Homeまち創り住民登録・税・年金人生局面毎の課題とリスク教育健康・福祉雇用とビジネスインフラ整備暮らし・近隣・社会関係資本のびのび親子
OpenCity Portal

オープンシティーポータル:
ニックネーム:
パスワード:
未だ登録していない方
SSL 繧ー繝ュ繝シ繝舌Ν繧オ繧、繝ウ縺ョ繧オ繧、繝医す繝シ繝ォ Spanish, English, 日本語
Universal Forum
Universal Forum

カテゴリー:STAa70
This Forum shows content across all Categories
フォーラム:
優良な社会企業
あなたが支援したい50の優良社会企業: このページの使い方

0.
総合相談支援

STA5451

1.
伝統文化と創造によるまち創り

STA22

2.
商店街の振興

STA814

3.
障害者福祉施策

STA531

4.

STA55

5.
身体と心の健康

STA58

6.
母子の健康管理・児童手当

STA613

7.
乳幼児向けデイケア

STA614

8.
学齢期のリスクと対応

STA62

9.
再生可能エネルギーの普及

STA713

10.
地場企業・中小企業の振興

STA810

11.
社会的ファイナンス

STA82

12.
活力ある農林水産業の育成

STA83

13.
観光の振興

STA84

14.
高齢者向け優良住宅

STA962

1
STA58: 身体と心の健康

Hampstead Heath, London in October
主要な課題と社会企業の役割: 身体と心の健康というとその多くは医療機関と保健所などの公的機関の役割だが、民間や社会企業が果たす役割はあるだろうか?我が国にとって大きな問題である自殺の予防と発達障害の早期対応、健康診断の普及などについて有効なモデルを探った。

秋田県では、秋田大学からの提案を受け、市民の参加による相談員や居場所つくりも含めた総合的な自殺予防策をとり、これにより自殺率を47%引き下げるという成果を得た。

浜松市では、発達障害の早期発見と予防のため、1歳半検診に社会性の発達に関する質問を取り入れ、リスクがある幼児を対象に親子の遊びやふれあいのプログラムを実施し、成果を挙げている。

フィンランドのケロポダス病院では、統合失調症などの急性の症状を示す患者に、医師だけでなく患者・家族・看護師などが徹底した「オープンな対話」を行い、患者が自分の状態を理解できることにより不安を取り除くという新しい療法により、大きな成果を挙げている。

株式会社ケアプロは、自営業や主婦など定期検診を受ける時間がない人が、駅前などで簡単に血糖値など10項目の検査をその場で受けられるシステムを開発。生活習慣病などの早期発見に効果を挙げている。

0. 1歳半検診による発達障害への早期対応と親子の関係性を重視した発達支援広場
Hampstead Heath, London in October
浜松市子育て支援課静岡県,浜松市
制度名: (STA58126): 人生無意味 Case_StudiesID: 2109249929
発達障害や愛着障害などが、若者の間で急増しており、これに対する早期の対応、特に1歳半程度の乳幼児期の対応が必要なことは広く認識されている。 また、発達障害への対応は、子どもの側だけではなく、親子の関係性の中で愛着関係の掛け直しが有効であることも広く認識されている。

しかし、全国の自治体の中でそれが実行されているところは非常に限られている。

浜松市は、その中で、1歳半検診を活用し、そこで一定の兆候が見られた幼児を対象に、親子関係の適正な愛着関係の構築を目指したプログラムを5年前から計画的に整備してきた。それが発達支援広場(通称たんぽぽ広場)である。: : : : : : : このケース・スタディーの詳細を見る

このケーススタディーをお読みになった方はどなたでもこの社会企業モデルの評価に参加できます
この社会企業を評価する 自分のニーズに合っている みんなが役割を持って参加 制度のはざまをカバー ビジネスとして長続きするか 他のまちにも応用可能か 総合評価
あなたの評価:1から5(満点) 5 3 4 4 5 4.2
この優良事例に基づく他のプロジェクト
0. 発達支援広場, せとうちっ子広場瀬戸内市岡山県
0. ,
0. ,
1. 行政と民間が手を組み自殺率を下げた町
Hampstead Heath, London in October
秋田県秋田県
制度名: (STA5813): Case_StudiesID: 2109249935
秋田県では、6町を選出し自殺予防対策モデル事業を01〜05年に実施した。具体的には、1年目には心の健康に関する基礎調査を実施し、その後、うつ病や自殺のハイリスク者には、医師や保健師による指導・相談を行った。また、地域の交流の場を多く設定した。 このケース・スタディーの詳細を見る
このケーススタディーをお読みになった方はどなたでもこの社会企業モデルの評価に参加できます
この社会企業を評価する 自分のニーズに合っている みんなが役割を持って参加 制度のはざまをカバー ビジネスとして長続きするか 他のまちにも応用可能か 総合評価
あなたの評価:1から5(満点) 3 3 4 3 5 3.6
2. 急性期の精神病患者に対し、家族・医療チームを含めた「開かれた対話」により、飛躍的に治療効果を挙げたオープン・ダイアログによる治療
Hampstead Heath, London in October
ケロプダス病院
制度名: (STA58122): 統合失調症 Case_StudiesID: 2109249928
統合失調症・うつ病・PTSD/家庭内暴力などの急性期の患者に対して、本人、家族、医師、看護師などのチームが患者自身の話をよく聞き、それについて直ぐに結論を出すのではなく、開かれた形で応答し、患者がどのような状況にあるかを対話の中から見出そうとする治療法。それにより患者が自分の状態を言葉で理解し、他の人とも共有できるようになることにより、他人から理解されているという安心感を得ることが出来るようになり強度のストレスから逃れられるようになるフィンランドで開発され、これまで長期間かかっていた統合失調症などの治療で画期的な効果を上げたという研究成果が得られている。: : : : このケース・スタディーの詳細を見る
このケーススタディーをお読みになった方はどなたでもこの社会企業モデルの評価に参加できます
この社会企業を評価する 自分のニーズに合っている みんなが役割を持って参加 制度のはざまをカバー ビジネスとして長続きするか 他のまちにも応用可能か 総合評価
あなたの評価:1から5(満点) 0 0 0 0 0 0
利用できる社会サービスのタイプ:

このタイプのサービスを提供するときには、法令に定められた基準を守る必要があります。事業計画策定プログラムの該当箇所に、関連する基準が見られるようになっていますので、それを参考に計画を作ってください

キーワード検索:
投稿されたコンテントの編集(ウェッブ管理者のみ)
オンライン申請への対応(市職員のみ) CCS_Dash_Board