Home幼児期学齢期青年期就労期結婚と家族子育て暮らしのリスク中・高年期生活習慣と健康心の健康近隣との絆幸福度
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
ホーム
セクション:STAa8
のびのび親子

Select Other Sections
カテゴリー:STAa84
子どもの手の運動
Select Other Categories
フォーラム:
優良な社会企業
Activity
ActivityIDP: STA11563,
List of Content:(STA58125) 引きこもりがち: 高齢者ほど多くなるが、若者世代での急増している都市も
:
Q1. 「ひきこもりがち」の人の比率は各世代でどのようななっていますか? (「ひきこもりがち」要因保有率(世代別)):
「引きこもりがち」の問題は若者の問題と思われがちだが、実は、高齢世代で最も多くなっている都市が多い。年齢別に見ると中年期(50-64歳)から急角度に上昇している都市が多い。年代別に見ると、1990年代前半までは横ばいないし微増であったが、就職氷河期と言われる1990年代後半から増加に転じている都市が多い。
図表及び全体を読む
Q2. 「ひきこもりがち」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「ひきこもりがち」波及):
「引きこもりがち」だった人は、さまざまな将来のリスクを拡大している。学齢期には、「不登校」「いじめた」をそれぞれ5倍、8倍も増やしている。就労期には「若年無業者」「失業」をそれぞれ14倍、7倍増やしている。暮らしの関連リスクは更に大きい。「貧困」を5倍、家賃等の「支払困難」を42倍、「住居喪失」を24倍も増やしている。「引きこもりがち」の原因を明らかにして、早期の対策を講じることは喫緊の問題である。

だが、重要なことは「引きこもりがち」を経験した人は、それを克服することにより人生上の強みを得ている人も多いことが分かった。 図表及び全体を読む

Q3. 「ひきこもりがち」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか? (「ひきこもりがち」の原因):
「引きこもりがち」となるきっかけが何かを単独要因で調べると、「障がい」「失業」「働きながら介護」が3大要因となっており、それらの「引きこもりがち」を増やす効果は3.5倍、2.6倍、2倍となっており、その他の要因は、2倍以下とそれほど大きな拡大率ではありません。しかし、「引きこもりがち」は様々なリスクに波及することは、既にみたとおりです。それらを併せた、総合効果で見ると、最大のリスク要因は「居場所なし」で4.3倍、「要介護」が4.2倍と並んでいます。CCS調査で取り上げた32のリスク要因全てが、2倍前後の倍率で有意に「引きこもりがち」を増やすています。、
図表及び全体を読む
Q4. 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか? (「ひきこもりがち」のリスク軽減要因):
「引きこもりがち」になるリスクを軽減する強み要因もかなりあります。単独効果で見て、最も軽減効果が高かったのは、幼少期に「父親と同居」「祖父と同居」で「引きこもりがち」になるリスクが40%にまで低下します。一方で「引きこもりがち」になるリスクを最も高めている要因は、幼少期の「母との同居」で、実にリスクを7.5倍高めています。また、主体性の指標である将来への「目標・計画性」を持っている子は、「引きこもりがち」になるリスクを1.6倍にも増やしていることが分かりました。友人関係や親子関係が複雑化していることが見て取れますが、「親類・隣人等の支援」がある子は、リスクを73%にまで減少させています。「斜め後ろの大人」による支援が「引きこもり」を防ぐ、一つの力になっているのですね。
図表及び全体を読む
Q5. 「ひきこもりがち」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか? (「ひきこもりがち」波及の世代変化):
「引きこもりがち」は、その後の人生に大きなリスクをもたらす。学齢期には、「不登校」「いじめた」をそれぞれ5倍、8倍も増やしている。就労期には「若年無業者」「失業」をそれぞれ14倍、7倍増やしている。暮らしの関連リスクは更に大きい。「貧困」を5倍、家賃等の「支払困難」を42倍、「住居喪失」を24倍も増やしている。
図表及び全体を読む
Q6. 「ひきこもりがち」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか? (「ひきこもりがち」リスク要因の世代変化):
図表及び全体を読む
Q7. 「ひきこもりがち」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか? (「ひきこもりがち」強み要因世代変化):
図表及び全体を読む
Q8. 「ひきこもりがち」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか? (「ひきこもりがち」の原因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q9. 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか? (「ひきこもりがち」のリスク軽減要因 貢献度):
図表及び全体を読む
Q10. 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか? (「ひきこもりがち」 サービス効果):
図表及び全体を読む
: ケース・スタディー
Q1. ひきこもりの定義は何ですか? : :
図表及び全体を読む
Q2. 「ひきこもり」の現状と課題にはどのようなものがありますか? : :
図表及び全体を読む
Q1.子ども家庭総合センター: 子どもと家庭が抱えるあらゆる問題を総合的に相談できる窓口がありますか? :
図表及び全体を読む
Q2.滋賀県心の教育相談センター: 不登校の相談を専門に行なっている機関はありますか? :
図表及び全体を読む
Q3.ホームスクーリング: 発達障害で引きこもりがある不登校の子供に有効なプログラムはありますか? :
図表及び全体を読む
Q4.教育相談センター: 小学校から高校まで修学上の悩みを相談できるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q5.フリースクール: フリースクールは不登校児を救えるか? :
図表及び全体を読む
Q6.ハローワーク若年者相談コーナー: 若者向けの就職相談を受けられるところがありますか? :
図表及び全体を読む
Q7.地域若者サポートステーション: 働くことに悩みを抱えている15歳〜39歳までの若者の就労を支援してくれる施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q8.こころのダイヤル119番: 電話相談(こころのダイヤル119番)とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q9.引きこもり相談: ご自身やお子さんの引きこもりについて、専門家と相談が出来るサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q10.精神保健福祉センター: メンタルヘルスの問題を専門家に相談できるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q11.ひきこもり地域支援センター: ひきこもりの子どもや成人について相談や支援をしてくれるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q12.ひきこもり支援センター: 引きこもりについて相談をするセンターはありますか? :
図表及び全体を読む
Q13.いのちの電話: 自殺を考えるまで追い込まれた人が話を聞いてもらえる電話相談はありますか? :
図表及び全体を読む
Q14.ぎふ子育て応援団: ぎふ子育て応援団とはどういう活動を行なっているのでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q15.TOKYO子育て情報サービス : 子育てに関し、電話やFAXで気軽に相談できるサービスがありますか? :
図表及び全体を読む
利用できる施設・窓口
Q1.子ども家庭総合センター: 子どもと家庭が抱えるあらゆる問題を総合的に相談できる窓口がありますか? :
図表及び全体を読む
Q2.滋賀県心の教育相談センター: 不登校の相談を専門に行なっている機関はありますか? :
図表及び全体を読む
Q3.ホームスクーリング: 発達障害で引きこもりがある不登校の子供に有効なプログラムはありますか? :
図表及び全体を読む
Q4.教育相談センター: 小学校から高校まで修学上の悩みを相談できるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q5.フリースクール: フリースクールは不登校児を救えるか? :
図表及び全体を読む
Q6.ハローワーク若年者相談コーナー: 若者向けの就職相談を受けられるところがありますか? :
図表及び全体を読む
Q7.地域若者サポートステーション: 働くことに悩みを抱えている15歳〜39歳までの若者の就労を支援してくれる施設はありますか? :
図表及び全体を読む
Q8.こころのダイヤル119番: 電話相談(こころのダイヤル119番)とはどのようなサービスですか? :
図表及び全体を読む
Q9.引きこもり相談: ご自身やお子さんの引きこもりについて、専門家と相談が出来るサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q10.精神保健福祉センター: メンタルヘルスの問題を専門家に相談できるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q11.ひきこもり地域支援センター: ひきこもりの子どもや成人について相談や支援をしてくれるサービスはありますか? :
図表及び全体を読む
Q12.ひきこもり支援センター: 引きこもりについて相談をするセンターはありますか? :
図表及び全体を読む
Q13.いのちの電話: 自殺を考えるまで追い込まれた人が話を聞いてもらえる電話相談はありますか? :
図表及び全体を読む
Q14.ぎふ子育て応援団: ぎふ子育て応援団とはどういう活動を行なっているのでしょうか? :
図表及び全体を読む
Q15.TOKYO子育て情報サービス : 子育てに関し、電話やFAXで気軽に相談できるサービスがありますか? :
図表及び全体を読む
: 優良な社会企業
Q1.コミュニティーセンター:(コミュニティー・センター) 地域住民が主催し、幼児から老人まで全ての年代層に対する多彩なプログラムを提供する地域社会のセンター :
日本にも各種の公民館や地域センターがありますが、英国の仕組みは次のような特徴があります。

第1は、建物は自治体が提供しますが、日々の活動の運営は民間のNPOが行なっているところが多いことです。

第2は、活動内容の幅の広さです。幼児から、学童、青年、成人、老齢者間で幅広い層に対し、種々のプログラムを用意しています。

第3に広い範囲の市民の相談窓口を提供している点です。最近は多くの問題が複合的な原因で起こることが多くなっています。市民にとってこのような包括的な相談窓口が欠かせません。 図表及び全体を読む

: 自分でできる解決法:

サービスの利用 市政の分析・情報 ネットワーキング
どのような社会サービスがあるか(10): サービスの内容・利用資格・申請手続 計画と施策(): 基本計画や活動内容 市民質問ご意見箱(): 質問・ご意見・苦情等をお寄せ下さい
優良な社会企業(): 良いサービスを提供している自治体・社会企業の例が見られます コミュニティー・カルテ(): あなたの生活満足度や課題の自己診断 イベントご案内(): 企画・イベントのご案内、あなたのイベントもご投稿下さいtd>
利用できる施設・窓口(0): 公立・私立・NPO等の市民サービス向けの施設のご案内 統計を使ってみよう(): あなたの街の成果指標が見られます 事業計画の作成(): 社会起業やコミュニティー・ビジネスを起こしませんか?
オンライン申請(): 自治体やNPOのサービスにオンラインで申請や追跡が出来ます 組織・窓口(): 担当の部署や担当者の連絡先 市民からの情報(): あなたの地域情報を簡単に送れます
文書ダウンロード(): 公的な報告書や文書の閲覧やダウンロードが出来ます 役立つウェッブ情報(): この項目に関連するウェッブ・サイトが見られます リソース・パーソン(): この分野で専門知識がある方にコンタクトをしたり、専門家として登録が出来ます

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board