Homeまち創り住民登録・税・年金人生局面毎の課題とリスク教育健康・福祉雇用とビジネスインフラ整備暮らし・近隣・社会関係資本のびのび親子
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:
のびのび親子

Select Other Sections
カテゴリー:STAa84
子どもの手の運動
Select Other Categories
フォーラム:
優良な社会企業

0.

STA5451

1.
伝統文化と創造によるまち創り

STA22

2.
商店街の振興

STA814

3.
障害者福祉施策

STA531

4.
お年寄りの福祉

STA55

5.
身体の健康

STA58

6.
母子の健康管理・児童手当

STA613

7.
乳幼児向けデイケア

STA614

8.
学齢期のリスクと対応

STA62

9.
再生可能エネルギーの普及

STA713

10.
地場企業・中小企業の振興

STA810

11.
社会的ファイナンス

STA82

12.
活力ある農林水産業の育成

STA83

13.
観光の振興

STA84

14.
高齢者向け優良住宅

STA962

おひさまファンドによる二酸化炭素削減
この社会企業を支援するため寄付をしたい:
この社会起業モデルを使ったサービスが私が応援する市町村・県に出来るよう起業家に寄付をしたい:
このような社会起業モデルを応用して私の町で社会企業を立ち上げたい:
企業または団体名: おひさま進歩エネルギー株式会社 サービス提供者:
要旨: 。「おひさまファンド」は、「おひさま進歩エネルギー株式会社」が中心になって進めている取組である。これは、市民の出資を元手に、二酸化炭素の削減に関連のある設備を導入し、利益を上げ、出資者に分配する取組である。「おひさま進歩エネルギー株式会社」は、市民・行政・事業者のパートナーシップにより、NPO法人「南信州おひさま進歩」が母体となって設立された株式会社である。 :
Hampstead Heath, London, in November
参照文献: 地域づくり百貨:「緑の分権改革」事例集平成21人度 投稿日付: 2012-02-17 00:00:00
CO2削減目標
飯田市は、年間約2,100時間という恵まれた日照時間や豊富な森林資源といった地域の特性を活かし、低炭素型の地域社会経済システムの構築を目指す取組を進め、これを通じて、都市・中山間地域における持続可能な地域社会モデルを提案している。1996年から目指すべき都市像として「環境文化都市」を掲げて取組を進めてきたが、2008年には国の「環境モデル都市」にも指定された

飯田市は、持続可能な地域社会モデルを提案しており、関係事業体と行政の協働による取組を進めている。この取組が更に進展するよう、飯田市は2009年3月に作成された「飯田市環境モデル都市行動計画」によって、地域全体で低炭素な「環境文化都市」を目指し、二酸化炭素の削減目標を掲げている。「飯田市環境モデル都市行動計画」では、2030年に、現在全国的に増え続けている民生部門の温室効果ガスを2005年と比べ40〜50%削減するとしている。また、2050年に向けては、民生部門の削減に合わせて運輸部門と産業部門での削減を進め、地域全体の温室効果ガス排出量の70%削減を目指すこととしている。

「おひさまファンド」の募集状況
おひさまファンドは、2004年及び2007年に引き続き、2009年6月25日から9月15日まで、三回目となる「おひさまファンド2009」の募集を開始した。「おひさまファンド2009」は、太陽光発電を中心に出資を募るものである。2004年は延べ476名から2億150万円、2007年は653名から4億6200万円の出資をしてもらうことができた。

2009年募集は2億2300万円の募集予定であったが、環境省から1億8000万円の補助金があったため、募集総額は7,520万円であった。これには、一口10万円で募集口数が652口のものと、一口50万円で募集口数が20口のものがあったが、いずれも投資予定額に達し、募集を終了した。また、2007年6月からは毎年計画通りに現金分配を実施できている。 <p>

太陽光発電設備と省エネルギー設備
「おひさま進歩エネルギー株式会社」は、おひさまファンドで募った出資金を使い、太陽光発電設備を長野県南信州地域の幼稚園、市役所の支所等に合計38ヵ所、200kw設置している。設置された太陽光発電設備によって、2005年には総発電量241,504kwh、2006年には242,289kwhの発電が行われた。この太陽光発電設備によって発電される電気は、売買契約を結んでいる飯田市によって市場より高い1kwh当たり22円で買い取られている。さらに、飯田市は、「おひさま進歩エネルギー株式会社」と、行政財産である幼稚園・支所の屋根の目的外使用を20年間保障する長期契約も結んでいる。

 また、「おひさま進歩エネルギー株式会社」は、省エネルギー事業として、市内にある美術館、養護ホーム、レストランなど12カ所の事業所に、省エネ設備を導入している。「おひさま進歩エネルギー株式会社」は、第1回・第2回のおひさまファンドで募った出資金を使い、効率のよい冷暖房器具や省エネルギー計測システム等をリースして収入を得て、現金分配を行っている。このように事業所へ省エネルギー設備を導入することによって、年間232トンの二酸化炭素削減効果が見込まれている。

おひさまファンドが与える影響
おひさまファンドは、広く飯田市以外にも出資を呼び掛けており、環境問題に関心のある方の出資を得ている。それら市外の方に飯田市の取組を広く発信するため、飯田市は、出資者を招き、環境ツアーを実施して環境に対する高い意識を持ってもらうこととしている。
住民の参画と人材の確保・育成・活用
ア 住民の参画

 次に、住民の参画と人材の確保・育成・活用についてである。飯田市は、二酸化炭素の排出削減の取組への住民の参画に力を入れている。これは低炭素社会を実現するためには、民生部門における大幅な温室効果ガスの排出削減が必要であり、これを達成するには、地域住民の価値観と意識の転換が不可欠と考えるからである。

 具体的には、あらゆる住民が低炭素社会に向けて目標を共有化し、目指すべき目標と達成方法を明確化するために、2011年度に制定される予定の「飯田市低炭素社会基本条例(仮称)」に対する意識醸成と合意形成を図るとのことである。

イ 人材の確保・育成・活用
 飯田市は、二酸化炭素の排出削減に貢献できる人材の確保・育成・活用も進めている。まず人材の確保の取組としては、環境資源を使ったエコツーリズム等の交流の機会を活用して、低炭素社会を目指す飯田の魅力を発信し、地域外人材の二地域居住やIターンを促進している。なお、エコツーリズムの取組は、飯田市の住民の意識の向上にもつながっているとのことである。なぜならば、都市との交流を活発に行うことにより、地域の自然や文化を保存・継承する必要性を住民に自覚してもらえるからである。

 人材の育成については、まず幼稚園児に対する「おひさま進歩エネルギー株式会社」が開催する環境教育の取組がある。環境についての講習会を開くだけでなく、実際に屋根の 上で発電されている電気量が室内に設置されたパネルによって随時分かるように工夫がされている。これにより、幼稚園児の節電に対する意識が自然に高まっているとのことである。また、小中学生に対しては、太陽エネルギー、木質バイオマスエネルギー、雨水利用等を活用した意識啓発を行われている。さらに、高校生に対しては、地域ぐるみ環境ISO研究会による出前講座等が行われている。なお、幼稚園児や小学生が節電に取り組む様子を見た保護者が、家庭内でも節電に心がけるなどの影響も期待されている。

(5)その他の取組  その他の取組としては、飯田市は、職員の環境意識を高めるため、新エネルギー事業に古くから取り組んでいるドイツのウルム市と人材交流を行った。2007年6月から12月までの半年間ウルム市から職員1人を受け入れ、2008年6月から12月の半年間職員1人をウルム市へ派遣した。ドイツでは、地球温暖化・石油エネルギーの枯渇等の問題を解決するため1991年から様々な事業が行われている。特にドイツでは、太陽光発電のほか、セントラルヒーティングと呼ばれる、木材チップを使用し一カ所から暖房が必要な各部へ熱を送り届ける仕組みが有名である。また、パッシブハウスと呼ばれる地熱、熱交換換気装置等を利用した無暖房住宅等も注目されている。ウルム市との人材交流により、ウルム市へ派遣された飯田市職員は太陽光発電、パッシuハウスの効果の高さを感じた。また、既にセントラルヒーティングを導入しているウルム市での問題点などを知ることができた。例えば、ランニングコストが高い点や、エネルギー効率の点から中央集中より建物一つ一つが独立した方が効率的である点等である。今後、飯田市でセントラルヒーティングを導入する時の参考になるとのことである。また、ウルム市職員からの意見により、飯田市の進んでいる点・改めなければならない点が認識できたとのことである。

このケーススタディーをお読みになった方はどなたでもこの社会企業モデルの評価に参加できます
この社会企業を評価する 自分のニーズに合っている みんなが役割を持って参加 制度のはざまをカバー ビジネスとして長続きするか 他のまちにも応用可能か 総合評価
あなたの評価:1から5(満点) 4 4 3.5 5 4.5 4.2
test16, >
List of Content:() 統計の整備
: : ケース・スタディー
. Q1.「転入5年後」要因保有率(世代別): 「転入5年後」を経験している人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q2.「信頼」要因保有比率(世代別): 周りの人への「信頼」があると感じている人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
Q3.「転入1年前」要因保有率(世代別): :「転入1年前」を経験している人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q4.「近隣助け合い」要因保有比率: 「近隣助け合い」を持っている人の比率は年代によりどのように変化していますか?
Q5.「居場所なし」要因保有比率(世代別): 居場所なしと感じている人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
Q6.「友人ネットワーク」要因保有比率(年代別): 「友人ネットワーク」を持っている人の比率は年代によりどのように変化していますか?
Q7.「親類隣人等の支援」要因保有比率(年代別): 「親類隣人等の支援」を受けられる人の比率は年代によりどのように変化していますか?
Q8.「保育園不足」要因保有比率(世代別): 「保育園不足」の人の比率は各世代でどの位ですか?
Q9.「子ども不登校」要因保有比率(世代別): 「子ども不登校」の人の比率は各世代でどの位ですか?
Q10.「子ども雇用不安定」要因保有比率(世代別): 「子ども雇用不安定」の人の比率は各世代でどの位ですか?
Q11.「子ども授業理解困難」要因保有比率(世代別): 「子ども授業理解困難」の人の比率は各世代でどの位ですか?
Q12.「子供仲間遊び苦手」要因保有比率(世代別): 「子供仲間遊び苦手」の人の比率は各世代でどの位ですか?
Q13.「家族の支援」要因保有比率(世代別): 家族の支援があると感じている人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
Q14.「介護に専念」要因保有率(世代別): 「介護に専念」をしている人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q15.「働きながら介護」要因保有率(世代別): 「働きながら介護」をしている人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q16.「ひとり親」要因保有率(世代別): 「ひとり親」の人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q17.「虐待」要因保有率(世代別): 「虐待」を受けた人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q18. 「第2子以降を出生」要因保有率(世代別): 「第2子以降を出生」する条件が整っている人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q19. 「第1子が出生」要因保有率(世代別): 「第1子が出生」をしている人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q20. 「結婚」要因保有率(世代別): 「結婚」をしている人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q21.「人生無意味」要因保有率(世代別): 「人生無意味」の人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q22.「ひきこもりがち」要因保有率(世代別): 「ひきこもりがち」の人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q23.「不安・睡眠障がい」要因保有比率(世代別): 不安・睡眠障がいの人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
Q24.「不安定・うつ」要因保有率(世代別): 「不安定・うつ」の人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q25.「要介護」要因保有比率(世代別): 要介護の人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
Q26.「生活習慣病」要因保有比率(世代別): 生活習慣病を経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
Q27.「障がい」要因保有比率(世代別): 障がいを経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
Q28.「病気」要因保有比率(世代別): 病気を経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
Q29.「健康管理」要因保有比率(世代別): 「健康管理」をしている人の比率は世代によりどのように変化していますか?
Q30.「健康保険に加入」要因保有比率(世代別): 「健康保険に加入」している人の比率は世代によりどのように変化していますか?
Q31.「年金に加入」要因保有比率(世代別): 「年金に加入」している人の比率は世代によりどのように変化していますか?
Q32.「住宅喪失」要因保有比率(世代別): 「住宅喪失」に陥る人は世代別にみるとどのくらいの比率でしょうか?
Q33.「持ち家」要因保有比率(世代別): 「持ち家」に住んでいる人の比率は世代によりどのように変化していますか?
Q34.「支払い困難」要因保有比率(世代別): 家賃等の支払い困難に陥る人は世代別にみるとどのくらいの比率でしょうか?
Q35.「返済困難」要因保有比率(世代別): 消費者ローンなどの借り入れの返済が困難になった人は各世代でどの程度いますか?
Q36.「貧困」要因保有率(世代別): 貧困と感じている人は各世代でどの程度いるのでしょうか?
Q37.「職場いじめ」要因保有率(世代別): 「職場いじめ」に遭った人の割合は世代別にみるとどの程度でしょうか?
Q38.「正規雇用」要因保有率(世代別): 正規雇用の人の比率は世代によりどのように変化しているでしょうか?
Q39.「非正規雇用」要因保有比率: 非正規雇用の比率は世代毎にどのような変化をしているのでしょうか?
Q40.「失業」要因保有比率(世代別): 失業を経験した人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
Q41.「目標・計画性」要因保有比率(世代別): 目標・計画性があると感じている人の比率は世代毎にどのように推移していますか?
Q42.「大学卒」要因保有比率(世代別): 大学卒の人の比率は世代によりどのように変化しているのでしょうか?
Q43.「専門資格」要因保有比率: 専門資格を持っている人の比率は世代によりどのように変化していますか?
Q44.「若年無業者」要因保有比率(世代別): 「若年無業者」になる人は世代により増えているのでしょうか?
Q45.「自信・信念」要因保有率(世代別): 「自信・信念」のある人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q46.「いじめ仲裁」要因保有率(世代別): 「いじめ仲裁」の要因保有率は世代とともに同変化してきましたか?
Q47.「いじめた」要因保有比率(世代別): 他の子を「いじめた」子の割合は世代毎にどのくらい増えてきているのでしょうか?
Q48.「いじめられた」の要因保有比率(世代別)): いじめられた人の比率は年代ごとに増えているのでしょうか?
Q49.「不登校」要因保有率(世代別): 「不登校」は世代別にみると拡大しているのでしょうか?
Q50.「塾通えず」要因保有率(世代別): 「塾通えず」を経験した人の比率は、世代によりどのように推移してきたのでしょうか?
Q51.授業理解困難の要因保有比率(世代別): 授業理解困難な児童生徒は世代別にどの程度増えているのでしょうか?
Q52.「近隣に見習う」要因保有比率(世代別): 学齢期に近隣に見習うべき人がいた人は世代別にどの程度いるでしょうか?
Q53.「良い教師」要因保有比率(世代別): 学齢期に、良い教師にであった人は世代別にどのくらいいるでしょうか?
Q54.「親教育熱心」要因保有率(世代別): 子どもの頃に「親教育熱心」だった人の割合は世代によりどのように推移しているでしょうか?
Q55.「幼少時に祖母と同居」要因保有比率(世代別): 「幼少時に祖母と同居」をしていた人の割合は世代によりどのように変わってきたのでしょうか?
Q56.「幼少時に兄弟姉妹と同居」要因保有比率(世代別): 「幼少時に兄弟姉妹と同居」をしていた人の割合は世代によりどのように変わってきたのでしょうか?
Q57.「幼少時に祖父と同居」要因保有比率(世代別): 「幼少時に祖父と同居」をしていた人の割合は世代によりどのように変わってきたのでしょうか?
Q58.「幼少時に母と同居」要因保有比率(世代別): 「幼少時に母と同居」をしていた人の割合は世代によりどのように変わってきたのでしょうか?
Q59.「幼少時に父と同居」要因保有比率(世代別): 「幼少時に父と同居」をしていた人の割合は世代によりどのように変わってきたのでしょうか?
Q60.少年期貧困:世代別要因保有比率: 子供の頃、貧困な家庭に育った人は各世代でどのような比率になっているのでしょうか?
Q61.「ひとり親に養育」要因保有率(世代別): 「ひとり親に養育」された人の割合は世代ごとにどう変化していますか?
Q62.「仲間遊び苦手」要因保有比率(世代別): 子供の頃「仲間遊び苦手」だった人は、各世代でどのくらいの割合でいるのでしょうか?
Q63.「母接触少」要因保有率(世代別): 母親との接触が少なかったと感じている人は、世代別にみるとどのくらいの割合ですか?
Q64.「父接触少」要因保有率(世代別): 父親との接触が少なかったと感じている人2000年以降減少している都市が多い
Q65.「しかるしつけ」要因保有率(世代別j: 「しかるしつけ」は世代別にみるとどの程度の家庭で行われていますか?
Q66.ほめるしつけ、要因保有比率(世代別): 子供のころ「ほめるしつけ」を受けた人の割合はどのように変わってきたのでしょうか?
Q67.「高校中退」要因保有率(世代別): 高校を中退する人は世代別にみると増えているのでしょうか?
Q68.「子育て不安」 要因保有率(世代別): 「子育て不安」 のある人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q69.「高校中退」要因保有率(世代別): 高校を中退する人は世代別にみると増えているのでしょうか?
Q70.「子育て不安」 要因保有率(世代別): 「子育て不安」 のある人の比率は各世代でどのようななっていますか?
Q71.「近隣助け合い」波及: 「近隣助け合い」をしている人は将来のリスクや強みをどのように変化させていますか?
Q72. 「ボランティア 」要因保有比率: 「ボランティア 」活動に参加している人の比率は世代によりどのように変化していますか?
Q73.「近隣助け合い」要因保有比率: 「近隣助け合い」を持っている人の比率は世代によりどのように変化していますか?
Q74.「いじめ仲裁」リスク要因貢献度: 「いじめ仲裁」を抑制する要因の貢献度はどのくらいありますか?
Q75.「いじめ仲裁」リスク要因貢献度: 「いじめ仲裁」を抑制する要因の貢献度はどのくらいありますか?
Q76.「親教育熱心」世代別波及: 「親教育熱心」だった人が将来、軽減するリスクや拡大する強みは世代と共にどのように変わってきたのでしょうか?
Q77.「信頼」波及: 周りの人への「信頼」があると感じている人は、その後どのようなリスクを軽減しているでしょうか?
Q78.「転入5年後」波及: 「転入5年後」を経験している人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q79. 「ボランティア 」波及: 「ボランティア 」活動に参加している人は、将来どのようなリスクを軽減し、どのような強みを伸ばしているのでしょうか?
Q80.「転入1年前」波及: :「転入1年前」を経験している人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q81.「近隣助け合い」波及: 「近隣助け合い」を持っている人は、将来どのようなリスクを軽減し、どのような強みを伸ばしているフでしょうか?
Q82.「居場所なし」波及: 居場所なしと感じている人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか?
Q83.「友人ネットワーク」波及: 「友人ネットワーク」を持っている人は、将来どのようなリスクを軽減し、どのような強みを伸ばしているのでしょうか?
Q84.「親類隣人等の支援」波及: 「親類隣人等の支援」を受けられる人は、将来どのようなリスクを軽減し、どのような強みを伸ばしているのでしょうか?
Q85.「保育園不足」波及: 「保育園不足」となった親はそれ以降どのようなリスク・強みが増えるのでしょうか?
Q86.「子ども不登校」波及: 「子ども不登校」となった親はそれ以降どのようなリスク・強みが増えるのでしょうか?
Q87.「子ども雇用不安定」波及: 「子ども雇用不安定」となった親はそれ以降どのようなリスク・強みが増えるのでしょうか?
Q88.「子ども授業理解困難」波及: 「子ども授業理解困難」となった親はそれ以降どのようなリスク・強みが増えるのでしょうか?
Q89.「子供仲間遊び苦手」波及: 「子供仲間遊び苦手」となった親はそれ以降どのようなリスク・強みが増えるのでしょうか?
Q90.「子育て不安」 波及: 「子育て不安」 のある人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q91.「家族の支援」波及: 家族の支援があると感じている人は、その後どのようなリスクを軽減しているでしょうか?
Q92.「介護に専念」波及: 「介護に専念」をしている人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q93.「働きながら介護」波及: 「働きながら介護」をしている人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q94.「ひとり親」波及: 「ひとり親」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q95.「虐待」波及: 「虐待」を受けた人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q96. 「第2子以降を出生」波及: 「第2子以降を出生」する条件が整っている人は、その後、どのようなリスクや強みを増やすでしょうか?
Q97. 「第1子が出生」波及: 「第1子が出生」をしている人は、その後、どのようなリスクや強みを増やすでしょうか?
Q98. 「結婚」波及: 「結婚」をしている人は、その後、どのようなリスクや強みを増やすでしょうか?
Q99.「人生無意味」波及: 「人生無意味」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q100.「ひきこもりがち」波及: 「ひきこもりがち」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q101.「不安・睡眠障がい」波及: 不安・睡眠障がいの人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか?
Q102.「不安定・うつ」波及: 「不安定・うつ」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q103.「要介護」波及: 要介護の人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか?
Q104.「生活習慣病」波及: 生活習慣病を経験した人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか?
Q105.「障がい」波及: 障がいを経験した人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか?
Q106.「病気」波及: 病気をした人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか?
Q107.「健康管理」波及: 「健康管理」をしている人はその後どのようなリスクを軽減し、強みを拡大するのでしょうか?
Q108.「健康保険に加入」波及: 「健康保険に加入」している人はその後どのようなリスクを軽減し、強みを拡大するのでしょうか?
Q109.「年金に加入」波及: 「年金に加入」している人はその後どのようなリスクを軽減し、強みを拡大するのでしょうか?
Q110.「住宅喪失」波及: 「住宅喪失」に陥る人は、その後どのようなリスクや強みに連鎖をするのでしょうか?
Q111.「持ち家」波及: 「持ち家」に住んでいる人はその後どのようなリスクを軽減し、強みを拡大するのでしょうか?
Q112.「支払い困難」波及: 家賃等の支払い困難に陥る人は、その後どのようなリスクや強みに連鎖をするのでしょうか?
Q113.「返済困難」波及: 「返済困難」に陥った人はその後どのようなリスクを増やしたり、強みが低下したりするのでしょう?
Q114.「貧困」波及: 貧困になった人は、その後どのようなリスクが起こりやすいでしょうか?
Q115.「職場いじめ」波及: 「職場いじめ」に遭った人は、その後どのようなリスクと強みを抱えるのでしょうか?
Q116.「正規雇用」波及: 正規雇用の人は、その後、どのようにリスクを避けたり、強みを伸ばしたりしているのでしょうか?
Q117.「非正規雇用」波及: 非正規雇用の人が、その後に抱えやすいリスクは何でしょうか?
Q118.「失業」波及: 失業をした人は、その後どのようなリスクに遭いやすいでしょうか?
Q119.「目標・計画性」波及: 目標・計画性があると感じている人は、その後どのようなリスクを軽減しているでしょうか?
Q120.「大学卒」波及: 大学卒の人は、そうでない人と比べ、どの程度、将来のリスクを軽減したり、強みを軽減しているのでしょうか?
Q121.「専門資格」波及: 専門資格を取っている人はその後どのような強みやリスクを持つことが多いでしょうか?
Q122.「若年無業者」波及: 「若年無業者」になると将来のリスクがどのように増えますか?
Q123.「高校中退」要因保有率: 高校中退をした方の比率は、世代毎、年代毎、年齢ごとにどのような推移を遂げていますか?
Q124.「高校中退」波及: 高校中退をした方はその後どのようなリスクや強みを持つことになりますか?
Q125.「自信・信念」波及: 「自信・信念」のある人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q126.「いじめ仲裁」波及: 「いじめ仲裁」の強みを持った人は将来どのようなリスクを軽減しますか?
Q127.「いじめた」波及: 他の子を「いじめた」子は、その後どのようなリスクや強みを持つでしょうか?
Q128.いじめられたの波及: いじめに遭った子どもは、その後どのようなリスクを抱えることになりますか?
Q129.「不登校」将来への波及: 「不登校」を経験した子は将来どのようなリスクを拡大し、どのような強みを縮小しますか?
Q130.「塾通えず」波及: 「塾通えず」を経験した人は、その後どのようなリスクと強みを持つようになったのでしょうか?
Q131.授業理解困難の波及: 授業理解困難な子が、その後に抱えやすいリスクはどのようなものがありますか?
Q132.「良い教師」波及: 「良い教師」に遇った人はその後どのようにリスクを軽減したり強みを増やしたりするのでしょうか?
Q133.「近隣に見習う」波及: 「近隣に見習う」人はどのような将来の波及があるでしょうか?
Q134.「親教育熱心」波及: 子どもの頃、「親教育熱心」だった人は、その後、どのようなリスクを軽減し、どのような強みを拡大しているのでしょうか?
Q135.「幼少時に祖父と同居」波及: 「幼少時に祖父と同居」をしていた子は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか?
Q136.「幼少時に祖母と同居」波及: 「幼少時に祖母と同居」をしていた子は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか?
Q137.「幼少時に兄弟姉妹と同居」波及: 「幼少時に兄弟姉妹と同居」をしていた子は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか?
Q138.「幼少時に父と同居」波及: 「幼少時に父と同居」をしていた子は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか?
Q139.「少年期貧困」波及: 子供の頃、家庭が貧困だった人は、その後、どのようなリスクに遭いやすいのでしょうか?
Q140.「ひとり親に養育」波及: 「ひとり親に養育」された人は、その後、どのようなリスクと強みを持つのでしょうか?
Q141.「母、接触少」波及: 幼少期に母親の接触が少なかった人は、その後どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q142.「しかるしつけ」将来への波及: 「しかるしつけ」を受けた人は、その後どのようなリスクを拡大したり、強みを縮小したりしますか?
Q143.「ほめるしつけ」波及: 「ほめるしつけ」を受けた子は、その後どのようなリスクを軽減し、強みを増やしているのでしょうか?
Q144.「信頼」リスク要因: 「周りの人への「信頼」が減少するリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか?
Q145.「転入1年前」の原因: :「転入1年前」に多くみられたリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q146. 「ボランティア 」リスク要因: 「ボランティア 」活動に参加するのを妨げているリスク要因は何ですか?
Q147.「近隣助け合い」リスク要因: 「近隣助け合い」を創るのを妨げているリスク要因は何ですか?
Q148.「居場所なし」リスク要因: 「居場所なし」になるリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか?
Q149.「親類隣人等の支援」リスク要因: 「親類隣人等の支援」を受けるのを妨げているリスク要因は何ですか?
Q150.「友人ネットワーク」リスク要因: 「友人ネットワーク」を創るのを妨げているリスク要因は何ですか?
Q151.「保育園不足」リスク要因: 「保育園不足」を増やしている親のリスク要因にはどのようなものがありますか?
Q152.「子ども不登校」親のリスク要因: 「子ども不登校」を増やしている親のリスク要因にはどのようなものがありますか?
Q153.「子ども雇用不安定」親のリスク要因: 「子ども雇用不安定」を増やしている親のリスク要因にはどのようなものがありますか?
Q154.「子供仲間遊び苦手」親のリスク要因: 「子供仲間遊び苦手」を増やしている親のリスク要因にはどのようなものがありますか?
Q155.「子育て不安」 のリスク要因: 「子育て不安」が生じる原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q156.「家族の支援」リスク要因: 「家族の支援」が減少するリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか?
Q157.「介護に専念」の原因: 「介護に専念」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q158.「働きながら介護」の原因: 「働きながら介護」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q159.「ひとり親」の原因: 「ひとり親」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q160.「虐待」の原因: 「虐待」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q161. 「第2子以降を出生」のリスク要因: 「第2子以降を出生」の条件を抑制要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q162. 「第1子が出生」のリスク要因: 「第1子が出生」の抑制要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q163. 「結婚」のリスク要因: 「結婚」の抑制要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q164.「人生無意味」の原因: 「人生無意味」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q165.「ひきこもりがち」の原因: 「ひきこもりがち」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q166.「不安・睡眠障がい」リスク要因: 「不安・睡眠障がい」になるリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか?
Q167.「不安定・うつ」の原因: 「不安定・うつ」の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q168.「要介護」リスク要因: 「要介護」になるリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか?
Q169.「生活習慣病」原因: 「生活習慣病」の原因となるリスクにはどのようなものがあるでしょうか?
Q170.「障がい」原因: 「障がい」の原因となるリスクにはどのようなものがあるでしょうか?
Q171.「病気」原因: 「病気」の原因となるリスクにはどのようなものがあるでしょうか?
Q172.「健康管理」リスク要因: 「健康管理」に住む機会を妨げているリスク要因は何でしょうか?
Q173.「健康保険に加入」リスク要因: 「健康保険に加入」にする機会を妨げているリスク要因は何でしょうか?
Q174.「持ち家」リスク要因: 「持ち家」に住む機会を妨げているリスク要因は何でしょうか?
Q175.「年金に加入」リスク要因: 「年金に加入」にする機会を妨げているリスク要因は何でしょうか?
Q176.「住宅喪失」原因: 「住宅喪失」に陥るリスクを拡大している要因はどのようなものがありますか?
Q177.「支払い困難」原因: 家賃等の支払い困難に陥るリスクを拡大している要因はどのようなものがありますか?
Q178.「返済困難」リスク要因: 「返済困難」になるリスクを高めるリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか?
Q179.「貧困」リスク要因: 貧困に陥る原因としてはどのようなリスク要因があるのでしょうか?
Q180.「職場いじめ」リスク要因: 「職場いじめ」のリスクを増やす要因は何ですか?
Q181.「正規雇用」リスク要因: 正規雇用になる機会を阻害するリスク要因にはどのようなものがありますか??
Q182.「非正規雇用」リスク要因: 非正規雇用になりやすい要因は何ですか?
Q183.「失業」原因: 「失業」の原因となるリスクにはどのようなものがあるでしょうか?
Q184.「目標・計画性」リスク要因: 「目標・計画性」が減少するリスク要因にはどのようなものがあるのでしょうか?
Q185.{大学卒」リスク要因: 大学卒の資格を取るためにリスクとなる要因は何ですか?
Q186.「専門資格」原因: 専門資格を取る機会を減らすリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q187.「若年無業者」原因: 「若年無業者」になるリスク要因は何でしょうか?
Q188.「高校中退」原因: 高校中退の原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q189.「自信・信念」のリスク要因: 「自信・信念」を失う原因となるリスク要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q190.「いじめ仲裁」原因: 「いじめ仲裁」の強みを育てる要因にはどのようなものがありますか?
Q191.「いじめた」原因: 他の子を「いじめた」子は、過去にどのようなリスクを抱えていたのでしょうか?
Q192.いじめの防止: どのような幼児期の要因がいじめに遭うリスクを高めるのでしょうか?
Q193.「不登校」リスク要因: どのような要因が「不登校」になるリスクを拡大していますか?
Q194.「塾通えず」リスク要因: 「塾通えず」の原因となっているリスク要因にはどのようなものがありますか?
Q195.「授業理解困難」の原因: 授業理解困難を生む最大の要因は幼児期の社会性発達の遅れ。
Q196.「信頼」強み要因: 「周りの人への「信頼」を増やす強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q197.「転入5年後」のリスク要因: 「転入5年後」に多くみられたリスク要因にはどのようなものがありますか?
Q198.「転入5年後」のリスク軽減要因: 「転入5年後」に多くみられた強み要因にはどのようなものがありますか?
Q199.「転入1年前」のリスク軽減要因: :「転入1年前」に多くみられた強み要因にはどのようなものがありますか?
Q200. 「ボランティア 」強み要因: 「ボランティア 」活動に参加するのを促進する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q201.「近隣助け合い」強み要因: 「近隣助け合い」創りを促進する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q202.「居場所なし」強み要因: 「居場所なし」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q203.「親類隣人等の支援」強み要因: 「親類隣人等の支援」を受けるのを促進する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q204.「友人ネットワーク」強み要因: 「友人ネットワーク」創りを促進する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q205.「保育園不足」強み要因: 「保育園不足」のリスクを軽減している親の強み要因にはどのようなものがありますか?
Q206.「子ども雇用不安定」親の強み要因: 「子ども雇用不安定」のリスクを軽減している親の強み要因にはどのようなものがありますか?
Q207.「子ども不登校」親の強み要因: 「子ども不登校」のリスクを軽減している親の強み要因にはどのようなものがありますか?
Q208.「子育て不安」 のリスク軽減要因: 「子育て不安」 を減らす強み要因にはどのようなものがありますか?
Q209.「家族の支援」強み要因: 「家族の支援」を増やす強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q210.「介護に専念」のリスク軽減要因: 「介護に専念」をするリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q211.「働きながら介護」のリスク軽減要因: 「働きながら介護」をするリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q212.「ひとり親」のリスク軽減要因: 「ひとり親」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q213.「虐待」のリスク軽減要因: 「虐待」を受けるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q214. 「第2子以降を出生」のリスク軽減要因: 「第2子以降を出生」の条件を促進要因にはどのようなものがありますか?
Q215. 「第1子が出生」のリスク軽減要因: 「第1子が出生」の促進要因にはどのようなものがありますか?
Q216. 「結婚」のリスク軽減要因: 「結婚」の促進要因にはどのようなものがありますか?
Q217.「人生無意味」のリスク軽減要因: 「人生無意味」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q218.「ひきこもりがち」のリスク軽減要因: 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q219.「不安・睡眠障がい」強み要因: 「不安・睡眠障がい」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q220.「不安定・うつ」のリスク軽減要因: 「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q221.「要介護」強み要因: 「要介護」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q222.「生活習慣病」強み要因: 「生活習慣病」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q223.「障がい」強み要因: 「障がい」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q224.「病気」強み要因: 「病気」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q225.「健康管理」強み要因: 「健康管理」に住む機会を増やしている強み要因は何でしょうか?
Q226.「年金に加入」強み要因: 「年金に加入」する機会を増やしている強み要因は何でしょうか?
Q227.「健康保険に加入」強み要因: 「健康保険に加入」する機会を増やしている強み要因は何でしょうか?
Q228.「持ち家」強み要因: 「持ち家」に住む機会を増やしている強み要因は何でしょうか?
Q229.「住宅喪失」強み要因: 「住宅喪失」に陥るリスクを軽減している強み要因はどのようなものがありますか?
Q230.「支払い困難」強み要因: 家賃等の支払い困難に陥るリスクを軽減している強み要因はどのようなものがありますか?
Q231.「返済困難」強み要因: 「返済困難」になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるのでしょうか?
Q232.「貧困」強み要因: 貧困になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q233.「職場いじめ」強み要因: 「職場いじめ」のリスクを軽減する強み要因は何ですか?
Q234.「非正規雇用」 強み要因: 非正規雇用になるリスクを軽減する強み要因は何ですか?
Q235.「正規雇用」強み要因: 正規雇用になる機会を拡大する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q236.「失業」強み要因: 「失業」のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q237.「目標・計画性」強み要因: 「目標・計画性」を増やす強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q238.{大学卒」強み要因: 大学卒の資格を取るために役立つ要因は何ですか?
Q239.「専門資格」強み要因: 専門資格を取るために役立っている強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q240.「若年無業者」強み要因: 「若年無業者」になるリスクを下げる強み要因は何でしょうか?
Q241.「高校中退」強み要因: 高校中退のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q242.「自信・信念」のリスク軽減要因: 「自信・信念」を増やす強み要因にはどのようなものがありますか?
Q243.「いじめ仲裁」リスク要因: 「いじめ仲裁」をする人を減らすリスク要因は何ですか?
Q244.「いじめた」強み要因: どのような強み要因が、他の子を「いじめた」リスクを軽減しているのでしょうか?
Q245.「いじめられた」強み要因: いじめに遭うリスクを防ぐ強み要因にはどのようなものがありますか?
Q246.「不登校」強み要因: 不登校のリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるのでしょうか?
Q247.「塾通えず」強み要因: 「塾通えず」のリスクを低減する強み要因にはどのようなものがありますか?
Q248.授業理解困難:強み要因: 授業理解困難のリスクを軽減する強み要因の効果はどの程度ですか?
Q249.「仲間遊び苦手」強み要因: 「仲間遊び苦手」になるのを防ぐ強み要因は何かありますか?
Q250.「子育て不安」 波及の世代変化: 「子育て不安」 の将来への波及の強さは世代と共にどのように変化していますか?
Q251.「ひとり親」波及の世代変化: 「ひとり親」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q252.「虐待」波及の世代変化: 「虐待」を受けた人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q253. 「第2子以降を出生」波及の世代変化: 「第2子以降を出生」の条件が整っている人が他のリスク・強みへの波及の強さは世代によりどう変化していますか?
Q254. 「第1子が出生」波及の世代変化: 「第1子が出生」の他のリスク・強みへの波及の強さは世代によりどう変化していますか?
Q255. 「結婚」波及の世代変化: 「結婚」の他のリスク・強みへの波及の強さは世代によりどう変化していますか?
Q256.「人生無意味」波及の世代変化: 「人生無意味」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q257.「ひきこもりがち」波及の世代変化: 「ひきこもりがち」の人は、その後、どのようなリスクを抱えやすいでしょうか?
Q258.「不安定・うつ」波及の世代変化: 「不安定・うつ」の将来への波及の強さは世代とともにどのように変化していますか?
Q259.「貧困」波及 世代変化: 貧困の波及の強さは世代と共にどのように変化してきたでしょうか?
Q260.「正規雇用」波及 世代変化: 正規雇用の波及の強さは世代によりどのように変化しているのでしょうか?
Q261.「非正規雇用」波及は世代変化: 「非正規雇用」の波及は世代によりどのように変化してきましたか?
Q262.「大学卒」波及世代変化: 「大学卒」の人のその後の波及効果は世代とともにどのように変化してきたのでしょうか?
Q263.「専門資格」波及 世代別変化: 「専門資格」の波及の強さは世代によりどのような変化ありましたか?
Q264.「若年無業者」波及世代変化: 「若年無業者」の波及は世代によりどのように変わってきたでしょうか?
Q265.「高校中退」波及の世代変化: 高校中退の波及の強さは世代によりどのように変化してきましたか?
Q266.「自信・信念」波及の世代変化: 「自信・信念」の人は、その後、どのようなリスク・強みを持つことが多いのでしょうか?
Q267.「いじめ仲裁」波及世代変化: 「いじめ仲裁」の波及の強さは,世代によりどのように変化しているでしょうか?
Q268.「いじめられた」波及世代変化: 「いじめられた」の波及は世代によりどのような変化してきたのでしょう?
Q269.「不登校」 波及世代変化: 「不登校」の波及は世代と共にどのように変化しているのでしょうか?
Q270.授業理解困難」波及世代変化: 「授業理解困難」の波及の強さは世代によりどのように変化をしていますか?
Q271.「仲間遊び苦手」波及世代変化: 「仲間と遊び苦手」の波及は世代と共にどのように変化してきましたか?だった人は、その後、どのようなリスクに遭うことが多いのでしょうか?
Q272.「ひとり親」リスク要因の世代変化: 「ひとり親」になるリスク要因は世代とともにどのように変化していますか?
Q273.「虐待」リスク要因の世代変化: 「虐待」を受けるリスク要因は世代とともにどのように変化していますか?
Q274. 「第2子以降を出生」リスク要因の世代変化: 「第2子以降を出生」の条件を抑制要因は世代によりどのように変化していますか?
Q275. 「第1子が出生」リスク要因の世代変化: 「第1子が出生」の抑制要因は世代によりどのように変化していますか?
Q276. 「結婚」リスク要因の世代変化: 「結婚」の抑制要因は世代により同変化していますか?
Q277.「人生無意味」リスク要因の世代変化: 「人生無意味」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか?
Q278.「ひきこもりがち」リスク要因の世代変化: 「ひきこもりがち」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか?
Q279.「不安定・うつ」リスク要因の世代変化: 「不安定・うつ」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか?
Q280.「貧困」リスク要因 世代変化: 貧困に陥るリスク要因は世代と共にどのように変化してきたでしょうか?
Q281.「正規雇用」リスク要因 世代変化: 正規雇用になる機会を減らすリスク要因は世代によりどのように変化しているのでしょうか?
Q282.「非正規雇用」原因の世代変化: 「非正規雇用」になりリスク要因は世代とともにどのように変わってきていますか?
Q283.大学卒 のリスク要因世代別: 大学卒の資格を取ることを困難にする条件は世代によりどのように変わってきましたか?
Q284.「専門資格」リスク要因 世代変化: 「専門資格」を取得する機会を減らしているリスク要因は世代ごとにどのように変化しているのでしょうか?
Q285.「高校中退」原因の世代変化: 高校中退の原因となるリスク要因は世代によりどのように変化してきたのですか?
Q286.「自信・信念」リスク要因の世代変化: 「自信・信念」のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか?
Q287.「いじめ仲裁」リスク世代変化: 「いじめ仲裁」のリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか?
Q288.「いじめられた」リスク世代変化: 「いじめられた」のリスク要因は世代によりどのように変化しているでしょうか?
Q289.「不登校」リスク世代変化: 「不登校」の原因は世代によりどのように変化をしていますか?
Q290.授業理解困難」リスク世代変化: 「授業理解困難」の原因は世代によりどのように変化をしていますか?
Q291.「仲間遊び苦手」リスク要因世代変化: 「仲間と遊び苦手」のリスク要因は世代と共にどのように変化してきましたか?だった人は、その後、どのようなリスクに遭うことが多いのでしょうか?
Q292.「子育て不安」 リスク要因の世代変化: 「子育て不安」 のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか?
Q293.「若年無業者」リスク要因世代変化: 「若年無業者」になるリスク要因は世代毎にどのように変化しているでしょうか?
Q294.「子育て不安」 リスク要因の世代変化: 「子育て不安」 のリスク要因は世代とともにどのように変化していますか?
Q295.「子育て不安」 強み要因世代変化: 「子育て不安」 のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか?
Q296.「ひとり親」強み要因世代変化: 「ひとり親」になるリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか?
Q297.「虐待」強み要因世代変化: 「虐待」を受けるリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか?
Q298. 「第2子以降を出生」強み要因世代変化: 「第2子以降を出生」の条件を促進要因は世代によりどのように変化していますか?
Q299. 「第1子が出生」強み要因世代変化: 「第1子が出生」の促進要因は世代によりどのように変化していますか?
Q300. 「結婚」強み要因世代変化: 「結婚」の促進要因は世代により同変化していますか?
Q301.「人生無意味」強み要因世代変化: 「人生無意味」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか?
Q302.「ひきこもりがち」強み要因世代変化: 「ひきこもりがち」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか?
Q303.「不安定・うつ」強み要因世代変化: 「不安定・うつ」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか?
Q304.「貧困」強み要因 世代変化: 貧困になるリスクを軽減する強み要因にはどのようなものがあるでしょうか?
Q305.「正規雇用」強み要因 世代変化: 正規雇用になる機会を高める強み要因は世代によりどのように変化しているのでしょうか?
Q306.(「非正規雇用」強み世代変化: 「非正規雇用」になり強み要因は世代とともにどのように変わってきていますか? )
Q307.大学卒 の強み要因世代別: 大学卒の資格を取るために役立つ条件は世代によりどのように変わってきましたか?
Q308.「専門資格」強み要因 世代変化: 「専門資格」を取得する機会を増やすリスク要因は世代ごとにどのように変化しているのでしょうか?
Q309.「若年無業者」リスク要因の世代変化: 「若年無業者」になるリスクを減らす強み要因は世代によりどのような変化してきていますか?
Q310.「若年無業者」強み要因の世代変化: 「若年無業者」になるリスクを減らす強み要因は世代によりどのような変化してきていますか?
Q311.「高校中退」強み要因の世代変化: 高校中退のリスクを軽減する強み要因は世代によりどのように変化してきたのですか?
Q312.「自信・信念」強み要因世代変化: 「自信・信念」のリスクを軽減する強み要因の効果は、世代ごとにどのように変化していますか?
Q313.「いじめ仲裁」に対するサービス効果: 「いじめ仲裁」に対する公共サービスの効果はどの程度でしょうか?
Q314.「いじめられた」強み要因世代変化: 「いじめられた」のリスクを軽減する強み要因は世代によりどのように変化しているでしょうか?
Q315. 「不登校」強み要因世代変化: 「不登校」を軽減する強み要因は世代によりどのように変化をしていますか?
Q316.「授業理解困難」強み要因世代変化: 「授業理解困難」を軽減する強み要因は世代によりどのように変化をしていますか?
Q317.「仲間遊び苦手」強み要因世代変化: 「仲間と遊び苦手」の強み要因は世代と共にどのように変化してきましたか?だった人は、その後、どのようなリスクに遭うことが多いのでしょうか?
Q318.「信頼」原因 貢献度: 「周りの人への「信頼」が減少する原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q319.「転入5年後」の原因 貢献度: 「転入5年後」に多くみられたリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q320. 「ボランティア 」リスク要因貢献度: 「ボランティア 」活動に参加するのを妨げているリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q321.「転入1年前」の原因 貢献度: :「転入1年前」に多くみられたリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q322.「近隣助け合い」リスク要因貢献度: 「近隣助け合い」を創るのを妨げているリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q323.「居場所なし」原因 貢献度: 「居場所なし」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q324.「親類隣人等の支援」リスク要因貢献度: 「親類隣人等の支援」を受けるのを妨げているリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q325.「友人ネットワーク」リスク要因貢献度: 「友人ネットワーク」を創るのを妨げているリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q326.「保育園不足」リスク要因 貢献度: 「保育園不足」を増やしている親のリスク要因の貢献度はどの程度ですか?
Q327.「子ども雇用不安定」親のリスク要因 貢献度: 「子ども雇用不安定」を増やしている親のリスク要因の貢献度はどの程度ですか?
Q328.「子ども不登校」親のリスク要因 貢献度: 「子ども不登校」を増やしている親のリスク要因の貢献度はどの程度ですか?
Q329.「子ども授業理解困難」親のリスク要因 貢献度: 「子ども授業理解困難」を増やしている親のリスク要因の貢献度はどの程度ですか?
Q330.「子供仲間遊び苦手」親のリスク要因 貢献度: 「子供仲間遊び苦手」を増やしている親のリスク要因の貢献度はどの程度ですか?
Q331.「家族の支援」原因 貢献度: 「家族の支援」が減少する原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q332.「介護に専念」の原因 貢献度: 「介護に専念」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q333.「働きながら介護」の原因 貢献度: 「働きながら介護」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q334.「ひとり親」の原因 貢献度: 「ひとり親」になるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q335.「虐待」の原因 貢献度: 「虐待」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q336. 「第2子以降を出生」の原因 貢献度: 「第2子以降を出生」の条件を抑制要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q337. 「結婚」の原因 貢献度: 「結婚」の抑制要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q338.「人生無意味」の原因 貢献度: 「人生無意味」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q339.「ひきこもりがち」の原因 貢献度: 「ひきこもりがち」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q340.「不安・睡眠障がい」原因 貢献度: 「不安・睡眠障がい」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q341.「不安定・うつ」の原因 貢献度: 「不安定・うつ」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q342.「要介護」原因 貢献度: 「要介護」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q343.「生活習慣病」原因 貢献度: 「生活習慣病」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q344.「障がい」原因 貢献度: 「障がい」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q345.「病気」原因 貢献度: 「病気」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q346.「健康管理」リスク要因 貢献度: 「健康管理」に住む機会を妨げているリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q347.「健康保険に加入」リスク要因 貢献度: 「健康保険に加入」する機会を妨げているリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q348.「年金に加入」リスク要因 貢献度: 「年金に加入」する機会を妨げているリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q349.「住宅喪失」原因 貢献度: 「住宅喪失」に陥るリスクを拡大している要因はどのようなものがありますか?
Q350.「持ち家」リスク要因 貢献度: 「持ち家」に住む機会を妨げているリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q351.「支払い困難」原因 貢献度: 家賃等の支払い困難に陥るリスクを拡大している要因はどのようなものがありますか?
Q352.「返済困難」リスク要因の貢献度: 「返済困難」になるリスクを高めるリスク要因の貢献度はどの程度ですか?
Q353. 「貧困」リスク要因の貢献度: 「貧困」のリスクを拡大するリスク要因の貢献度はどのくらいですか?
Q354.「職場いじめ」リスク要因 貢献度: 「職場いじめ」のリスク要因の貢献度はどの程度ですか?
Q355.「正規雇用」リスク要因 貢献度: 正規雇用になる機会を阻害するリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q356.「非正規雇用」リスク要因の貢献度: 非正規雇用になりやすい要因は何ですか?
Q357.「失業」原因 貢献度: 「失業」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q358.「目標・計画性」原因 貢献度: 「目標・計画性」が減少する原因となるリスク要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q359.「大学卒」リスク要因貢献度: 大学卒の資格を取るためにリスクに貢献度が高い要因は何ですか?
Q360.「専門資格」原因 貢献度: 専門資格を取る機会を減らすリスク要因はどの程度貢献しているでしょうか?
Q361.「若年無業者」リスク要因貢献度: 「若年無業者」リスク要因の内、リスクを拡大する貢献度が大きいものにはどのようなものがありますか?
Q362.「高校中退」原因の貢献度: 高校中退の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるでしょうか?
Q363.「自信・信念」の原因 貢献度: 「自信・信念」の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q364.「いじめ仲裁」強み要因貢献度: 「いじめ仲裁」を促進する強み要因の貢献度はどのようなものですか?
Q365.「いじめた」原因貢献度: どのようなリスク要因が、他の子を「いじめた」リスクを拡大するのに貢献しているのでしょうか?
Q366.「いじめられた」リスク要因の貢献度: 「いじめられた」に対するリスク要因の貢献度はどのようになっていますか?
Q367.「不登校」リスク要因の貢献度: 「不登校」のリスク要因の貢献度はどのくらいでしょうか?
Q368.「塾通えず」リスク要因貢献率: 「塾通えず」の原因となっているリスク要因の貢献度はどの程度ですか?
Q369.「授業理解困難」リスク貢献度: 「授業理解困難」を拡大する貢献度が大きいリスク要因はどのようなものがありますか?
Q370.「いじめ仲裁」強み貢献度: 「いじめ仲裁」を促進する強み要因の貢献度がどのくらいありますか?
Q371.第1子出生 リスク貢献度: 第1子出生を抑制するリスク要因のそれぞれの貢献度はどの位ありますか
Q372.「子育て不安」 の原因 貢献度: 「子育て不安」 の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q373.「いじめ仲裁」強み貢献度: 「いじめ仲裁」を促進する強み要因の貢献度がどのくらいありますか?
Q374.第1子出生 リスク貢献度: 第1子出生を抑制するリスク要因のそれぞれの貢献度はどの位ありますか
Q375.「子育て不安」 の原因 貢献度: 「子育て不安」 の原因となるリスク要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q376.「信頼」強み要因 貢献度: 「周りの人への「信頼」を増やす強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q377.「転入5年後」のリスク軽減要因 貢献度: 「転入5年後」に多くみられた強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q378. 「ボランティア 」強み要因貢献度: 「ボランティア 」活動に参加するのを促進する強み要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q379.「転入1年前」のリスク軽減要因 貢献度: :「転入1年前」に多くみられた強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q380.「近隣助け合い」強み要因貢献度: 「近隣助け合い」創りを促進する強み要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q381.「親類隣人等の支援」強み要因貢献度: 「親類隣人等の支援」を受けるのを促進する強み要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q382.「居場所なし」強み要因 貢献度: 「居場所なし」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q383.「友人ネットワーク」強み要因貢献度: 「友人ネットワーク」創りを促進する強み要因の貢献度はどの程度あるのでしょうか?
Q384.「保育園不足」強み要因 貢献度: 「保育園不足」の親の強み要因の貢献度はどの程度ですか?
Q385.「子ども雇用不安定」親の強み要因 貢献度: 「子ども雇用不安定」の親の強み要因の貢献度はどの程度ですか?
Q386.「子ども不登校」親の強み要因 貢献度: 「子ども不登校」の親の強み要因の貢献度はどの程度ですか?
Q387.「子ども授業理解困難」親の強み要因 貢献度: 「子ども授業理解困難」の親の強み要因の貢献度はどの程度ですか?
Q388.「子供仲間遊び苦手」親の強み要因 貢献度: 「子供仲間遊び苦手」の親の強み要因の貢献度はどの程度ですか?
Q389.「家族の支援」強み要因 貢献度: 「家族の支援」を増やす強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q390.「介護に専念」のリスク軽減要因 貢献度: 「介護に専念」を受けるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q391.「働きながら介護」のリスク軽減要因 貢献度: 「働きながら介護」を受けるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q392.「ひとり親」のリスク軽減要因 貢献度: 「ひとり親」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q393.「虐待」のリスク軽減要因 貢献度: 「虐待」を受けるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q394. 「第2子以降を出生」のリスク軽減要因 貢献度: 「第2子以降を出生」の条件を促進要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q395. 「第1子が出生」のリスク軽減要因 貢献度: 「第1子が出生」の促進要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q396. 「結婚」のリスク軽減要因 貢献度: 「結婚」の促進要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q397.「人生無意味」のリスク軽減要因 貢献度: 「人生無意味」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q398.「ひきこもりがち」のリスク軽減要因 貢献度: 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q399.「不安・睡眠障がい」強み要因 貢献度: 「不安・睡眠障がい」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q400.「不安定・うつ」のリスク軽減要因 貢献度: 「不安定・うつ」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q401.「要介護」強み要因 貢献度: 「要介護」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q402.「生活習慣病」強み要因 貢献度: 「生活習慣病」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q403.「障がい」強み要因 貢献度: 「障がい」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q404.「病気」強み要因 貢献度: 「病気」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q405.「健康管理」強み要因 貢献度: 「健康管理」をする機会を増やしている強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q406.「健康保険に加入」強み要因 貢献度: 「健康保険に加入」する機会を増やしている強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q407.「年金に加入」強み要因 貢献度: 「年金に加入」する機会を増やしている強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q408.「持ち家」強み要因 貢献度: 「持ち家」に住む機会を増やしている強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q409.「住宅喪失」強み要因 貢献度: 「住宅喪失」に陥るリスクを軽減している強み要因はどのようなものがありますか?
Q410.「支払い困難」強み要因 貢献度: 家賃等の支払い困難に陥るリスクを軽減している強み要因はどのようなものがありますか?
Q411.「返済困難」強み要因の貢献度: 「返済困難」になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ですか?
Q412.「貧困」強み要因の貢献度: 「貧困」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのくらいですか?
Q413.「職場いじめ」強み要因 貢献度: 「職場いじめ」の強み要因の貢献度はどの程度ですか?
Q414.「正規雇用」強み要因 貢献度: 正規雇用になる機会を拡大する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q415.「非正規雇用」 強み要因の貢献度: 非正規雇用になるリスクを軽減する強み要因は何ですか?
Q416.「失業」強み要因 貢献度: 「失業」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q417.「目標・計画性」強み要因 貢献度: 「目標・計画性」を増やす強み要因の貢献度はどの程度でしょうか?
Q418.「大学卒」強み要因 貢献度: 大学卒の資格を取るために貢献度が高い要因は何ですか?
Q419.「専門資格」強み要因 貢献度: 専門資格を取るために強み要因はどの程度貢献しているでしょうか?
Q420.「若年無業者」強み要因の貢献度: 「若年無業者」強み要因の内、リスクを下げる貢献度が大きいものにはどのようなものがありますか?
Q421.「高校中退」強み要因の貢献度: 高校中退のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度あるでしょうか?
Q422.「自信・信念」を促進する強み要因 貢献度: 「自信・信念」を促進する強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q423.「いじめ仲裁」リスク要因貢献度: 「いじめ仲裁」を抑制するリスク要因の貢献度はどのくらいありますか?
Q424.「いじめた」強み要因貢献度: どのような強み要因が、他の子を「いじめた」リスクを軽減するのに大きく貢献しているのでしょうか?
Q425.「いじめられた」強み要因の貢献度: 「いじめられた」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのようになっていますか?
Q426.「不登校」強み要因の貢献度: 「不登校」のリスクを軽減する強み要因の貢献度はどのくらいでしょうか?
Q427.「塾通えず」強み要因貢献率: 「塾通えず」のリスクを低減する強み要因の貢献度はどの程度ですか?
Q428.「授業理解困難」強み要因貢献度: 「授業理解困難」のリスク軽減に大きく貢献している強み要因は何ですか?
Q429. 「仲間遊び苦手」強み要因貢献度: 「仲間遊び苦手」のリスクを軽減する強み要因の貢献度が大きいものにはどのようなものがありますか?
Q430.「子育て不安」 のリスク軽減要因 貢献度: 「子育て不安」 になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q431.「子育て不安」 のリスク軽減要因 貢献度: 「子育て不安」 になるリスクを軽減する強み要因の貢献度はどの程度ありますか?
Q432.「転入5年後」 サービス効果: 「転入5年後」を受けるリスクを軽減するサービスの効果はどの程度ありますか?
Q433.「信頼」サービス効果: 「周りの人への「信頼」を増やす効果のあるサービスはありますか?
Q434. 「ボランティア 」サービス: 「ボランティア 」活動に参加するのを促進するサービスにはどのようなものがありますか?
Q435.「近隣助け合い」サービス: 「近隣助け合い」創りを促進するサービスにはどのようなものがありますか?
Q436.「居場所なし」サービス効果: 「居場所なし」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
Q437.「親類隣人等の支援」サービス: 「親類隣人等の支援」を受けるのを促進するサービスにはどのようなものがありますか?
Q438.「友人ネットワーク」サービス: 「友人ネットワーク」創りを促進するサービスにはどのようなものがありますか?
Q439.「保育園不足」サービス効果: 「保育園不足」の原因となるリスク要因にはどのようなものがありますか?
Q440.「子ども雇用不安定」サービス効果: 「子ども雇用不安定」の原因となるリスク要因にはどのようなものがありますか?
Q441.「子ども不登校」サービス効果: 「子ども不登校」の原因となるリスク要因にはどのようなものがありますか?
Q442.「子育て不安」  サービス効果: 「子育て不安」 になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか?
Q443.「家族の支援」サービス効果: 「家族の支援」を増やす効果のあるサービスはありますか?
Q444.「介護に専念」 サービス効果: 「介護に専念」を受けるリスクを軽減するサービスの効果はどの程度ありますか?
Q445.「働きながら介護」 サービス効果: 「働きながら介護」を受けるリスクを軽減するサービスの効果はどの程度ありますか?
Q446.「ひとり親」 サービス効果: 「ひとり親」になるリスクを軽減するサービスの効果はどの程度ありますか?
Q447.「虐待」 サービス効果: 「虐待」を受けるリスクを軽減するサービスの効果はどの程度ありますか?
Q448. (「第2子以降を出生」男性側リスク要因世代変化): 「第2子以降を出生」の障がいになる男性側のリスク要因は世代によりどのような変化をしてきたのでしょうか?
Q449. 「第1子が出生」 サービス効果: 「第1子が出生」を促進するサービスにはどのようなものがありますか?
Q450. 「結婚」 サービス効果: 「結婚」を促進するサービスにはどのようなものがありますか?
Q451.「人生無意味」 サービス効果: 「人生無意味」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか?
Q452.「ひきこもりがち」 サービス効果: 「ひきこもりがち」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか?
Q453.「不安・睡眠障がい」サービス効果: 「不安・睡眠障がい」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
Q454.「不安定・うつ」 サービス効果: 「不安定・うつ」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか?
Q455.「要介護」サービス効果: 「要介護」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
Q456.「生活習慣病」サービス効果: 「生活習慣病」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
Q457.「障がい」サービス効果: 「障がい」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
Q458.「健康管理」サービス効果: 「健康管理」をする機会を増やしているサービスの効果はどの程度でしょうか?
Q459.「健康保険に加入」サービス効果: 「健康保険に加入」する機会を増やしているサービスの効果はどの程度でしょうか?
Q460.「年金に加入」サービス効果: 「年金に加入」する機会を増やしているサービスの効果はどの程度でしょうか?
Q461.「持ち家」サービス効果: 「持ち家」に住む機会を増やしているサービスの効果はどの程度でしょうか?
Q462.「住宅喪失」サービス効果: 「住宅喪失」に陥るリスクを軽減している社会サービスにはどのようなものがありますか?
Q463.「支払い困難」サービス効果: 家賃等の支払い困難に陥るリスクを軽減している社会サービスにはどのようなものがありますか?
Q464.「返済困難」サービス効果: 「返済困難」に陥るリスクを軽減する効果があるサービスはありますか?
Q465.「貧困」 サービス効果: 「貧困」のリスクを軽減するサービスの効果はどのくらいですか?
Q466.「職場いじめ」サービス効果: 「職場いじめ」のリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
Q467.「正規雇用」サービス効果: 「正規雇用」になる機会を増やす効果のあるサービスはありますか?
Q468.「非正規雇用」サービス効果: 「非正規雇用」になるリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
Q469.「失業」サービス効果: 「失業」にリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
Q470.「目標・計画性」サービス効果: 「目標・計画性」を増やす効果のあるサービスはありますか?
Q471.「大学卒」サービス効果: 大学卒」の資格取得機会を増やす効果があるサービスはありますか?
Q472.「専門資格」サービス効果: 「専門資格」の取得機会を増やす効果のあるサービスはありますか?
Q473.「若年無業者」サービス効果: 自治体などが提供するサービスが「若年無業者」のリスクを軽減するの効果はどのくらいあるのでしょうか?
Q474.「高校中退」 サービス効果: 高校中退のリスクを軽減するサービスの効果はどの程度あるでしょうか?
Q475.「自信・信念」 サービス効果: 「自信・信念」になるリスクを軽減するサービスにはどのようなものがありますか?
Q476.「いじめた」サービス効果: 「いじめた」のリスクを軽減する効果があるサービスはあるのでしょうか?
Q477.「いじめられた」サービス効果: 「いじめられた」のリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
Q478.「塾通えず」サービス効果: 「塾通えず」のリスクを軽減する効果のあるサービスはありますか?
Q479.「不登校」サービス効果: 「不登校」のリスクを軽減する効果のあるサービスはどのようなものがありますか?
Q480.「授業理解困難」サービスの効果: 自治体等のサービスで「授業理解困難」のリスクを軽減しているものはありますか?
Q481.「仲間遊び苦手」サービス効果: 「仲間遊び苦手」になるリスクを軽減するサービスは何かありますか?
. 1. 発達障害とは何でしょうか? (発達障害とは)
2. 貧困を社会的排除としてとらえ、解決を社会的包摂で行う ()
3. 社会的排除アプローチとは何か? ()
4. コミュニティー・カルテ調査(CCS)とは何か? (CCS調査)
5. (株)オープン・シティー研究所の概要 ()
6. 株式会社 オープン・シティー研究所 役員紹介 ()
7. 川崎市、瀬戸内市の調査と「まちの起業塾」ネットワークの構築 ()
8. 7都市の分析結果の公表とリスク評価システムの試行 ()
9. 厚労省からの補助事業が4都市でスタート ()
10. 厚労省が生活困窮の実態調査のためCCS調査に注目 ()
11. 3都市のCCS結果の公表 ()
12. 第1年目のCCS調査がスタート ()
13. CCS調査の手法が国際的評価を受ける ()
14. (株)オープン・シティー研究所の前身をロンドンで設立 ()
15. ソ連の崩壊と15の共和国の成立 (EBRDの支援)
16. バブル崩壊後の日本の銀行の審査状況を検査で探る (バブルの崩壊)
17. 住専問題の処理と金融セクター改革 (不良債権処理)
18. 社会的排除という考え方は従来の貧困のとらえ方とどのように違いますか? (社会的排除)
19. アジア経済危機への新戦略:世界銀行副総裁へ (アジア危機)
20. CCS調査が、従来の社会調査と違う点は? (CCS調査)
21. CCS調査はどのようにして生まれたのか? (CCS調査)
22. これまでの9都市のCCS調査で分かったこと (CCS調査)
23. CCS調査では、具体的にどのようなリスク要因を取り上げているのですか? (CCS調査)
24. CCS調査では、どのような「強み要因」を取り上げているのですか? (CCS調査)
25. 将来のリスクを防ぐため今最も必要なことは? (リスク防止策)
26. CCSダッシュボードとは? (CCS調査)
27. 自治体は、どのような分析を新たに手に入れることが出来ますか? (CCS調査)
28. 先ず、世代別の要因保有率から見てみましょう。 (要因保有比率)
29. 次に年代ごとの「授業理解困難」の比率を見てみましょう。 (要因保有比率、年代別)
30. 年齢別の「授業理解困難」の要因保有率も分かる? (要因保有率、年齢別)
31. このような困りごとが生じてしまった原因は何か? (原因分析)
32. 強み要因の効果も測る (強み要因)
33. 将来のリスク・強みへの波及も調べる (将来への波及)
34. CCSは自治体の提供する政策の効果を科学的に測る最善のツールだ (政策効果測定)
35. CCS調査は、リスクの伝播の経路も調べる (経路分析)
36. CCS調査は、利用者個人にとって、どのようなメリットがありますか? (リスク・アセスメント)
37. このようなデータに基づくリスク・アセスメント・ツールを使うメリットはどこにあるでしょうか? (リスク・アセスメント)
38. 生活安定指標は具体には何を意味しているのか? (リスク・アセスメント)
39. 実際の相談現場で、リスク・アセスメントをどのように使ったらよいでしょうか?何か留意する点は? (リスク・アセスメント)
40. 「まちの起業塾」プロジェクトとは何か?なぜ、必要なのか? (まちの起業塾)
41. 50の優良な社会企業モデルは、どのような基準で選ばれるのですか? (優良社会企業モデル)
42. 目指す優れた社会企業は、どのような特徴を持っているのでしょうか? (社会企業の基準)
43. 社会サービス・ニーズはどのように推計するのですか? (社会サービス・ニーズ)
44. 「まちの起業塾」はどのように起業家を助けるのでしょうか? (社会企業支援)
45. 「まちの起業塾」は、社会企業のビジネス・プラン創りをウェッブ・ベースのソフトウェアで支援します (起業家支援)
46. 社会サービスの可視化はどのように行うのですか? (社会サービスの可視化)
47. 「まちの起業塾」は、社会企業の社会的便益をどのように測定するのですか? (社会的便益測定)
48. 「まちの起業塾」は、社会企業の社会的便益をどのように測定するのですか? (社会的便益測定)
49. 何故、社会企業による社会サービスの構築が必要なのですか? (社会企業)
50. ロンドンでオープン・シティー・ファウンデーションを設立:社会的排除を受けている地域の実態を調査 (CCS調査)
51. 日下部笑美のプロフィール ()
52. 転出届 ()
53. 「居場所が無い」とはどのような感覚を指すのですか? ()
54. 保育園 ()
55. 子ども園にはどのように申し込んだらよいですか?(4-5歳児) (区立子ども園)
56. 出生届 ()
57. 母親の育児不安に関し、どんな対応がなされていますか? ()
58. お母さんの就労形態が子育て不安にどのような影響を与えていますか。 ()
59. お母さんが育児ネットワークを持っていることと赤ちゃんの発達は関係するのですか。 ()
60. 子育て世代のお母さんについての最近の意識調査はありますか。 ()
61. 児童虐待とはどう定義されているのでしょうか? ()
62. 私は、生きている意味が見出せず、時折自殺することを考えてしまいます。どうしたら良いでしょうか? (自殺願望)
63. ひきこもりの定義は何ですか? ()
64. 不安障害とは何ですか? (不安障害)
65. うつ病とはどんな症状なのですか? (うつ病)
66. うつ病患者の職場復帰のために、雇用者はどのような対策をとったらよいでしょうか? (うつ病職場復帰)
67. 要介護と認定されました。どのように介護サービスを受ければよいのでしょうか? (介護サービス)
68. ケアプラン(居宅介護サービス計画)はどのような手順で創るのでしょうか? (ケアプラン)
69. 介護保険とは何ですか? (介護保険)
70. 認知症の治療はどのようにおこなわれるのですか? (認知症治療・ケア)
71. 糖尿病の治療は最近どのように進歩しているのでしょうか? (糖尿病治療)
72. 糖尿病の治療に再生医療が使えるって本当ですか? (糖尿病)
73. 障害のある人や長期的に健康を害している人も、それに適した就職の斡旋が受けられますか (障害者に対する就労支援)
74. 貧困や生活困窮のリスクのとらえ方はどう進化してきたのか? ()
75. コミュニティー・カルテ・システムとは何か? ()
76. いじめの問題はどう対応されてきたのですか・ ()
77. いじめの定義は何ですか? ()
78. 「愛着」の形成がなぜ現在問題になっているのでしょうか? (「愛着形成」)
79. 注意欠陥・多動性障害とはなんですか? (AD/HD)
80. 高齢者でも就労のための支援を受けられますか? (高齢者の就労支援)
81. 高齢者でも就労のための支援を受けられますか? (高齢者の就労支援)
82. どのように支援をしたい社会企業を見つけたら良いでしょうか? (100の優れた社会企業リスト)
83. あなたの社会貢献度はどのように計られますか? (貢献度ポイント)
84. あなたにはどのような情報が提供されますか? (情報提供)
85. 寄付をされた方へはどのような情報提供が必要ですか? (情報提供)
86. 寄付をされた方との交流についてはどのように考えればよいでしょうか? (支援者との交流)
87. 出資された方との交流葉どのように行なったらよいでしょうか? (出資者との関係)
88. どのような企業が対象ですか? (出資者の募集)
89. 出資者に対する配当はどうしたらよいでしょうか? (配当)
90. 社会起業塾はどのような方を対象にしているのでしょうか? (社会起業塾)
91. 私はこれから事業化したい社会企業のアイディアがあります。経営に参加していただける方を見つけて一緒に事業計画を作りたいのですが? (共同事業計画つくり)
92. まちつくり会社とはどのような組織ですか (まちつくり会社)
93. クラウド・ファンディングとは何ですか? (クラウド・ファンディング)
94. 「ひとり親家庭」の現状としては、どんなことが云えますか。 (一人親世帯の実態)
95. どのようにしたらあなたの社会企業に対し小口寄付がうけられるようになりますか? (小口寄付の募集申し込み)
96. CCSを利用したリスク・アセスメント・システムの開発と研修 ()
97. 「あなたの生活史」とはどのようなツールで、どのように相談の中で活用できるのでしょうか? (あなたの生活史)
98. 「居場所」とは何かについての学術的研究 ()
99. 一時保育 ()
100. 子ども園への入園はどのようにしたら良いですか?(0−3歳児) (区立子ども園)
101. 児童手当・特例給付の支給 ()
102. 「ひきこもり」の現状と課題にはどのようなものがありますか? ()
103. 働く人によくみられる不安障害にはどんなものがありますか? (「適応障害」)
104. どの位どんな症状が続くと、うつ病と診断されるのでしょうか? (うつ病)
105. 認知症・アルツハイマー症は早期診断により予防できるのでしょうか? (認知症の診断)
106. 英国からの教訓:何故、失敗したのか? ()
107. 日本にも大規模なパネルデータがあるのに、それが貧困の連鎖の分析に使えないのですか? (大規模パネルデータの限界)
108. 不登校の原因となる精神疾患にはどういうものがあるますか? (精神疾患による不登校)
109. 「愛着」をめぐる研究はどのように発展してきたのでしょうか? ({愛着」研究)
110. 発達障害はなぜ起こるのでしょうか?(1)脳機能の障がい (発達障害の原因)
111. 社会企業塾はどのような社会企業を創ることを目指していますか? (対象社会企業)
112. 特別児童扶養手当 (児童育成手当)
113. 児童の虐待防止のためどのような施策がとられていますか? (児童虐待防止)
114. 自殺未遂者の6割を占める境界性パーソナリティー障害とは? (境界性パーソナリティー障害)
115. 職場での鬱はどのように発見し対処したらよいでしょうか? (職場のうつ病対応)
116. 妻の産後鬱どう対処したら良いでしょうか? (産後鬱)
117. 糖尿病を早期に診断するにはどうしたらよいでしょうか? (糖尿病診断)
118. 食後高血糖という隠れ糖尿病をどう見つけたら良いでしょうか? (血糖の連続測定)
119. 国民健康保険に加入する場合 ()
120. CCSが従来の調査と違う点は何ですか? (多次元性・時系列性・強み要因)
121. 不登校の原因となる身体疾患にはどのようなものがありますか? (身体疾患による不登校)
122. 「父子間」の愛着は、「母子間」の愛着とどのように違うのでしょうか? (父子間の愛着)
123. 長時間のテレビゲームやネットの閲覧は発達障害につながるのでしょうか? (発達障害の原因)
124. 発達障害は何故起きるのですか?(2)悪化する進路・社会的要因 (発達障害の原因)
125. 発達障害に気づくにはどうしたらよいでしょうか? (発達障害)
126. 国民健康保険の変更届が必要な場合 ()
127. コミュニティー・カルテ調査の質問票はどのようなものですか? (質問票)
128. 子どもが愛着を持つのは、親に限るのでしょうか?また、どのような人に対して愛着を抱くのでしょうか? (愛着の対象)
129. 子どもが愛着を持つのは、親に限るのでしょうか?また、どのような人に対して愛着を抱くのでしょうか? (愛着の対象)
130. 実際のカリキュラムはどういう構成ですか? (カリキュラム)
131. 塾の学習はどのよう特徴があるのでしょうか? (学習方法)
132. 転校の手続き ()
133. 高血圧にどのように対処したら良いでしょうか? (高血圧の診断)
134. どのようにしてCCSデータを集めるのですか? (データ収集の方法)
135. 世帯外の育児ネットワークは、幼児が自己抑制力を身に着けるのに役立つか?−最近の研究の成果 ()
136. 起業塾の1ヶ月間で具体的な事業計画が作れますか? (事業計画の作成)
137. 「発達障がい」は何故分かりにくいのでしょうか? (「発達障がい」とは)
138. 起業塾で作成した事業計画についてファイナンスは受けられますか? (ファイナンス)
139. 発達障害の子のシナプスの数は多いのか? (発達障害と脳機能)
140. 自閉症スペクトラムの発症経過を「甘え」のアンビヴァレンスから読み解く (自閉症スペクトラム)
: : 利用できる施設・窓口

介護療養型医療施設 (8398)
介護療養型医療施設 (8406)
産科セミオープンシステム (3777)
ファミリーサポートセンター (5917)
延長保育 (7159)
病児保育 (7173)
休日・夜間保育事業 (7108)
児童館 (7003)
子育て短期支援事業 (7329)
母親教室・両親教室 (7125)
母子・父子家庭医療費助成 (7314)
寡婦(夫)控除のみなし適用 (3667)
児童扶養手当 (6641)
ファミリー・サポート・センター事業 (7026)
特別児童扶養手当 (7319)
少年サポートセンター (7140)
ひきこもり支援センター (7038)
(8381)
菜種からバイオ燃料を創る (7891)
(7892)
再就職援助計画 (6668)
雇用調整助成金 (6667)
職業能力開発促進センター (7184)
菜種からバイオ燃料を創る (9184)
(9185)
再就職援助計画 (9187)
雇用調整助成金 (9188)
職業能力開発促進センター (9193)
児童発達支援センター (8446)
子ども医療費助成制度 (8452)
就学援助制度 (8469)
学習支援 (9118)
その他の不登校相談 (8506)
適応指導教室 (8507)
少年サポートセンター・少年センター (8521)
子どもの人権110番 (8522)
少年サポートセンター (9175)
ひとり親家庭支援センター (8539)
基金訓練・社会的事業者等訓練コース (8564)
基金訓練 (8562)
地域若者サポートステーション (9137)
給付型奨学金支給団体 (9136)
臨時特例つなぎ資金貸付 (9114)
シルバー人材センター (8623)
その他の就労支援 (8621)
人材銀行 (8622)
ハローワーク (8620)
生活福祉資金・総合支援資金 (9115)
生活保護制度 (8666)
緊急一時保護センター (8665)
住宅手当 (8664)
薬局 (8711)
少年センターアスクル (8721)
保健所・保健福祉センター (8734)
早期療育指導訓練 (8732)
障害児家庭支援員派遣事業 (8728)
地域療育センター (8772)
居宅介護(ホームヘルプ) (8771)
就労移行支援(一般型) (8770)
重度障害者等包括支援 (8769)
施設入所支援 (8768)
就労継続支援(A型) (8766)
就労継続支援(B型) (8767)
自立訓練(機能訓練) (8764)
就労支援サービス(資格取得型) (8765)
自立援助ホーム (8761)
地域活動支援センター (8762)
療養介護 (8763)
短期入所 (8760)
盲児施設 (8758)
児童デイサービス (8759)
知的障害児施設 (8757)
行動援護 (8756)
療育センター (8753)
相談支援 (8752)
放課後等デイサービス (8751)
共同生活介護 (8750)
障害者就業・生活支援センター (8749)
生活介護 (8747)
社会福祉協議会 (8746)
障害者授産施設(通所) (8745)
自立訓練(生活訓練) (8744)
特別児童扶養手当 (9172)
養護老人ホーム (8842)
見守りサービス (8837)
家事代行サービス (8836)
医療ソーシャルワーカー (8835)
老人福祉センター (8833)
地域密着型通所介護(小規模デイサービス) (8829)
定期巡回・随時対応型訪問介護看護 (8828)
看護小規模多機能型居宅介護(旧・複合型サービス) (8827)
地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護 (8825)
地域密着型特定施設入居者生活介護 (8826)
認知症対応型共同生活介護(グループホーム) (8824)
夜間対応型訪問介護 (8822)
認知症対応型通所介護 (8823)
小規模多機能型居宅介護 (8821)
住宅改修 (8820)
夜間対応型訪問介護 (8817)
福祉用具貸与 (8818)
短期入所療養介護(ショートステイ) (8816)
短期入所生活介護(ショートステイ) (8815)
通所リハビリテーション(デイケア) (8814)
居宅療養管理指導 (8811)
訪問リハビリテーション (8812)
通所介護(デイサービス) (8813)
高齢者優良賃貸住宅(高優賃) (8805)
脳はつらつ教室 (8806)
居宅介護支援 (8807)
訪問入浴介護 (8809)
訪問看護 (8810)
高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃) (8804)
有料老人ホーム(自立・混合型) (8801)
介護予防ケアマネジメント事業 (8802)
地域包括支援センター・高齢者総合相談センター (8803)
軽費老人ホーム (8798)
介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム) (8799)
有料老人ホーム(介護専用型) (8800)
介護保険施設 (8797)
訪問介護(ホームヘルプ) (9213)
認可外保育施設. (8860)
引きこもり相談 (8861)
精神保健福祉センター (8858)
ひきこもり地域支援センター (8884)
ひきこもり支援センター (9176)
保育園 (9142)
認定こども園 (9129)
放課後子どもひろば  (9126)
総合教育センター (8898)
自立支援OTP (8897)
女性保護事業 (8911)
インターネット人権相談受付 (8910)
こども人権SOSメール (8909)
里親 (8930)
助産施設 (8929)
児童手当 (8928)
不妊治療費助成制度 (8927)
子育て支援ひろば (8926)
乳児院 (8925)
児童育成手当 (9121)
ファミリーサポートセンター (9156)
母子・父子家庭医療費助成 (9166)
寡婦(夫)控除のみなし適用 (9169)
児童扶養手当 (9170)
児童養護施設 (8953)
人権擁護委員 (8954)
未熟児養育医療給付 (9135)
女性健康支援センター (9134)
育児等保健指導(プリネイタル・ビジット) (9124)
産科セミオープンシステム (9155)
産後うつ病 (9122)
幼稚園預かり保育 (9042)
保育室 (9043)
小規模保育室 (9044)
学童保育室 (9041)
私立幼稚園就園奨励費 (9040)
一時保育・一時預かり (9039)
家庭保育福祉員(保育ママ) (9116)
延長保育 (9158)
病児保育 (9159)
休日・夜間保育事業 (9160)
放課後児童クラブ (9069)
放課後子供教室,地域子ども教室 (9068)

: 優良な社会企業 : 自分でできる解決法:
1. 市民が無料で法律・債務・生活保護、子育て、住宅、その他もろもろの相談が出来る近隣にある民間窓口 (シティズンス・アドバイス・ビューロー(CAB))
2. 因島医師会病院で始まった医療と介護の地域連携 (因島医師会)
3. 市・医師会・大学・URが一体となって作り上げた介護医療連携システム (柏プロジェクト)
4. 農村部の農業生産法人が、都市部の自治体と提携し都市部に住む就職・転職希望の若者らを受け入れ、就農体験を実施、両者が希望すれば引き続き社員や研修生として雇用される (豊中市、土佐町)
5. 私の不登校経験、あなたの支えに 福岡の高校生ら集う (Fline)
6. 単身高齢者が若者と住宅をシェアすることにより社会とのつながりを取り戻す異世代ホームシェア (フランス NPO ネットワーク La PariSolidaire Paris)
7. 急性期の精神病患者に対し、家族・医療チームを含めた「開かれた対話」により、飛躍的に治療効果を挙げたオープン・ダイアログによる治療 (ケロプダス病院)
8. 1歳半検診による発達障害への早期対応と親子の関係性を重視した発達支援広場 (浜松市子育て支援課)
9. 「社会イノベータ―公志園」 (特定非営利活動法人 アイ・エス・エル)
10. 在宅医療システムを確立した祐ホームクリニック (祐ホームクリニック)
11. 高齢者・学生・こどもが共生し、近隣の人との交流も図るサービス付き高齢者向け住宅「シェア金沢」 (シェア金沢)
12. 放課後の小学校を活用した、市民参加のアフタースクールを全国で11校開校している放課後NPO「アフタースクール」 (特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール)
13. 宿泊付きデイ・サービス (日本介護福祉グループ)
14. 行政と民間が手を組み自殺率を下げた町 (秋田県)
15. フローレンス: 子供が病気になった時に預かってくれる在宅保育事業のパイオニア (フローレンス)
16. 地域のNPO と地域の農家が連携した木質バイオの生産 (NPO法人 土佐の森・救援隊)
17. 市民共同で設置する太陽光発電所 (ひがしおうみ ナチュラルエナジー カンパニー)
18. おひさまファンドによる二酸化炭素削減 (おひさま進歩エネルギー株式会社)
19. おひさまファンドによる木質ペレットの利用拡大 (「おひさま進歩エネルギー株式会社」)
20. 「いま知っておくべき寄付サイト」はコレだ! 「READYFOR?」 (オーマ株式会社)
21. ゲーム感覚を取り入れたクラウド・ファンディング・サイト「i-kifu」 (i-kifu)
22. 変革を遂げつつある 「寄付プラットフォーム」 (Kickstarter)
23. 10人未満のお年寄りに『いつくしみ介護』を行い、心の平静を取り戻してもらう認知症改善サービスを行なうユニークなグループホーム (株式会社 サンフォーレ)
24. 自分のまちで、自分が出資し、運営し、働くた「雇われない働き方」をする職場を作る (東京ワーカース・コレクティブ協同組合)
25. 「子育てアドバイザー」を要請する専門的研修をして母親の子育て不安に対応 (NPO法人 日本子育てアドバイザー協会)
26. 芸術や体験学習などを通して、本当にしたいことを自分で見出し、世界に向かって働きかけることができる人間をめざす教育 (シュタイナー学園)
27. 幼児を持ちながら社会参加したいと考える女性や、幼児を抱えて高齢者の介護を行う女性などが自ら出資して運営する保育事業を作る (企業組合ワーカーズコレクティブ キッズルーム てぃんかぁべる)
28. 農家の人材つくりからはじめ作物を転換し、年間50万人の顧客を獲得した農産物直販所 (内子フレッシュパークからり)
29. 0-5歳の幼児を対象に保育・知的・社会的発達・健康について、両親も含めて地域の総合的なプログラムを提供するセンター (シュアスタート・地域プログラム)
30. 若年認知症患者が自分たちでやりたいことを決める「物忘れカフェ」 (藤本クリニック)
31. 自宅マンションの1室で始めたミニデイサービス「ほっとポケット」 (ほっとポケット)
32. 横浜市の中心街再活性化策「創造界隈の形成」 (NPO法人BankART1929)
33. 商店街地権者から土地を62年間の長期利用権に転換し、住民の呼び戻しに成功した丸亀商店街 (高松丸亀町まちづくり株式会社)
34. 借り手が減ってしまった古い木造賃貸アパートを新しい価値に再生して、地域のヒト・モノ・コトをたがやすタガヤセ大蔵プロジェクト (タガヤセ大蔵プロジェクト)
35. 住宅ストック(空き家となっている社員寮、賃貸アパート、一戸建て等)を借上げ、居住支援を行う社会的企業 (特定非営利活動法人エス・エス・エス(NPO SSS))

直前の 基礎知識 一覧表 基礎知識 次の段落を読む 基礎知識

利用者評価スコア平均:
評価者数:
投稿者用:
を拡大する要因 : 強み貢献度 はい
あなたの満足度 :が軽減するリスク
サービスの利用 市政の分析・情報 ネットワーキング
どのような社会サービスがあるか(-1): サービスの内容・利用資格・申請手続 計画と施策(0): 基本計画や活動内容 市民質問ご意見箱(0): 質問・ご意見・苦情等をお寄せ下さい
優良な社会企業(0): 良いサービスを提供している自治体・社会企業の例が見られます コミュニティー・カルテ(25): あなたの生活満足度や課題の自己診断 イベントご案内(0): 企画・イベントのご案内、あなたのイベントもご投稿下さいtd>
利用できる施設・窓口(0): 公立・私立・NPO等の市民サービス向けの施設のご案内 統計を使ってみよう(0): あなたの街の成果指標が見られます 事業計画の作成(25): 社会起業やコミュニティー・ビジネスを起こしませんか?
オンライン申請(-1): 自治体やNPOのサービスにオンラインで申請や追跡が出来ます 組織・窓口(0): 担当の部署や担当者の連絡先 市民からの情報(0): あなたの地域情報を簡単に送れます
文書ダウンロード(1): 公的な報告書や文書の閲覧やダウンロードが出来ます 役立つウェッブ情報(1): この項目に関連するウェッブ・サイトが見られます リソース・パーソン(25): この分野で専門知識がある方にコンタクトをしたり、専門家として登録が出来ます

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board