Homeまち創り住民登録・税・年金人生局面毎の課題とリスク教育健康・福祉雇用とビジネスインフラ整備暮らし・近隣・社会関係資本のびのび親子
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
CCS ダッシュボード
セクション:
のびのび親子

Select Other Sections
カテゴリー:STAa84
子どもの手の運動
Select Other Categories
フォーラム:
優良な社会企業

0.

STA5451

1.
伝統文化と創造によるまち創り

STA22

2.
商店街の振興

STA814

3.
障害者福祉施策

STA531

4.
お年寄りの福祉

STA55

5.
身体の健康

STA58

6.
母子の健康管理・児童手当

STA613

7.
乳幼児向けデイケア

STA614

8.
学齢期のリスクと対応

STA62

9.
再生可能エネルギーの普及

STA713

10.
地場企業・中小企業の振興

STA810

11.
社会的ファイナンス

STA82

12.
活力ある農林水産業の育成

STA83

13.
観光の振興

STA84

14.
高齢者向け優良住宅

STA962

放課後の小学校を活用した、市民参加のアフタースクールを全国で11校開校している放課後NPO「アフタースクール」
この社会企業を支援するため寄付をしたい:
この社会起業モデルを使ったサービスが私が応援する市町村・県に出来るよう起業家に寄付をしたい:
このような社会起業モデルを応用して私の町で社会企業を立ち上げたい:
企業または団体名: 特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール サービス提供者:
要旨: アフタースクールは、安全で移動の手間がない学校施設を活用して、子どもたちの放課後の居場所を作るとともに、 地域の方々が「市民先生」として子どもたちに多様な体験を届けます。私たちは日本の放課後を”ゲームよりも楽しく、塾よりも学べる放課後”にしていくために、 全国の学校と提携してアフタースクールを開校しています: :
Hampstead Heath, London, in November
参照文献: 放課後NPO アフタースクール ホームページ 投稿日付: 2015-11-10 00:00:00
日本の子供は幸せでしょうか?私たちが取り組む社会課題とは
子どもたちの問題:放課後ののびのびとした「時間」、たくさん遊べた「空間」、とにかくみんなで過ごした「仲間」、こういう放課後は過去のものとなりました。放課後の公園を見てください。子どもの声が聞こえない公園がたくさんあります。経済格差が体験格差になっています。日本では年々格差が広がっています。どの家庭に生まれた子どもにも、のびのびと自由に 豊かな体験の出来る放課後を届けてあげたいと強く願っています。

親たちの問題:小1の壁。共働き世帯ややひとり親世帯において、保育園の時代は子どもを預ける先があったものの、小学生になると放課後の子どもの預け先が質・量ともに不足していて、結果として仕事を辞めざるをえないという社会問題。

小4の壁。小学校3年生までは学童保育があったが、4年生になった途端に預け先がなくなり、結果として預け先を期待して塾や習い事にいかざるを得ない現象。

ミッション:子供たちの放課後を救え
日本の子どもの幸福度は決して高くないと言われています。 特に「自己肯定感」「チャレンジ意欲」「コミュニケーション能力」において課題があります。 そして経済格差がそれをますます助長します。 私たちは子どもたちの望む放課後の姿を実現し、少しでもこの課題を解決したいと考えています。 子どもたちの最も望むことは何でしょうか? 「友達と過ごすこと」「やりたいことを選べること」 これが今まで活動してきてたどり着いた結論です。 「多くの仲間とのびのびと自由に過ごす」 こういう放課後の世界を子どもたちに届けるのが私たちのミッションです。

「社会で子どもを育てる」 引退した大工の棟梁、おやつを作ってくださるおばあちゃん、昔遊びを教えてくれるおじいちゃん、現役のスポーツ選手、など私たちのアフタースクールにはたくさんの人々が来てくださいます。「子どもの教育に関わるチャンスがあればそうしたかった」と皆さん仰います。「未来を担う子どもたちのために力を貸したい」と思っている方はたくさんいらっしゃるのです。但し黙っていてもそれは実現しません。社会と子どもたちのつなぎ役が必要です。素晴らしい人材資源を子どもたちのところに届け、「社会全体の力を借りて子どもたちを育てる」のが私たち「アフタースクール」の活動です。

「多様性を認め、可能性を信じ、 個性を伸ばす」 〜どの子にも絶対にいいところがある〜 「好きなもので認められる」これが私たちが見つけて来た子どもが伸びる普遍的な原則です。工作の得意な子、スポーツの得意な子、料理の上手な子、下の子の面倒を見るのが上手な子、どの子にも絶対に絶対にいいところがあります。それを子どもたちと共に見つけ、褒めて伸ばしていく、こうすると子どもたちは必ず真っ直ぐに伸びてくれるのです。

これまでに11のアフタースクールを開校してきました!
2011年から現在までに11のアフタースクールを開校してきました。 いずれも各校の教育目標・歴史・地域性などを考慮し、「その学校ならでは」のアフタースクールを設計し、 各校の先生方の教育目標を共に達成する放課後のパートナーを目指しています。

これまで、300種類以上のプログラムを生み出し、1,500人以上の市民先生と、5万人以上の子どもたちに、アフタースクールを提供してきました 市民先生になって子どもたちにプログラムを提供する:私たちの活動を支えてくださっているのは地域の「市民先生」です。 大人の持っている知恵や技術はぜひ子どもたちに伝えてあげたい宝物です。「子どもたちに伝えてあげたいメッセージは何ですか?」 皆さまのご参加をお待ちしております!

アフタースクールで提供しているプログラム
衣のプログラム:ファッション、編み物、デザインなど。特に女子に人気です。

食のプログラム:「食」は何といっても人間の中心の活動、子どもたちもしっかり学びます。 子どもたちにとって一番の「食育」は、とにかく自分で作ってみることです。 料理の大変さ、準備片付けの段取り、両親への感謝、色々なことを学びます。

住のプログラム:「みんなで本物の家を建てる!」そんな目標で頑張ります。 大きな構造物も実は人間の手から出来ていることを感じます。みんなで大きなものを作り上げる達成感、ずっと自信になるといいなと思います。

スポーツのプログラム:スポーツの世界では10歳前後を「ゴールデンエイジ」と呼びます。この時期に運動神経のほとんどが発達し、習得したことは一生身に付きます。みんなで大いに体を動かして、人生を生き抜く強い体を作りましょう!

音楽のプログラム:素敵な音楽の世界が広がることで人生は豊かになります。 音楽の授業・TVで聞く歌以外にたくさんの音楽があります。 音楽は楽しいもの、放課後にたくさんの音楽に子どもたちが触れられますように。

文化のプログラム:国際人になるためには「何語で話せるか」よりも「何を語れるか」が重要です。 日本で育つ子どもたちはたくさんの日本文化を身につけ、海外の文化も学び、 世界中の多くの人と互いの文化を尊重し合うように育ってほしいと願います。 

学びのプログラム:小学生の多くは「正解はひとつだけ」と思っています。塾での学習は尚更です。しかし社会に出ると正解はありません。放課後の学びは「答えはひとつではない」 そして「自分で見つける」ということを伝えていきたいと思います。

遊びのプログラム:放課後といえば遊び、遊びといえば友達です。 今の大人たち(昔の子どもたち)もたくさんたくさん遊んで大きくなりました。 大勢で遊ぶことが減った現代の放課後、アフタースクールでみんなで遊ぼう!

建築プログラム:それは、名前の通り、何かを建築するもの。本当の家を作っちゃおうというプログラムです。 子どもたちが町の大工さんと一緒に家を作る。そんなプログラムに、実はアフタースクールで実現したい全てが詰まっています。

アフタースクールの1日
放課後スタート:下校時間になるとみんなそわそわ。 待ちにまった放課後が始まります。 今日はどんなプログラムなんだろう、ワクワクとドキドキをかかえながらアフタールームに向かいます!

まずは受付!:アフタースクールにきたらまずは受付です。データで出欠を管理し、その日の下校時間も分かるようになっています。

まずは宿題!まずはしっかりと宿題を終わらせます!宿題がない子も必ず毎日学習します。地域の先生が宿題や学習を見てくださいます。

宿題の後のお楽しみ、おやつタイム! みんなでアフタールームに集まってのおやつタイムは大盛り上がり!先輩ママたちの手作りおやつはいつもおいしいです、おやつについている手書きのメッセージも嬉しいですね。

楽しみにしていた プログラムに参加! 待ちにまったプログラムの時間!今日は図工室を使って陶芸。プロの市民先生がやさしく教えてくれるよ。さぁ、何を作ろうかな?

帰宅時間までおだやかに:プログラム楽しかった!そしてそのあとはお部屋でゆっくり。みんなでお話したり、本を読んだり。気持ちを落ち着けて家庭に帰る、この時間も大事です。 下校です。また明日!今日は仕事が終ったお母さんのお迎え。でもまだ帰りたくない?(笑)後ろ髪を引かれるように家に帰ります。明日の放課後も楽しみだなぁ!

このケーススタディーをお読みになった方はどなたでもこの社会企業モデルの評価に参加できます
この社会企業を評価する 自分のニーズに合っている みんなが役割を持って参加 制度のはざまをカバー ビジネスとして長続きするか 他のまちにも応用可能か 総合評価
あなたの評価:1から5(満点) 4.5 5 4 4 5 4.5
test16, >
List of Content:() 統計の整備
: : ケース・スタディー
.. 1. 貧困を社会的排除としてとらえ、解決を社会的包摂で行う ()
2. 社会的排除アプローチとは何か? ()
3. コミュニティー・カルテ調査(CCS)とは何か? (CCS調査)
4. (株)オープン・シティー研究所の概要 ()
5. 株式会社 オープン・シティー研究所 役員紹介 ()
6. 川崎市、瀬戸内市の調査と「まちの起業塾」ネットワークの構築 ()
7. 7都市の分析結果の公表とリスク評価システムの試行 ()
8. 厚労省からの補助事業が4都市でスタート ()
9. 厚労省が生活困窮の実態調査のためCCS調査に注目 ()
10. 3都市のCCS結果の公表 ()
11. 第1年目のCCS調査がスタート ()
12. CCS調査の手法が国際的評価を受ける ()
13. (株)オープン・シティー研究所の前身をロンドンで設立 ()
14. ソ連の崩壊と15の共和国の成立 (EBRDの支援)
15. バブル崩壊後の日本の銀行の審査状況を検査で探る (バブルの崩壊)
16. 住専問題の処理と金融セクター改革 (不良債権処理)
17. 社会的排除という考え方は従来の貧困のとらえ方とどのように違いますか? (社会的排除)
18. アジア経済危機への新戦略:世界銀行副総裁へ (アジア危機)
19. CCS調査が、従来の社会調査と違う点は? (CCS調査)
20. CCS調査はどのようにして生まれたのか? (CCS調査)
21. これまでの9都市のCCS調査で分かったこと (CCS調査)
22. CCS調査では、具体的にどのようなリスク要因を取り上げているのですか? (CCS調査)
23. CCS調査では、どのような「強み要因」を取り上げているのですか? (CCS調査)
24. 将来のリスクを防ぐため今最も必要なことは? (リスク防止策)
25. CCSダッシュボードとは? (CCS調査)
26. 自治体は、どのような分析を新たに手に入れることが出来ますか? (CCS調査)
27. 先ず、世代別の要因保有率から見てみましょう。 (要因保有比率)
28. 次に年代ごとの「授業理解困難」の比率を見てみましょう。 (要因保有比率、年代別)
29. 年齢別の「授業理解困難」の要因保有率も分かる? (要因保有率、年齢別)
30. このような困りごとが生じてしまった原因は何か? (原因分析)
31. 強み要因の効果も測る (強み要因)
32. 将来のリスク・強みへの波及も調べる (将来への波及)
33. CCSは自治体の提供する政策の効果を科学的に測る最善のツールだ (政策効果測定)
34. CCS調査は、リスクの伝播の経路も調べる (経路分析)
35. CCS調査は、利用者個人にとって、どのようなメリットがありますか? (リスク・アセスメント)
36. このようなデータに基づくリスク・アセスメント・ツールを使うメリットはどこにあるでしょうか? (リスク・アセスメント)
37. 生活安定指標は具体には何を意味しているのか? (リスク・アセスメント)
38. 実際の相談現場で、リスク・アセスメントをどのように使ったらよいでしょうか?何か留意する点は? (リスク・アセスメント)
39. 「まちの起業塾」プロジェクトとは何か?なぜ、必要なのか? (まちの起業塾)
40. 50の優良な社会企業モデルは、どのような基準で選ばれるのですか? (優良社会企業モデル)
41. 目指す優れた社会企業は、どのような特徴を持っているのでしょうか? (社会企業の基準)
42. 社会サービス・ニーズはどのように推計するのですか? (社会サービス・ニーズ)
43. 「まちの起業塾」はどのように起業家を助けるのでしょうか? (社会企業支援)
44. 「まちの起業塾」は、社会企業のビジネス・プラン創りをウェッブ・ベースのソフトウェアで支援します (起業家支援)
45. 社会サービスの可視化はどのように行うのですか? (社会サービスの可視化)
46. 「まちの起業塾」は、社会企業の社会的便益をどのように測定するのですか? (社会的便益測定)
47. 「まちの起業塾」は、社会企業の社会的便益をどのように測定するのですか? (社会的便益測定)
48. 何故、社会企業による社会サービスの構築が必要なのですか? (社会企業)
49. ロンドンでオープン・シティー・ファウンデーションを設立:社会的排除を受けている地域の実態を調査 (CCS調査)
50. 日下部笑美のプロフィール ()
51. CCSを利用したリスク・アセスメント・システムの開発と研修 ()
52. 「あなたの生活史」とはどのようなツールで、どのように相談の中で活用できるのでしょうか? (あなたの生活史)
: : 利用できる施設・窓口

: 優良な社会企業 : 自分でできる解決法:
1. 市民が無料で法律・債務・生活保護、子育て、住宅、その他もろもろの相談が出来る近隣にある民間窓口 (シティズンス・アドバイス・ビューロー(CAB))
2. 因島医師会病院で始まった医療と介護の地域連携 (因島医師会)
3. 市・医師会・大学・URが一体となって作り上げた介護医療連携システム (柏プロジェクト)
4. 農村部の農業生産法人が、都市部の自治体と提携し都市部に住む就職・転職希望の若者らを受け入れ、就農体験を実施、両者が希望すれば引き続き社員や研修生として雇用される (豊中市、土佐町)
5. 私の不登校経験、あなたの支えに 福岡の高校生ら集う (Fline)
6. 単身高齢者が若者と住宅をシェアすることにより社会とのつながりを取り戻す異世代ホームシェア (フランス NPO ネットワーク La PariSolidaire Paris)
7. 急性期の精神病患者に対し、家族・医療チームを含めた「開かれた対話」により、飛躍的に治療効果を挙げたオープン・ダイアログによる治療 (ケロプダス病院)
8. 1歳半検診による発達障害への早期対応と親子の関係性を重視した発達支援広場 (浜松市子育て支援課)
9. 「社会イノベータ―公志園」 (特定非営利活動法人 アイ・エス・エル)
10. 在宅医療システムを確立した祐ホームクリニック (祐ホームクリニック)
11. 高齢者・学生・こどもが共生し、近隣の人との交流も図るサービス付き高齢者向け住宅「シェア金沢」 (シェア金沢)
12. 放課後の小学校を活用した、市民参加のアフタースクールを全国で11校開校している放課後NPO「アフタースクール」 (特定非営利活動法人 放課後NPOアフタースクール)
13. 宿泊付きデイ・サービス (日本介護福祉グループ)
14. 行政と民間が手を組み自殺率を下げた町 (秋田県)
15. フローレンス: 子供が病気になった時に預かってくれる在宅保育事業のパイオニア (フローレンス)
16. 地域のNPO と地域の農家が連携した木質バイオの生産 (NPO法人 土佐の森・救援隊)
17. 市民共同で設置する太陽光発電所 (ひがしおうみ ナチュラルエナジー カンパニー)
18. おひさまファンドによる二酸化炭素削減 (おひさま進歩エネルギー株式会社)
19. おひさまファンドによる木質ペレットの利用拡大 (「おひさま進歩エネルギー株式会社」)
20. 「いま知っておくべき寄付サイト」はコレだ! 「READYFOR?」 (オーマ株式会社)
21. ゲーム感覚を取り入れたクラウド・ファンディング・サイト「i-kifu」 (i-kifu)
22. 変革を遂げつつある 「寄付プラットフォーム」 (Kickstarter)
23. 10人未満のお年寄りに『いつくしみ介護』を行い、心の平静を取り戻してもらう認知症改善サービスを行なうユニークなグループホーム (株式会社 サンフォーレ)
24. 自分のまちで、自分が出資し、運営し、働くた「雇われない働き方」をする職場を作る (東京ワーカース・コレクティブ協同組合)
25. 「子育てアドバイザー」を要請する専門的研修をして母親の子育て不安に対応 (NPO法人 日本子育てアドバイザー協会)
26. 芸術や体験学習などを通して、本当にしたいことを自分で見出し、世界に向かって働きかけることができる人間をめざす教育 (シュタイナー学園)
27. 幼児を持ちながら社会参加したいと考える女性や、幼児を抱えて高齢者の介護を行う女性などが自ら出資して運営する保育事業を作る (企業組合ワーカーズコレクティブ キッズルーム てぃんかぁべる)
28. 農家の人材つくりからはじめ作物を転換し、年間50万人の顧客を獲得した農産物直販所 (内子フレッシュパークからり)
29. 0-5歳の幼児を対象に保育・知的・社会的発達・健康について、両親も含めて地域の総合的なプログラムを提供するセンター (シュアスタート・地域プログラム)
30. 若年認知症患者が自分たちでやりたいことを決める「物忘れカフェ」 (藤本クリニック)
31. 自宅マンションの1室で始めたミニデイサービス「ほっとポケット」 (ほっとポケット)
32. 横浜市の中心街再活性化策「創造界隈の形成」 (NPO法人BankART1929)
33. 商店街地権者から土地を62年間の長期利用権に転換し、住民の呼び戻しに成功した丸亀商店街 (高松丸亀町まちづくり株式会社)
34. 借り手が減ってしまった古い木造賃貸アパートを新しい価値に再生して、地域のヒト・モノ・コトをたがやすタガヤセ大蔵プロジェクト (タガヤセ大蔵プロジェクト)
35. 住宅ストック(空き家となっている社員寮、賃貸アパート、一戸建て等)を借上げ、居住支援を行う社会的企業 (特定非営利活動法人エス・エス・エス(NPO SSS))

直前の 基礎知識 一覧表 基礎知識 次の段落を読む 基礎知識

利用者評価スコア平均:
評価者数:
投稿者用:
を拡大する要因 : 強み貢献度 はい
あなたの満足度 :が軽減するリスク
サービスの利用 市政の分析・情報 ネットワーキング
どのような社会サービスがあるか(-1): サービスの内容・利用資格・申請手続 計画と施策(0): 基本計画や活動内容 市民質問ご意見箱(0): 質問・ご意見・苦情等をお寄せ下さい
優良な社会企業(0): 良いサービスを提供している自治体・社会企業の例が見られます コミュニティー・カルテ(25): あなたの生活満足度や課題の自己診断 イベントご案内(0): 企画・イベントのご案内、あなたのイベントもご投稿下さいtd>
利用できる施設・窓口(0): 公立・私立・NPO等の市民サービス向けの施設のご案内 統計を使ってみよう(0): あなたの街の成果指標が見られます 事業計画の作成(25): 社会起業やコミュニティー・ビジネスを起こしませんか?
オンライン申請(-1): 自治体やNPOのサービスにオンラインで申請や追跡が出来ます 組織・窓口(0): 担当の部署や担当者の連絡先 市民からの情報(0): あなたの地域情報を簡単に送れます
文書ダウンロード(1): 公的な報告書や文書の閲覧やダウンロードが出来ます 役立つウェッブ情報(1): この項目に関連するウェッブ・サイトが見られます リソース・パーソン(25): この分野で専門知識がある方にコンタクトをしたり、専門家として登録が出来ます

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board