: 幼児、児童生徒、保護者、教職員などが対象の発達障害等の相談窓口はありますか? :
図表及び全体を読む
Q130.自立支援OTP: 統合失調症の患者の社会復帰を地域福祉システムで実現するにはどうしたらよいですか? :
図表及び全体を読む
Q131.女性保護事業: 親である女性の子育て、経済、人間関係など様々なことを相談できるところはありますか? :
図表及び全体を読む
Q132.インターネット人権相談受付: インターネット人権相談受付とはどのようなサービスでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q133.こども人権SOSメール: こども人権SOSメールとは何でしょう? :
図表及び全体を読む
Q134.児童養護施設: 虐待を受けているなど、家庭での養育が難しい児童を入所させて養護を行う施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q135.人権擁護委員: 人権に関する相談や支援を行っている組織はありますか? :
図表及び全体を読む
Q136.里親: 里親になるにはどうしたら良いでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q137.助産施設: 経済的な理由で入院除算を受けることが出来ない人が入院して助産を受けられる施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q138.児童手当: 子どもの数に応じてもらえる手当はありますか? :
図表及び全体を読む
Q139.不妊治療費助成制度: 不妊治療費の一部を助成してもらえる制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q140.子育て支援ひろば: 子育て中の親子が交流し、相談・援助が受けられる場所はありますか? :
図表及び全体を読む
Q141.乳児院: 保護者の事情で家庭での養育が出来ない乳児を預かってくれる施設がありますか? :
図表及び全体を読む
Q142.児童育成手当: 東京都が国に上乗せして一人親の家庭を支援する制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q143.ファミリーサポートセンター: ファミリーサポートセンターとは何ですか?(横須賀市の例) :
図表及び全体を読む
Q144.母子・父子家庭医療費助成: 一人親で子どもを育てています。医療に必要な手当てを受けられますか? :
図表及び全体を読む
Q145.寡婦(夫)控除のみなし適用: 未婚で離婚歴や死別などでないひとり親への支援制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q146.児童扶養手当: 一人親で子どもを育てています。生活に必要な手当てを受けられますか? :
図表及び全体を読む
Q147.未熟児養育医療給付: 未熟児にかかる医療を助成してくれる制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q148.女性健康支援センター: 医療機関で相談するほどではないけれど、婦人科的疾患や出産、不妊についてなど不安なことを相談できるところはありますか? :
図表及び全体を読む
Q149.育児等保健指導(プリネイタル・ビジット): お産後の育児のことが出産前からいろいろ不安です。今から相談できるところはありますか? :
図表及び全体を読む
Q150.産科セミオープンシステム: 普段の妊婦定期健診は近くの診療所で、お産は病院でできるようなシステムはありますか? :
図表及び全体を読む
Q151.産後うつ病: 産後うつ病への対策・プログラムはどうのようなものがあるのですか? :
図表及び全体を読む
Q152.幼稚園預かり保育: 親が働いている家庭で幼稚園児を通常の時間を超えて預かってもらえるサービスがありますか? :
図表及び全体を読む
Q153.保育室: 認定保育園以外で自治体が助成する保育サービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q154.小規模保育室: 認可保育園より小規模な保育施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q155.学童保育室: 小学生の子どもを昼間仕事に出ている間世話をしてくれるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q156.私立幼稚園就園奨励費: 私立の幼稚園に通うため生活が苦しい家庭に対する補助制度はありますか? :
図表及び全体を読む
Q157.一時保育・一時預かり: 緊急時に子どもを預かってもらうサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q158.家庭保育福祉員(保育ママ): 保育園以外で預けられる、家庭的で少人数の保育はありますか? :
図表及び全体を読む
Q159.延長保育: 残業や仕事の時間が遅い場合でも預かってくれる保育園はありますか? :
図表及び全体を読む
Q160.病児保育: 子どもが熱を出しました。親が働いている間預かってくれるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q161.休日・夜間保育事業: 休日・夜間保育事業とは何ですか。 :
図表及び全体を読む
Q162.放課後児童クラブ: 保護者が昼間家庭にいない小学校の子どもたちに対し、授業の終了後に児童館等を利用して遊び及び生活の場を提供する事業はありますか? :
図表及び全体を読む
Q163.放課後子供教室,地域子ども教室 : 地域の大人の協力を得て子どもたちの活動拠点を創る事業はありますか? :
図表及び全体を読む
: 優良な社会企業
Q1.包括相談センター:(シティズンス・アドバイス・ビューロー(CAB)) 市民が無料で法律・債務・生活保護、子育て、住宅、その他もろもろの相談が出来る近隣にある民間窓口 :
シティズンス・アドバイス・ビューロー(CAB)は、全英で3,500箇所にある、市民が何でも無料で相談できる窓口です。2010年度には220万人に対し700万件の新規問題について相談を行ないました。相談の範囲は、債務(240万件)、社会保護(200万件)、雇用(59万件)、住宅(47万件)、結婚・家族問題(33万件)などとなっています。

CABは、顧客に情報を与えるだけでなく、時には顧客と一緒に債権者、雇用主・生活保護などとの交渉に臨んだり、福祉などの申込書の記入を手伝ったり、多重問題を抱える人にどの問題から処理すべきかをアドバイスします。 図表及び全体を読む

Q2.小規模多機能型生活介護:(因島医師会) 因島医師会病院で始まった医療と介護の地域連携 :
因島の最大の特徴は医師会が中心となり、医療と介護を一体化した地域連携を構築したことにある。今構築と言う言葉を使ったが、ここにいたるプロセスが大変ユニークであり、このときのリーダーが、因島で開業医を営む岡崎純二医師であった。因島の開業医たちは、1982年5月、僅か20名のA会員よりなる因島医師会によって、地域医療の充実を最大の目標にした因島医師会病院を設立した。同病院は病院内の施設・設備を全ての医師に開放し、地元の開業医たちは診察や検査のために病院を利用することができるというオープンシステムの病院である。この病院を中心として介護との連携が作られていった。:
図表及び全体を読む
Q3.医療介護連携:(柏プロジェクト) 市・医師会・大学・URが一体となって作り上げた介護医療連携システム :
市役所・医師会・URが一体となって、超高齢社会に向けた在宅医療のための人材創り、市民の啓蒙、他業種連携、情報共有システムの構築、UR団地の改修に伴う医療・介護支援拠点の開発などを総合的に取り組んだプロジェクト。このプロジェクトの「人創りシステム」の全国展開も視野に入れている。
図表及び全体を読む
Q4.Iターン支援:(豊中市、土佐町) 農村部の農業生産法人が、都市部の自治体と提携し都市部に住む就職・転職希望の若者らを受け入れ、就農体験を実施、両者が希望すれば引き続き社員や研修生として雇用される :
未就職者や転職希望者の就農を支援してきた豊中市が企画。高知県土佐町と本山町の 農業生産法人が、都市部に住む若者らを受け入れ、就農体験を実施する。
図表及び全体を読む
Q5.不登校の経験共有:(Fline) 私の不登校経験、あなたの支えに 福岡の高校生ら集う :
 不登校を乗り越える経験を人生の糧にしてほしい。そんな願いから、かつて学校に行けなくなった経験のある高校生や大学生らが、不登校になっている子どもたちと語り合う会を福岡市内で開いている。前に踏み出してほしい、という思いを伝える。 :
図表及び全体を読む
Q6.異世代ホームシェア:(フランス NPO ネットワーク La PariSolidaire Paris) 単身高齢者が若者と住宅をシェアすることにより社会とのつながりを取り戻す異世代ホームシェア :
近年、単身者たちの新たな居住スタイルとして、都心でのシェアハウスが急増している。ひとつの家屋(または棟)または居室を非縁 故関係の複数の人々が共有し生活する住まい方である。フランスでは、このようなルーム・シェアを利用し、持ち家を持つ単身のお年寄りが安い賃料、あるいはまったく無料で学生に対し部屋を貸し、その代わりに簡単な身の回りの世話や、安否確認を行ってもらう仕組みが法制化され、さらに、そのような共同居住のマッチングをするNGOも多数あらわれている。
図表及び全体を読む
Q7.オープンダイアログ:(ケロプダス病院) 急性期の精神病患者に対し、家族・医療チームを含めた「開かれた対話」により、飛躍的に治療効果を挙げたオープン・ダイアログによる治療 :
統合失調症・うつ病・PTSD/家庭内暴力などの急性期の患者に対して、本人、家族、医師、看護師などのチームが患者自身の話をよく聞き、それについて直ぐに結論を出すのではなく、開かれた形で応答し、患者がどのような状況にあるかを対話の中から見出そうとする治療法。それにより患者が自分の状態を言葉で理解し、他の人とも共有できるようになることにより、他人から理解されているという安心感を得ることが出来るようになり強度のストレスから逃れられるようになるフィンランドで開発され、これまで長期間かかっていた統合失調症などの治療で画期的な効果を上げたという研究成果が得られている。: : : :
図表及び全体を読む
Q8.発達障害への早期対応:(浜松市子育て支援課) 1歳半検診による発達障害への早期対応と親子の関係性を重視した発達支援広場 :
発達障害や愛着障害などが、若者の間で急増しており、これに対する早期の対応、特に1歳半程度の乳幼児期の対応が必要なことは広く認識されている。 また、発達障害への対応は、子どもの側だけではなく、親子の関係性の中で愛着関係の掛け直しが有効であることも広く認識されている。

しかし、全国の自治体の中でそれが実行されているところは非常に限られている。

浜松市は、その中で、1歳半検診を活用し、そこで一定の兆候が見られた幼児を対象に、親子関係の適正な愛着関係の構築を目指したプログラムを5年前から計画的に整備してきた。それが発達支援広場(通称たんぽぽ広場)である。: : : : : : : 図表及び全体を読む

Q9.社会起業家支援:(特定非営利活動法人 アイ・エス・エル) 「社会イノベータ―公志園」 :
「社会イノベータ―公志園」プログラムは、従来にない、クロス・セクターでの人の協働を誘発することで、地域、さらには日本全体における社会イノベーションを加速する触媒でもあります。高校野球の甲子園大会においては、準備を進めるなか、球児や学校を応援する保護者、商店街、地域コミュニティ、地元企業、さらには行政など、まさにクロス・セクターでの支援・応援の輪が広がり、地域における社会関係資本が蓄積され、開花するきっかけを提供します。甲子園は、野球を超えて地域を元気にするのです。同様に、「社会イノベーター公志園」も、地域、さらには日本全体を活性化します。公志園のプロセスと場には、市民、ビジネス、行政、大学セクターなどから、様々な背景をもった人々が、全国大会参加の社会イノベーター、伴走者(メンター)、支援者あるいは一般観客として、関与していきます。社会イノベーターの公の志と、事業への取り組みが、セクターの垣根を越えて人々の共感を呼び、立場や利害を超えた信頼と賞賛の人間関係を創り出します。: :
図表及び全体を読む
Q10.在宅医療システム:(祐ホームクリニック) 在宅医療システムを確立した祐ホームクリニック :
東京大学医学部を卒業、宮内庁の侍医でもあった武藤真祐さんは、2010年にこれからの医療システムである在宅医療をシステムとして確立するため、まず東京でついで宮城県石巻市で祐ホームクリニックを開業した。住み慣れた自宅で家族に囲まれて療養生活を送りたいという願いは多くの人が持っているが、それを支える在宅医療システムはまだ十分確立されていない。祐ホームクリニックは、在宅医療がビジネスとしても立派に成り立ち、地域の人々に安心を提供するシステムとなりうることを証明した。
図表及び全体を読む
Q11.サービス付き高齢者向け住宅:(シェア金沢) 高齢者・学生・こどもが共生し、近隣の人との交流も図るサービス付き高齢者向け住宅「シェア金沢」 :
石川県金沢市の郊外にある「シェア金沢」は、子どもから大学生、そして高齢者まで、世代や障害のあるなしを超えて、さまざまな人がともに暮らす街として2013年9月にオープンした。そこには高齢者の住まいはもちろん、障害のある子どもたちの入所施設、学生向け住宅などのほか、近隣住民も利用できる天然温泉、レストラン、ギャラリー、共同売店、カフェ&バー、キッチンスタジオ、ボディケアサロン、クリーニング店、ドッグランなどがあり、地域とも連携した多世代複合型の生活が始まっている。石川県を中心に障害児・障害者支援に力を注いできた、社会福祉法人佛子園(ぶっしえん)の新たな試みに注目が集まっている :
図表及び全体を読む
Q12.放課後子供教室・学童保育:(特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール) 放課後の小学校を活用した、市民参加のアフタースクールを全国で11校開校している放課後NPO「アフタースクール」 :
アフタースクールは、安全で移動の手間がない学校施設を活用して、子どもたちの放課後の居場所を作るとともに、 地域の方々が「市民先生」として子どもたちに多様な体験を届けます。私たちは日本の放課後を”ゲームよりも楽しく、塾よりも学べる放課後”にしていくために、 全国の学校と提携してアフタースクールを開校しています: :
図表及び全体を読む
Q13.訪問介護(デイ・サービス):(日本介護福祉グループ) 宿泊付きデイ・サービス :
要介護高齢者を日中6〜8時間ほど預かるデイ・サービス。こうした施設でそのまま高齢者が泊れるようにしようという仕組みが宿泊付きデイ・サービスだ。保険除外サービスとして既に多くの事業者が提供している。

日本介護福祉グループ(東京都墨田区)が全国324か所でフランチャイズ形式のデイサービスを実施している「茶話本舗」もその一つ。民家を活用している利点を生かし、和室に布団を敷いたり、仮説ベッドを使ったりして宿泊を受け入れている。 図表及び全体を読む

Q14.自殺予防対策モデル事業:(秋田県) 行政と民間が手を組み自殺率を下げた町 :
秋田県では、6町を選出し自殺予防対策モデル事業を01〜05年に実施した。具体的には、1年目には心の健康に関する基礎調査を実施し、その後、うつ病や自殺のハイリスク者には、医師や保健師による指導・相談を行った。また、地域の交流の場を多く設定した。
図表及び全体を読む
Q15.在宅保育:(フローレンス) フローレンス: 子供が病気になった時に預かってくれる在宅保育事業のパイオニア :
フローレンス(創設者・代表、駒崎弘樹)は、病気になった子供を預かる在宅型の保育サービスだ、こどもの世話をするのは「こどもレスキュー隊員」と名付けた保育スタッフの女性たち。隊員の自宅で子供たちを預かる。隊員は、保育の心得などを教える3か月の研究を受け、終了すると、実地研修として実際の出動に同行してもらう。医療知識や手当については提携先の地元医療クリニックでワークショップを組んでもらう.:
図表及び全体を読む
Q16.木質バイオマス地域システム:(NPO法人 土佐の森・救援隊) 地域のNPO と地域の農家が連携した木質バイオの生産 :
土佐の森・救援隊では、高知県仁淀川 町において、町と連携して「木質バイオ マス地域システム」 を確立 し、運用している。

システムの最大の特徴は、材の出荷の 主役を「副業型自伐林業家」と地域の農 家等が取り組む「林地残材収集運搬業」 が担っている点である。こ れにより、「材の安定的かつ安価な集積」、 「森林の健全な維持管理」、さらには「地 域住民の収入源確保」が実現している。 図表及び全体を読む

Q17.市民共同発電所:(ひがしおうみ ナチュラルエナジー カンパニー) 市民共同で設置する太陽光発電所 :
東近江モデルは、市民が共同で出資し、太陽光発電所を設置し、そこでの発電により得られる 売電収入を地域商品券として出資者に配分する仕組みのことである。
主な特徴としては、以下の2つである。
−設置スペースや購入資金等の制約から太陽電池を持つことができない人でも、 小口の出資を通じ実質的に太陽光発電が可能になる。
−売電収入を市内限定・期間限定の商品券として配分することにより、地域経済 の発展に寄与する。
地域商品券事業は原資が一番の問題となるが、この仕組みであれば特別な財政措置がなくても 地域経済循環の後押しができるのが特徴である。:
図表及び全体を読む
Q18.太陽光協働発電:(おひさま進歩エネルギー株式会社) おひさまファンドによる二酸化炭素削減 :
。「おひさまファンド」は、「おひさま進歩エネルギー株式会社」が中心になって進めている取組である。これは、市民の出資を元手に、二酸化炭素の削減に関連のある設備を導入し、利益を上げ、出資者に分配する取組である。「おひさま進歩エネルギー株式会社」は、市民・行政・事業者のパートナーシップにより、NPO法人「南信州おひさま進歩」が母体となって設立された株式会社である。 :
図表及び全体を読む
Q19.バイオマス利用:(「おひさま進歩エネルギー株式会社」) おひさまファンドによる木質ペレットの利用拡大 :
飯田市では森林の割合が総面積の84%を占めており、大量の間伐材等が発生する。そこで、飯田市は、低炭素社会を目指し、南信バイオマス協同組合が提供する間伐材等を原料にした木質ペレットの利用を推進している。
図表及び全体を読む
Q20.クラウド・ファンディング:(オーマ株式会社) 「いま知っておくべき寄付サイト」はコレだ! 「READYFOR?」 :
「READYFOR?」は、寄付、コーズマーケティング、社会的投資のすべてをカバーする日本最大級のクラウド・ファンディング・サイトなのである。慶應義塾大学メディアデザイン研究科修士2年(今年3月卒業予定)の米良はるかさんが中心となって立ち上げ、NPO・NGOなどの団体や人にファンドレイジングするのではなく、「プロジェクト」に対して行なう仕組みになっている。
図表及び全体を読む
Q21.クラウド・ファンディング:(i-kifu) ゲーム感覚を取り入れたクラウド・ファンディング・サイト「i-kifu」 :
もうひとつの注目サービスは「i-kifu」である。今年2月24日にサービス開始したばかりの新しい寄付サイトである。「ゲーミフィケーション」の概念を取り入れたサービスであることが最大の特徴だ。FacebookやTwitterと徹底的に連動させて、ユーザーに社会貢献を楽しんでもらう仕組みになっている。
図表及び全体を読む
Q22.クラウド・ファンディング:(Kickstarter) 変革を遂げつつある 「寄付プラットフォーム」 :
一考に値するのは、09年にアメリカで立ち上がった“Kickstarter”というクラウド型のファンドレイジングサイトだ。厳密に言えば寄付だけを募るサイトではないが、インターネットを通じた寄付のあり方を変える存在として注目を集めている。
図表及び全体を読む
Q23.認知症対応型共同生活介護:(株式会社 サンフォーレ) 10人未満のお年寄りに『いつくしみ介護』を行い、心の平静を取り戻してもらう認知症改善サービスを行なうユニークなグループホーム :
「グループホーム」では10人未満の規模で家庭的雰囲気の中、心の安定を取り戻してもらう痴呆改善サービスを提供。また、「グループリビング」では入居者をタイプ別に分類するのではなく、「健康な人」も「要介護者」も「その中間位の人」もおよそ1/3ずつ同居して自然な姿で共生し、要介護者も元気になるという成果をあげている。

『いつくしみの介護』とは、家事介護・身体介護(清掃・洗濯等の生活ケアやオムツ・入浴等の身体ケア)の他に、小さな感動や癒しや悩みの共有等の「精神的ケア」に重点を置いたサービス。介護する側とされる側の人間同士のふれあいを軸とした独自の介護マニュアル(ケアの効果データを収集・分析、品質管理の手法を導入)により行われる。 図表及び全体を読む

Q24.ワーカース・コレクティブ:(東京ワーカース・コレクティブ協同組合) 自分のまちで、自分が出資し、運営し、働くた「雇われない働き方」をする職場を作る :
−「雇われない働き方」(メンバー全員が出資・労働・運営をおこない責任を持つ)

−「非営利事業」

−「自分の町で労働の場を作る」 図表及び全体を読む

Q25.子育てアドバイザー育成及び派遣:(NPO法人 日本子育てアドバイザー協会) 「子育てアドバイザー」を要請する専門的研修をして母親の子育て不安に対応 :
子育てに関する分野のスペシャリストが集結し、子育て期の様々な不安や悩みに耳を傾ける"こころの専門家"として活動。

小児科医、臨床心理士、保育園の経験者、幼児教育研究者などの専門家が講師陣として結集し、独自の「子育てアドバイザー講座」「良い叱り方・悪い叱り方」というコンテンツを公開し、親の教育・啓発を行なう。

今日の核家族を中心とした、孤独になりがちな子育て環境において、インターネットという手段を用いて「新しいコミュニティ」を形成している。: : : 図表及び全体を読む

Q26.シュタイナーシューレの運営:(シュタイナー学園) 芸術や体験学習などを通して、本当にしたいことを自分で見出し、世界に向かって働きかけることができる人間をめざす教育 :
「シュタイナー教育」とは「人間の育ちをおよそ7年ごとに区切って、その年齢にふさわしいカリキュラムで知・情・意がバランスのとれた人を育てることが特徴。テストも点数評価の通信簿もなく、芸術や体験学習などを通して学びを心の内実にまで深め、本当にしたいことを自分で見出し、世界に向かって働きかけることができる人間をめざす」。

シュタイナー教育の精神に則り、文部科学省の定める教育要領とは異なった、授業に教科書は使わずテストも行わないオリジナルのカリキュラムを提供。担任の教師は小学1年生から連続9年間、同じクラスを受け持つ。 図表及び全体を読む

Q27.一時保育事業:(企業組合ワーカーズコレクティブ キッズルーム てぃんかぁべる) 幼児を持ちながら社会参加したいと考える女性や、幼児を抱えて高齢者の介護を行う女性などが自ら出資して運営する保育事業を作る :
「一時(ひととき)保育」:長時間、短時間預かり可能で、一人一人の個性を大切にした地域の子育て支援を行う。通院、通学、不定期な仕事、上の子の用事など、様々なニーズに対応する保育。

: 図表及び全体を読む

Q28.農産物直販所:(内子フレッシュパークからり) 農家の人材つくりからはじめ作物を転換し、年間50万人の顧客を獲得した農産物直販所 :
内子町は、従来タバコ栽培に依存した農業であったが、1986年から「知的農村塾」を設立し、農村の活性化に取り組んできたが、消費者の健康志向に合わせ有機野菜等の作物に転換し、それを直販所で販売することに成功した。

フルーツパーク「からり」は、単に農産物を売るだけでなく、地元だけでしか食べられない食・文化を売る飲食店・農産加工品製造の「工房」も備えた総合産業化を目指して成功している。、 図表及び全体を読む

Q29.幼児総合センター:(シュアスタート・地域プログラム) 0-5歳の幼児を対象に保育・知的・社会的発達・健康について、両親も含めて地域の総合的なプログラムを提供するセンター :
シュアスタート・プログラムは英国・労働党政権が「子供の貧困」を2020年までに根絶することを目標に掲げ、そのための政策として1998年から順次実施された総合的な就学前児童・その家庭を対象とした総合的な地域プログラムである。

その特徴は、0−4才の早期の介入を重視したこと、児童だけでなく親が抱えている雇用・生活上の問題なども対象としたこと、効果の測定を計画的に行なったこと、地域での自主的なプログラムのデザインを奨励したことなどがあげられる。: あなたの社会企業の便益や特徴的な点につき簡潔にお書きください: あなたの社会企業の便益や特徴的な点につき簡潔にお書きください: あなたの社会企業の便益や特徴的な点につき簡潔にお書きください: あなたの社会企業の便益や特徴的な点につき簡潔にお書きください 図表及び全体を読む

Q30.認知症対応型デイサービス:(藤本クリニック) 若年認知症患者が自分たちでやりたいことを決める「物忘れカフェ」 :
カフェの会話のようにもの忘れを語り合う。それが「もの忘れカフェ」の由来であるが、語り合うこと、丁寧に聞き取ること、その上で取り組まれる自主的で自律的な活動。これらを支えているのは、メモリーエードにより、何のためにこれをやっているのかを理解したうえで一つの活動を行い、やり遂げる。これによりやり終えたときの達成感が全く異なり、認知症の進行に決して小さくない影響を与える。:
図表及び全体を読む
Q31.小規模多機能型居宅介護:(ほっとポケット) 自宅マンションの1室で始めたミニデイサービス「ほっとポケット」 :
ミニデイサービス「ほっとポケット」は2004年に特別養護老人ホームで働いていた同僚と二人で立ち上げた。当初のスタッフは3人。場所は自宅のマンションの一室。風呂、トイレなどを使い易いように改めた。町の開業医と連携し、小規模のメリットを生かして「スケジュールにこだわらない」臨機応変のサービスで地域連携の重要な輪になっている。
図表及び全体を読む
Q32.クリエイティブ・シティー形成事業:(NPO法人BankART1929) 横浜市の中心街再活性化策「創造界隈の形成」 :
人口370万人の大都市、横浜の旧市街地再活性化のため、歴史的建造物保存の機会を活かして文化的側面を中心に、事業運営をNPOにまかせる横浜市の英断で、クリエイティヴシティー構想を成功させた事例。BankART1929は、歴史的建造物等を文化芸術拠点として活用する横浜市のパイロット事業をきっかけに2007年に設立されたNPO法人:
図表及び全体を読む
Q33.商店街再開発:(高松丸亀町まちづくり株式会社) 商店街地権者から土地を62年間の長期利用権に転換し、住民の呼び戻しに成功した丸亀商店街 :
丸亀町商店街は、多くの都市の中心市街地と同様、郊外店の進出などにより、通行量は大幅に減少をはじめ、売り上げも急速に落ち始めました。商店街には空き店舗さえ見られるようになりました。最大の問題は、商店街地権者すべてが多額の銀行からの融資を受けており、競売を受ける危機にあり、新規投資を受けることなどできない状況にあったことです。

この難局を切り抜けるため、商店街のリーダーがとった戦略は、地権者からすべての土地の利用権を買い上げ、ゼロからの商店街デザインを行い、商店街の高層階に住民を呼び込み、その人たちが必要とするサービスすべてをまちつくり会社が専門家の立場から整備したことです

この思い切った戦略により、商店街には1,500人の住民が戻り、商店街にはその人たちが必要とする商店だけでなくドームを中心に、市民の誇りとなり、外からの人を惹きつける「人が集う広場」や公園・レストラン・福祉施設・子育て施設まですべてがそろった「人が住める」まちつくりを実現しています。 図表及び全体を読む

Q34.空き家開発、デイケア、:(タガヤセ大蔵プロジェクト) 借り手が減ってしまった古い木造賃貸アパートを新しい価値に再生して、地域のヒト・モノ・コトをたがやすタガヤセ大蔵プロジェクト :
タガヤセ大蔵プロジェクトは、空室が多くなった木賃アパートの一棟を改装し、1階にデイサービスと地域の人が寄り合うサロンを創り、地域の畑を使った農園や認知症カフェなども併設し、高齢者が、生まれ育ったまちで、いつまでも暮らせる互助の仕組みつくりを目指したプロジェクトです。
図表及び全体を読む
Q35.:(特定非営利活動法人エス・エス・エス(NPO SSS)) 住宅ストック(空き家となっている社員寮、賃貸アパート、一戸建て等)を借上げ、居住支援を行う社会的企業 :
SSSはホームレス問題が深刻だった2000年3月より、住宅と福祉制度に関するセーフティネット(受け皿)の役割を担ってきました。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県の1都4県にて生活困窮者を対象として、空き家となっている社員寮、賃貸アパート、一戸建て等の住宅ストックをオーナーから借り上げ、居住支援をベースとして生活支援、就労支援、雇用創出等を行っています。
図表及び全体を読む
: 自分でできる解決法:

サービスの利用 市政の分析・情報 ネットワーキング
どのような社会サービスがあるか(): サービスの内容・利用資格・申請手続 計画と施策(): 基本計画や活動内容 市民質問ご意見箱(): 質問・ご意見・苦情等をお寄せ下さい
優良な社会企業(): 良いサービスを提供している自治体・社会企業の例が見られます コミュニティー・カルテ(): あなたの生活満足度や課題の自己診断 イベントご案内(): 企画・イベントのご案内、あなたのイベントもご投稿下さいtd>
利用できる施設・窓口(): 公立・私立・NPO等の市民サービス向けの施設のご案内 統計を使ってみよう(): あなたの街の成果指標が見られます 事業計画の作成(): 社会起業やコミュニティー・ビジネスを起こしませんか?
オンライン申請(): 自治体やNPOのサービスにオンラインで申請や追跡が出来ます 組織・窓口(): 担当の部署や担当者の連絡先 市民からの情報(): あなたの地域情報を簡単に送れます
文書ダウンロード(): 公的な報告書や文書の閲覧やダウンロードが出来ます 役立つウェッブ情報(): この項目に関連するウェッブ・サイトが見られます リソース・パーソン(): この分野で専門知識がある方にコンタクトをしたり、専門家として登録が出来ます

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board